悪質な自爆癖
5月の日記。


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

99/05/30
もはやそうでしかありえないのか

 昨晩はガーディアンエンジェルスを見放題でした。
 別にうれしくないけどね。


 バカ発見。
「広告批評 1999/5」より、抜粋。

>4.6
> 日本たばこ産業のホームページに小説を無断で掲載したとして、作家の町田康さんが
>日本文芸家協会を通じて抗議したことが明らかに。
> これは「『人間』になるために煙草を吸おう!」と題したコーナーで、著名人の言葉
>など、タバコに関する部分が引用されている。
> 同社は「インターネットは本人の承諾なしに引用できる媒体。広告ではない」としな
>がらも、1日にコーナー全体を削除した。

「ネチケットではなく、エチケットだ」とは、全くその通りだよなぁ。
「インターネットには独自のルールがある」としちゃうと、こういうバカが平気でのさばるからねぇ。
 俺のページでも結構無断引用はしてるけど、これはあくまでも個人ベースで損得が発生しない状況での黙認(というか、気づかれてない)ってことだから。
 このコーナーの担当者、リストラ。


 昨日いろいろ考えたことの結論部だけ書いて、今日は終わり。
「もはや「作品を創る」ということはマゾヒズムでしかあり得ない」

 以上。

99/05/29
私は青い空とこいのぼりと歌う少年の中に何を見たのだろうか

 もう彼らとは単なるしりあい以上のナニモノでもないので。
 いや、今までもそうだったか。(爆死)
 まぁ、個人個人でなら今後もいろいろ考えるけどね。
 少なくとも集団としての「所属」をする気はないです。

 さて、今日は何を書こうか。
 一つだけ思い付いたんだけど、ちょっとヘビーだからここでは書かない。

 さて、何を書こうか・・・うーん。
 んじゃ、原風景。

 ちなみに、タイトルは別役実さんのお芝居「とうめいなすいさいが」より。
 ていうか、今日見に行ったんだけどね。

 あー・・・・原風景の事書けないや。
 自分の原風景ってなんだろう?と考えたら、全然でてこない。
 自分に原風景がないから書けない。
 あこがれの風景はあるけど、原風景とは違う。
 書けない。

 私は心に故郷を持っていない。
 拠り所を持ってない。
 だから他人を拠り所にするしかない。
 だからヒトコイシイ。

 まぁ、でも大抵受け入れられないし。
 いいよ、慣れてるから。


99/05/28
GOTTA MIX

 さて、早速「GOTTA MIX」買いました。
 プレイ感想。
 こりゃ2nd以上の「ゲーム音楽ゲームの最高峰だ」。
 某掲示板をみてるとやっぱり「4thなんかよりこっちの方がいい」という馬鹿が(だから並べて比較するなって言ってるんだよ!!)いるしねー。
 でもまぁ、こういう路線も突き進んで、どんどん2DXや4thのような新しい方法にもチャレンジしていく。
 それはこのジャンルを牽引するメーカーとして当然の試みでしょう。

 えっと、GOTTAの話に戻します。

 まず、何はなくともGABBAサイコー。
 もう100% Pure GABBAって感じ。
 難を言えば「Mother Fucker!!!」の叫びが欲しかったけど、さすがに家庭用ゲームでは無理だろうな。

 次にボンバヘ。
 富樫君っぽさがでてなくて(笑)たいへんよいです。

 DJ-BATTLE。
 初見はマジで死にかけました。
 初心者は気をつけてね。

 ユーロビート。
 何とか数ゲージでクリア。
 とはいえ、ゲームレベル1で2回くらいだけだけど。

 まぁ、ここで書くのはこんなところかな。ML用になんか書くかも知れませんし、書かないかも知れません。
 とりあえず、構想している「3rd」と「制服向上委員会」を書かなきゃいけないからね。

 んじゃね。


99/05/25
じゃがいも

 さすが北朝鮮。おもしろ発言には事書きません。
 友人がこんなところを教えてくれました。
 ま、いちいちこんなことを国家主席が言ってる国って、普段はなんなんだろうなと思うわけですが。
 それでもそこに住む人にとっては、すごい頭のいい発言のように思えるんだろうなぁ。
 こんなもん、どっかの国の農業団体と交流すれば一秒で教えてもらえるレベルの話なんだけどねぇ。

 ていうかさぁ「ジャガ芋農業革命は必ず勝利」の「勝利」ってなに?
 別に他国と争っているわけじゃないんだから、てめぇの国の食料なんだから勝利もへったくれもないじゃん。
 だいたい、自国の国民が食えるだけの食料を調整するってのは元々国の役目なの。それが今までできなかったからって、そんなに偉そうにいうこともないよな。

