いろいろと新しいこと
2月の日記。


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

99/02/27
だからインターネットは嫌われる

 ども、久しぶりの日記です。お待たせ。

 さて、今日は「MP3」についての話です。
 ちなみに「MP3」ってのは音楽データの圧縮方式。
 ほとんど音質を落とさずに、かなりの圧縮を実現しています。
 ところがそのために、手持ちのCDをMP3にして、ダウンロードさせる輩が続出。
 というわけで、「MP3」自体がいろいろ問題を含む存在になってしまっています。
(中には「MP3自体が違法」と思っている人までいる始末)

 さて、そんななか、ソニーがこんな提案をした。
 つまりは、音楽データの複製を制限するやり方だ。その後の「長期的な解決策」とするものでは、制作側が自分たちで制限を決定することが出来るようになる。

 これを読んで思ったのは「これはいいね」ということだ。
 これならば当然違法コピーははやりづらく(つまり、クラッカーは別として、一般の人がそういうことをしづらくなるということね)なるだろうし、そうなれば著作権無視の可能性があるために各社とも消極的だった、ネット上での音楽データの販売等にも大きな可能性が開けることになる。

 しかし、そういうことを考えもせず、こんなことを言う輩もいる。
(上記リンクの記事内)

 ところが「消費者が望んでいるのは、音楽を入手したり整理しておくための柔軟な方法なのだ」
と言うのは、MP3ファイルを販売するオンライン・レコードレーベル米グッドノイズ社のマーケティング担当副社長、スティーブ・グレーディ氏。「音楽業界は、自分たちのルールを一般ネットユーザーに押し付けてはならない。彼らがインターネットのルールに従わなければならないのだ」

 この言葉は何かを語っているようだが、何にも語っていない。
 じゃあその「消費者が望む柔軟な方法」とは何なのだ?著作権を無視することか?
 さらに「自分たちのルールを一般ネットユーザーに押し付けてはならない」とは何か?
 「音楽業界の自分たちのルール」とは「著作権に正当な報酬が支払われること」であり、
 「インターネットのルール」とは「自由に複製できる自由」ということか?

 だったらどう考えたって、音楽業界のルールの方が正しいのだ。
 なぜならば、音楽業界のルールの方が社会的なルールに近いからだ。

 勘違いしている人がいるけどね、インターネットというのはあくまでも社会のルールの中にあるべき世界なの。「ネットの自由」とは「社会の自由」の範疇であるべきものだ。
 じゃあなんでネットが自由だというかって言うと、ネットでは本当に自由だからだ。
 社会だと、結構不自由でしょ。言いたいことが立場の違いで言えなかったり、金銭の問題があったりね。いろいろとダブルスタンダードが自由を侵害する。
 それがネットではあんまり存在しないし、拘束力も薄い。
 だから、それがインターネットのいいところなの。

 ところが、「複製も譲渡も自由」ということになったら、社会上のルールから離反してしまう。
 社会のルールから離反してしまえば、それは当然受け入れられないよね。
 だから、スティーブ・グレーディの言葉は社会的には絶対に受け入れられない・・・じゃないか、そもそも何にも言ってないんだもんね。ケチつけてるだけ。
 で、そのケチを付ける理屈として、「インターネットのルール」がうんちゃら言ってるんだけど、こんなことじゃ、社会からインターネットが白眼視されるのもしょうがないよね。

 ネットの発展を阻害しているものは何なのかという事がもっと議論されてもいいと思う。


99/02/22
前田日明引退

 というわけで、横浜アリーナまでいってきました。
 引退自体の詳細については「我思フ故ニ我ナシ」の方に書きましたので(半年ぶりの更新だぁ)見てください。
 しかし、多分引退試合ということで、普段のファン層じゃなかったからなんだろうけど、周りの人間が最悪でした。
 今回は2試合ほど、ブラジリアン柔術の猛者を呼んで、特別ルールの試合(バーリトゥードだ)を行なったんですが、やっぱり顔面パンチありというルールのため、どうしたって片方が上に乗った体制で膠着するの。  なんだけど、近くのバカが「もうこの体勢やだよ〜」なんて言ってんのね。
 別に嫌なら嫌でいいけど、いちいち声に出すなよ。そんなに嫌ならロビーに出てろって。
(ちなみにこいつら(3人くらいで来てた)はカレリン戦の時に「パワーボムみたいに落とせばいいのに、脳天から」などという意味不明なこと(パワーボムは肩口から後頭部にかけての部分をマットにたたき付ける技。脳天なんか叩き付けられないの)を言ってた)
 もっと最悪だったのは帰りに「リングスってさぁー絶対八百長だよね」と言ってたバカ。
 多分、言葉の意味を知らないんだな。つまんないとか言うんだったら、まだ分かるけどさ。
 だいたい、八百長やってたら、引退試合であそこまで完膚なきまでに負けるわけがないでしょうが。バカじゃねぇの!!(ああ「ねぇの」じゃなくて、バカそのものか)

