祝、一周年
4月の日記。


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

99/04/30(追記分)
まぁ、舌の根も乾かぬうちにぬけぬけと

 BM4th「簡単だった」の嵐ですね。
 3rdやIIDXの時の「難しすぎて初心者が引く」などと言っていたのは何だったの?
 アレが簡単って言っている時点で初心者が引くと思うけどなぁ。

 やっぱり連中の考え方ってのは「俺ができなければクソ」なんだなーと。
 ま、ユーザーは言うだけだから気楽ですな。


99/04/30
private Pressure 3(私的抑圧3)

 親友から80年代の「宝島」を借りたんだよね。
 そしたら、表紙がビートたけし。
 本当にたけしがアイドルだったんだねぇ。
 ビックリ。

 でも、最近のたけしはいけすかないね。
 ていうか、アングラだったものがいきなり映画とかで認められた途端に主流派になってやがんの。
 それじゃ、石原慎太郎と同じだよ。
 まぁ、もっとも団塊の世代の中では比較的頭のいいほうだよね。
 俺だって昔は「だから私は嫌われる」なんかの本を好き好んで呼んでたりした。
 で、実際に俺が社会なんかに興味を持つようになったのも、この本のおかげ。
 まぁ、すでに俺はこのレベルは飛び越えちゃってるけどね。

 ちなみに俺の好きなたけしってのは「ちんぽちんぽ」って歌ってるようなたけしね。
 ああ、北野ファンクラブ・・・。
 俺は、芸人が好きなんであって、文化人なんか大嫌いなんだ。

 ・・・日本ではアンダーグランドやカウンターカルチャーってものが、所詮メジャーへの嫉妬という部分でしか育たないのかなぁ。だから、アングラは平気でメジャーにくら替えしちゃうのかなー。
 経済構造に文化が巻き込まれちゃってるのな。食うためのアングラって言うか、アングラであることが生活手段になってしまっていて、非常に貧乏臭い。
 最近俺が買った、某草壁関連の本なんかもそんな感じだな。
 結局どっちもつまらなくはないけど、面白くもない。
 本を買うくらいだったら、彼らのページを見ていたほうが、何十倍も面白いもんな。

 ・・・・眠くないけど眠い。
 とりあえず布団に潜るよ。

 んじゃね。


99/04/29(追記分)
private Pressure 2(私的抑圧2)

 本を探しに行ったけど、ないでやんの。
 隣の番号のけざわひがしと、周富徳の親戚の本なんかは掃いて捨てるほどありやがるのに。
 全く、自分には「自分に必要なものを取得する運」ってのが全くないね。
 昨日だって、栓を抜こうとしたら、栓抜きがないしさぁ。
 金もないし、コネもないし、権力もないし、女もないし、花を入れる花瓶もないし、イヤじゃないし、カッコつかないし。
 しょうがないんで、勢いで「ちょっと高いなぁ」と思ってて買わないでいた、R.D.レインの「Do You Love Me?(邦題 好き?好き?大好き?)」を購入。
 ちなみに下記の戸川純の「好き好き大好き」の曲はこの本からタイトルを取ったもの。逆に、ビートマニアの方は関係ないと思うけどね。
 タイトルだけ見れば、恋愛物の詩集みたいだけど、そんな単純なものじゃないからね。
 純ちゃんがこうやってタイトルを取ったように、この本もそういう内容。
 理屈ではない、その瞬間をそのままに映し出す能力は秀逸の一言。電車の中で数ページ読んだだけで、圧倒されてしまった。
 これで2300円は安い。
 さぁ、君も本屋でレッツレイン。
(「好き?好き?大好き? R.D.レイン みすず書房」詩集などを取り扱うお店なら、見つかりやすいと思います)

 しかし、何でたかだか一冊の本が見つからないもんかね。
 疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊疲弊、全く疲れたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた。不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満不満。
 ポチ君はいろんなところが壊れてしまいました。

 一冊の本は人間の一生を決める。
 でも、あんまり関係ないよね。
 知るかそんなもん。
 何が人の一生を決めるかなんて、知ったもんか。


99/04/29(追記分)
private Pressure(私的抑圧)

 月光の白き林でーっ、延々とYMOと戸川純を聞いていたりしますが。
 それはあなたを思いすぎて変わり果てた私の姿ーっと。

 YMOを聞いているとOMYの元ネタがわかって、非常にいい感じです。
 そうか、あれはスネークマンショーだったのね。
 男と女の間には、暗くて深い川がある。
 違う違う。「いいものもある。だけど悪いものもある」じゃないか。

 ああ、戸川のCDが終わってしまった。
 音をくれ、音を。
 でも、昨日発売のあのアルバムだけはダメじゃーっ。
 ZUNTATAもダメ。
 リーッジレーサーーーーーーツーーーーーーー。
 おっけぇ。

 掲示板に対するレスはエラー修復後ですが、1つだけレスしておかなければならないものがありますので、それだけは書きます。さらに直接謝ります。たぶん今日。
 そういえば先日も会ったんですが、その時はなんかうまいタイミングがなかったんですよー。