 まぁ、食糧危機が叫ばれて、たいへんなのは分かるので、がんばってください。としか言い様がないんだけどね。


99/05/24
池田信仰券

 某Sさんのところでおもしろ4コママンガが発掘されている。
 さすがの俺も「池田信仰券」なんてギャグは思い浮かばなかったよね。
 まぁ、マンガ自体はたいして面白くないんだけど(特に、オチの意味がわかんない。多分書いてるやつが共産党員なんだろうな)、ここだけが秀逸。
 もう今更誰も何も言わない(終わっちゃったことだし、少なくとも給付対象になった人は表面だって(アンケートなどは表面だってとは言わない)文句は言わないだろうしね)事だけど、今更発見して非常に面白かった。

 昨日「やっぱり歌ものは」とかいいつつ、続けざまにエレファントカシマシの「愛と夢」を買う。
 この中の「ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ」が非常に良いので、何回も聞いて、口ずさんでます。
 本当にこういう泥臭い歌詞を泥臭いまま歌える宮本浩次は非常にすごいと思います。

 以上。


99/05/23(追記分)
まったく最近のゲーマーは(嘘)

 「BMコミュニティ」についての文章は重箱の隅ばかりつつかれるわ、じゃあそういうところをつつかれないように書いた「2ndと4th」に至っては全く反応がないわで、さらにシオシオです。
 反応がないってのは「うんうん、そうそう」と納得されているのか、「なにこれ?」って言葉が通じてないのか、はたまたナチュラルに無視されているのかの区別が全くつきませんな。
 まぁ、雑談向けのお話ではないんで、仕方ないかも知れません。

 ゲーム向けのMLだし、ビートマニアも普及してるんで、ユーザの母数は大きいはずなんだけどなぁ。


99/05/23(追記分)
そーいうわけで書いた

 新しいの1個書きました。
 題して「BM2ndとBM4thの差異について」
 極力主観的な表現を押さえても甘味はそのまま。ダイエットに最適。ウソ。

99/05/23(追記分)
けろっぴ(;_;)

 けろっぴ(;_;)
 下の続き。
 下のようなことを書いた後に、余りにも重箱の隅ばかりつつかれるので、MLに訂正文を送ったわけですよ。


自己レスです。
どうも前回の文章の趣旨が勘違い(というか、文章認識の能力が・・・)されて
いるので、ちょっと訂正します。

冒頭数行
------------------------------------------------------------------------
>  BM4thが発売されてから、多少の時間が経ちました。
>  個人的な感想としては、曲調も好きなのでかなりいい評価をしているのです
> が、ネット上の掲示板などでは全体的に「否定的な」意見が目立っています。
>  ただ、私はその「否定的な」な部分が正当な評価ではなくて(曲がどうのだ
> の、画像がどうのといった、主観的な否定しようと思えばいくらでも自由に否
> 定できるところばっかり)、何らかの別の意図を内包した物のように感じてい
> ます。

上記の文章を下記の部分に修正します。

 BM4thが発売されてから、多少の時間が経ちました。
(個人的な感想としては、私もそれほどうまい造りではないと思います)
 そして、ネット上の掲示板などでも全体的に「否定的な」意見が目立っていま
す。
 しかし、私はその「否定的な」な部分が正当な評価ではなくて(曲がどうの
だの、画像がどうのといった、主観的な否定しようと思えばいくらでも自由に否
定できるところばっかり)、何らかの別の意図を内包した物のように感じていま
す。
------------------------------------------------------------------------

最後の数行
------------------------------------------------------------------------
>  以上のことから、BMコミュニケーションそのものは否定しませんが、そうい
> った打算を伴った文句は勘弁して欲しいなぁ。というのが私の考えです。

上記の文章を下記の部分に修正します。

 まぁ、別にいくら文句言ってもいいけどね。
 音ゲーのジャンルがつぶれればコナミのせいにすればいいだけだし。
 以上。
------------------------------------------------------------------------

 別にこうしたところで文章の核の部分は変わりゃしないので、そういう部分で
重箱の隅突っつかれるくらいなら、とっとと皆さまのお好み通りに訂正、訂正。


 ようするに「自分がどう思っているか」というオマケの部分を180%転換しちゃったわけ。
 これで何を言いたかったかというと
「ここの部分はどういじったところで、なんの意味もありませんよ」ということを言いたかったわけだ。
「文章の核の部分」ってのはあくまでも「BMコミュニティ」だからね。

 ところがこうやって書いたのにもかかわらず、この訂正文に文句つけてこられたりするわけだ。
 けろっぴ(;_;)

>「曲の好みという主観評価はなし」という状況でのBMシリーズの魅力ってのは
>何であるのか?
>東天王ポチさんの意見を聞いてみたいと言うことです。

 どうも彼には俺が「主観の否定」をしているように見えるらしく、その上でこういうことを聞かれています。
「魅力」というのは主観そのものでしかないのに、そんなことを聞かれてもねぇ。ゲーセン側から見たインカムの魅力を語れって事か?
 けろっぴ(;_;)

