ほな訳で、日記です。


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

98/04/26
特に内容がない今日の日記

篠原ともえと吉川ひなの、変態トーク。しかし、イザムとのカップルってのは似合いすぎて・・もう(爆)

 久しぶりに夜ゆっくりできるので、日記の更新です。
 最近はずっと、家に帰っても、2、3時間寝てから、また仕事に・・・ってのがほとんどだったんで、今日ようやく、落ち着いています。

 ポチはいろいろ本を読みます。
 実際、インデックスの方にも、読んでる本を紹介するページを作ってるくらいなんで、かなり好きです。
 本を読みだしたのは高校時代。学校で勉強するかわりに、本を読んでました。
 それまでは読書感想文とか嫌いな子供でした。
 というか、学校教育じゃ、絶対本好きにはなりません。

 まぁ、今日は疲れたんで、この辺で寝るね。明日も仕事だしさ・・んじゃ。


98/04/22
ガキが評論家気取ってんじゃねぇよ 

 小法子でラーメンを食う。坂内と同じ味だ。当然だけど・・・。

 えー、最近、いろいろと諸事情により、仕事が夜の11時頃から、翌朝8時までという、シフトになってます。
 なんで、バイト時代を思い出しつつ、ワイドショートか、大岡越前とか見てます。ちなみに、テレホ時間にアクセスできないので、ネットの方は控えめになってます。

 でね、ワイドショーみてたら、専業主婦にも年金の支払いが実施されるかも知れないということをやっていた。
 まぁ、さぁ、経済評論家とか言うババアが「月収50万円の家庭では9000円増ですが、25万円の家庭では11000円の増になります」なんて言ってたのは「たかだか2千円じゃねぇか」程度に笑えるんだけど、その後、有田包茎・・もとい、ホウセイとかいうガキが
「結局、負担増なんですよね」なんて事をほざいてた。
ガキが評論家気取ってんじゃねぇよ(怒)

 だいたい、俺はこういう「負担が増える」とか言う、自分勝手な意見がいちばん嫌いなんだ。善良な一般市民とかいう畜生連中が言うのも腹が立つのに、こういうバカがマスメディアを通して、こういうことを言うのは、ごみ焼却施設のダイオキシン垂れ流しに等しい行為ですよ。
 だいたい、年金に対する根本的問題って言うのは「年寄り主導」っていうのがいちばんの大問題なんですよ。簡単にいうと、現在の国民年金という制度が若者から金を巻き上げる制度でしかないということ。
 だから、普通若い人は会社にでも入らないかぎり、国民年金なんて払わないし、働いてるやつだって、常に払いたくないと思ってる(自分もそうだし)。
 だってさ、誰が悲しゅうて、金持ってる年寄りに金をやんなきゃいけないんだよ。こっちは金持ってないのにさ。
 だいたい、社会保険だって、その問題が大きいんだ。
「2時間待って、診療3分」なんて事がいわれるけど、アレだって結局、社会保険が悪いんだ。
 老人はなまじ診療代がタダに近いから、暇つぶしに病院行くんだ。
 で、病院に行ったら、当然弱ってるところがあるから、医者や看護婦に心配してもらえる。結局それが心地よくて、しかもコミュニケーションも取れるから、年寄りが病院に溜まるんだ。つまり、井戸端会議だよね。
 しかし、この連中のおかげで、仕事が忙しいサラリーマンとか、本当に定期検診を受けなきゃいけない人が気軽に病院に行けなくなってるんだ。
 実際、いまサラリーマンが病院行くとしたら、一日仕事だもん。しかも、会社も病院行くくらいで休みくれないしね。
 すると、それほど大きな症状がなくて、潜伏期間にはいっちゃう病気なんかは、ほとんど早期治療が出来なくなる。実際、年寄りのせいで病気の発見が遅れて死んじゃったひとっていっぱいいるはずなんだ。ただ、年寄りのせいって言わないだけ。