 仕事もないみたいだから、本でも買いに行くかな。
 奥さん、時代は「ベンヤミン」ザンスよ。

 バイバイさよならグッバイアディオス、また会う日ーーーまでーーーーーーっ。ヘイ!!
(これはベンジャミン)

P.S. 千駄ケ谷のホープ軒(戸川純が常連だったそうだ)にでも行きたいぜーーーーっ。腹減った。
P.S.2「好き好き大好き」とか歌ったら、立派な嫌がらせとして通用しそうだねぇ。


99/04/29(追記分)
続・今日は

 DDRリンクバージョン、新宿にようやく御披露目。
 新宿に・・・・行ってるんだろうなぁ。
 二人で。
 (T-T)

 今日ではなくて昨日。
 YMOの例の20周年CD-ROMを借りる。
 なので、今日はこれをゆっくり聞くことにする。

 今日は下にも書いたようにエラーが発生しているので、掲示板への書き込みはないです。
 おやすみです。

 んでは。


99/04/29
今日は

 今日のポチは頭がスタックフローでさらにエラー。
 何にも頭にはいんないし、何にも出ていきません。
 明日までには何とか修復します。

 んでは。


99/04/28
業務連絡

:一部関係者の方々への私信

 先日の件はもはや自分の中ではタブーでも何でもありませんので、ギャグとして取り扱い戴けますよう、よろしくお願いします。
 別に皆さまに気を使っているわけではなくて、その方が自分の中で消化しやすいのです。
 今日はだいぶ消化しましたが、まだちょっと胃の重さが残っていますので、できうるかぎり早く消化したいのです。
 よろしくお願いします。

 ところで、私は色恋については、あと500回は痛い目を見ないと分かんないであろうことを確認しました。
 あまりにも「他人の気持ちを推し量る」ということを知らなすぎます。
 先日友人にも「小学生中学年並み」とお褒めの言葉をいただきました。
 全くその通りだと思います。

 それでは、取り急ぎ。


99/04/27
だめにんげんだもの

れっつくりっく

99/04/26(追記分)
そんなこんなで今日のこと

その1
 朝からいきなりキャプチュードでぶん投げられたような衝撃を受ける。

その2
 その後、いろいろあって、自分が大嘘つきで人を愛する資格なんかない人間なんだと知る。
 それでも俺は人を好きになる。
 今、側にいてくれる人をずーっと好きでいる。
 たとえ何百回何千回傷ついたとしても。

その3
 ちょっと胃が重い。
 暖め直したピザが重いんだろうか?
 いや、そうじゃないよ。

その4
 もうなんかいろんなことがバレてもいい気がしてくる。
 対象はいわないけど、感がいい人は昨日のが何だったか(誰に対してか)、もう分かってるでしょ?

その5
 今から美智子交合と某S君の書いた「私が死んでもいい理由」を読む。
 これは例の「ドクター・キリコ」関連のお話。非常に楽しみ。
 感想は明日書きます。

その6
 明日は三原順の「ムーン・ライティング」という漫画と、「私が死んでもいい理由」あたりの感想になると思う。

その7
 感情の吐露にはもっと気をつけようと思う。誰かを傷つけるから。

その8
 終わり。仕事もしたくないけど、あるんだろうなぁ。


99/04/26
結局これって

AM 2:41

 昨日はいろいろ書いたけど、もし俺が女の子だったら、リストカットしてるんだろうなぁって。
 だいたい、ああやって、自分を傷つけることによって彼女達は自分のせいを自覚し、または他者の気を引こうとする。
 俺のやってることも同じじゃん。
 今日は疲れた。
 寝る。


99/04/25(追記分)
ゆったりとした日

PM 8:30

 インデックスページの模様替えを進めてみる。
 まぁ、基本的に見にくくなる予定なので、日記や掲示板の模様替えは行ないません。
 まだ暫定版なので、いろいろいじってみるつもりです。
 元々のイメージはPSY'sのアルバム「Signal」。
 本当はもっと濃い青なんだけど、HTMLの216色ではこの色が限界。

 久しぶりに出前のピザなどを食べる。
 外にでたくなかったから。

 別に盗んだバイクで走りだしたりはしませんでしたが、
 なんか「雨、逃げ出した後」って感じですな。
 これでどっかの田舎で友人とばったり会って、テントで1泊した翌日に、しまっちゃうおじさんでも来れば完璧だったのに。

 これからすること、
 銭湯に行く。
 はがきを買う。
 はがきを出す。
 ・・・。
 あとは、ウテナのCDでも聞こうか。

 以上。
 ずいぶん落ち着きました。
 んでは。


99/04/25(追記分)
まだ余裕はない

PM 1:18

 寝たり、起きたり、CDを聞いたりしていたらちょっと落ち着いてきた。
 でも思い込めば、まだ涙が流れるし、余裕はない。

 とてもじゃないけど選挙に行く余裕はない。
 仕事も休む。
 外にもでたくない。
 ちょっとおなかは空いたけど、ほっといても死ぬことはないだろう。

 希望はいつも裏切られる。
 だからどんどん小心者になっていく。

 かってに恋をして、裏切られた気になっている、
 こんなバカを笑ってやってください。


99/04/25(追記分)
Ceramic Heart 歌詞

AM 6:15
(CD [RAYSTORM NEU TANZ MIX] より)