 彼の力技で私の純粋な論理がどんどんねじ曲げられています。
 おかげで先日の文章はぼろ切れのようになってしまいました。
 けろっぴ(;_;)

 何か新しいの書かなきゃ。
 けろっぴ(;_;)


99/05/23
オレ認識

 昨日書いた文章ですが、MLに投稿したところ、案の定、重箱の隅を突っついたようなレスしか帰ってこなくってシオシオなのです。

 ていうかさ、アレっていうのは意見でも批評でも、ましてや批判や文句ではなくて、単純に批評のための下準備としての(俺を含めた、その文章を読んだ人全てに対しての)「現状認識理解のための補助」の文章なんだよね。
 つまり、アレを読んだ人が「そういう状況なんだ」と気づいてくれればいいだけのことで。
(だから文章中で「彼ら自身、そういうことに気づいていない」って書いてあるでしょ)

 まず、現状認識っていうのは意見や批評をする際に絶対欠かせないわけだ。
 これは基本だもの。現状認識をしていない「俺はこうだ」的な意見は、「俺は違うぞ」といわれた途端に瓦解する。
 だからまずベースとしての現状認識がどうしても必要なわけ。
 個人がどうこうってのはその現状認識が共通の認識になった後でしか話しえない。

 で、そのベースとして「BMコミュニティ」というのを下地にしたわけだが、なんでそこから個人がどうのなんてのがでてくるかね。
 あくまでもあの文章で語りえる「個人」とは「BMコミュニティの中のゲーマー層のAさんやA’さん」といった、最大公約数でしかあり得ないわけだ。だって元々個人の差異なんて考慮してないもの。別に乱暴なわけじゃないよ。ある集団の動きの経緯だからそれでいいの。「集団そのもの」と「その集団を構成する個人」ってのは別のものだからいいの。
 例を挙げれば「オウム真理教」だね。信者個人はいい人だけど、集団となった場合に容易に暴走してしまう。
 集団が悪だから個人も悪だとか、個人が善だから、集団が善だとか、そういった定義の方がよっぽど乱暴だ。

 経済学に「ミクロ経済学」と「マクロ社会学」があるように、そういう行動の見方にだって「ミクロ的なもの」と「マクロ的なもの」が存在する。今回の文章は「マクロ的なもの」。
 だから「BMコミュニティの特殊性と、文句を言うことに関して、あなたの言っている繋がりはではおかしい」という批判ならこっちも何らかの反応をしなきゃいけないけど、「俺はそういう文句は言ってない」なんてのは無視。だって、あなたがそういってるか言ってないかでなくて、集団的にそういう文句が多いって事でしかないもの。
 ましてやゲーム自体の評価なんて、最初に文章的な導入のきっかけとして1行程度しか書いてないわけ。
 だって、ゲーム自体が良いものであろうと、悪いものであろうと、「あるゲームにひっついて、そこでしか自分のコミュニケーションを守りえない人達」「そしてそこから生まれるメーカーに対する寄生」という点においてはなんら揺らぐものではないからね。
(上記のカギカッコ書きの部分は、昨日の文章をもうちょっと口悪く言ったもの)

 結局、ああいう文章を書いても、そういった「俺認識的に違う」なんて反応しか出てこないということは、やっぱりゲーム周辺って理論不毛の地だなぁー。と今更ながらに感じ入ったわけである。


99/05/22
ああ、疲れた

 ちょっと気合入ったの書きました。
 題して「BEMANIコミュニティーの持つ「否定性」について」。

 疲れました・・・。

 いじょ。


99/05/21
嫌われ者だもの

 友達なんかいらない、友人が欲しい。

 と、まぁ今までだって「友達」なんていなかったんだけど、この再整理することにしました。
 なれ合いの話になんの意味もないし、時間の無駄。

 少なくとも俺は「自分の意志で自分で話せる人」と話したいわけだ。
 ことさら「友達関係の維持のための雑談」なんてしたくない。

 俺に必要なのは「達」って複数形じゃなくて「人」っていう個人。

 ま、嫌われてもしょうがないね。こういう性格だもん。


99/05/20
一日の動き

 16時ごろ起きる。  会社に電話したら今日は雨で(結局やんだけど)人が少ない(仕事場に行く要請人数がね)というので、休みをとる。
「まにきゅあ団」の「らじまに4号」が「○ゲ屋」に売っているというので、神保町の方まで行くことにする。
 ついでなので水道橋で降り、「チャンピオン 東京店」にて、「紙のプロレス特製Tシャツ」を買う。
 そして、さらについでなので、「Mr.デンジャー」にてデンジャーステーキを食べる。
 噂に違わず、柔らかくてうまかった。
 そのまま歩いて神保町。
 目的の品をかって、帰宅。
 ビールを飲みながら「らじまに4号」を聞く。
「ブーブーボーン」がお気に入り。
 ゲーセンに行って「江古田組」のみんなを「見る」。
 ちょっとゲームしてとっとと帰宅。
「江古田組を抜ける」とメールを送る(団長に)。
 どうせ捨てられるなら、こっちから捨てちまえって感じ。
 まぁ、嫌われ者だし。いても意味ないし。
「他人に殺されないために、自分から死ぬ」というのはこういうことなのかと、間違った解釈をしてみる。

