憂国日記
2009年02月


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[PR] 初単行本『若者を見殺しにする国』好評発売中



[Permalink]
09/02/13

麻生太郎は総理大臣の器ではない

なんかウヨ厨ニュースサイトが「やっぱりマスゴミはねつ造している」「一時情報を見ると、麻生は何もおかしいことを言っていない」なんて、郵政問題の発端となった2009年2月5日の衆議院予算委員会の映像を張ってるんだけど、俺はこれを見て、麻生のあまりの無責任さに薄ら寒くなった。

 確かに、動画の中の「麻生太郎個人」だけ見れば間違ったことは言ってないよ。分割民営化の問題で、いろいろとほころびもできているので、それを丁寧に読み解いて見直しましょうというのは大変正しい考え方です。

 でも、麻生太郎は郵政民営化当時の総務大臣であり、当時の麻生が「(私個人は小泉総理の考え方に賛成ではなかったが、最終的に)内閣の一員として郵政民営化に賛成した」と本人が言っている通り、賛成の判は押したわけです。
 ならば、いくら途中で4分割に反対していたとしても、最終的には賛成したのであって、それを今になって「私個人は賛成してなかったし、郵政民営化担当大臣ではなかった」といういうのは、醜い保身としかいいようがありません。わたしは「4分割民営化を見直すか見直さないか」という話よりも、内閣の一員として判を押したことに対して、個人的な立場を持ち出して責任を回避しようという態度が、総理大臣としてふさわしくない態度だと考えています。
 納期が遅れたプロジェクトがあるとして、プロジェクトの一員が顧客に対して「俺は遅れずに仕事をした」と言ったとしても、なんの言い訳にもなりません。むしろ不審を増大させるだけです。重要なのは個人ではなくて全体です。全体としての責任を負えない人間は、プロジェクトに参加することがふさわしくありませんし、ましてやプロジェクトリーダーにはなれません。

 考えてみれば、麻生政権は首尾一貫して保身政権です。
 麻生が総理になった直後に、ねじれ国会解消のための解散総選挙が民主はもちろん、自民党の側からも求められました(ウヨ厨に言わせると「解散総選挙を求めているのはマスゴミだけ」)が、当時の民主党の勢いに恐れを成した結果、経済状況を言い訳にして、解散総選挙を回避しました。その結果、ねじれ国会が維持されたまま、補正予算のゴタゴタなどに繋がって、言い訳の経済状況に対する政策も遅れたわけです(ウヨ厨に言わせると「民主党が反対するから悪い」)。
 そんなこんなで、麻生内閣の支持率は産経新聞の調査ですら支持率が20%を切り、「今度選挙をしたら、絶対に自民党が勝てない状況」に至っているわけです。

 郵政だって、総務大臣の立場で4分割に反対であれば、徹底的に反対の旗を振れば良かったのです。内閣にいるからといって、総理のイエスマンである必要はありません。しかし当時の麻生は総務大臣として判を押した。そうやって最終的には自分の意見よりも、自分の立場を守ったからこそ、今、総理大臣をやっていられるのです。
 「総理大臣」なんて立場にいますが、その権力を守る衆議院での第一等という立場は、4分割にこだわって郵政民営化を進めた、小泉元総理が勝ち取った議席数なのですから、小泉のふんどしで相撲をとっている麻生が、小泉の政策に対する反論する権利なんかありません。それもまた、総理の座にしがみつくために解散総選挙を回避した報いなのです。
 いや、反論してもいいのですが、まぁ総務大臣だった時のように、「俺は4分社化には反対だったよ」などといいつつ、首相としてハッキリと是正していくことは絶対に「やらない」でしょうね。その辺を民主の議員にネチネチ責められているわけで。

 結局、麻生の言ってることって、仕事のできないヤツが怒られて斜めしたを向きながら「でも、僕は反対したしー」とごにょごにょしてるのと同じ。
 それを麻生は制裁堂々と「俺は賛成してないから、責任はない。郵政民営化担当大臣ではなかった!」と大声で言ってるだけだよな。麻生を支持してるヤツって、声の大きいヤツに騙されるんだろうなー。だからウヨ厨ニュースサイトに騙されるのか、納得。


[Permalink]
09/02/01

真耶ちゃんのあまり好みじゃないもの

前回の料理写真が、ちょっと大きすぎたので、今回から小さくするよ。

 今日の料理のつくりかた。

タマネギとマッシュルームと牛肉
 1.牛、牛を使う。
 「主な具材は、タマネギとマッシュルームと牛肉です。牛肉には軽く小麦粉をまぶしてあります」

バターを溶かす
 2. 牛のお肉を、なんかね、味が付いてるの。味付けるの。
 「バターを溶かして、お肉に軽く火を通します」

材料を炒める
 3. なんかね、あんね、外できっと食べたら、食べた事があるはず。
 「タマネギとマッシュルームを投入します」

サワークリームブイヨンパセリ
 4. なんかね、味が濃いからね、あまり真耶の好みじゃない!!
 「デミグラスソースの写真を撮るのを忘れました。やっぱりサワークリームは欠かせませんね」