 この場所からは
 あなたのことがよく見える
 姿カタチとか表情しぐさ
 あなたの優しい声も・・・
 だけど
 あなたに触れることはできない
 なぜなら
 あなたと私のあいだには
 透明な一枚のガラスがあるから
 そのガラスが
 どんなに薄くなっても
 あなたの手に触れることは
 永遠に不可能だ

 私の心が
 セラミックのように
 どんなに強くても
 どんなに丈夫でも
 どんなに性能がよくても
 あなたの前では
 ただの物体(=Object)・・・
 あなたに
 私の声は届かない
 私の指も届かない
 ただ
 透明なガラス越しに
 あなたの姿を眺めているだけ
 私は動けない
 叫べない

 もしも
 私の心が
 あなたに通じる時が来るとしたら
 それは
 あなた自身が
 二人の間にある
 透明なガラスを
 あなた自身の手で壊した時
 けれども
 そのガラスが壊れることは
 永遠にあり得ない
 あなたはガラスの壊し方を知らないから
 知っているのは
 透明なガラス越しにいる私だけ

 "私の心はセラミック
 硬く鋭く決して錆びることはない
 けれど
 床に落とした瞬間に
 粉々になってしまう

 私の手に入らないものは
 何もない
 地位も名誉も財産も
 だけど
 たったひとつ手に入らないもの
 それは
 私が心から欲しいもの"

 セラミックでできた私の心を
 このガラスにぶつけてみたら
 壊すことはできるだろう
 でもその時は
 私の心も
 ガラスと一緒に
 砕け散ってしまうのだろうか


99/04/25(追記分)
薄っぺらなゼビウスと私

AM 6:10

 なぜかゼビウスをプレイした。

 こないだちょこっとだけ書いた小田嶋隆の「パソコンは猿仕事」という本の中に「壮年期3D酔い症候群」という一文があって、その中で「ゼビウスを久しぶりにプレイしたら、驚くほど平淡で薄っぺらかった」なんて部分があって。
 で、今日プレイしたら本当に薄っぺらくって。

 なんかそれが自分と結びついちゃってさ。
 薄っぺらい自分。

 全然深くなんかない自分。
 深いと思い込んでいただけの自分。

 リアルにそれを感じた。


99/04/25
Ceramic Heart

AM 5:46

 あなたは絶対に気づいていなかったけど、俺はあなたのことが好きでした。
 かってに好きになって、かってにピリオドを打ちました。

 あなたに対して有効な言葉を持ってなくて
 なんにも話せなくて。

 俺の言葉の引きだしは愛を伝えるには貧困すぎて。
 だから普通に杓子定規にしか話せなくて。

 自分の言葉は「礼儀正しく」と「壊れる」の2つしかなくて。
 あなたの前で壊れるくらいだったら、ずっと礼儀正しい普通の人のままでいます。

 この文章をあなたが読むことはないでしょう。
 今度会ったときも、あなたの中の私のポジションは今までと同じく0でしょう。
 余り親しくない友達。
 そのままでいいです。

 そのままずっと
 近づかないでいてください
 離れないでいてください

 さようなら


99/04/24(追記分)
・・・・・

 自分のことなんて、大っ嫌いだ!!
 死んでも好きになんかなってやるもんか!!
 チクショウ。

99/04/24
誰が弱者か

 明日は区議選ですが、ハッキリ行って面倒くさいです。
 だいたい区議なんか70人以上いるくせに、政策の内容はせいぜい3通り。
「(老人子供の)福祉拡大」「不況打破」「働く女性」こんなもん。
 全く、若い人のことをバカにしてるったらないよね。
 多分「社会的弱者」ってくくりでそういうことをいってるんだろうけど、年寄りは金を持ってるから(そりゃもってない人もいるけど)強いし、子供も親が会社社会に入り浸りだから強い。
 女性なんか、今の社会では社会進出してバリバリ働いてもいいし、主婦としてのんびり生活してもいいという、究極の選択権をもった、一番強い人種じゃないか。
 だったら、いちばん弱いのは誰かというと、金もなくて社会的なコネもない今の若者だよ。
 若者にあるっていったら「可能性」だけだが、拝金主義に染まった会社社会では、その可能性すらなんのメリットもなく、逆にデメリット(甲斐性がない)になる始末。

 俺らより下はいいんだよ。もうここから下は会社社会からかなりドロップアウトしちゃってる世代だからさ、ドロップアウトということで意見がまとまっていて、比較的に楽な世代。
 俺らの世代ってのは、ドロップアウトするやつがいれば、会社社会に染まるやつもいるという、かなり中途半端な世代。

 なんか話がずれたな。
 まぁ、まとめてしまえ。
 70人以上が雁首そろえて、3つ程度の政策しかでないなんてのは、日本って余りにも政治的にレベルが低くないか?ということ。


