憂国日記
2005年9月


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#050928]

05/09/28

久々にメインコンテンツの更新
「きんも〜っ☆事件の分析」を新規にアップしました。

公務執行妨害が増加、「精強な警察」へ装備強化
 そりゃ、4人ぐらいで通行人を囲んで、ちょっと肩が触れたら「公務執行妨害で逮捕する!!」なんてやってたら、当然増加するでしょ。

同庁によると、全国で起きた警察官に対する公務執行妨害は年々増加しており、昨年は2685件と、1994年の974件と比べて2・8倍に上った。1か月以上の重傷を負った地域警察官も一昨年が75人、昨年は61人で、殉職者は一昨年が1人、昨年は4人を数えた。

 ……警察白書を調べてみる。
 16年版の警察白書で、公務執行妨害の認知数を調べてみると、平成15年で3007件になっている。確かに、公務執行妨害は増加しているらしい。
 しかし、11年で1531件の公務執行妨害が、わずか4年で倍増しているのは、不自然というほかないだろう。やはり純粋な増加というよりも、犯罪の凶悪化言説に添う形で、現場の警察官が凶悪化している状況を考えるほうが、この数字から見るに、ふさわしいのではないか。
 また、上記引用部で、重傷と殉職の警察官が、一昨年と去年のみであり、94年時点での数字が出ていないのは怪しい。この資料はどこにあるのだろう?ご存じの方は教えてください。


[#050923]

05/09/23

QMA。俺のおもしろ回答。
芸能並び替え
問 冬のソナタでのペ・ヨンジュンの死ぬ前の役名(大意)

ンサカュンジ・ン
   ↓
カン・サンジュン

 姜尚中ができた(笑)
 後で調べたら、正解は「カン・ジュンサン」だったので、そんなに間違ってはいなかったようだ。

西村眞悟は左翼!!
CLick for Anti War 最新メモより

http://www.asahi.com/paper/editorial20050917.html#syasetu2

>15日に開かれた民主党の両院議員総会でのことだ。小泉首相の掲げる郵政民営化を批判して、西村真悟衆院議員が次のように発言した。
>「マネーゲームの世界に国民をなだれ込ませているのが小泉なんです。あれは狙撃してもいい男なんです」

・・・これでソノ気になる奴がいたりしそうで欝。

 そのコメント欄に厨房発生。

# (@∀@) 『
>・・・これでソノ気になる奴がいたりしたら。
政敵なら殺してでも政権を奪い取れ、人民は暴力で抑圧し搾取せよ、という左翼の基本的なありようがよく現れた文章ですね(@∀@)w』

 「民主党」にのみ反応したらしい。
 民主党なら何でも左翼という、ウヨ厨の基本的なありようがよく表われた文章ですね。
 つか、前原民主党はウヨだし(藁)

意地でも金を徴収したいNHK。法的措置を明言。
 海老沢答弁の「信頼」発言(海老沢「ひたすら私どもが視聴者の理解を得ながら、視聴者の信頼を得ながら、受信料の収納に当たっている」)はどこに消えたんだい?

 ずいぶん前にも書いたように思うが、WOWOWやCS放送各社は、各自でスクランブルをかけ、それを解除する機能のついたチューナーを販売して、視聴者から視聴料をとっている。これなら視聴者の契約意思も明確だ。
 ところがNHKは、普通のTVやラジオについているチューナーで受信できる電波に、スクランブルもかけずに放送しているくせに、それに対する金を払えという。「民法だけ見ている」と言っても、受信できる状態にあること自体が、料金徴収の理由になる。受信できるようにしているのはNHKであり、視聴者ではない。契約意思は不明だ。

 で、郵政が「既得権」というなら、テレビやビデオのある家から有無を言わさず料金を徴収できるこの仕組みは、確実に既得権だろう。郵政を民営化するというなら、NHKも民営化し、他の放送局と同じ土台で勝負させるべきだ。
 件の安倍らによる放送内容への介入問題を見ても、NHKがこの既得権を守るために与党政権に擦り寄っているというのは、既知の事実であり、こうした局が視聴者との信頼構築よりも、強大な権益を利用した強制を行うというのは、当然の道筋を辿っているというべきだろう。
 「既得権第一主義」こそが、今回のプランの真実だ。


[#050916]