 これからウィスキーのんで寝る。
 んでは。


99/05/19
そういう時代だった

 週刊朝日の中づり広告に「まだ解けぬマインドコントロール オウムの子供たち」なんてのがありました。
 はぁ、まだ「マインドコントロール」なんて言葉使うバカがいるんですねぇ。
 さすが朝日。

 週刊ポストによると(街頭の広告ね。買う訳ないじゃん)、なんか石原君が「日本の甘やかし教育を撲滅する」なんて事を言ってるらしいですよ。
 まぁ「裕次郎の兄」らしいというか、なんというか。
 ちなみに「日本の甘やかし教育」で甘やかされているのは誰なんでしょうか?
 これが「先生」や「父母」だとすれば、石原君のことを褒めてあげてもいいんだけど・・・まぁ、文面通りだろうね。
 ていうかさ、今の若い子達は甘やかされているの?
 本当に?
 俺は全然そんなことないと思うんだけどなぁ。
 別に俺みたいに苦悩してる人間だけではなくて、嫌いな連中もひっくるめて、甘やかされてはいないよなぁ。
 学級崩壊なんてするのが甘えの証拠だ?
 おまえら火炎瓶投げてたじゃん。
 なに?俺達は本をよく読んだって?「ソクラテスかサルトルかー」だって?
 たまたまそういう時代だっただけだよ。
 単なる流行。
 あの頃哲学をやるってのは、今の「日焼けサロン通い」とおんなじレベルなんだよ。
 そういう哲学の上っ面ばかりを持ってきて、社会を混乱させたんじゃないか。

 社会といえば思い出した。
 「だんご3兄弟」の流行が終わって、結局「泳げたいやき君」の記録を抜けないって事になったのをうけて、たいやきの作詞だか作曲者だかがこんなこと言ってた。
「たいやき君には社会批評性がある。それのないだんごは売れるはずがない」
 って、つまんねぇ言葉だよね。
 この人も団塊の世代なんだが、この世代の連中は「社会批評」ってのを錦の御旗として持ち出すことが多いよね。
 ところがさ、今の人たちからしたらビックリだけど、その「社会批評」をするときに連中のほとんどは「自己批評」なんかしないんだよな。
 これは単純に言えばどういうことかというと、まず大前提として「自分は正しい。世間は悪い」というのが立ってしまっている。
 もちろんそんな「社会批判」が無駄などころか、迷惑であるというのはすぐに分かることだろう。
 で、その結果、大学紛争などが起こった。

 だから、連中は別に何にも偉くないんだってば。
 連中が「社会批評」をしていたのは単なる「流行」に過ぎなかった。
 偉そうに言ってるけど、そういうことだ。
 つまりは、ミーハーだったんだな。彼ら。


99/05/17
「」(1)

「あなたの夢はなんですか?」

A:夢を見ないこと。必ず裏切られるから。

「あなたの夢はなんですか?」

A:YURIMARIみたいな歌手になることかな。(爆)

「あなたの夢はなんですか?」

A:もうすっかり忘れてしまったよ。

「あなたの夢はなんですか?」

A:たしか、誰かと一緒にゲームしたり、本を読んだり、遊んだり、話したり、何もしなかったり、景色を眺めたり、歌を聴いたり、映画を見たり、御飯を食べたり、お酒を読んだり、寝たり、キスしたり、料理したり、旅行したり、なんて事を考えていたような気がします。

 続く。(たぶん)


99/05/16
非実存になるのだ

 昨日今日はずーっと自殺のことばかり考えてました。
 別に「首つり」とか「飛び降り」ではないよ。
 それは自分を「非実存」としてしまうこと。
 「自我の死」

 もう「実存」であろうとすることに疲れてしまいました。

 もうこれからは「ある人」のいう通りに生きて(肉体的にのみ)行ったほうがいいよね。
 ある人がいいと言ったら、それをして、嫌だと言ったらそれはしない。
 ある人の望みの中で生き、そして死ぬ。
 たぶんすごい幸せになれる。

 俺、こういうことを深刻な顔して書いてるわけではないんだわ。
 今すごい必死で笑うのを我慢している。

 もうすっかり壊れてしまったね。俺。


99/05/15(追記分)
マジでキチガイらしいよ

 hotwiredで「パソキチ岩谷」の連載が最終回だというので見に行ったらさぁ・・・何これ?
「近年の深刻な犯罪の真の真犯人は日本の戦後教育」?
「コミュニケーション不在」?
 なんだ、そりゃ。あなたはどこの朝まで生テレビに出ているエセ教育評論家ですか?
 で、それを変化させるメシアが「パソコン」だぁ?