99/04/22
どないせいっちゅうねん

 さてー、今度の日曜日は区議選と区長選があるんだけど、区議選の立候補者70名強。
 これでどうやって投票しろっていうんだ?
 70名の政策と理念を比較検討して、一番練馬のためになる人を選ぶ?
 できるか、そんなもん。
 演説カーがひたすら名前を連呼することに「おかしい」と思う人も多いけど、そりゃ、名前を覚えてもらわないことには、いくら政策を言っても始まらないもんなぁ。
 てなわけで、比較的政策で争いやすい選挙の方法を考えてみたよ。

 まず、選挙区としては今までと同じ。
 立候補者を10名程度のグループに区分けする。(今回の例だと7グループ)
 有権者には、選挙のお知らせのはがきを使い、どのグループに投票できるかが知らされる。(つまり、その中のひとつのグループにしか投票できないって事ね)

 とまぁ、グループ分けしちゃえって事ね。
 これだと有利不利がでると思う人もいるかもしれないけど、別に区議に人気不人気なんて事はないでしょ。
 そりゃ、都知事選で石原と泡沫候補がひとつのグループで、桝添と鳩山がひとつのグループってんなら、そりゃ、有利不利があるけどね。
 あと、「本当に入れたい人に入れられない」ってこともあるけど、普通区議で「ぜーったい、この人じゃなきゃ嫌」なんてのはどう考えたってありえないもの。あったらそれは金か何かもらってるって事だ。

 んー、まぁ、どうだっていいといえばどうだっていいんだけどねぇ、区議なんて。


99/04/19
まぁ、個条書きで

・ワンダーエッグ3に行った。
・仕事中に酔っ払いのクソリーマンに中国人呼ばわりされる(仕事中であったことに感謝するアルよ。そうじゃなかったら、間違いなく血を見る事になるアルよ)
(ちなみに、中国人呼ばわりされたことに対し怒っているのではなくて、リーマンの態度に怒っている(怒るっていうか、呆れたというか、笑ってしまった)ので間違いのないように)

 ・・・んー、日記書かなかった期間に会ったことって、これくらいかなー。
 せっかくほとんど毎日更新してたのにねぇ。

 んじゃね。


99/04/12
今更気づいてしまった

 結局、石原慎太郎だったようで。
 まぁ、桝添よりはいいんだけどね。

 で、石原慎太郎がテレビなんかでインタビューをしてたんだけど、その中で「今度東京都の職員になった若い人に東京都にした理由を聞いたら「必ず週に2日休めるから」とか「必ず5時に帰れるから」とか言ってるヤツが多いみたいだけど、そんなヤツはいらない」とか発言していたのを聞いて、今更今回の都知事選の隠れテーマに気づいてしまった。

 それは「団塊の世代 再結成」だよ。

 上記の発言がおかしいのは、本来「週五日」とか「仕事は一日八時間」なんてのは労働基準法に定められた物であって、わざわざそういう理由で東京都で働く人間がいるということは、世間一般でそれほどまでに労働基準法が守られていないということ。そういう現実こそが問題であるという点に気づいていないことがひとつ。
 もひとつは、じゃあ今まで「必ず週に2日休め」て「必ず5時に帰って」いたのは誰かといえば、既存の都職員。だからそういう理由で怒るのであれば、そっちに対して怒るのが妥当であるという点。

 で、この2つというのは、「他人のすることを怒りはすれど、自分たちのすることに対しては何も言わない」という点で共通している。そして、その特性をもっている世代が実は「団塊の世代」なわけ。

 どうやら、世間一般では石原慎太郎は「反主流派」とされているようだが、どう考えたって、バリバリの主流派だよ。
 そのバリバリの主流派を自分たちの権利ばっかりを押し通そうとする「団塊の世代」(よくよく考えれば、自分たちがいまだにマイノリティだと思っている、ずうずうしさも同じじゃないか)がみんなそろって押し出したというのが今回の選挙の真相なんだと思う。

 いきなり「石原裕次郎の兄です」と言ってみたり、中国のことを「シナ」と言ったり(ポチはラーメンが好きだけど、支那そば屋には行かないことにしているし、店の中にそういう記述があれば二度と行かないようにしている)、とんでもない俗物だよね。

 まぁ、桝添じゃなかっただけ、いいか。


99/04/11
少なくとも・・頼むから

 江古田組の掲示板にはカドが立つからレスしないけどさぁ、コナミなんかより、メモリーカードのデータ書き換えて全曲出そうなんていう精神の方が遥かに「ひどいですねぇ」だよなぁ。しかも「はじめまして」で書くようなことかよ。単なる「初心者です。教えて」君の方が何億倍もマシ。
 店のミスでコントローラが入手できなければ文句言われて、コマンドの解析が甘ければ文句言われて、コナミも大変ですな。
 ああ、やだやだ。

