祝、俺。3億円ご当選
8月の日記。


死んでしまった日本の民主主義に半旗を掲げます。
(この国旗は「河上イチロー」さんの日記のページから、勝手にいただきました)

Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

99/08/31

ページ構成を変更しました



 っていっても、インデックスページからはいってくる人には全く関係のないお話。
 どういうことかというと、コンテンツのURLの表記のルールを統一しましたって亊。
 変更URLは以下の通り。

ことばのちから
http://hot.netizen.or.jp/‾t-pochi/word/Word.html

http://hot.netizen.or.jp/‾t-pochi/word/word.html

バカボン
http://hot.netizen.or.jp/‾t-pochi/bakabon/index.html

http://hot.netizen.or.jp/‾t-pochi/bakabon/bakabon.html

ノーマルリンク
http://hot.netizen.or.jp/‾t-pochi/Link/Link.html

http://hot.netizen.or.jp/‾t-pochi/link/link.html

 つまりコンテンツ毎のインデックスファイル名を全て小文字にして、「フォルダ名.html」にしたということです。
 なお、日記のページがこのルールに違反してますが、色々なページからリンクされていることを考慮して、このままにしておきます。(本当は面倒くさいだけかも……)

 あと、スペシャルリンクを新規作成しました。
 「いろんな意味でマジなウェブページ」でやっていた「特設リンク」と似たものです。あんまりトップページを煩雑にしたくないんで1コンテンツにしました。

 とゆーことで。んでは。
99/08/30

買ってはいけないし、読んでもいけない



 さて、ベストセラー本として注目されている週間金曜日の「買ってはいけない」である。
 本当はこれは「書評」のページの方で取り上げるつもりだったが、詳細なしっかりとした反論のページがたくさんあるので、そちらの方を取り上げて書評にかえたい。

小波秀雄さんの『買ってはいけない』は買っていいか?
西村有史さんの今日の一言
中宮 崇さんの買ってはいけない週刊金曜日
GOTOU Humihikoさんの『買ってはいけない』こそ買ってはいけない
C.Uneyamaさんの「週刊金曜日に疑問」出張コーナー

 とまぁ、ちょっと見回しただけでもこれだけ詳細な反論がある。

 それらの反論に対する感想は読んだ人それぞれに考えていただくとして、私自身は「買ってはいけない」をめぐる人の考え方の方を考えてみたい。

 上記のページを探すのに当然ながらサーチエンジンを利用した。まぁアレだけ売れてる本だから有用なページのほかに、どうでもいいような日記も引っ掛かったりするんだけど、それを読んでみたら面白い面白い。だって、このトンデモ本に本当に引っ掛かってるバカがいるんだもん。
 ネット上だと引っ掛かるほうが少数派に見えるかも知れないけど、こんな本をベストセラーにしてしまった「善良な一般市民」を含めれば引っ掛かってるほうが圧倒的に多いわけ。

 けれども本当にこの本の著者達の文章によって「ああ、世の中にはこんなに危険な商品がたくさんあるんだ」と目覚めさせられたわけではなくて、もともと一般市民連中が持つ「反大企業」とか「食品添加物などに感じる根拠のない不安」などがこの本とシンクロしただけのこと。
 簡単に言えば、買ってはいけないという本に、善良な一般市民に都合のいいヘリクツが書かれているという話だ。
 食品添加物には害がなければ困るし、味の素は危険でなければ困る。ステロイドは百害あって一利無しでなければ困るし、コーラは骨を溶かさなければ困る。そして、マクドナルドのハンバーガーにはミミズが使われていなければ困る。んでもって最終的には「自然が一番」でなければ困るのだ。
 どうして困るかといえば、自分たちが根拠もなく信じ込んできたそれらを否定されれば、自尊心が傷つくから。
 つまり、善良な一般市民は「自分たちの根拠のない妄想を肯定してくれるもの」を望んでいたわけで、御眼鏡にかなったのが「買ってはいけない」だったということだ。
 この点においてこの本は「企業に都合のいい情報のみを垂れ流すマスコミ」と全く同じだ。単に顧客が「企業」ではなくて「一般市民」であるというだけのことである。

 よくよく考えれば「買ってはいけない」が連載されている「週間金曜日」自体に広告が全く存在しない。ということは「スポンサーは一般市民(読者)」ということで、スポンサーが満足するための提灯記事ばかりが書かれているのは当たり前の亊なんだ。

 この本に読む学ぶものがあるとすれば、本を片手に批判ページを読んで、何となく根拠あり気に感じさせる文章の書き方を学ぶ。ということのみである。
99/08/29

常識がなくなっているのかな?(爆)



 コナミが結構大変なことになってたみたいです。ってもう数日経っていて、今更新鮮味もないんだけど。
 まぁ俺はことさら「限定モノ」にこだわらない人間なんでアレなんだけどね。

