憂国日記
2011年10月


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[Permalink]
11/10/11

かんたん書評『もうダマされないための「科学」講義』

かんたん書評『もうダマされないための「科学」講義』 (光文社新書)
 かんたんな書評をします。かんたんなので本全体の大雑把な印象と、数個の細かい部分を取り上げるだけです。
 論じ方もだいたいざっくりです。

 そもそもこの本を読む動機としては「新しい見地を手に入れる」よりも「自分の知識を整理する」という意味が大きい。震災からこっち、こうした「科学」の問題はもう数え切れられないほど触れていて、ある意味でもううんざりしているなかで、一度冷静に振り返っておきたい。
 私が注目したのは、第4章、平川秀幸による「3・11以降の科学技術コミュニケーションの課題 ー日本版「信頼の危機」とその応答」。
 正直、章全体にある種の「市民社会無謬論」とも言える、「しっかりした国民、ダメな政府」的な感覚が内包されていて、ちょっとイラッとすることはあるのだが、それを差っ引いてもコミュニケーションの話がしっかり整理されている。そのうちの「欠如モデルとその限界」がちょっと気になった。
 欠如モデルというのは「一般市民が科学技術に対して、不安や抵抗感を感じるのは、科学の正しい理解が欠けているからであり、正しい理解を広めれば不安はなくなる」という考え方のことであると。
 で、こうした考え方はうまくいかなくて、対話や参加を促すコミュニケーションをしているという話になるのだが、僕は逆に「一般市民が不安になるのは、政府や東電がちゃんとデータを出していないからだ」という、市民側のからの欠如モデルが気になっている。
 確かにSPEEDIの予測を伏せたことはまずかったにせよ、現状においては各地や食べ物の放射性物質の量は公開されているわけだ。にもかかわらずいまだに「政府や東電が隠している」ということを、慣用句のように使っている人は少なくない。
 震災後に私が何度かツイートしたように、「子供が巻き込まれる犯罪」とか「少年犯罪」というお題においては、データ等が出揃っていて、明らかに子供の安全は増していたり、少年が凶悪化していないデータが出ているにも関わらず、不安を訴える市民は後を絶たない。これは「正しいデータがないから私たちは不安なのだ(=正しいデータさえあれば、私たちは不安は解消されるはずだ)」という「市民側からの欠如モデル」の破綻を実証している。

 要は、何が言いたいかというと、こうしたコミュニケーション不全ってのは、コミュニケーションを取る双方の問題なわけだ。欠如モデルの概念においては「政府が十分説明できていない」という文脈で政府側だけを批判していればよかったのだけれど、今後のコミュニケーションにおいて「政府と市民双方」が主体になるのであれば、批判も政府と市民双方に対して向けられなければならないということ。
 つまり、この章全体に対する「イラッとするところ」ってのは、「政府と市民」を理論上は互いに対等な主体として扱いながら、批判は旧来型の「市民は素朴で善良、政府は狡猾で姑息」みたいな古臭い価値観でされていることに苛立つわけだ。
 というわけで、そうしたことも含めて、コミュニケーションの問題が提示されていると感じました。



Homeへ戻る