 まぁ、大分話が外れちゃったけどさ、年金だとか、社会保険だとか言う、福祉関係の基金というのはそういう「年寄り主導」の問題がいちばん大きいって事です。そして、それには日本の政治という物自体が「年寄り主導」であるという問題まで加わってきます。

 だからね、本当は年金問題一つから、そういう部分まで、絡んだ糸をほどくように解説するのが本来「評論家」ってものなんだ。
 ところが、ほとんどのTVに出ている評論家っていうのが、問題を解決するのではなく、問題をどうでもいい方向に持っていき、善良な一般市民連中のストレス発散の糧にしてしまうのがほとんど。結局、そういう連中の無責任な態度がさまざまな問題を生み出していることを忘れてはならないのに、「私は庶民の見方です」みたいなツラをして、ああいう媚びた発言しているガキを見ると、とことんいやになってきます。しかも明らかに自分より多い収入を得ていると思うとね。

 あーあ、保険料も年金も払いたくねーな。もちろん保証もいらないからさ。



98/04/20
引っ越しとこれからのわたくし 

 はっ・・・アレって、路上コスプ・・・見なかったことにしよう。

 ところで、成増から江古田に引っ越してから、そろそろ1ケ月になります。
 まぁ、荷物が片付いてないのは仕事が忙しいからなのですが、それでもそこそこ、こちらの生活にも慣れてきました。

 さて、私は引っ越したわけですが、これがけっこう自分にとっては重大な意味を持っていたのではないかという気が最近しています。
 特に、江古田を選んだのには理由なんてありませんでした。会社が池袋で、今までが東武東上線だったので、じゃあ今度は西武だな。くらいに考えていました。基本的には今までより駅に近くて、家賃の安いところなら、どこでも良かったのです。
 しかし、江古田に来て、私はハッとしました。
「武蔵大学が近い・・」

 私が高校時代にへこんでたというのは自己紹介のところを見ていただくとして、私が高校進学当時、まだある程度余裕があったときに、進学したかった大学が実は武蔵大学なのです。
 当時の私は(今もだけど)社会学に関心があり、その辺で調べていたら、この大学があったのです。しかも、偏差値もそれほど無理ではない・・・。

 つまり、自分の人生があの辺りで歪んでなければ、私はこの江古田で大学生として、ある程度幸せな暮らしをしていたと思うのです。
 実際のところ、私の高校から現在までの7年近くは、絶望と暗黒の日々でした。
 まぁ、言い過ぎかも知れませんが、それでも決して幸せだったとはいえません。

 なんか、私にはここに引っ越してきたということが、実は人生の巻き戻しであるという気がするのです。いわば人生のニューディール政策。もっとも、政策の効果はまだ出ていませんが、それでも自分が中学卒業時から引きずられてきた歪みが、ほどけてくれることを信じたいと思います。
 自己紹介の部分を読んでいただければわかると思いますが、今でも私は「他に落ちてる奴もいる」という、自分のせいでも何でもない理由で、公立高校に進学させた、当時の担任を恨んでいますし、「英語ができないと、プログラムはできない」などと言った、うちの親を恨んでいます。あいつらだけは、絶対に許しません。

 まぁ、恨みは恨みとしても、それにいつまでも引きずられていても仕方がないので、少しでも人生をやり直したいと思っているわたくしです。


98/04/17
テレパルを読んでいたのさ 

 あーあ、ついに4日も間があいちゃったよ。
 さて、私は新聞などを読んでいないので、テレパルを読んでいます。
 なんでテレパルかって言うと、実のところ、私は「電気グルーヴ」好きなので、石野卓球が連載もってる、TVブロスにしようかと思ってたんだけど、読んでみたら、ゲンダイレベルのクズコラム(政治家が悪いだの、自分が好きか嫌いかでそれをさも真理のように言っているコラムのこと)ばっかりでさ、なんか「これを読むってのは電車の中でゲンダイを読む、生きている自体が邪魔なオヤジとなんら変わらないのではないか」という感じだったので、書かれていることが比較的良心的だったテレパルを読むことにしたのです。