 戦後教育をなくせば、子供が生き生きとするのでしょうか?
 コミュニケーションをすれば人は分かりあえるのでしょうか?
 ていうか、そもそもそれに対してパソコンがなんだというのでしょうか?

 80年代にさぁ、「僕の地球を守って」の影響で「転生戦士」ってのが出てきたじゃない。
「ムー」なんかにさ「アイレオーン、クリディス、エントリオ。これらの名前に聞き覚えのある方はいませんか、僕はビィドンという都市で戦っていたドゥガトゥアです。一緒に地球のために戦いましょう。連絡待ってます」とかいうハガキを出してたようなやつ。
 これは単純化すれば「自分は地球を救うために戦っているから、これだけすごい存在なんだ」っていう思い込みなわけ。で、この岩谷の文章にもそれと同じ愉悦感を感じるわけだ。
「自分はパソコンを使いこなして(もちろん、岩谷の考える「使いこなす」である)いる。パソコンはすごいツールだ。それを操る俺はすごい」っていうね。
 どっちも単純に「自分はすごい」っていう帰結の仕方なんだよね。もちろんどこにも「自己批評」はない。
 そして、岩谷の文章には同時に「妥当性の検証」もない。
 だって、最後のオチがこれだぜ。

>この個人間コミュニケーションに基づく新しい生活形態が、あともうすこし大きく成長し
>全地球的に浸透拡大したら、まず最初に、戦争というものは開始も持続も不可能になるで
>あろう。貨幣についてもまた、「貨幣は邪魔だ」という新しい生産と流通の形態が、現に
>インターネットの上に育ちつつあるのである。

 まぁ、彼の中での貨幣ってのは「コインやお札というお金」という物のことを言っているのであって、「貨幣という概念」の事なんか考えてないのは明白。
(「「貨幣は邪魔だ」という新しい生産と流通の形態が、現にインターネットの上に育ちつつある」ってなに?
 フリーウェア文化のことを言っているのだとしたら、フリーウェア自体はいくらでも貨幣経済の中に取り込まれる性質のもの(たとえばフリーであるUNIXはそのサポート業務という、貨幣経済の中に取り込まれている)である。
 また、それが「電子マネー」だとしたところで、しょせんは「貨幣」という「物」か、「残高」という「データ」かという違いでしかなく、概念は同じである)

 あとは、どういうことで「戦争というものは開始も持続も不可能になる」んだろうか?全く、チャチャも入れられないくらいに意味がわかんないです。

 まぁ、キチガイのやることだから、ほっとけばいいんですが、最終回ということで、ちょっといじってあげてみました。
 彼氏、こんなの書いていくらもらってるんだろ。


99/05/15
夢って何?(酒のんでるので、端折りまくりVar.)

 なんかどっかの機関が将来の夢なんかの調査を行なったようだ。(尾木直樹氏の突っ込みが非常にナイス)

 まぁ、今更どうこういうようなことではないとは思うが(でも分かってないよなぁ)、悲観というかさぁ、当たり前じゃん。
 だいたい日本では「成功」はできるかもしれないけど「大成功」はできないんだよ。
 だってさ、アメリカだと将来の夢は「実業家」がどうもトップらしい(確認してない)けど、それはちゃんとアメリカという社会に「資本家」という個人がいるからなんだよね。
 つまり、資本家というのは「お金がないけど自分で会社を起こしたい人」にお金を貸す「人」の事だ。
 これが日本だと「銀行」になる。
 しかし、どちらから若い人が金を引き出しやすいかといえば、いわずもがな、「一人の人」である資本家の方が引き出しやすい。
 銀行なんか金貸してくれる訳ないじゃん。ただでさえ金持ちに金を貸すことしかできないんだから、どこの銀行が「個人」に金なんか貸すのさ。公庫だってたかが知れてるしね。
 というわけで、アメリカなどには「実業家になれるシステム」というのが、ちゃんと存在するのだ。
 日本にはそれがない。
 そういえば、たまにちょっと小学生あたりがパソコンでなんかしたりすると「将来の日本のビル・ゲイツ」などという、褒めてるんだか貶してるんだか、よくわかんないことを言ったりしているけど、日本ではビル・ゲイツは生まれない。せいぜい西っち(アスキー元社長)くらいのもんである。

 まぁさぁ、「将来何になりたいか」とか「日本はどうか?」なんて、どうでもいい質問だよね。
 全然リアルじゃない。
 あーあ、おもしれー。(苦笑)


99/05/14
これはお勧め

 今日は飯を食いまくり、ビールをのみまくり、おなかがパンパンです。
 最近ちょっと体重増え気味。気をつけねば。
(せっかく65くらいまでになったのに、70近くなってるよ)