05/09/16

『不滅の男 エンケン対日本武道館』の予告編

hotsumaのURLメモ。より
・郵政の次は医療。

 「あるある大辞典」などにより喧伝された「ネオ公衆衛生」志向。自助努力を至上とするが、平均的な健康体を「普通」とし、個々の体質などには一切目を向けない。
 「病気は自己責任」の名の下に、医療を福祉からサービスへと移行させ、金持ちには優秀できめ細やかな医療を、貧乏人には治療の価値すら認めない。
 現実にアメリカで起きている、金による医療差別を小泉日本もそのまま直輸入し、健康の恐怖に脅える国民がハゲタカ医療保険会社に金を投げ込む時代が4年もたたないうちにやってくる。
 日額保証1万円では足りない。1万5千円でも不安。2万円?それとも3万円?
 「5万円7万円10万円運命の別れ道!保険をがっちり掛けまショウ!!」なんてCMが流れる日も、決して遠くはないでしょう。

kitanoのアレより
・Yahoo!Overture社が靖国や反日デモ等の報道に干渉
 「特定の組織・団体への批判と見受けられる表現がある場合は掲載不可」というなら、キタノさんのいうとおり、報道関係の広告は不可能ということです。
 しかし、Overture社はニュースを掲載しているポータルサイト運営会社との契約もしていますし、そもそも報道を広告できないというのであれば、ビデオニュース社との契約自体をするべきではないのです。
 しかし、それらの契約がなされているということは、Overture社側のいう「特定の組織・団体への批判と見受けられる表現」というのは、Overture社の恣意的な価値観に基づくということです。

 しかし、なんでたかが広告会社が広告内容にまで踏み込むんだろうか?
 広告会社の仕事は、広告したい内容を右から左に「広く告知する」仕事でしょうに。
 なんか、広告についてまつわる「クリエイティブ」とか、そんな感覚が広告主を軽視しているように感じるのは、自分だけかしら?


[#050915]

05/09/15

エンケンの映画「不滅の男」の前売券を買ってきた。楽しみだ。

選挙の話などしたくはないのだが、ついつい考えてしまって、考えてしまったことはアウトプットしたくなる。
 細かい問題ではなくて、大きなこととして、これは本格的な二大政党制が始まったということなのだろうか?それとも新たなる55年体制か?もしくは自民党一党独裁のスタートなのか?
 答えは次の選挙がこないと分からないのだが、もっとも次の選挙とやらが本当にあるのかすら疑問ではある。
 あと、この4年で預金封鎖と新円切りかえはあるのだろうか?表現規制も問題だけど、もっとも大きな問題はこれだろう。
 今は他人を嘲って「俺は中流だ」などとほざいている連中も、これで全部ふっ飛ぶからな。

今回の選挙において私が一番驚いたのは、自民党の圧勝ぶりではなくて、アホの堀江が8万票もの得票をしたことだ。
 これで、現在において最も重要な物が信頼や誠実さでなくて、単純に知名度だけであることが明白になった。
 いや、別に亀井に信頼や誠実さがあるかと言えば、そうじゃないけど。

 産経は今回の選挙結果を見て、大きく「選挙が変わった」などと書きたてた。
 だが、私が記憶するかぎり、(当時)社会党の「マドンナブーム」。そして多党制時代の「タレント議員ブーム」。民主党による「二大政党制ブーム」。そして今回の「小泉ブーム」。これらはすべてまったく同じ傾向のブームと言える。
 それは内実を見ずに、ただイメージや知名度だけで票を投じる、国民主権を放棄するがごとき怠惰なブーム。それが延々と続いて日本を食いつぶしながら、今に至っている。
 小泉の言う「改革」は、実際に国の「無駄」を無くし、国民に奉仕するための改革などではなく、ただ意味不明の郵政改革を連呼することによって、「郵政改革=国の改革」というイメージを植えつけただけのことだ。ここに内実など一切ない。
 選挙は何一つ変わってなどいない。国民は昔から相も変わらずにどこまでも怠惰だ。

amegriffさんのところより。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050911-00000525-yom-pol

数年前から株式投資を始めているという千代田区の男性会社員(26)の理由は、もっと明快だった。「自民党に入れた理由はただひとつ。郵政民営化を早く実現してほしいから。民営化すれば株式市場も活性化する。私の1票を力にしたい」

 日本の虎の子をハゲタカファンドに意図的に売り渡す、見事な売国奴魂を見た!!