 いや、そんなことはどうでもいいんだけどさ。テレパルに「エイリアン4」の記事が載ってたわけさ。
 まぁ、俺自身は映画とかはほとんど見ないんで、エイリアンは2しか見たことないんだけど、それでも有名だからさ、まぁ、「3の最後でシガニーウィバーは溶鉱炉に落ちて死んだことになっている」位は知っていた。
 でも、4の主役もシガニーウィバーでしょ。「いったいどういうこと?」と思ってたんだよ。そしたら、今日のテレパル読んで謎が解けた。
「謎は全て解けた」
 とか、金田一のまねをしておいて、どういうことかって言うと、アメリカの科学者がシガニーウィバーのクローンを作ったって事だそうだ。で、その体にはもちろんエイリアンの細胞も混じっていて、超人的なパワーと、鉄をも溶かす血液なんだってさ。
もうすでにノリは「ゴジラ」だよな。
 すると5とかでは、放射能でも浴びて巨大化して、日本に侵略して、自衛隊とかとドンパチしてると、他の怪獣とかが来て、戦ったりするの?
 それとも、東京タワーで繭になったりするの?
 あ、ドラゴンボールってのもいいな。敵がどんどん強くなって、最初の方に戦った、連中は宇宙で言うと、どれだけ弱いんだかわかんないしな。
 もうシガニーウィバーに「おっす。おら悟空」とでも言ってもらおうかね。
 まぁ、伊集院のラジオで「こんばんわ、エンクミでぇ〜す」とは言ってたけどね。

 もいっこ、テレパルネタ。
なんか、深夜番組特集とかやってたんだけど、「ちっこいよ」の特集がないのは納得いかないです。だいたい、中学生のときから深夜番組を見てきた俺から言わせれば、今本当に深夜番組として正しいのは「世界の北野 足立区のたけし」と「ちっこいよ」しかありません。
 ここで特集されている番組なんてのはしょせん「ゴールデンより予算が少ない」だけです。それは単に貧乏臭いファイナルファンタジー7のようなもので、なんの存在価値もありません。
 本来、深夜番組というのは、深夜で予算が少なくて、誰も見ていないから、自分たちの頭で何とかしよう。ってのが正しい姿であって「人気若手お笑いが・・」なんてのをいちいち持ち上げて「深夜番組も真っ盛り」みたいな切り口は、かなり許せないものがあります。

 さくさくっと次のこと。

 質問です。会社の女の子のはいているスカートが微妙に透けていて、色までは判別できないものの、パンティーの柄がストライプであることが確認できます。
 でも、かなり微妙なので、よっぽどジーッとみてないと、わからないほどです。

 さて、私はどうするべきなのでしょうか。

 まぁ、実際の話です。どうしたらいいんでしょうかね。
 いや、実際俺はかなりジーッて見てたんですけど、もちろんスケベ心だったんですけど、どうしたら良かったんでしょうか。
 ほんとに、微妙なすけ方だから、言ったら俺がどれだけジーッてみてたかがモロバレだし、言わないのもなんか悪い気がするし・・・。
 ストッキングが伝線してるくらいなら言うんだけど、・・・言わなくて良かったかな?やっぱり。
 と、言うことで、多分また明日ー。


98/04/13
ネット上の商売についてのアドバイス
(Befour - After の法則) 

 えー、ついに、隔週からも一日遅れてしまった、この日記です。

 あのですね、今日私は、とあるメーカーのウェブページを見てたんですよ。
 なんでかっていうと、洗濯機が水漏れしだしたのよ、で、排水のホースが切れちゃったのが原因なので、ぜひ、部品を取り寄せようとして、ページを見に行ったんだ。
 ところが、「新製品」とか「こんな事業を進めています」なんて奴ばっかりで、全然アフターサービスのことが乗ってないでやんの。
 なんで、こんなメーカーに対して、インターネット上での上手なページの立ち上げ方を私がちょっとアドバイスしましょう。