 で、帰りには横浜ラーメン博物館なんぞに寄ってしまいました。入場料300円は詐欺だな。ラーメンはおいしかったです。でも、値段もそこそこしたからなぁ。
 ちなみに帰りには隣のモスでライスバーガーを食べませんでした。(サイバラファンだから)

 あと書いておくこと。

「中村正三郎のホットページ」にオモシロメールが紹介されています。もっとも、サイバーウォッチネットワークよりはマシか。一応本人に文句言ってるし。一応ね。

 も一つ。
 FF8買いました。
 出来は・・・・・
 後で書きます。とりあえず2枚目です。

 んな訳で、またー。


99/02/20
結局、よかったんじゃないの?

 今日もいつものように仕事で外に立ってたんですが、なぜか時間が経つのが遅くてね。
 こういう日は大抵ロクでもないことを考えたりします。
 で、それを書こうかとも思ったんですが、やめときます。

 んでもって、そのかわりに例のダイオキシンの話。

 あの「3.何ピコグラム」っていうのはお茶っ葉だったんだってね。
 で、お茶の業界がもちろん大反論してるんだけどね。

 昨日は確かぶっちー(小淵)が所沢の野菜を食ってたな。「安全です」って。
 テメーは管直人か。自分のツラを鏡で見てみろ。
 だいたい、ダイオキシンは「O157」と違って、「食ったその日に発病」なんて事はないんだから、安全性の証明にも何にもなんないんだってば。
 さらにいえば、本当にダイオキシンがどれだけ危険かなんて、発見されて一世代もたってないんだから、分かってないの。

 で、そんな分かってないない尽くしの中で、もっと何にも分かってないアレ系の週刊誌(バカ雑誌って事だな)は早速久米タタキを始めている。「久米よ、謝罪しろ!!」って。
 とはいえさぁ、ダイオキシンは危ない危ないってずっと言われてきているのに、今までまともな安全基準なんて、どこにもなかったわけでしょ、それが突然作られる事になったのは、この報道があったからでしょ。
 逆に言ったらこの事件がなかったら、誰もまともな基準を作ろうなんて考えなかったんだから、これからのことを考えれば、久米を褒めはすれども、叩く理由なんかどこにもないんじゃないか?

 でもでも、その「基準が作られる」事になった背景には、いろいろとくだらないことがあるんだろうね。
 今回これほど政府の対応が早いってのはアレでしょ、結局クズ農民が「○○先生ー、お願いしますー」って、農村を支持基盤にする、日本でいちばん大きな政党(ぶっちーもいるあの党だ)に嘆願したからでしょ。
 全くそういうことでしか動かないんだから、どうしょうもないよね。

 まぁ、それはそれで、とにかくようやく「ダイオキシンの事を考えよう」って事になったんだから、よかったんじゃないの。
 ということ。


99/02/18(追記分)
なぜ消費税は必要か

 これはどっちかというと、今の自分の考え方のメモなんで、分かりにくいかもしれません。
 ひとまず現状、私が消費税に対してどういう考え方をしているのかを書きます。

 まず、結論から言ってしまえば
「消費税は必要だ」
 ということになる、しかも現在の5%ではなく、15%やら20%というレベルで必要となる。

 なぜか。
 まず消費税の基本的理念とは
「直間比率の是正」である。
 つまり、「収入に左右される直接税」から「一定額を期待できる間接税」への移行ということ。

 じゃあなんで「直間比率の是正」が必要なのか。
 それは「高齢化問題」なんだな。
 今後は子供の数が減るってのはみんな知ってるでしょ。で、老人の数が増えていく。
 ということは、すなわち「働ける人間の数が減って、働けない人間が増える」ということ。
 これが現在の直接税中心の税制では「税金収入の減少」を意味するわけ。
 つまり、働いてない人間からは「所得税」が取れないということだ。
 すると、今後は働けない人間の分まで、働いている人(つまり、近い将来の俺らだ)が税金を負担することになる。その額は現在の3倍くらい。
 すると、こっちはバカバカしくてやってられない訳でしょ。働いてもほとんど税金で持っていかれるんだもん。
 この「バカバカしい」が「労働意欲の低下」。つまり、さらに税金収入が減ることになる。