 記事を読むかぎりでは確かにコナミの不手際もひどいレベルだよね。
 だいたい、混雑が予想されるイベント、かつ入場フリーならば最初っから「入場規制」を念頭に置いておくべきだよね、最低限。
 とはいえ、まぁあれだけ人が集まっちゃったら入場規制もできないのかも知れないね。

 まぁ、それよりはこの事件で特筆すべきは「親」とかいうライフスペース風にいうところのクソマヌケの方々。
 コナミの関係者を捕まえて「お前コナミかー!!商法違反だろー!!」などとブチキレて叫んでいる35歳くらいの眼鏡をかけた、いかにもヒラ社員風のいい大人は最高の見物でした。まぁ、こんなことでブチキレてるようじゃ万年ヒラは確定ですな。上司にも部下にもおどおどしっぱなしの普段の彼の姿が目に浮かぶようです。きっと今回の件はいいストレス解消になったことでしょう。
 あ、ちなみに今回のコナミの行動(カード発売中止)は商法になんら抵触しませんので念のため。
 他にも「家族全員で新幹線代7万円かけてきたのに」なんていう、こんなもんのために家族総出で出てくるようなバカがいっぱいいて楽しかったです。子供は子供で「むかつく」ばっかり言って小渕レベルのボキャ貧だしね。

 しかしさぁ、不気味だったのは「親が子供と一緒になって怒ってた」亊だよね。
 俺ら以前の世代の場合ってのはこういうことで俺らが怒っても親が諌めてたよね。
 今の時代だと「消極的」ととられるかも知れない行動ではあるけれど、俺はこれを「相手のことを考えての行動」と評価したい。(俺が親の世代を褒めるってのは変に見えるかも知れないけど、別に全否定してるわけじゃないから)
 だってさ、コナミだって当然売りたかったんだよね。イベントが失敗して喜ぶ主催者はいないんだからさ。それでもどうしても中止せざるを得なかったわけだ。これはコナミ側としては当然苦汁の判断だったわけ。そしてその判断は正しかった。
 実際売り場付近の写真なんかも見たけど、あの状態で販売を開始していたらきっと死人が出たに違いない。そのくらいすさまじかった。
 で、昔の大人というのはちゃんとそういう部分も考えて子供を諌める行動をしていたんだ。世の中は全て思い通りに行くわけじゃない。親はそういうことを子供に教えることができた。
 ところが今回の場合は全然そんな話を聞かないじゃん。
 こういうことがあると、俺でさえ「最近の若いもんは……」とつい思ってしまう。

 まぁ、他がバカばかりでも自分だけは凛として生きていきましょう。
 何言ってんだ?俺。あー気持ちわりぃ(笑)
99/08/26(追記分)

しまった



♪しまった〜
 青と白の半透明のパソコンなんて
 どう考えてもiMacを
 パクりすぎた
 うっかりしてました

 なんてギャグは皆使ってるに違いないな。
 ところでなんで青と白の半透明なんだ?他にデザインは思い付かなかったのか?
「パソコンをデザインで選ばせるという売り方もある」って事をせっかくアップルが提示してくれたんだから、素直にデザイン考えりゃいいのにね。

 ま、コンピュータ業界ですから(笑)
99/08/26

裏を読んでみよう(超初級編)



 asahi.comより転載

 1994年6月に長野県松本市で発生したサリン事件で死亡した阿部裕太さん(当時19)の妹の女子大2年生(19)が24日午前8時半ごろ、千葉県習志野市の自宅をでた後に何者かに連れ去られた。女子大生は12時間後の同日午後8時半ごろ、名古屋市の愛知県警中村署の裏手の路地で解放され、同署に無事保護された。女子大生は保護された後、母親に「自宅をでた後、男からクロロホルムのようなものをかがされた」と話している。父親の和義さん(57)は松本サリン事件の民事裁判で原告になっている。女子大生は今年6月、男から「裁判をやめろ」などと脅されたことがあった。千葉県警と愛知県警は逮捕・監禁事件と見て、オウム真理教との関連を含めて捜査に乗り出した。

 両県警などの調べでは、女子大生は24日午前8時半ごろ、習志野市の自宅をでた直後、何者かに拉致され、車に連れ込まれた。目隠しをされたが、手足は縛られなかった。車に乗っている間、男は「死んだら兄貴と同じ年だな」などと話していたという。

 女子大生は同日午後8時半ごろ、男から「ここから動くな。しばらく目をつぶっていろ。頭を上げるな」といわれ、名古屋市中村区の中村署の裏手で車から降ろされた。その後、同署に保護された。