 インターネット上の商売について、まず私は否定的です。なぜならば
「インターネット上の商売はアフターサービスが鍵になる」、そして「多くの企業では、アフターサービスを善しとしない」ということが理由です。
 普通、日本の企業というのは「新製品を売る」とこにより、利益を得ています。つまり「いかに短いサイクルで同種の製品を売るか」が鍵となります。
 もちろん、短いサイクルですから、修理などでユーザーがひとつの商品を長く使えば、それに反することになります。
 つまり、メーカーとしては、製品が壊れたらユーザーが修理しないで、新しい製品を買ってくれることを期待するわけです。
 ですから、新製品のパンフレットはカラーで豪華なのに、アフターサービスは説明書の最後の方にサポートの電話番号だけ。ということになります。

 ところが、インターネットというものは、個人が自分の必要なもの(面白いホームページとか、お姉ちゃんの裸とか)を探すメディアですから、新製品に興味のある人は別としても、ほとんど、新製品の宣伝は効果を現さないことになります。
 実際、インターネット創世記に「製品の宣伝ばかりをする」商業ページが、宣伝費用の安さにひかれ、多数現れましたが、その大多数が利益を得ることなく、消えていきました。
 ビジネス業界ではこれを見て「インターネットは儲からない」なんて事を言い出したりしましたが、私からいわせれば、単に商売の仕方が下手だったに過ぎません。

 とか、買いていたら、ふと、ここが日記であることを思い出したので、ここから先は、今月中に「社会の話」の方で書くことにします。ベンチャー企業のオーナーは必見です。

 じゃあ、もっと日記的なことを。

 久しぶりに、週休2日制に戻ったので、今日は初めて江古田駅周辺をゆっくり散策しました。
 えー、始めてって言うのはですね、今月最初にこっちに引っ越してきたばかりで、仕事も忙しかったせいもあって、ほとんど外にでなかったから、ようやく・・って事です。
 で、ある程度、部屋の掃除を済ませて、外をうろつきます。
 クレイジークライマーが置いてあるゲーセンを見つけたり、なかなか込み入った空間を見つけたりで、いい感じです。
 言葉では説明できないのですが「ここに引っ越したのは間違いじゃないな」って事です。まぁ、しばらく住む町なので、よろしくということです。
 次に引っ越すとしても、風呂のある南向きのいい家だけど、またここでしょうね。
 ちなみに、不動産屋もおんなじで。

 そゆことです。

 あ、あと、タイトルの部分の「Before」は、多分綴りが間違えてます。英和辞典が今手元にないので、正しい綴りがわかりません。間違えてたら教えてね。


98/04/10
このウェブページのこれからとわたくし

 なんか、日記というよりは「隔日記」になっているこの日記です。
 理由は一つ。「仕事が忙しい」。そゆ事です。まぁ、今週過ぎれば、多少は手も空くだろうから、本格的な更新(脱ベータ版)はそれまで待ってくださいませ。

 まあ、待っててというだけなのもアレなんで、4月中にこのページでやることを宣言しておきます。
 まず、「社会の話」(もっといいタイトル考え中)に、「不景気」と「バタフライナイフ」の話をかきます。
 次に、「ゲームのページ」に「中古ソフト」の話。気分が乗れば「ゲーム書替えのこと」も書きます。
 あと、「食べろ!!」の連載を始めます。何を食べるかは一応秘密です。
 プラス、リンクの充実かな?
 このページについてはこんなとこです。こうご期待。