デミグラスソース投入
 5. あのねぇ、なんか、イメージ的にはテーブルとイスで、なんか、食べる様な感じでね。
「材料に火が通ったら、デミグラスソースを入れます」

ブイヨンを混ぜて、良く煮込みます
 6. つくるのはきっと焼いてると思われる。
「さらにブイヨンを投入。良く煮込みます」

ふたをしてさらに煮込む
 7. なんかきっとオーブンとかにも入って……。
「フタをして、弱火でじっくり煮込みます」

サワークリーム投入色がそれっぽくなりました
 8. あのさ、よくさ、映画とかの釜とかにも入ってるかもしんないなって感じ。
「サワークリームを投入したら、よく混ぜます。混ぜないと膜が張ります」

バターライス製作中出来上がり
 9. わかんない、あっ、でもあれかも、シチューっぽいかも。
「あったかいご飯にバターとパセリを混ぜ込んで、バターライスを作ります。ライスを盛ったら、周りにでき上がったビーフストロガノフをかけて、カレーっぽいのが完成!」

 ……ガス台のまわり、掃除しないとなー
(元ネタ詳細はこちら:とかち組@ネ実「おいしいビーフストロガノフの作り方」

「大人のカタリバ」行ってきた。
 なんか頭の中からすっかり抜け落ちていて、遅刻して行きました。
 着いたのは第一部の終了直前で、開場に入った通路に、「漂流フリーター」の岩淵さんがいらっしゃいました。挨拶をして名刺を渡して、すぐ客席に行ってしまったのですが、残り時間を考えれば第1部は放棄して、もう少し岩淵さんと話して、映画の感想とか伝えておけば良かったですね。ちょっと失敗したな。
 まぁ、このBlogを見ていただいたそうなので、それで伝わっているとは思います。

 で、ちょろっと1部を聞いて、休憩中に宮台さんに「太った?」とかいわれたりして、第2部。
 ちなみに、私は「そこで何が言われたか」を見て「誰が何を言ったか」は気にしない方なので、「誰が」は記載しません。

 「どうして政治家が老人にばかり目を向けて、若者に目を向けないかといえば、投票率が低くて票にならない、老人は政治の事をよく知っている」という発言があったけど、それは当たり前の話。
 票にならない人に政治家はすり寄らないというのはもちろんなんだけど、それ以上に年を取れば社会の仕組みに詳しくなるのは当たり前の話であって、若いうちにそれに気付かないのも当たり前のこと。
 若者が政治に関心がないのは当たり前なんだから、それでも世代によらず公平な政治を分配するにはどうするべきかと考えるべきであり、それが成熟した政治というものだろう。
 今の政治の問題を若者の投票のせいにするのは、逆ギレに過ぎない。

 あと、なんかやたらと「アメリカではオバマという素晴らしい大統領が登場した」みたいな事をちょくちょく言うんだよねー。まだなにも始まってないのに、そんなに翼賛してだいじょうぶか?
 ちなみに、その後にJCCastの録音をしてきたのだけれど、そのなかではオバマのES細胞研究に対する受容の姿勢などが、生命倫理の観点から問題にされました。「オバマだからオールオッケー」みたいな言いようは、会場の若者たちに、どう映ったでしょうか?
 「就任式でみんな小旗を振って応援していたのが素晴らしい」なんて言ってた人もいましたけど、ヒトラーだってたくさんの聴衆の熱狂的支持に囲まれて就任演説をしましたし、小泉元首相を散々ポピュリズムだなんだの言っておいて、それはないだろうと。

 あと、「意見がかみ合っていない」という壇上の若い人の意見に対して、文化人側の人が怒る場面があった。
 確かにディベートやってるんじゃないんだから、意見をかみ合わせる必要なんかなくて、それぞれの分野から見地を語って、それを各自が持ち帰って考えればいいというのはその通りだと思う。
 でも、1つ重要なのは、今回のテーマは「格差」で、その格差は昔のような「俺は軽自動車だけど、アイツは3ナンバー」みたいな格差ではなくて「俺は生活できない」という貧困レベルに至る格差であって、そのリスク負担はバブル崩壊後に社会に出た若者だけが負わされている。
 そうした状態で、この問題を語る「年長者」と「若者」が、同等の立場になど、なりうるはずがない。片や議論を先延ばしにすればするほど安泰な年長者、片や議論が延びればリスクだけが高まる若者。その両者の立場の違いは、ハッキリと自覚しておいて欲しいですね。

 今日はこんなもんで。
 阿佐ケ谷ロフトのイベントについては、また後日。


Homeへ戻る