 そこで消費税だ。
 消費税は働いている人間だろうと、子供だろうと、老人だろうと、すべての人間が負担することになる。
 すると、相対的に一人当たりの税金の負担額が減る(もちろん働けない人間の負担額は増える。でも、そのくらいは払ってくれ)んだな。

 そうすれば、働ける人間が減っても、ある程度一定額の税金収入を得ることができるようになるわけ。
 だから消費税は必要。
 さらに言うなら、税金収入の100%近くを消費税にしてしまうといい。するとどうしたって取りっぱぐれもなく、各人の支出額に比例した、分かりやすい税制になる。
 そのためには消費税を15やら20といった値にすることが必要だ。
(もちろんその額に比例した、所得税減税が不可欠だ)

 ところでよく「消費税廃止」だとか「消費税を3%に戻せ」みたいな事を叫ぶバカがいるけど、それはつまり「今の問題を俺らの世代に先送り」ということでしかない。そういうことを分かって彼らはそう叫んでるんでしょうかね?まぁ、分かってないんだろうけど。
 さらに、別に消費税を廃止したところで景気が回復する保証なんて、どこにもない。
 だいたい「消費税が5%だから、旅行に行けない」なんて話は聞いたことがない。
 ていうか、いくら消費税がかかろうとも、どうしても行きたい旅行なら行くでしょ。
 逆に、前言ったように、消費税廃止を発表してから、消費税0%の施行までの数カ月間の間に、クリティカルな大不況が起こりえるという話はずいぶん前に書いた。

 と、まぁ、こんなもんかな。
 一応参考リンクとして「明日への道標」さんを推薦しておきます。
 ここは政治経済の部分だけ見てね。基本的に「国が!!」の人なんで、それ以外のことに関してはとんでもないこと書いてたりしますんで。(こういう部分は政治経済をやってる人の悪い癖。だいたい、政治経済で人間を語ろうなんて、思い上がりもいいところだ!!やっぱり社会学の復権(ていうか、今まで社会学が正当な権限を得られたことなんてないんだけど)が必要不可欠だな)

 あと、最近経済学の本でポチが読んでるのが「クルーグマン教授の経済入門」という本。
 これにはずいぶん前に「不況対策には消費税を上げよう」なんて書いたときに引用した話素になった話が入っている。
 これがまぁ、山形氏の訳文でわかりやすいのなんのって。
「失業率が減るとインフレが起こる」なんて初めて知りました。
 んなもんだから、インフレを起こさないために失業率を調整するなんて話もね。
 ぜひ読んでね。簡単にマクロ経済がわかるから。
(さらに、アメリカと日本の貿易問題とかも分かってしまう)

 んでは、また明日。


99/02/18
最近のページ潰しブームですけれどもね(乱一世のまねで)

 インデックスページに「反サイバーエンジェルス」のページのリンクを張りましたが、それは「サイバー・ウオッチ・ネットワーク」が正式に発足したというのをニュースで見たからです。
 この「サイバー・ウオッチ・ネットワーク」が何をするかというと、危なそうなページを見つけたら、いきなりプロバイダに警告。改善がなければ警察に通報。つまりはちくりね。
 ていうか、なんでページの本人に対する警告がないわけ?本人への警告もなしに、ページを消させる権利が貴方達にあるわけ?

 さらに、有名団体のページ潰しもいろいろあります。

 元々は朝日新聞の酒鬼薔薇サイト潰しに始まり、最近はあのスクウェアが反スクウェアのサイトを潰しました。そこの掲示板

 本当になんの権利があって、そういうことをしてるんだか。
 全く常識を疑いますね。
 なんか自分たちが情報を検閲する権利があるとでも思ってるんでしょうか?
 誰か教えてください。
 連中の頭の中には八丁味噌でも詰ってるんですか?