 さて、日記としては、最近は一日中会社にいるもんで、なかなか面白いことがありませんが、まぁ、気晴らしにゲーセンくらいには行くわけですよ。
 そこで私がずーっとやってるのが「ビートマニア2nd」。
 ほら、ゲーセンに行くと、スピーカーが何個も付いた筐体があるじゃないですか、アレですよ、アレ。
 で、私が今やっているステージが「粉ミックス」・・もとい、「コナミックス」です。これがねー、もう全然付いていけない。
 ・・・いや、別に付いていけないからって、やめるわけでも不満があるわけでもなくて、ツライなーってだけのことです。
 でもなんだ、俺からすれば、こんなにはまってるゲームって、リッジシリーズ以来だからね。
 やっぱり、自分ってのはエレメカ向けに出来てて、対戦ゲームなんかは全然やりません。
 最近はすっかりコンシューマ界では「ときメモグッズ」とか「昔のリメイク」ばっかりで儲ける腐れメーカーになってしまったコナミですが、「スーパービシバシチャンプ」や「ハンドルチャンピオン」などと、エレメカはすごくいいです。
 まぁ、ビートマニアに関しては「Reve 2nd Mix」なんか出すのは「夢のまた夢」って感じですな。


98/04/08
議論ができないということ

 君たち。なんでそんなに議論の仕方を知らないかね。
 今日はそんな一日でした。

 ニュースで所沢の高校で「入学式のことで校長と生徒が対立している」というニュースを流していました。
 まぁ、それに公式会見した、文部省の大臣(バタフライナイフ絡みで、「君たちの仲間が」とか言った、職務怠慢のキチガイと同一人物と思われる)が言った「自分たちの言うことが通らないから、ボイコットという話じゃねぇ(笑)」というヤク入ったウワゴトは最初っから無視するとしても、なんで校長も生徒も、議論の仕方を知らないかな。

 まぁ、あくまでもニュースで見た範囲なんで、実際はわかんないけど、私が見たかぎりでは、お互いに「なぜそうしたいのか」という話をしてないように思えるね。
 校長は校長で「なんで校長主催の入学式を行いたいのか(多分、最初っからそんなこと考えたこともなかっただろうが)」ということを明確にしてないし、生徒は生徒で「なんで、自分たち主催の入学式を行いたいのか(多分、やりたいから)」という部分を明確にしてないんだろうな。

 実際、入学式なんてのは、単に区切りとしてだけの儀式なんで、特別意味なんかないんだけど、それを主張するなら、それなりに「意味」を考えなければならなくなる。
 結局、議論というのはその「自分の考えた意味」の訴えあいなんだ。

 ところが、お互いに、「やりたいから」「恒例だから」じゃあ、なんの話し合いにもならないんだよ。
(98/04/10 補足 結局、「今まで恒例だった生徒主催の入学式」に新しく赴任してきた校長が「自分のやりたい入学式」をかぶせたって事らしい。ところでこの校長。「入学式というのは、国旗を掲げ、国歌を歌うもんだ」程度の考えだから、バカ丸出しだね)
 でもね。実際問題として、これでどっちが悪いかというと、校長です。
 何が悪いって、いい大人のくせして、議論の仕方を知らないのが悪い。例え知っているとしても、それを生徒に教えないのが悪い。言ってしまえば、議論というものを無視、もしくは悪としてとらえてきた、国が悪い。すなわち、文部省が悪い。けっきょく「職務怠慢のキチガイ大臣」が悪い。そゆことです。

 あと、もう一つ。私がROMってる、とあるMacのメーリングで「フレイム合戦(悪口の言い合い)」が起こりました。
 これは正確には昨日の話なんだけど、俺が昨日はメールチェックしなかったので、今日の話になります。
 簡単にあらすじを書けば、

「自分の感想を書いたはいいが、性格が悪いので、不要なことまで書いてしまい、それを立派な意見だと考えている、レベル2書き手」に
「自分の好きな物を非難されたので、ギャアギャア騒ぐ、レベル1自称被害者」
が噛みついたということに過ぎません。
(まぁ、性格が悪いのか、書き方が下手なのかはわかりませんが、少なくとも意識的に挑発してるように見える部分があります)