 さて、今日のお勧め。

「真夜中の弥次さん喜多さん(しりあがり寿)(アスペクト)」

 これは非常に猛烈な漫画で、まぁ、あらすじを一応書いておくと、
「男色の弥次さんと、パートナーでヤク中の喜多さんがお伊勢参りに出掛ける」ということなんですが、そんなことはどうでもいいです。

 二人はとにかく現実と仮想とリアルと妄想の間を激しく行き来します。
 ・・・ううむ、これ以上の説明をしても意味がないです。
 とにかく、読んでみてください。
 漫画の中に引き込まれること請け合いです。

 ただ一言だけ言うならば、
 たとえ現実であろうと、仮想であろうと、当人にとってはどちらも同等の意味のことなんだと思います。

 いじょー。


99/05/12
偽 Do you love me?

 今日はさぁ、まぁ、最初、仕事に行く前から-80くらいだったのね。気持ちが。
 だいたい平均値が-20くらい。「喜び組募集」とかつくってた時点でだいぶブルー入ってたからね。

 で、仕事中にごちゃごちゃいろんなことを考えてたわけ。
 そしたらどんどんマイナスポイントが重なっていって、-230くらいまで落ち込んだ。
 んでもって、その時に考えた今日の日記のタイトル、そして最後になるであろうタイトルが「Do you love me?」だったんだよね。
 その時の状態を具体的にいうと、家に帰って日記書いて、そのまま首でも吊って死のうかと思ってた。
 いや、冗談抜きでね。

 まぁ、実際今こうして生きてるんですが、気持ちの下げ幅が大きかった代わりに、気持ちの上げ幅も大きかったんだよね。そのおかげで死なずにすんでる。だから今日のタイトルは「偽 Do you love me?」なんだけどね。

 で、その気持ちを盛り上げてくれる原因その1。
「エンセン井上を見た」

 見ちゃいましたよ、生エンセン。
 佐山ばりに「は〜い、エンセン」といおうかと思ったけど、それはパス。
「大和魂」のTシャツ着てました。

 原因その2。
「R.D.レインの「引き裂かれた自己」の本が非常に面白かった」

 ていうかさぁ、自分の状態というのが「非常に典型的な分裂質の症状」なのを知って、非常にうれしかったんだな。
 なんか自分の症状が特定できてうれしい。
 だって、書いてあることが本当に自分のことかと思うくらいなんだもん。
 たとえば

> だから、彼は交わりを求めるように脅迫的に駆り立てられるが、他の誰かの前では<自分自身であること>
>が決してできない。彼は他者とともにあることを決して本当には実行しないことによって、社会的不安を回避
>する。彼は自分の考えていること、自分の言おうとすることを絶対に口にしない。彼の演ずる役が彼自身であ
>ることは、断じてない。冗談が面白くないときには笑うように努め、面白いときにはうんざりしたふりをする。
>彼は本当は気でない人と友達になり、<本当に>友達になりたい人にはむしろ冷淡である。だから誰も本当に
>は彼をしらないし、彼を理解しない。彼は孤立においてのみ安全な自分自身でいられる。空虚感と非現実感を
>伴いはするけれども安全である。他者とともにあるとき、彼は見せ掛けやあいまいな言葉でもって念の入った
>ゲームをする。彼の社会的自己は、偽りであり無益であると感じられる。彼がいちばん熱望するのは<認知さ
>れる瞬間>を持つことなのであるが、しかし、たまたまそういう瞬間が実現したときはいつでも、つまり偶然
>彼が<正体を現した>ときにはいつでも、彼はひどく狼狽し、恐慌状態に陥るのである。

 なんてね。

 でさぁ、たとえば俺はこの日記で自分のことをだいぶ暴露してるじゃない。
 でも、本当はここの自分は「東天王ポチ」であって「赤木智弘」じゃないところがミソなんだな。
 つまり、自分そのものを傷つけることなく、東天王ポチであることで回避しようとしているんだ。
 そして、それは分裂症である自分が唯一外的接点を持てる手段でもある。

 いやぁ、ネットワークや付随する匿名性ってすばらしいね。
 インターネットばんざい。


99/05/11
天涯孤独の相

 そういえば思い出したんだけど、なんかの占いで自分には「天涯孤独の相」があるらしい事をいわれたことがあって。
 で、まぁ、たとえ愛する人が出来ても、その人とは遠く離れていると。
 さらに、俺自身は一生独身だろうと。

 はぁ、さいですか。

 まぁねぇ。似合わねぇもんなぁ。俺が誰かと一緒にいる姿って。恋人にしろ、友人にしろさ。
 今日久し振りにジーンズはいたらかなり違和感があって。それくらい似合わないよね。