 和義さん夫妻がオウム裁判の原告になっていることや、女子大生が6月ごろ、大学のエレベーターの中で、知らない男に「裁判を取り下げろ」と脅されていたことから、警察署員が女子大生の登下校に付き添っていた。この日は、大学が夏休みのため署員はいなかった。(14:05)


 まぁ、この事件の報道を見て善良な一般市民の方々は「やっぱりオウムは危険」って事しか思わないんだろうけど、ネットである程度の知識を持った人の考えは「破防法改正を狙う者の確信的犯行」ってことでだいたい統一しているみたいね。一番疑われているのは当然公安なんだけど。
 さらにいえば松本サリンの民事訴訟の進展を狙った狂言(もちろん公安もグルで)って可能性もあるけど、これはあまりにも邪推が過ぎるね。
 ちなみにそう(この事件は少なくともオウムの仕業だとは思えない)考えるまでの筋道については河上イチローさんの日記を参照のこと。だいたいみんな同じように考えてます。

 まぁ、そんなこんなで俺の考えとしては「破防法改正への世論の高まりを狙った、なんちゃって右翼の犯行ではないか」ってなところです。

 だって、大田原等々の住民誘導、またはマスコミ誘導が比較的順調に進んでいるときにこんなバレバレの愚策を行なうほど公安はおバカではないでしょ。……いや、ビラまきで家宅捜索とかおバカな事してるよなぁ。やっぱり公安かな?まぁいいや、このくらいにしておこう、拉致されたらやだし。
99/08/24

続・純潔キャンペーン



 真の家庭運動推進協議会の「真の家庭 Vol.9」がアップされていました。  相も変らず「純潔運動」は絶好調のようで、今回は北海道でのハガキキャンペーンです。
 はがきの返事は「どれも真剣で、今の現状を愁いるものばかりでした」って事ですが、当然、大半の愁いていない人は返事なんか出すわけないので当たり前です。
 その「現状を愁いる」ハガキもまぁ間抜けなものですが、「外見だけでなく心のきれいで素直な人になって欲しいと思います。(39才、主婦)」が俺的にいちばん面白かったですね。ていうか「心がきれいで素直」と「純潔」の間にどういうつながりがあるんでしょうか?
 なんかこのアンケートの返答結果が女性ばかりだということが社会の現状を物語ってるような気がするね。そりゃこんな夢を信じる余裕は男にはないもんなぁ。
 やっぱり女って幸せな人種だね。
99/08/23

自己責任ってのは禁句なのか?



 例のキャンプしている連中が流されちゃった事件だけど、やっぱりと言うかなんというか「自己責任を前提にして」などどいいつつ、国に一方的に責任を押し付けてるね。
 まぁこういうときに「国の救助体制が」とか「どうしてもう少し早く自衛隊を……」なんて言うのは簡単なんだよね。死んだ人に責任追及をすれば傷つく人がいるけど、国だったら誰も傷つかない(そんなことはないんだけど、そういう連中はそう思ってる)からね。
 だいたいそれ以前に「本当に自己責任が前提」になっているのかが俺は疑問なんだけどさ。
 だって(ザ・ワイドで)とあるコメンテイターのババァは13年前の同種の事故を検証しているときにこんなこと言ってたぜ。
「13年前は超法規的判断をしてくれた人がいてくれた。そのおかげで人命が救われた。でも今回はそれがいなかった。人間が腐ってしまったんだなと感じた」
 バカじゃなかろうか。超法規的な判断なんかに期待してどうしようってんだ。しかもこの発言、専門家の人が散々「救助というのは2次災害が絶対に起らないようにやるものだ」なんてことを散々口を酸っぱくして言った後の発言だぜ。
 本来「自己責任が前提」となっているとすれば「救助とは2次災害を起こさないことを前提に行われる」→「自己責任において一次災害を起こさないようにするしかない」という結論にしかならないはずなんだけどね。それがこういうおバカな発言がでてくるってことはやっぱり「自己責任は前提なんかになっていない」としか考えられないんだよな。しかも国民的なレベルでさ。
 だいたいあの事故そのものだって「一部の非常識なキャンパー」なんていってるけど、今キャンプやってるやつの大半はああいう素人だろ。つまり「自己責任が前提になっていない素人キャンパーは今後もこのような事件をいくらでも起こしうる」ということだ。
 マスコミは国に責任を押し付ける論調を改め、確実に自己責任の考え方を植え付けるようにしなければならない。いい加減他人(視聴者である「善良な一般市民」以外の人間という意味)に責任を押し付けるのはやめたほうがいい。(そんなことを言っても聞かないだろうけど)
99/08/20

ひどいよ、ひどすぎるよ



 わはははは。フクダさん、それは強烈すぎ。(ところで俺のブラウザで見るとスタイルシート部分が文字化けしてるんだけど、俺だけかな?)