 あ、ちなみに「レベル」ってのは、表現者としてのレベルで、レベル1と2は五十歩百歩です。
 まぁ、私の場合はこういうのを見ると、「ここのこういう書き方が悪いんだよー」とかいう勉強になりますが、普通の人は不快以外の何者でもないですね。
 ちなみに、レベル2のこいつ。さんざん噛みついてくる連中を「マッカー」よばわりして、被害者づらしてます。性格の悪さ丸見えですね。
(でも、こういうところで陰口たたいてる自分が1番性格が悪いね(--;;)

 いや、まぁ、俺としては面白いからいいんだけどさ、やはり「なんでこんなに議論が下手なんだろう」と思ってしまいます。
 確かに、メーリングリストって言うのは、誰でもレスがつけられるから司会になる人間がいなくて、議論ということができにくい、というのはあるんだけどね。

 まぁ、どっちにしろ、日本人は議論が下手なんです。すぐ「何 VS 何」みたいな考え方になる。
 でも、本当は議論というのは「主観のすり合わせ」なんです。
 主観をすり合わせて、なるべく「客観に近い」話にもっていくというのが議論なんです。

 最後に。
「議論するのはいいことです」

 まぁ、すぐに議論しろとはいいいませんが、少なくとも、これを読んだら、そう思うようにしてください。


98/04/06
昨日今日と2日の話

そんなわけで、日記なんですけど、
ようやく仕事が1段落付いたんで、こうやって書くことができます。
なんか、あんまり見掛けないので、この日記は「右寄せ」で、
書いてみようと思っています。
今、これだけ書いてわかったけど、
右寄せって、あんまり1行に文字数を詰めちゃいけないんですね。

んー、やっぱり、左寄せの方がいいかな?
短ければいいけど、俺の日記って、けっこう長いし。
読みづらいでしょ?

 では、こっから左寄せ。

 そういうわけで、ようやく書き出せる日記です。
 もちろん、日記ですから、毎日書きます。
 まぁ、3日坊主なんで、たまに飛ぶこともありますが、温かい目で見守ってやってください。

 さて、土曜日に会社に行ったら、プラスチックの水槽に金魚が泳いでいました。
 とはいえ、これは作り物で、磁石かなんかで水の中をプラスチックの金魚が泳ぐという、王様のアイデアに置いてありそうなものです。
 なんか、他の会社の人が何周年記念ってんで、挨拶に置いてったものらしい。

 さて、この金魚。一見すると、・・というか、そういうコンセプトなんだろうけど、最近すっかり定着した、アクアブームに乗った品物で、つまり、家や仕事場なんかで、疲れたときに、泳ぐ金魚を見て、自然に返った気分になろう。・・とかいう、偽エコロ(プラスチック製品のどこがエコロなんだよ)なブツであります。

 んでね、会社に誰もいなかったしさ、俺、ジーッとそれ見てたんだよ。
 そしたら、なんかゴツン、ゴツンって音がするんだ。何かなーってよく考えたら、

 金魚が水槽のプラスチックやら、偽物の海草やら、他の金魚なんかに、ゴンゴンぶつかってる音なんだ。

 いやー、なんかさー、笑っちゃったね。
金魚がぐるぐる周りながら、あっちこっちにガンガンぶつかる、面白いアイテム。
ですよ。面白いでしょ?・・まぁ、俺にとっては面白かったので、こいつらを勝手に「金魚野郎」と命名して、面白いキャラクターとして可愛がることにしました。
 さぁて、ザリガニでもつってくるか。(爆)

