憂国日記
2010年07月


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。



[Permalink]
10/07/24

30秒の決着

田原総一朗がしゃべり出して、30秒で決着がついた。
 「若者不幸社会」なる議題で始まった、昨日の『朝まで生テレビ』は、最初に田原総一朗が「僕が若い頃は、親に仕送りをしていた(から不幸だった)。ところが今の若い人はそうではない(から不幸ではない)」という主旨の発言をし、それに対する反発が出なかった時点で、もはや終了していた。
 もちろん、あの場にいたメンツを責めるつもりはない。司会者が最初に自分の意見を述べるのは当然であり、普通はそこに意義を挟むようなことはしない。自分だってあの場にいたら、反発を思いながらも、それを止めることはできなかっただろう。
 だが、やはりあそこで、「親の面倒を見られることは幸福なのだ!」と反発するべきであった。

 確かに、それは結果論であるともいえる。田原世代の若者が、親にお金を送りながら、自分はぜいたくはできない。彼らはその当時に不安の中で生きてきたのであろう。しかしそれは結果論であると同時に、過去のことである。今の若者を自らを見比べた場合に「今の若者の方が幸せである」と思える事が、どれだけ恥ずべき事か。そのことを指弾する必要があった。

 若者に親を支える役目が課される、家族をもつ役目が課される、会社で働く役目が課される。そうして社会に役割を与えられ、“徴用”される事は、今の若者から見れば「とてつもない幸福」なのである。

 だいたい、あそこにいたメンツを見ればわかるだろう。福嶋麻衣子を除けば、皆、おっさんおばさんだ。30過ぎて「若者の代弁者」をすることが、どれだけ惨めで空しい事か分かるか? 俺だってもう35だ。本当だったら立派なおっさんだ。にもかかわらず、社会的な役割を与えられてない限り、35だろうが40だろうが、いつまでも「若者」でありさせられ続ける。「若者」というのは、ひとりの人間がモラトリアムであることを示す言葉だ。年齢的には子供ではないが、社会的には大人ではない状況を差す言葉である。
 ならば、若者が不幸なのは、まさに若者が社会から徴用されず、大人になれないからである。田原の世代はは若いうちから、若者ではなく大人として、社会に徴用されたのである。

 何の苦もなく大人になれた彼らは、不幸な人間の気持ちを理解する事ができない。
 自らの幸福を幸福と気づかず、後の世代に適切な権限譲渡をせずに批難ばかりを口にし、「かつて自分は不幸であった」と自分語りをして自尊心を得る。その無自覚な幾重もの傲慢を指弾できなかった時点で、「若者不幸社会」なる議題は破綻し、田原総一朗の圧勝に終わった。


twitterのメモ

人間が見えないんだよな。それは昔からそうだったはずだけど、現代はより巧妙に見えなくなっているような気がする。私たちの多くは、家族と仕事仲間しか知らず、その他の人間は一種の「機関」に過ぎない。 2010年7月18日(日) 15時11分3秒 YoruFukurouから

人間を見るということは、相互に影響しあうという事。影響しない程度の人間関係は、例え友人関係のように見えても、それは友人という機関に過ぎない。 2010年7月18日(日) 15時18分53秒 YoruFukurouから

だが、私は他者を機関として見る事自体は批判しない。むしろ、限られた少ないコミュニティーと、多くの人的機関に囲まれた生活は、多くの人にとって、心地よいモノであるはずだ。 2010年7月18日(日) 15時31分47秒 YoruFukurouから

しかし、自分のコミュニティーに属する人間と、人的機関を差別する事は問題である。むしろ人的機関にこそ「互いの生活様式が互いに影響しない配慮」が必要なのである。 2010年7月18日(日) 15時34分49秒 YoruFukurouから

そういう意味で、人的機関とコミュニティーを形成する必然性はないが、社会を通した繋がりは意識しておかなければならない。 2010年7月18日(日) 15時36分8秒 YoruFukurouから

つまり、他人を遠ざけておく権利のためにこそ、社会保障は必要なのではないか。 2010年7月18日(日) 15時36分43秒 YoruFukurouから

社会保障とは、政府を経由した人的機関同士の繋がりである。それを破棄するならば、人は直接人と繋がらなければならない。それはとてつもなく煩雑な社会である。 2010年7月18日(日) 15時39分40秒 YoruFukurouから

生活保護などの社会保障が否定されるのであれば、生存のために他者の財産を奪う事が肯定されざるを得ないのではないか。他者からの簒奪と分配の役割を政府が果たさないのであれば、当然その役割には当事者同士が晒されるのだから。 2010年7月18日(日) 15時43分19秒 YoruFukurouから

最近覚えた言葉で、それを「自助努力」というんだけどね。 2010年7月18日(日) 15時44分16秒 YoruFukurouから



Homeへ戻る