 さて、久しぶりの日記である。
 俺は最近は書評用に岩谷なんちゃらの「インターネットの大錯誤」なんて本を読んでるんだけど、これがあまりにもひどい。まじめな論評は書評の方に譲るとして、とりあえず巻末の「作者紹介」の部分にある筆者の写真がひどい。ひどすぎる。
 だいたい、まず「プリクラの写真」であるということがひどい。この本の初版は一年ちょい前だが、それでもそのセンスはひどい。
 それがまぁかわいい女の子ならば許せようが、写っているのは、よく分からない帽子をかぶり、ジャンパーとしかいえないジャンパーの下からチェックのシャツの襟を誇らしげに出した瓶底眼鏡の豚鼻アキバ系オタクである。とどめにプリクラの柄がポパイときたもんだ。
 ……多分本人はフレンドリー路線を狙っているようだが、そういう近寄ってこようとするオタクが一番気持ち悪いというのは今更俺が書くまでもないだろう。

 ちなみに肝心の本自体もこのような間違いがめじろ押し。
 ということで、書評をお楽しみに。
99/08/17

不幸のメールがきたよ



 わーい。僕のピッチに不幸のメールが来たよ。だから紹介。

題名:ヒザヤニイラエンヨゴラ

本文:>DXが使えるあなたのピッチには、たまに不幸のメール     が回ってくることはありませんか?  ですが、そんなものは所詮ヒマな人が作りあげた、恨みも憎しみも込められていない、ただのメールです。そしてあなたは、このメールも同じ類のものだとバカにして、私の教える通りにしないかもしれません。ですが1つだけ心にとめておいて下さい。このメールを作った私自身は、平成10年2月19日に自殺しました。だって恨みも憎しみもこもってないメールなんておもしろくないでしょ?憎しみをこめるために自殺までしたんだから、もしあなたが止めたら私、あなたにいたずらするよ。このメールを無視した人が今までに16人亡くなっています。ですがこの16人は全員事故で亡くなったので誰も、このメールのせいだとは気付きません。このメールは平成10年の2月19日から回っています。そしてあなたが止めない限り回り続けるでしょう。あなたに不幸が訪れるかもしれないけど誰かに恨みをなすりつけて下さい。私に会いたい人は、山口県の吉母の海で夜泳いでみて下さい。海の底で待ってるから。    このメールを5日以内に6人に送って下さい。そしたら私、あなたに何もイタズラしないから    。    吉川菜美             このメールを最後まで読んだら絶対に死んじゃうよ。私の  憎しみは軽くないから。   鈴木博行   オ前ガ死ヌマデヤッテヤルカラナ         オマエ読ンダノ?読ムナッテ言ッタノニ   。言ウコト聞カナイナラ、学校デオ前ガ嫌ワレルヨウニシテヤルネ。     楽シミカ? ゆらたのざんげまださらせえ、なるさばどーえゆたなかさ。ふはなたまやはなたやはなた  たにたにはなかなやなゆるくやんなちはら。    サ、シネ。
>

 て、こういうもんなんだけどね。
 どうでもいいんだが、一番最後の部分は怖くするために意味不明な文字を入れようとしたはいいけど、途中で面倒くさくなったのかな、全部母音が「あ」。きっとピッチのボタンをでたらめに押したんだろうね。
 さぁ、ここに書けば6人以上の人が読むから死ななくてすむね。わーい。
99/08/16(追記分)

インターネットさいこー



 今日は「魔法のおなべ」をずーっと読んでいました。まだ読み終わってないんだけどね。
 確かに「オープンソース」というと「タダ」というイメージばかりが強くて商業主義に反する行為に見えるけど、ユーザー(この場合のユーザーとは一般市民ではなくてソフトウェア産業の最大の顧客、すなわち会社組織である。その辺もちゃんと書いてある)がソフトウェアに何を望んでいるかを考えれば、オープンソース化は商業主義に反するどころか最大限の利益を会社に、そしてユーザーにもたらすことができる。
 と、そのようなことが論理だって書かれているわけです。

 しかしさぁ、こういう文章を読むたびに思うのが、こんなクオリティの高い文章が気軽に読めるインターネットってなんて素晴らしいんだろう。って。
 「インターネットをつまらないという人はその人自身がつまらないんだ」ってのはまったくその通りだよね。するてと「インターネット評」ってのはその人自身を表す指標足りえるってことか。
 まぁそれはいいとしてもこれだけネットワークに浸かってしまうと、従来の「出版」という方式がエラく不自由なものであることに気づかされる。
 たとえば冒頭に上げた「魔法のおなべ」なんてのはWeb上で見ると結構な分量があるように見えるが、これを本にすればせいぜい40ページである。詩集じゃないんだから40ページで本なんか出版できるはずがない。製本や輸送の手間、そして見栄えを考えれば最低でも200ページは欲しいところだ。
 とこのように従来の出版では文章的価値は物理的な手間に打ち消されてしまう。だから作者は必要な40ページのほかに無駄な160ページを作る作業を負わされる。
 なんていうばかばかしいことが行われているのが現在の出版なわけだ。
 でもWebならば1ページだろうが10万ページであろうがまったくかまわない(ディスクスペースは?なんてつまんないツッコミはしないように)。
 市販のワープロソフトが常に「高機能、高性能」を目指すように、従来の商業主義では常に「最大化」にベクトルが向けられていたが、インターネットを中心としたモデルではそれぞれのベクトルをそれぞれの適切な位置に置くことができる。

