憂国日記
2009年04月


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。



[Permalink]
09/04/02

正社員だって努力している(笑)

玉コンニャクとゴボウとちくわの煮物を作ってみた。あんまりコンニャク、好きじゃないんだよな。
玉コンニャクとゴボウとちくわの煮物

前回更新した「生活ができるようになっちゃダメなのか?」という記事に、よく分からないはてブコメントがついているのですが……

blackseptember 『確かにフリーター時代よりは収入は増えたけど、それは私個人の努力の成果であり、至極当然の話です。』ばっかじゃねえの。どの口がそれを言うか。それ言ったら正社員の皆さんだって努力してるだろうがよ。

 んー、「正社員の皆さんだって努力してる」ということは、正社員の努力も私の努力と同等に認めろってことですよね。そして、私と同等の努力ということは、給料も私と同等でいいと。
 つまり、正社員の給料は、ギリギリ一人暮らしができる程度で十分ということです。要は「blackseptember」という人は、正社員の賃下げ要求をしているのですね、分かります。

 「フリーターだって努力をしている」というと、どうも「正社員の努力を認めていない」と勘違いする人がいるみたいですね。彼らの中では、正社員はフリーターの何十倍もの努力をしていることになっているようです。「フリーターなんかと一緒にするな」ということですね。
 しかし、私はフリーターも正社員も同じ位の努力をしていると思います。
 努力ということで、受け取る金額が決まると考えれば、フリーターも正社員も同程度の金額であるべきです。「努力を認めろ」という発言を理論通りに捉えるならば、給料の平旦化に行き着くと考えています。

 その努力の上に、「効率や成果」があって、実際の給料はそこで差がつきます。しかし、「正社員はフリーターより努力をしている」という人の「努力」の考え方は、なぜか効率や成果から逆算されるんですよね。
 つまり「努力をした上で、効率や成果の高さがある」という評価ではなく、「効率や成果が高い人は、努力をしている」という評価です。
 ところが、この逆算された努力で問題になるのは、いくら努力をしても、それが効率や成果に結びつかない人の努力が、全く認められないということですね。
 もちろん、どれだけ仕事を頑張っても、そもそも効率や成果を求められておらず、給料に反映されないフリーターの努力もそうなのですが、もっと問題なのは、いくら努力をしても健常者よりも絶対に作業効率が悪くなってしまう障がい者ですね。彼らの労働を効率成果で判断しようとすれば、確実に絶望的な収入しか得られないことになります。

 しかし、「努力」という言葉を本来の意味で用いて、効率や成果と切り離すことができるのであれば、努力を収入のベースとして考えることができます。そしてその努力は憲法上の「勤労の義務」を満たすものであると考えます。そして当然、国も憲法25条、生存権を満たす義務を負います。
 そして私の要求する「最低限度の生活」とは、ひとりの人間が、自分の望む地域で、普通に一人暮らしをできる程度の生活であり、おおよそ今の私の生活でしょう。風呂付きエアコン付きの1Kの部屋ぐらいには、憲法上住む権利があるべきです。
 というと「働けない人には、最低限度の生活を認めなくていいのか」と思う人もいるのでしょうが、努力というのは、あくまでも「当人ができる範囲で頑張る」ということに過ぎないので、ホームレスの人なんかは、生きていくこと自体を正社員と同程度の努力と認めていいのです。そもそも「努力が査定できる」と思っていること自体が間違いですので。

 誰かさんが「フリーターは障害者と同じ」と言ったようですが、別に正社員だって同じですよ。「労働者に対して、努力という最低限度の生活を認めた上で、効率成果分の格差を認める」という同じ評価軸を与えればいいだけの話でです。
 努力に関してはホームレスも、障がい者も、フリーターも、正社員も同じ。「会社」での仕事につかない主婦だって、引退した老人だって同じ。「誰だって自分が任された場で、生きるために努力をしている」それをベースにすればいいのです。

 つまり、「正社員の皆さんだって努力してるだろうがよ」の人は、立派な正社員様が、他の立場の人と、同じベースで査定されることが、気に入らないのでしょう。ようやく彼の主張が理解できました。


Homeへ戻る