 では、次の話題。

 私、とうとう、ハイパーヨーヨーを入手しました。
 これはけっこう欲しかったブツなんで、とってもうれしいです。
 でね、確かにこれすごいんだわ。バランスなんかが計算されてて、スリープ時間(くるくる周りながら、下で止まってる時間)がえらく長いんだ。そりゃもう、2000円は伊達じゃねえぞ状態。ラッセルヨーヨーの頃は苦労した「ブランコ」なんかも、拍子抜けするくらい、簡単にできる。
 でもなぁ、ラッセルヨーヨー、200円だったしなー、比べちゃいけないよなー。どうしてるかなー、ヨーヨーチャンピオン。

 ところで、子供向けのおもちゃってさ、最近えらくマスメディア化してるよね。
 というか、社会全体が異様にマスメディア化している。

 連中はこぞって、「個人の時代だ」「多様な価値観だ」って言うけど、「善良な一般市民」(東天王ポチ用語で「ウジ虫以下」の意味)連中はそんなことちっとも思ってないんじゃないのか?だいたい、多様化しているのに、みんなナイキだの、スウォッチだのに、いちいち飛び付くのはどういうわけだ?本当に多様化したら、店に列なんかできる訳ないじゃん。
 だいたいね、日本人ってのは、個人の責任なんて1回も負ったことがないんです。
 戦争の問題だって、結局、無謀なバカ連中がおっぱじめちゃって、当然のように負けたって事すら、責任とってないでしょ。
 個人だって、責任とらないでしょ。それ以前に、日本には「個人」って物自体が存在しない。
 日本では人は必ずどっかの団体に所属しなくちゃいけなくて、その人の責任はその団体が負うことになってる。と、いうか、個人で何かしようとしても、銀行が金貸してくんないんだから、今の日本じゃどうにもならないんだよ。
 金融ビックバンがどうのとかやってるけど、あれだって結局「今まで金融業界がさぼっていたことをようやく始めた」ってだけで、なんの意味もないんだ。
 別に事業形態が変わるからと行って、個人に金貸すことはないんだから、何にも意味がない。
 結局、日本で「個人」ってのが確立されるためには、個人にまとまった金を貸してくれる機関がないと、どうしょうもないって事だよ。

 でさ、結局、そうやって個人が確立されなくて、でも個人じゃないと遅れてるんじゃないかとか「善良な一般市民(東天王ポチ用語で「クソウンコムシ」の意味)」は思っちゃって、「個性を得るにはどうするか」を知りたくて、マスメディアに頼っちゃってるのが現在の状況なんだ。
 ノリ的には「あなただけに教える、お金もうけの秘訣」なんて言う、雑誌の記事と一緒だね。「みんなみてるじゃねぇか」っていうね。

 最近、俺、POPEYEとか、そういう雑誌も読み始めたんだけど、ああいうのって、グッズ関連の記事ばっかりでしょ。いやになってくるよね。
 なんでああも、グッズでしか存在価値を主張できないかなーって。
 だったら、グッズばっかりで、人がいなくったっていいじゃんって気になってくる。まぁ、実際いなくてもいいんだけどね。
 別にグッズはいいけどさぁ、「このグッズを持ってるからスゴイ」みたいなのはバカだよね。
例えるなら、UNOで「ドロー4」を4つもってるバカ。
 こいつはとりあえずドロー4を4つもってるんだけど、大事にとっておいた揚げ句、使えなくなって負けちゃうっていうバカ。
 だいたい、フィギュアでも何でも、ブリスターパックに入れっぱなしで「コレクション」とかって、なんだよいったい。人形は遊ぶためのもんだ。遊べ。砂場にもっていって、なくして泣け。おもちゃってのはそういうもんだ。しかも、これやってんのがいい大人なんだから、バカバカしさにもほどがあるよね。
 それがスターウォーズとかだからいいようなものの、エロフィギュアとか、ダッチワイフだったりしたら、単なる変態だぜ。ダッチ買って「これはコレクションです。使いません」なんて、箱に入れっぱなしのバカがどこにいるんだ。もうちょっと、よく考えろ。特に寺門ジモン(爆)



Homeへ戻る