 と、まぁインターネットというのは文化的にも経済的にもいろいろと影響を与えている最先端の非常に楽しい場所なわけです。
 そんな場所を表する言葉が「アダルトサイトを見るだけ」だの「便所の落書き」とは一体どういうヘリクツなんでしょうか。自分のいる現在を肯定するあまり、そしてその肯定を信じたいがための他者への否定。新しい可能性の否定、それによって得られる自己満足。自己満足を維持するための規制とダブルスタンダード。コミュニケーションによる縛りと造反者への嫉妬。

 それらを全て飛び越える可能性があるからこそインターネットはさいこーなんである。
99/08/16

更新記録と予定



 【雑感】に一部の方から大好評だった「シンジ君だった」を再録しました。

 インターネットナンバーを取得しました。「8600789012」です。
 インターネットナンバーについてはこちらを参照のこと。

 これから一晩かけて【ノーマルリンク】を作成の予定。

 んでは。
99/08/15(追記分)

だから西っちは



 今日も今日とて親指シフトの練習。トテポテと打っております。ほとんどキーボード見ずにいけるようになりました。

 さて、ウテナと同様、昨日の話ですが、図書館で数冊本を借りてきました。
 まず一冊目が「アダルトチルドレン」に関する本。まだ目を通してません。
 次が西っち(元アスキー社長 西和彦)の「インターネット5つの予言」。
 これもほとんど見てないけど、西っちがMSについて書いている部分(もちろん賛美の雨あられなのだが)に面白い記述が。

 ビル(・ゲイツ)は、マイクロソフトがインターネットをやることで、大きなビジネスに発展する可能性が生まれることをはっきりと認識したようだ。
 もし、利益を十分上げている巨大企業のトップがそういうことを考え出したらどうなるか。
「お金なんか。いくらかかってもかまわないからどんどんやれ」という発想に行き着くことになる。
 こうなったのだからたいへんだ。
 そのビジネス・エリアでは、いずれはペンペン草も生えぬほどに、他の企業がやられてしまうことになる。
 これは、他の企業にとっては、脅威というしかない。


 ていうか、そういうやり方は「ビジネス・エリア」どころか「インターネットそのもの」を「ペンペン草も生えぬほど」にしてしまうのでMSは嫌われているのだが、西っちはどうやら気づいていないらしい。とはいえ「インターネットの地上げみたいなもんやね」との記述もあるので単に「バブル時の地上げ行為がどれだけ経済基盤をボロボロにしたか」ということが分かっていないんだろう。まぁ、こう見ると社長解任も当然の成り行きだったんだなぁ。と思うね。
 あと、この理屈で行くとMSは「地球規模の開発環境」と「地球規模のデバッグ環境」を持つLinuxに勝てないということになるんだけど、どうよ>西っち
(「地球規模の開発環境」と「地球規模のデバッグ環境」いわゆる「バザール方式」に関しては「伽藍とバザール」を参考のこと。とはいえ「伽藍とバザール」は1997年の物で、この西っちの本が1996年だから不公平かも知れないけどね)

 あと、もう一冊に関しては書評を書くつもりなのでお楽しみに。一言で言えば「「ダメな子供をどうにかしよう」などと考えているダメ人間の思い上がり本」なんだけどね。
 んでは。
99/08/15

久しぶりの新宿



 「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」を見に新宿に行きました。
 ウテナについては「雑感」の方に文章をアップしたんで見てください。大したことは書いてないけどね。
 しっかし、凄い雨だったね。こっちはわざわざ買ったビニール傘を電車でなくしてシオシオでした。しょうがないからもひとつ買ったけどさ。
 で、ウテナ見た後に、久しぶりに「エアライフル射撃場」に行って撃ってきました。今回のスコアは169or170(ひとつ微妙なのがあって判断つかないんだわ)。確か初回が154だったから、かなり良くなってるね。ほぼど真ん中を打ち抜いてるのも3発もあるしね。
 んで、その後は久しぶりにラーメン食べて(最近は自炊だからさ)帰りました。

 んー、ビールが美味い。
 ところで「アキハバラ電脳組」って邪魔すぎ(爆)。
99/08/13(追記分)