99/02/16
アホと初心者は違うぞ

「週間なんちゃら」とか言う、アレ系のダメ週刊誌を立ち読み。
 なんでそんなもんを読んだかというと、
「噂のリナックスはウィンドウズより上か?」
 という、いかにもダメそうで意味不明(「上」って何?)なタイトルを電車の中づりで見たからです。

 で、読んだら読んだでこれまたひどい。
 だってオチが
「cdとかいう呪文を打っていて、初心者にはちんぷんかんぷん。操作性には難があるようだ」だもん。
 まぁ、Winを普通に使っていれば「ディレクトリ」という意味くらいは分かるはずなので、「cd」を「チェンジディレクトリの事」といわれて分からないようなら、記事書いたやつはWinすら使った事ないんだろうね。
 まぁ、あんな駄文で金がもらえるなんて、いい商売だね。


99/02/13
なんだかなー

なんでここまで常識がないのか、マイクロソフト。

 あのさぁ、別に「288と336の違いはせいぜい20秒しかない」なんて事はちっとも重要ではなくて、「そうやって細かい嘘をつくことによって、全く信用されなくなる」が問題なの。
 狼少年は「オオカミが来るぞー」っていって、信用されなくなったけど、マイクロソフトも同じ。いくら「別に来なかったからいいじゃないか」って言ったって、それは全然重要じゃないの。あなたが嘘をついたのが問題なの。
 なんで分かんないかなー。やっぱりダメなメーカーですね。


99/02/12(追記分)
今日はお勉強の日

 前日の仕事が中止になったため、早く眠り、朝9時に起きる。

 朝9時。
 今日は勉強をしよう。
 でも、その前にちょっと気分転換。寝起きだしね。
 約一カ月ぶりにPSを立ち上げ、ビートマニアをプレイ。

 朝10時。
 そいえば、「憲法」のサブテキストを買いに行くつもりだったんだ。
 池袋へ移動。
 せっかくだから「D2R 2nd」をプレイ。
 おっと、勉強勉強。

 本屋に行く。
(どうでもいいが、リブロの検索機は異常に使いにくい。ていうか、なんで「検索中止」のボタンがないんだ?誰かが「あ」とかで検索したらどうするつもりだ?ソフトウェア会社の神経を疑うね)
「公務員試験」の棚を探す途中でコンピュータのほんの前を通る。
 オライリーの「JAVA Script」の本が欲しくなる。
 ダメだダメだ。そんなことをしているヒマはない。
 並んでいた本の中から「いちばん薄かったの」を取って、レジへ直行。
(それでも200ページ強。学習参考書メーカーはアホばっかり)

 ついでに社会学の本も見ていこうかな。
 いい基本書を探していると、「宮台真司をぶっ飛ばせ」という本を発見。
 ちょっと読んで、買おうかな?と思うけどやめる。
 ていうか、これ読んだら俺は「宮台真司をぶっ飛ばせをぶっ飛ばせ」ってのを書くに決まってるじゃないか。そんなヒマはない。勉強勉強。

 本屋を出る。ちょっと無印良品でコーヒー豆を入れる瓶でも見ていこうかな?
 店内をうろうろする。
 結局何も買わない。

 出た先でつい「スピードくじ」を2枚買ってしまう。
 一等は400万だ。
 もちろんあたらない。

 昼1時。
 江古田に戻る。
 つい「D2R」をプレイ。
 アナリトビ初クリア。
 でも、ここ最近は一週間に2回くらいしかプレイしないので、身体がなまっている。
 あ、そうだ。勉強勉強。

 家に戻る。
 しかし、勉強しようと思って、延々ぶらぶらしてたなぁ。
 ダメだね、このだめっぷりを日記に書こう。

 そして今は昼の2時。
 ひょっとしたら掃除なんかをするかもしれない。
 ポチ君0点。
 ダメダメだね。


99/02/12
むしろ驚いたのは

 例のダイオキシンの件だけど、たまたまテレビ朝日がバレちゃったってだけでしょ。
 言い換えだとか、情報操作なんてのはマスコミでは日常茶飯事だしね。
 まぁ、同情はしないけどね。俺も一応ネットワークの人間だから、朝日系列嫌いだし。

 むしろそれよりも、もう20世紀も終わりになって、いまだにマスコミの言うことを真に受けるやつがこんなに多いって事にびっくりだよね。久米の言うことを疑いもせずにいきなり信用してしまうレベルのメンタリティの方が、報道がどうのよりも遥かに恐ろしい問題なんじゃないか?
 じゃあ、仮にこれが「所沢の野菜は身体にいい」っていう報道だったらどうだったか?みんな産地指定で買いに走ったんじゃないか・・・・って、これは「みのもんた」という的確すぎる例があるか。