 選挙は行ってきました。ま、一応都民の義務ですから。
 予告通り「川上俊夫」に突っ込みましたが、まぁ、受かることはないでしょう。
 テレビでは「識者(「やくみつる」まで識者扱いだよ(爆))」の方々が「政策が似たり寄ったり」なんて言ってましたけど、今更そんなこと言ったってしょうがないでしょ。選挙なんて所詮人気取りなんだから。
 問題なのは、その似たり寄ったりで絶対実行できないけど、やたら口当たりばかりが良い政策を支持する有権者の方でしょ。そっちのバカさを指摘するのが先。
 まぁ、所詮「識者」様の意見も非常に似たり寄ったりでした。

 たださぁ、「川上俊夫」が受からないのは仕方ないとしても、桝添のハゲだけは勘弁して欲しいよなぁ。
 この際「びっぐばぁん柿沢」でも「石原慎太郎」でも、いっそのこと「ドクター中松(70歳ってのは初めて知った。ということは、あの食事のデータとかを集めているのは実際に役に立ってるって事だな)」でもいいから、うすらハゲだけは勘弁してくれ。
 生理的に嫌いだし、政策も人気取りのみの最悪なもの(「福祉安全先進都市」と「都政から金と人の無駄」がどうやったら両立するんだ?福祉ほど「人と金」が無駄に使われるものもないんだからさ)。
 なんでこいつに入れるんだ?
 まぁこの際、都民がバカでもいいから、桝添だけはご勘弁。頼む。


99/04/10
で結局、振興券ってどうだったのよ

 最近はすっかり話題もないんだけど、例の地域振興券って結局のところどうだったのか。
 まぁ、みんなお金もらってるんだから悪口は言ってないよね。施行前は「バラマキ政策だ」なんて言ってたくせに、金もらったらおとなしいもんだ。
「もうされちゃったことだから」というんだったら、消費税だってもう過ぎたことじゃん。
 結局は2万円もらった人たちは幸せで、バカを見るのは俺達って事ね。
 じゃあ、子供が16歳以上で、自分も65歳以上じゃない人たちも被害者かというと、そんなことはない。少なくとも彼らが生きているうちにその借金を返す必要はないんだからさ。

 さて、どうやら地域振興券は大抵が「食料品」「衣類」などの「生活必需品」に化けたそうだ。
 経済効果があった?
 とんでもないね。
 本来は2万円という額面で最低4万円の経済効果を引き起こすことが必要だった。
 カラオケボックスのサービス券を思い出すと分かりやすい。
 カラオケボックスで客引きで30分無料のサービス券を配ったとする。
 その時に来た客が「30分歌った、じゃあ帰りましょう」じゃダメなわけだ。
 客に1時間とか2時間とか歌わせて、ドリンクなども飲ませて、500円分のサービス券だとしたら、そこから2000円くらいを引き出すのが正しいサービス券の在り方だ。
 じゃあ、振興券はどうだったのか。
 普通の「賢い主婦」は、普段の生活費の中の2万円を貯金して、その分振興券を利用したわけだ。振興券の大半が「生活必需品」に消えたということはそれを意味する。だとしたら経済効果は全くない。
 それこそ、30分だけタダで歌われて、それでおしまいということだ。

 さて、なんでこんなことになってしまったのか。

 最初、これは経済政策だった。
 経済政策として、お金の流通を促進するために、商品券を配るということだった。
 ところが、自民党だけでは心もとないので、他の党に協力してもらう必要があった。
 で、公明党に助けを求めた。
 その条件が、この「経済政策」を「福祉政策」に転換することだった。
 少なくとも、条件ではなくても結果的にそうなった。
 こういうインチキ福祉は公明党の得意とするところだからね。
 というわけで、振興券は「経済政策の皮をかぶった福祉政策」という、よくわからないものになった。
 福祉だから、配布先は年寄りと子供に限定された。
 年寄りは自民党の支持基盤だ。都合がいい。
 子供を持った両親を公明党支持にまわらせたかった、公明党にとっても都合がいい。
 んなわけで、振興券は「経済政策の皮をかぶった福祉政策の皮をかぶった票集め」という、さらによくわからないものになった。
 さらに悪いことに、自民党や公明党自身もこれが「経済政策」なのか「福祉政策」なのか「票集め」なのかよく分かんなくなってしまった。
 当然、そんな状況で見切り発車したって、成功するわけがなかったのだ。

 本来、この政策はあくまでも「経済政策」として行われるべきだった。
 そこに「福祉」という、経済的には非常に非効率的な物が紛れ込んだ時点で失敗するしかなかったのだ。
 経済政策として執り行われるべき振興権勢策はこうだった。

1) 振興券の配付対象は若者中心に。
2) 額面は2万円一枚。
3) 適用地域を限定しない。

 若者中心に配付するのは、2万円でなるべく多く現金を引き出すため。
 若い人は欲しいものがいっぱいあるのだ。iMacでもいいし、プラダのバッグでもいいし、かっこいいコートでもいい。5万円も引き出すことができれば、経済政策として大成功である。

 次に、額面を2万円とするのは「生活必需品」として、家庭の貯金にならないためである。
 当然おつりを出さないのだから、2万円以上の品物を買うことを強制される。
「使い勝手が良くない」との反論があろうが、この2万円はあくまでも経済政策に使われるべき2万円である。国の金であって、もらった人の自由になる金ではないのだ。