なにをかをいわんや



 テレビで大田原の住民とオウム信者の抗争の様子を放送していた。
 夜に教団住居の中から車のエンジン音が。ビニールシートの囲いの出入り口部分に詰め寄り「どこへ行くんじゃ!!」と怒鳴りながら詰め寄る地元住民数人。今にも不法侵入しそうな勢い。
 信者が車の進路の確保と不法侵入を阻止するために住民ともみ合う。
 そして信者に投げ飛ばされる住民。

 まぁ、そんなのを放送していたわけだ。
 もちろんテレビとしては「地元住民に暴力を振るうオウム信者」→「やっぱりオウムは危険」って構図で放送するわけだけど、どう考えたってもみ合うきっかけを作っているのは地元住民だよね。
 確かに手は出してはいないけど、身体で当たってたしな。やってることはほとんどチンピラと同じだね。
 ああ、やだやだ偏向報道。相手がオウムだったら何でもアリか!!
99/08/13

なんかしあわせ



 最近、日記のつまらない東天王ヨブです。
 親指シフトはキー配置をほとんど見ずにいけるようになりました。まぁ、タイピングはまだ遅いんだけどね。
 ビールのおつまみにジャーマンポテトを作ったら成功。でも、もうちょっとおいしくできればよかったな。素焼きのタンブラーを買ったからビールも美味いしね。

 ところで今回の野党の牛歩に文句を言っている人もいるだろうが、結局多数派が「数の論理」で押し切ろうとした際に、少数派はこういう稚拙な手段しかとることしかできないという事実が明確になったのだと考えて欲しい。
99/08/12

もう何でもアリだね



 ああっ。中村正三郎のホットコーナーにキバヤシがっ!!

 先日見に行った「レメディオス・バロ」の絵を見ることのできるページがありました。

 さて、8/11日のグランドクロスで日本が滅んじゃいました。
 もうどうやってもあのキチガイどもは止まりませんね。
 ファッショDJ荒木君。
 なんちゃって。
99/08/10

ちゃぶ台をひっくり返せ



(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ うおぉりゃぁあああっ!
(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ うおぉりゃぁあああっ!
(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ うおぉりゃぁあああっ!
(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ うおぉりゃぁあああっ!
(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ クソ自民死ね!
(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ クソ自由死ね!
(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ クソ公明死ね!
(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ ついでに民主も死ね!
(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ 車イス議員の両手を潰せ!
(ノ ̄□ ̄)ノ ‾┻━┻ 死ね死ね死ね死ね死んじまえ!
99/08/09

ファッショ記念日



 最近日記がやたら短かったり中途半端なのは、親指シフトに移行中で、どうしても文字を打つのが面倒くさくなってしまうからです。書きたいことはいっぱいあるのですが……。すいません、もう少々親指シフトの練習にお付き合いくださいませ。


 とうとう今日、盗聴法が強行採決される予定です。日本にご愁傷様。

 オウムの件も成田の件も……ああ、成田の件はほとんど知られてないか。じゃあTBS NEWSiより転載。

成田過激派に住民が抗議申入れ

 成田空港の 新滑走路建設に反対する過激派に対し、地元住民が「速やかに 町から撤退してほしい」と異例の申し入れを行いました。
 過激派に申し入れをしたのは千葉県栗源町の住民ら およそ100人です。
 6日は空港反対派を支援する中核派などの 拠点を訪れ、「空港建設を 阻止しようとする人たちとこれ以上共存できない」と、 町から出ていくよう 求めました。
 オウム真理教の退去を求める住民運動は、 全国に広がっていますが、過激派に対してのこうした申し入れは 極めて異例のことです。【終わり】(6日15:37)


 オウムの件も成田の件もどちらも「公共の福祉のために人権が蹂躙される」そして「それを容認する方向で世論が形成されつつある」というとんでもない事態になっている中(そいえば、盗聴法の賛成意見で「こういうことにいちいちファッショ的な部分を見て感情的に(!)反論するのは子供っぽい」なんてのがあったような気がするけどね。目を覚ましてくださーい)での盗聴法の強行採決。こりゃ邪推するなってのが無理ってもんだ。

 (形だけだったけど)民主主義さようなら、ファッショこんにちわ。
99/08/07

誕生日にしていたこと



 朝、黙祷を見る。
 毎年これを見ないと、誕生日が来た気がしない。

 友人と後楽園ゆうえんちに行く。
 後楽園はドンチャックを忘れてはいなかった!!
 ゴーゴーファイブショーも当然やっていたが、ドンチャックショーもやっていた。
 前者は有料、後者は無料という違いはあるが、ディズニーにおけるミッキーの立場(気軽に接することができる)を考えるに、やっぱり後楽園ゆうえんちのメインキャラクターはドンチャックなのだ。