 どちらにせよ、マスコミの情報なんてアテにはならないんだから、ちゃんと自分の頭で考えてください。
 一般市民の皆さま、目を覚ましてくださーい。
 ちゅうことで、んでは。
(結局、いい加減な調査をしたテレビ朝日も、なんか分かんないけどデータを公表しなかったJAも、単に野菜を作ってただけの農民(なぜ悪いかというと、何にもしてないし、何にも考えてないからだ)も、罰があたったってだけだよな)


99/02/08
公務員試験アホ問

 使っている問題集から抜粋。

 Aは6桁の整数を思い浮かべ、その整数の上4桁の数を電卓に打ち込んだ。
 その後、その数を150倍し、1から15のうちのある数を加えた。
 そして、6桁の整数の下2桁を加え2倍した。
 さらに下2桁を4倍したものを加え、先ほど加えた1から15のうちのある数を2倍したものを引いたところ、「549138」となった。
 もとの6けたの整数の百の位の数字と考えられるものは次のうちどれか。
1、1  2、3  3、5  4、7  5、9

 答:Aよ、君は何をやっているのかね?

 こんなのずっとといてるとさぁ「これは組織に疑問の持たないための洗脳か?」とか思うもん。それほどまでに問題に必然性がない。
「パズルだと思えばいい」と言う人もいるけど、パズルは解けようが解けなかろうが、人生を左右しないもん。なんか試験の意味的にはじゃんけんで就職決めてるのと変わんないもんなぁ。だいたい、役に立ってるんだったら、もうちょっと日本も良くなってるんじゃないの?

 ああ、こんなくだらない事しなければ、生きていけないなんて、ヤダね。


99/02/07
疲れてるんでテンション低め

 だいたいバレンタインなんてのは・・・
(中略)
 いつまでも企業に踊り回されてろ。バーカ。

 はい、バレンタインの件は終わり。かってに中略の部分は想像しといてください。きっとそれであってます。

 3日の「マイク付きヘッドホン」を返金してきました。
 まぁ、こういう時の対応の素早さはさすが大型量販店と言ったところですか。嫌な顔1つせずに処理してくれたので、まぁ、よかったなと。
 ただ、最後に店員さんから「よく間違われるお客様がいるのですが、あそこはMIDIを扱っている場所で、Winのみ対応のものもございますので」などと言われたときにちょっとだけ思ったんだよね。
 いや、「よく間違われるんだったら、ちゃんと間違えないように工夫しろ」ってのもそうなんだけど、それよりも「マイク付きヘッドホンなんてのはMIDI関連の機器なのか?」って。
 まぁ、いいけどね。返金してもらったし。

 今日はT-Zoneでちょっといいもの見つけました。Mac用のHDフォーマッタの「Drive7」の古いやつ、これが2000円で売っていた(ちなみに最新版は6000円)。
 当然即買いですよ。なんで即買いかというと、この「Drive7」を出している企業のページには古いバージョンから最新バージョンにするアップデータが充実していることを知っていたからです。アップデータはもちろん無料。
 というわけで、古いのを買って、ネットでアップデータを落とせば、簡単に最新版が手に入るわけです。
 まぁ、この辺はパワーユーザには基本なんだけどね。

 と、まぁ、こんな感じで。
 明日は仕事休んで勉強します。
 ちょっと疲れ気味。
 んでは。


99/02/03(追記分)
返品しなきゃ

 昨日、池袋のビッグパソコン館6階のマッキントッシュフロアで(はい、ここ重要です)「マイク付きヘッドホン」を買った。
 パッケージには「DOS/V専用」とあるのだが、マッキントッシュフロアに何個もおいてあった品物なので(重要)、「まぁ、マックでも使えるんだろうな」と思って買った。

 で、家で使ってみたら、マイクが使えない。「別売りのアダプタがいるのかなー」とか思い、オーディオテクニカのページでこの製品の説明を見ると。
「Apple社のMacintoshでは使用できません」の記述が。

 ていうか、なんでマックのフロアで買ったものがマックで使用できないんだ?
 動作確認もしてないものを店に置いているのか?
 今までもビッグではあんまりパソコン用品は買わないようにしていたけど、今回はちょっとうっかりしてしまいました。今度からはちゃんと秋葉なり、新宿なりで買います。
 というわけで今日は返品にいってきますわ。
 レシートもちゃんとあるし、理由もしっかりしているので、大丈夫でしょう。
(というか、返品に応じなければ詐欺だ。チェーンメール流してやる(笑))
 で、交換でMac用のマイクとヘッドホンを買います。