 適用地域の限定をしないのは、暗に都市圏に利用を集中させるためだ。
 ハッキリ言って、地方で使われたところで、なんの意味もない。大企業が軒を連ねる都市圏でのみ、経済に影響するのだ。
 たとえば小さな八百屋で使われたところで、八百屋の主人が設備投資をすることはありえないが、大きな企業に数多くの2万円が入れば、それこそ何千万規模の設備投資に繋がる可能性もあるのだ。

 というわけで、経済政策としての振興券は「東証平均を上げること」を目的としている。
 実際、日本には東証平均が下がれば「景気が悪くなった」という程度の評論家が多いんだから、そういう連中に「景気は回復している」と言わせるためには、やっぱり東証平均をあげることだ。
 だいたい、景気なんてのは所詮、期待される値でいくらでも上下するものである。
 数値的に上り傾向を見せれば、まぁ、そこそこ回復するものなのだ。

 ハッタリ?もちろんハッタリだよ。
 ていうか、元々経済というものがなんの根拠もない数字の羅列なのだ。
 別段上がったから幸せになるわけでもないし、下がったから生活が悪くなるわけでもない。
 もともと「景気が悪いねぇ」という一般庶民の不満は、実際に経済動向を見て判断しているものではない。
 だから、せいぜいスーツを着てサラリーマンのコスプレをしたハーメルンの経済専門家に「回復傾向にある」と言わせれば、バカな一般庶民も「回復傾向にある」の大合唱になるわけだ。

 本来は、そうするべきだったんだけどね。

 結局、経済と福祉と思惑がが入り交じり、全く純粋なものでもなくなった振興券にはなんの価値もなかったということだ。
 なーにが悲しゅうて、そんなもんの金を払ってやんなきゃいけなかったんだろうね。


99/04/08
まぁ、消去法ですが

 小田嶋隆の「パソコンは猿仕事」という本を買う。このことは後で書く。
 塔島ひろみの「鈴木の人」という本を買う。このことも後で書く。
 今日書くのは都知事選の話だ。

 銭湯にいったら選挙公報があったので、いただいて帰る。そして読む。
 いきなり1ページ目から「津田宣明」という電波じいさんが登場。
 興味のある方は公報を読んでみてください。
 一応ポチ君はまじめなので、こういう電波ヤロウには入れません。

 公報を読んで、候補をしぼる。
 どうでもいいが、「福祉」だの「環境」だの、口当たりの良い、非常に老人チックな言葉ばかりが多くて困ってしまう。
 とりあえず、そんなくっだらない事言っている候補者はバツ。

 そんなこんなで絞っていったらいちばんバランスのいい考え方をしているのが「川上俊夫」という結論になった。

 他の連中は都知事選なのに「テポドンがどうの」とか「日本の景気」などという、どっかいっちゃったことばかり言っている。まぁ、川上俊夫も「だんご3兄弟」だの「ほーほーほーたる来い」だの、分け分かんないこと言ってるんだけど(そいえば、先日池袋で「川上俊夫」って旗もって横断歩道のところで何も言わずに手を上げて立ってました。多分「名前だけを連呼する選挙」へのアンチテーゼだと思うんだけど、黙っているのは違うと思うぞ。ちなみに3時間後に同じところを通ったら、まだ立ってました)、政策は確かにわかるので。
 ちなみに彼の政策は「大人の借金を子供に残さない」つまり、東京の赤字を払拭するということ。これは「総合福祉」だの「不況」だの言っている連中に比べたら、ちゃんと足下も周りも見渡している意見だ。
 「総合福祉」なんてのは単に年寄りへの人気取りに過ぎないし、「不況」なんてのは単なる流行言葉だし、東京だけで解決できる問題ではない。今回の選挙は都知事選なのだ。衆議院戦や参議院戦とは対象になる問題が違うの。
 他はあっても自分の職業周辺のことしか言ってない泡沫候補ばかりだもんなぁ。

 と、いうわけで、「都知事選である」「福祉とかそういう若い人をバカにしたことを言わない」という、たった2つの点だけで川上俊夫に決定です。

 まぁ、実際当選するのは石原慎太郎だろうけどね。


99/04/06
そもそも日本人ってのは

 今日はいつもの警備ではなくて、違う場所の施設警備だった。
 まぁ、内容的にはガードマンボックスの中に座って、外をじーっと見ているだけ。
 なんで、坂口安吾(有名なのは堕落論)をひたすら読むという、ぜいたくな時間を過ごしてました。

 で、安吾の周辺の人のことなどを書いた文章がいくつかあるんだけど、そこに出てくる人たちが最近の若者にそっくりなの。いい加減な奴がいたり、自殺するほどに悩んでいる人間もいる。で、大半はいい加減。きっと安吾はそういう人間が好きなんだろう。
 だから多分今の若い人のことも好きだと思うね。