 ビールを飲む。寝る。

 誕生日にしたこと。以上。
99/08/06(追記分)

やっぱりダメな党だった



 民主党がとうとう国民と国を売りやがった。まぁ、本性を表したというべきか。
 これこれ読んどいてね。
99/08/06

新ページ完成



 というわけで、完成しました新ページ。
 ……すいません、嘘です。若干できてません。
 ちなみに掲示板は、なぜだかデザイン変更ができません。シーケンスもパスワードもあってるのに……。仕方ないので、しばらく放置。
 まぁ、ページは追々作っていくとしまして、ひっぱりにひっぱった新ペンネームは「東天王ヨブ」に決定。ちなみにトリューニヒトではありません。
 で、ヨブとは何かというと、旧約聖書に登場する「神と悪魔との間で、いわば実験材料にされ」た「神に対して本格的に論戦を挑み続ける」強靭なキャラだそうです。伝聞調なのは、旧約聖書をよく知らないから。

 ということで、今日はここまで。

P.S.スポニチ嘘つきまくり。
99/08/05(追記分)

うむむ、これは……



 うーむ。盗聴法もターニングポイントかぁ。
 必ず読んでおいてね。無茶苦茶重要文書だから。
 まぁ、どうりで民主党全体の腰が重いと思ったらそういうことだったのね。
 つまりいまさら旧自民と旧社会陣営が党内レベルで対立していると。
 結局国民のプライバシーとかそういう問題も彼らにとっては自分たちが政治的にのし上がるための道具にすぎないって事だ。
 いや、別に俺だってもともと政治家の良心なんか信じちゃいないんだけど、それでもこれからの日本が明らかに不利益を得るような問題においてまで、平気でこういう政治的判断が通用するってのは余りにも……。
 さかのぼって考えれば、参院選で大勝したときも管直人がすぐに動けなかったのは当たり前だったんだな。
 だって、党内ばらばらだもん。どうにもなんないよ。

 ということで。
99/08/05

さてと、始めるか



 少女革命ウテナの映画版。同時上映が秋葉原電脳組だって?FUCK!!!

今日は一日中リニューアルページ作成予定。
 ていうか、HTMLファイル一個も作ってないし。ハッキリ言ってやらなすぎ>俺
 一応今日だけはJISカナ解禁。
 じゃないと、何にもできねぇや。まいったね。

99/08/04(追記分)

苦戦、親指シフト



 これは非常に重要な文書なので、各自、目を通しておくこと。命令。

さて、親指シフトである。
 当然、絶賛苦戦中。
 ああ、ウェブのリニューアル前に始めるんじゃなかったな。
 まぁいいや。リニューアルは最低限にしよう。
 全然タイピングが遅くてもどかしいもどかしい。
 でも5秒に一文字は打てるようになったよ。
 でもやっぱり厳しいな。
 今日明日明後日とリニューアルも含めて、キーボードを押し(叩くじゃないのが悲しい)続ける予定。
99/08/04

盗聴法の正しい使い方



 河上イチローさんの「Der Angriff CWN板」から転載。


通信傍受法案めぐり論議 参院法務委員会

 法務省の松尾邦弘刑事局長は3日の参院法務委員会で、通信傍受(盗聴)法案の運用をめぐり、「報道の自由を
尊重する立場から、報道機関を傍受の対象とすることは許されない」と述べた。内藤正光氏(民主)の質問に答え
た。内藤氏は「法案を修正しなければ単なるリップサービス、マスコミへの懐柔策ではないか」と追及し、松尾局
長は「法制化は難しい。取材の過程については原則として対象外、という運用を考えていきたい」と答弁をした。
(13:34)


 盗聴法。実際の運用前から、分かりやすい使われ方をしております。
 つまり、国家権力にケチをつける人間に圧力を!!ということですな。
 なんでこんな法律に賛成できるバカがいるんでしょうか?
 俺にはどうしてもわかんないんだけどね。
99/08/03(追記分)

キーボードを買ったの



 キーボードを買ったの。
 APPLE Keyboard II JIS。
 でもさぁ、余りにもかな入力がやりづらい。
 今までUSキーボードを使っててそこそこ快適だったんだけど、101から106(キーの数)に変えただけでこんなに使いづらいとは……。
 じゃあなんでわざわざそんな使いづらいキーボードを買ったかというと、それは「親指シフト」に転向するため。
 ああ、親指シフト。禁断の香り。もう普通には戻れない。
 親指シフトでは、全てのカナが3*10の範囲に、いわゆる「ホームポジション」から上下1段に収まっている。だから指を動かす範囲が少なくてすむって寸法。
ここを見るとよろしい)  また、キー配置も日本語に最適化されていて、早く打ち込める。
 と、まぁいい事ずくめに思えるんだけど、致命的な欠点が。親指シフトのキーボードが手に入れにくいうえに高いのだ。
 とてもじゃないけど、キーボードに45,000円は出せないんであります。
 そこでこのAPPLE Keyboard II JISを買ってきたわけだ。
 実はこのキーボードを使って、親指シフトキーボードのエミュレートができるソフトが存在するのだ。
 それがこの「Nickey」。非常にすぐれもの。
 と、いうわけで、今日の日記は親指シフトモードで書いてます。
 これだけ書くのに、一時間以上かかってます。
 それでも今は最初の5行の5倍くらいは早く打てるようになってるんだけどね。