[#050912]

05/09/12

選挙の結果の話などしたくはないので、1つだけ。パンドラの箱の底に残った、唯一の“希望”の話。
比例で得た自民の1議席、候補者不足し社民へ 東京

恩恵を受けたのは社民元職の保坂展人氏(49)。保坂氏は「信じられない気持ちだ。与党の圧勝体制のほころびをどうつくか。党のみんなと考えたい」と話した。

 公明とかに行ったら興醒めだけど、これが保坂展人ってところがすごい!!
 社民党は党としてはどうしようもないけれど(つか、もう解散しろよ)、「これぞ」という個人がいるので侮れない。

いままで、このサイトを「東天王ヨブ」というハンドルでやってきましたが、今日からは「赤木智弘」という実名で運営することにしました。
 理由は、今回の選挙結果を踏まえて、もはやハンドルを使っていること、というか匿名(空白とコテハンの違いは意味がない)で言論活動を行うことが、為政者にとっては「匿名で無責任だ」ということにしか取られないからです。もちろん壷のような為政者に都合のいい言論は「声無き市民の声」という事になるでしょう。
 ですから、無責任であるという批判をあらかじめかわすために、政治的言論は本名で行うことにしました。
(本名のように見えるハンドルにするという手もありますが、ここは誠実さを取ることにしました)
 もっとも、ハンドルがふさわしいであろう場所では東天王ヨブのハンドルも使いますので、あわせてよろしくお願いします。

 まぁ、いままでもいろんなところで本名晒しているから、今さらって気もするけど、この政治体制の大悪化のついでに。


[#050909]

05/09/09

極めて単純な、郵政改革反対の理由。

・一般市民が期待する「改革」と、何の関係もない。

 天下りを規制するわけでもなく、国の無駄づかいにメスを入れるわけでもなく、ただ局長が世襲制だからという理由だけで、民営化という名前の人員削減を行う郵政民営化は、国民が期待する「公の正常化」といっさい関係がない。
 「改革」だの「既得権益打破」など、単語だけは威勢がいいものの、実質は「これまで以上のアメリカ化」「既得権益のさらなる確定」に過ぎない。

・どう考えても、過疎地の郵便局は保護されない。

 過疎地の郵便局は保護すると言うが、民営化というのはイコール経営の合理化である。数年は約束通り保護されるだろうが、いずれこれも「既得権益」として糾弾されるだろう。
 逆に保護するなら、それは純粋な民営ではないのだから、民営化の意味はない。
 郵便事業が「国によって保護されるべき基本的インフラ」であることを、改めて認識する必要がある。

・アメリカの都合に合わせた、売国活動である。

 今回の民営化が改革などのためではなく、ただ郵貯、簡保の金を吐き出させるための行為であることは、年次改革要望書によっても明らかである。
 もちろん経営努力をして、預金確保に勤めている外資系銀行にお金が入ることを単純に批判はしないが、純粋な愛国心の発露として、いい気分ではないし、それをアメリカに言われてやるなどというのは、日本の奴隷化に他ならない。
 そして、そうした売国活動を行う首相を糾弾するのは、日本人としての崇高な役割といえる。

 結局、郵政民営化を旗印にした改革の行き着く先は、これまで以上の賃金格差の上昇、金持ち有利の社会構築と、アメリカに対する従属の増大。そして、公が民を支配するトップダウン社会の実現である。
 ありふれた結論ではあるものの、現実にそうである以上、そうとしか言いようがない。
 日本が中国や韓国に害されているという妄想はいらない。アメリカや小泉に害される現実こそを見つめるべきだ。

小泉がCMが「27万人(だっけ?)の既得権益」などと、郵政改‘悪’を熱弁していた。
 その27万人の大多数が、月に数十万の給料をもらって、家族を養なっている一般局員であることに気がついているマトモな人間は、日本にどれだけいるのだろうか?
 定職を得ることが既得権益で、いつでも生活の不安に震える社会が正しい日本の姿なのか。
 そのことが今度の選挙で問われている。
 職業不安、犯罪不安、対外不安、健康不安、子育て不安、老齢不安。不安を煽るだけ煽る、小泉政権の恐怖政治はもうウンザリだ。

書きたいことは山ほどあるのに、頭がちっとも働かない。
 ……別に睡眠不足でもないんだけどね。


Homeへ戻る