 ていうかさ、おおよそ安吾が生きていたころ(戦前から戦中、戦後にかけて)には日本人のほとんどがそうだったように思う。
 考えてもみなさい。日本人がいい加減だったからこそ、日本橋は石橋になったし、寺は修復されるのだ。
 これが生真面目なヨーロッパだったら、そうはいかない。どうなるかというと「いかに現状を維持するか」を考えるのだ。
 ヨーロッパが「いかにこわさないか」を考えるのにたいし、日本人が「壊れても直せばいい」などと考えるのは、日本人のいい加減さ、そのものである。

 団塊の世代などは「日本人は勤勉だ」などと叫ぶが、日本人の勤勉さは非常にいい加減である。

 本来、会社に対して勤勉であるということは「いかに会社をいい方向に動かすか」であるにもかかわらず、日本人の勤勉とは「単に会社に行くこと」である。
 会社に行けば勤勉とは、非常に短絡かつ、いい加減である。

 本来、勉学に対して勤勉であるということは「いかに自分の学問体系を成立させるか」であるにもかかわらず、日本人の勤勉とは「単に言われる事を覚えること」である。
 言われたことだけ覚えていれば勤勉とは、非常に短絡かつ、いい加減である。

 まぁ、いい加減なのは別に気にしないんだが、団塊の連中の悪いことは、その自分たちの都合のいいように作り上げた「勤勉」を下の世代に強制することだ。しかもそれを「勤勉」だと信じて疑わない。要は頭が悪いんだな。

 つまり、「勤勉を勤勉と信じている」事は非常にいいかげんな日本人そのものなのだ。

 そもそも日本人はいい加減なんだ。

 たぶんね。(<この辺がいい加減)


99/04/05
まぁ、所詮報道バラエティーだしね

 例のメリッサウィルスの作者が逮捕されたようで。
 で、さっき「めざましテレビ」で電子ウィルスがどうのこうのやってましたけど、「最近はウィルスが一日に5.6個の割合で生み出されています」なんていう、なんの意味もない(だってさ、ワームもトロイの木馬もマクロウィルスもごちゃまぜにしてるんだぜ)報道をしてました。

 ちなみに、ウィルスに感染しないための一番の方法って知ってます?
 それは「必要がなければマイクロソフトオフィスを使わない」ということ。
 だいたい、上記の「一日に5.6個の割合」で増えているのは99.999%マクロウィルスだからね。
 今回のメリッサウィルスだって、マクロウィルス。ワードなんか入れてなきゃ、なんの被害もないわけだ。
 そもそも、どこにワードなんか使う理由があるんでしょうか?

 まぁ、企業はこうやって痛い目を見ないかぎり、延々とテキスト文書にワードを使い続けるんでしょうね。

ご参考資料 頑張れゲイツ君


99/04/04
栃木県はすごいな

 ソースは多分、朝日新聞。
(本当は某Sさんのところからもってきました)

>■子どもは最低3人つくりましょう――栃木県知事訓話
>
> 子どもは最低3人つくりましょう――栃木県の渡辺文雄知事は2日、県の
>新採用職員研修の訓話で、約100人の職員に「子づくりのすすめ」を説い
>た。
> 高齢、少子化が進み、税収不足に危機感を抱く知事の結論は「子どもをつ
>くるしかない」。まず身内から実践してもらおうという狙いらしい。
> 2人の子どもの親である知事は、孫が7人いることを紹介し、「知事とし
>て頭が痛いのは子どもがいなくなること。子どもを増やさないと税金を納め
>てくれる人がいなくなる。高齢者対策もできない」。県の苦しい財政の現状
>にも触れて「金はすでにない」。子どもがいても共働きできる環境をつくる
>のが行政の仕事、と語った。
> さらに、「みなさんも少なくとも3人、子どもをつくること。それが自分
>のためでもある」と力説した。

 何でたかが栃木県のために子供つくんなきゃいけないのさ。
 間違いなくこんな理由でつくられた子供は不幸になるな。
 もう少子化の要因なんかちっとも考えてないし、余りにも自分勝手な発言。
「それが自分のため」の自分って、渡辺文雄の事か?
 仮にそこで言う「自分」が「約100人の職員」の事だとしたって、余りにも生まれてくる生命をバカにした発言である。

 この発言で分かるのは、いかに渡辺文雄が県民を「税金を納めてくれる人」。つまり、金のなる木としか考えていないかだ。
 こんな知事とっととリコールしろ。クソ栃木。

 仕事から帰ったばかりで眠いから、今日はここまで。もうちょっとあとで書くことになると思う。


99/04/03
ストーカーは面白いな

 某ビートマニアの掲示板で人気大爆発中のchem mous君(しぇんむーって読むんだって)ですが彼に関するこんなページができていました。

 ストーカーってのは、自分が付け狙っている人は自分のことを好きであると、頑なに信じてるらしいね。
 本人の目から見れば、付け狙う行為も純粋な恋愛なんだろうね。

 しぇんむー君の場合、彼の好きなものが頭の中で全部繋がっちゃってるんだな。
「ビートマニア」「D2R」「Hikki」「東芝EMI」「ドリームキャスト」
 全部がごっちゃになって、1つのものになってしまっている。
 自分の好きなものばかりをつなげて、それが達成されて当然だと思っている。
 もちろんそこには他者の存在はない。
 「コナミ」「東芝EMI」「セガ・エンタープライゼス」「宇多田ヒカル」
 これらは彼の中では全て記号になってしまっている。
 その記号には意志などない。
 全て、自分の手の中にあるべきだ、なければならない。
 ビーマニシリーズも宇多田ヒカルも僕のものだ。
 僕が好きなビーマニや宇多田ヒカルじゃなきゃいけない。
 それなのに、なんで僕のものにならないの?
 お願い、僕のものになってよ。
 僕を一人にしないでよ。