 はぁ、一生独りですか。

 別にいいです。今までの23年強ととおんなじ事をあと2回くらい続けるだけですから。


99/05/10
まぁ、短くね

 なんか川口市でもオウムの追放運動をやってるみたいだ。しかも、市議会や県議会の議員までいるらしいぜ。
 まぁ、「絶対善絶対悪」って概念は人間にとっての最高のズリネタなのかもしんないね。
 魔女裁判然り、ナチズム然り。

 今日は、BM4thについて、いろいろ考えようと思っています。
「2ndの時がいちばんよかった」とか「退化」なんて言っているクソガキにはこわーいお兄さんが鈍器でぶん殴って、タンク山で解体しちゃうぞー。


99/05/08
日本のサイバーウオッチなんとかってダメ過ぎ

 トップページからもリンクを張っている河上イチローさんの反サイバーのページがXOOM.COMからなぜか突然に消されたようです。うーん。なんでですかね。(たぶんアレだ)
 ちなみにミラーページはこっち。

 まぁ、そんな間抜けなサイバーウオッチネットワーク(以下CWN)の現状を同じく河上イチロー氏のメールマガジン【サイバッチ!】がスクープしていました。
(5/10 訂正訂正。【サイバッチ!】は河上氏のメールマガジンではなくて、毒島雷太氏のメールマガジンです。だから正しくは「そんな間抜けなCWNの現状を河上イチロー氏が、メールマガジン【サイバッチ!】上でスクープしていました」です)
その1その2その3その4
(その3、その4については5/8現在、ファイルが存在していませんが、すぐに読めるようになるでしょう)
 また、あわせてこちらの「CWN極秘資料」も見ておいてください。
(特に「解説」における「推論」は必読。全くそのとおりだと思います)

 で、これらの一連を見て思ったのは「ダメ過ぎ」の一言。もう何にもいうことはありません。
 だいたい、河上さんも書いているが、「何がダメで何がいいのか」の定義すらあいまいであるのに「浄化」などというのは余りにもナンセンス。
 結局ほとんどのネットワークの人間がCWNに対して思っている「自分の思っている正しいことを押し付ける組織」という評価は非常に正しいものだったといわざるを得ません。

 別にオチはないです。


99/05/07
エウレカ!!

「我、発見せり!!」

 いやぁ、気づいちゃいましたよ。

 世の中(自己的主観)にはPublicな物なんて何一つ存在しない。全てはPrivateなんだ。
 Publicらしき物はあるけど、それはスタイルの一つとしてPrivateの部分でPublicを選択するだけ。
 そういうこと。

 全てはPrivate。
 それはとっても楽なことだ。

 よかった、よかった。


99/05/05
自分はもっとヒドイ

 今日仕事中にいろいろな「可能性についての考察」をしていたらさぁ。
 もうなんていうかね、自分のバカさ加減にヘドが出ましたよ。そりゃ、鳩も出ますよ。関口宏の頭から。
 今回は本当にね「言葉のもつ有効性」ってのが身にしみました。
 普段はどっちかというと「言葉の無効性」ばかりいっている私ですが、言葉というのはたった一言で将来を大きく左右するんだな。と思い当たりました。
 今度からは絶対に「可能性」を取り逃がさないようにしたいと思います。

P.S.1 通りすがり君の件とはなんの関係もありません。
P.S.2 なんかすごそうなことを書いてますが、本当は情けないのでそれらしい言葉でごまかしているだけです。


99/05/04(追記分)
これはヒドイ

 掲示板で大活躍だった「通りすがり」氏のページを発見。
 読んでみたら、ひどいのなんの。
「ハナシアイノレベル」
「カワイソガラレタガリ」
「ムセキニンポジティブ」
 この3つがここについて書いてあるところなんだけど、彼が俺に吹っ掛けるきっかけは

>僕は単に「甘える為だけに自殺志願者を装ってるヤツを追いこんだらどう
>いう反応を示すのか」っていうのを実際に見てみたかったんだよね。
>「こいつが死ぬことは絶対にありえない」って確信してたから。
>こいつを追いこんで遊んでみたいって。

 って事でああいう書き込みをしたんだってさ。
 もう完全に俺を使って遊ぶ気だったんだよね。
 それがいつの間にか

>ただちょっと、あなたの考え方を知りたかっただけでさ。
>Webページで死にたいだとか書いてるんだもん。
>多少の質問や、書いたものに起因する議論なんかに応えるのは書いた人の
>責任であり、義務だよね。
>でなきゃ発言や意思表示をする権利はないしね。
>でもね、もうやる気が無くなっちゃったよ。僕は。
>まさかこんな形で逃げられるとは想像もしてなかったし。
>まいったね。