 んでは。


99/02/03
訂正といろいろ

 今日はメチャメチャむかついた。
 余りにもむかついたので、何があったかは書かない。
 書くと余計にむかつく。
 何も残さず、とっとと忘れよう。
 まぁ、一言だけ言うなら、もう六本木の現場には二度と行かねぇ。

 さて、昨日書いた「親がお金を送らない」の件、実は親父の給料自体が一日遅れたので振り込めなかったんだそうです。
 とはいえ、今までが今までなんで、疑われてもしょうがないよね。

 今日は酒飲んでとっとと寝ます。
 以上。


99/02/01(追記分)
なんだ、アレは(怒)

 今日はちょっと早く起きる。
 なぜかというと、振込とかをまとめてやるため。
 先月約束した「生活費」が振り込まれるからね。

 なんで、銀行へ行った。
 一応残高照会。
 ・・・・入ってねぇよ。

 あいつらはね、俺に誓約書まで書かせたんだよ。
「今後、これ以上のお金の請求はしません」って。
 で、人にはそういう事をさせておいて、テメーは全然約束守らない。

 今までも月の頭に3万円送ってもらってたんだけど、これだって中旬くらいにこっちが電話して、ようやく送ってきていた。
 去年の12月分なんて、こっちが電話しなかったら、全く送ってこなかった。
 で、1月分と一緒に請求したら(これだって、1月中旬)、
「明日じゃ5万しか用意できないから、それでいい?」
 とか言うもんだから、俺も「今日の明日のことだし、しょうがねぇかな」と思って、とりあえず5万円だけ送ってもらった。
 で、残りの1万がいつ送られてくるかと思ってたんだけど、いまだに送ってきてない。

 全くさぁ、人の返事を都合のいいように曲解するなんてのは、悪徳商法とおんなじだ。
 だいたいこっちだって、「金送れ」なんて電話はしたくないんだよね。
 向こうだって「電話してくると金送ればっかり言って」とか言ってるけど、だって、約束通り送らないほうが悪いんじゃん。なんでテメーが被害者ヅラしてるんだよ。

 こっちは送金が遅れると「苦しいのかなぁ」とか思って、なるべく請求しないようにはしてるんだけど、怒鳴らなきゃ分かんないんだから、そんなこと考えてやる必要はないんだよね。
 犬だって、ベルを鳴らして餌をやれば、ベルだけでよだれを流すってのにね。

 こっちも請求書書かさなきゃダメだね。
「ちゃんと1日に送金します」って。
 まぁ、そんな親だ。当然アメーバ以下扱いだってば。
 アレが俺とおんなじ人間だと思うと、やってらんないね。


99/02/01
目クソ鼻クソを笑う

 仕事の休憩中にテレビを見る。
「オウムがやって来た村が24時間体制で見張り」
 はっきりいって、いい加減に飽きた。

 自分たちでかってに不安になっておいて、
「なんでオウムに幸せな生活を奪われなければならないんだ」
って、バカじゃねぇの。

「これまでは夜でも鍵なんてかけたことはなかった」
かけなきゃいいじゃん。お前のうちに取られるようなものがあるかっての。

「オウム対策の会議で食事時間はバラバラ」
出なきゃいいじゃん。そんな会議。

「サリンをまかれるかもしれない」
まかれねぇっての。ああいう毒ガス兵器は、狭い空間に多数の人間がいるときに初めて有用な兵器なの。あんな空間だらけの村でサリン撒いたって、しょうがねぇだろうが。

 揚げ句の果てに
「国は誰かが犠牲にならなければ何もしてくれない」
 当たり前だろ!!「この人は犯罪起こしそうだから逮捕します」なんて法治国家、聞いたことないよ。
 なんだ?ここはやっぱり北朝鮮か?

 あと、オウムもいい加減田舎はあきらめろ。
 どうせクズばっかりなんだから、追い出されるのがオチだってば。

 ま、同じ穴のムジナだね。
 オウム信者もオウムじゃなきゃ生きられないし、村民も村じゃないと生きられないんだから。
 まぁ、クズ同士、仲良くしてみたらいいんじゃないの?


Homeへ戻る