 んなわけで、疲れたので終わり。ふぅ。

99/08/03

君、相変わらず面白いね



 一年前の岩谷某のクソバカエッセイを読む。
 パソコン民主主義?
 お前、民主主義なら何でも「いいこと」と思っていないか?
 あと、民主主義の反対語は独占じゃないぞ。
 Linuxがオープンソースであることと、Windowsがオープンソースでないことにはなんの関係もない。もとより思想が違うだけだ。
 論点がわからない。ズレまくっている。意味がない。だからパソキチってんだよ、クソバカ!!
 銀英伝を読め。ファック野郎!!

 もっと書くことはあるけど、眠いんで布団に入る。んじゃ。
99/08/01

ここにもいるぞ。電波君



 えっと、8月です。
 今月の日記の表題は「3億円当選」なんですが、なぜこんな題なんだと言いますと、この数ヵ月、ここに書いていることが非常に当たってしまって、それにまつわる月になる可能性が高いみたいなので、どうせ当たるんなら3億円がいいなーってことで。
 マジで当たんねぇかな。


 さて、日テレちゃんにも電波さんがいらっしゃいました。しかも大学教授だって。
 河上イチローさんの「Der Angriffマスコミ天誅掲示板」から転載転載。


7月28日、ザ・ワイドというワイドショー(日本
テレビ)で、ハイジャック事件に対する産経新聞な
ど一部新聞社による実名報道について、コメンテー
ターとして登場した土本武司帝京大教授・元最高
検検事がこんな発言をしていました。

「ハイジャック事件の報道で、犯人の一部実名報道
が問題になっているが、今回の事件については例外
として実名報道が許されて良い。実名で報道するべ
きである。匿名報道は法律上の義務ではないし、犯
人本人が運輸省に出したとされるEメールでは実名
を記しているので匿名であることの利益を放棄して
いるとみなされるべきである。だから実名報道する
べきだ。」

土本氏は間違っています。法律上の根拠はあります。
刑法第39条。心神喪失だったら有罪となるような
行為でも罪を問われません。心神耗弱でも減刑。無
実の者を実名報道して有罪者と同等の社会的制裁を
なすことは許されるべきではありません。人を裁く
のは新聞社じゃない、裁判所だ。

土本氏の主張のように、Eメールで実名を書いてい
ることを理由に実名報道リンチが許されるなら、E
メールを利用する2千万人の人たちは実名でメール
を書くことができなくなってしまうかもしれません。
ある意味、Eメール利用者に対する恫喝とも言える
コメントをもちあげるこのようなワイドショーは、
有害番組とみるべきかもしれません。

尚、土本氏は番組でこんな暴言も吐いていました。

「誰だって多少は精神異常状態だから、精神異常だ
から匿名にするというのはおかしい」

土本氏と日本テレビの良識を疑います。



 げらげらげら。
 さすが、ザ・ワイド。
 有田なんちゃらといい、土本君といい、どこからこんなに面白いやつらばかりを集めてくるんだろうか?
 最高検検事ってレベル低いのかな?まぁ、いつぞやの「やめて」のおっさんも弁護士だったからなぁ。多分誰でもできるマクドナルドのバイト以下の職業なんだろうな。
「Eメールでは実名を記しているので匿名であることの利益を放棄しているとみなされるべきである」
 のくだりは特に最高。
 とすると何ですか?土本君は手紙を書くときに実名を記さないとでも?
 まさか、この人はインターネットの全てがマス連中の言う「匿名文化」だとでも思っているんでしょうか?
 うーん。ほんまもんの電波だ。

 また、
「誰だって多少は精神異常状態だから、精神異常だから匿名にするというのはおかしい」
 ってのも凄いよね。
 裁判で言われる「精神異常」ってのはちゃんとした医学上の病気であって「誰だって多少は精神異常」なんていう、主観でのみ言うようなことではないんです。ていうか、精神医学をバカにしてる?レイン先生、レインせんせーい(笑)

 まぁ、まじめな話、こういう主観でしかモノを語れない人間に多くの人が罪に陥れられたかと思うと、ゾッとするね。

Homeへ戻る