 だってさ。
 彼の中では「おれ様が遊んでやる=議論(話し合い)」ってことになってるらしいよ。
 インド人もビックリ。ハヤシもあるでよ。

>ホントに「話し合い以前のレベル」でした。

 とまぁ、締めてるんだけど、何が悲しゅうてお前なんかと遊んでやんなきゃいけないんだ?
 ちょっとでも彼のことをいい方向に取ってあげようとしていた俺がバカみたいだ。

 結局彼は「俺に遊んでもらえなかったこと(自分の思い通りに舞い上がってくれなかった)」を悔しがってるんだね。
 じゃあ仮に俺が「彼の意図する意味での反論」をしたらどうだったかといえば、彼は単純に「バカがいっちょ前に反論してくるぜー。じゃあもっと遊んでやれ」と思うだけだった。そして彼自身もそうやって遊ぶ気でいた。
 ところが、俺は感覚的にそういう部分に気づいていたし、某Dさんに至っては、そのふざけた意図を一発で見抜いてしまったわけだ。
 もちろん相手のことを「バカだ」と思っている彼からすれば慌てたんだろうね。「発言の内容には責任を持つべきだ」なんていうどっかの本から拾ってきたような言葉を思い出して、自分の発言を「意見に対する意見」、すなわち「話し合い」ということにしてしまうことにした。(もちろん自分の動機の不純さは棚に上げて)
 後は推して知るべし。
 「自分の気にいる発言」がでてくるまでひたすら俺のことを「発言に責任をとれないバカ」としてバカにすればいいということになった。
 で、結局「自分の気にいる発言」が出なかったので、遊びをやめた。

 と、まぁ、こういうことだ。

 彼が何を書いてきたにしても、金輪際なんの対応もする気はありません。お家でごろごろする暇はあっても、あなたに関わる暇はありませんから。

P.S.
私信
Dさんへ。
>昔、ポチさんがそこここで人に噛み付こうとしていた感じと似ている
いくらなんでも、あそこまで酷くなかったと思います。
まぁ、文体は似ているけど。


99/05/04
他人との距離

 どうも俺は「他人と距離をとる人」と思われているらしい。
 いや、そうじゃなくて「他人と距離を取らざるを得ない」んだけどね。
 なんでかというと、
 どうやったら他人との距離を取らずにいられるのかが分かんないからだ。
 俺としては距離なんか取りたくないんだけどね。

99/05/02(追記分)
かつて経験したことの無い

 孤独とか、苦痛とか、無情とかではなくて、
 ただ裸でコンクリートの上にうつぶせになっているような冷たさだけがある。
 感情の起伏は全く無い。ひたすらフラット。
 頭だけは非常にくるくる音もなく回転している。
 非常に落ち着いているが、眠くはない。
 ただ、かつて経験したことが無いくらいに、時間が経つのが遅いのだ。

 先日書いた、R.D.レインの「引き裂かれた自己」という、分裂病に関する本と、
「講談社 現代思想の冒険者達09 ベンヤミン」という、本を買ってくる。
 んでもって、今から読む。

 今は難しい本が読みたい。


99/05/02
あーいや

 明日・・・もう今日か。
 ・・・。
 頭の中真っ白です。

 さて。

 しかし、ビーマニ4thの穴猿まで批判するバカがいるか。
 何で人間離れした連中へのプレゼントとして素直に受け取れないかな。
 (≧∇≦)ぶあっはっはっ!

 はっはっはっはっ・・・・・・はぁ。
 とっとと寝よ。


99/05/01(追記分)
疑問、疑問、ぎもーん

 今日も本を探しに行って、その先で目録を読んだら、品切れだってさ。そりゃ無いはずだ。

 さて、単純な疑問です。
「相手を好きになる」事と
「相手に自分の願望をかぶせて、それを好きになる」とは、どう違うのでしょうか?
 マジでわかりません。


99/05/01
アンチニヒリズムの直感認識

無い道を行けば どう成るものか
危ぶむ無かれ 危ぶま無くとも道は無し
踏み出せば
その一足が仇となり その一足が凶となる
迷わず行けよ
行けば自爆さ

 うーん。最高だよジニアス君。
 でも死んだんじゃなかったっけ?

 まぁ、わかる人にしかわからない、バカプロレス話はほっとくとして、
 今日は一つのことだけを延々と考えていたため、全く仕事が手に付かず。
 何を考えていたかは秘密じゃ。
(一応今日の日記のタイトルがヒントにはなっているが、ほとんどわかんないでしょ)
 その時が来るまではね。
(永久に来ないかもしれないがー)

 昨日さがしていた本は今日も手に入らずー。
 起きたら新宿行くぞー。それでなければ、取り寄せじゃ。
(神保町は・・・・どうしようかな)

 某ゲームLink Var.を初プレイ。
 全曲コマンドを忘れてしまい、しおしお。
 とりあえずアナザーのパラクリーンは意外と簡単そう。
 あんまり、難しくなっているわけではないんですね。
 一安心。

 以上。寝ます。


Homeへ戻る