 ああ、うざってぇ。(笑)
 いつの間にかしぇんむー君になってしまいました。
 と、このように、しぇんむー君は非常に面白い存在です。
 僕はいろんな意味でしぇんむー君が大好きです。

 以上。


99/04/02
海外に目を向ける前に

「東京びっぐばぁん」でおなじみの柿沢こうじがプロレス誌に出ていた。
 んでもって、女子プロレスラーにコブラツイストなどをかけて遊んでいた。
 なんでも「知的だがひ弱というイメージを払拭するため」だそうだ。
 でも、俺はそういうイメージではなくて、経済人に政治の主権を握らせるのは危険だと思っているから、入れないだけだからね。

 さて、3月31日の日記で書いた(この日記のように1月ごとにページを変更すると、30日とか31日とかの日記ってなかなか読まれないことが多くなるんだよなぁ)Rieko Izawa情報追加。

 あの最後の「19歳の高校出たての女の子だからゆ・る・し・て」なーんて書き込みに対しては確かに怒ってる人はいるんだが、それでも

>ショックは受けたがこれからはポジティヴに成長したいという彼女においう
>ちをかけているかもしれませんが、これは私から彼女への応援です。モンス
>ターなんてとんでもない、自分のたった一通のメールがこんなに反響を呼ん
>だのだと自信を持つぐらいの意気込みでいて下さい。

 なんて書いてあったり、甘やかされてるなぁと感じるんだよね。
 だいたい、彼女が「1つのことからすべてを決めつけるような書き方」を改めているわけでもないし、いまだに主題をまともに捕らえてないわで、それで「ポジティブ」なんてのはちゃんちゃらおかしいんですが、(さらにいうなら、反響を呼んだってのも彼女の捕らえ所が良かったわけではなくて、こういうニセジェンダー論論のような不毛な会話に飛び付くやつが多いってだけの話だ)それでも前向きに見られちゃってます。
 まぁ、19歳だったり、女性だったり、同族意識だったりするんだろうけどね。

 でさぁ、何度読んでも彼女達の議論ってすごく薄っぺらいんだけど、なんでかと考えると以外と簡単なことなんだよね。
 それは、彼女達が日本文化に関する考察を外国文化との比較論でのみ語っているということだ。
「外国はこんなに優秀で、こんなに日本はダメだ」っていう話にしかなってない。
 だから、男女差別の件に関しても日本は少しずつ改善されつつあるんだけど、そこを比較論で語るから「日本はこんなに差別がある」という話にしかならない。
 これを子育てでいえば、毎回テストで100点を取るA君と、あんまりいい点数を取れないB君がいて、B君の親が「A君はあんなにできるのに、何であなたはできないの」と叱ってるようなもんだ。たとえこのとき、普段30点くらいしかとれないBくんが、一生懸命勉強して70点を取ったとしても、こうやって叱るのだったら、それは全くナンセンスな子育てということになる。
 つまり、自国文化の推移の状況を考えずに、ただひたすら外国のいいところの表面ばっかり拾ってきているから薄っぺらいのだ。元々ベースとなる文化が違うのだから、日本でそれを施工するのであれば、当然カスタマイズや地ならしが必要となってくるのだが、全くそういうことを考えていないのだ。
(例を挙げるなら、サマータイムね。他の先進国では「就職=会社との契約」という方程式が比較的ハッキリしているので、社員が有効に余った時間を使うことができるが、就職がほぼ人身売買とイコールな日本では、どう考えたって、仕事時間が一時間増えることにしかならないわけ。だったら、サマータイムを叫ぶより、労働基準法の厳格な適用を叫んだほうがいい)
 Rieko Izawaの発言にも「日本にいて外に目を向けようとしない方」なんてのがあったが、その「外に目を向ける」のが単なるよそ見だったら、なんの意味もない。
 そうならないためにも、外を見る前にちゃんと中も見て、バランスの取れた発言をしましょう。
 ・・・なんて言っても、無駄なんだろうけどね。


99/04/01
重大発表

 本日4月1日をもちまして、東天王ポチは
自殺を決行します。

 あ、ウソウソ。
 めちゃくちゃ物騒なウソ。
 今のポチ君は元気どす。死にやしませんがな。

 これから寝るので、昼くらいに何か書きます。
 ネタがないとも言う。
 んじゃね。  


Homeへ戻る