憂国日記
2005年2月


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#050222]

05/02/22

近鉄買収騒ぎのころから続く、世間のライブドア讃美と、ニッポン放送株問題で噴出したライブドア批判問題を、いまいち意味不明な感じで眺めていたら、答えが発見されました。
 「J憲法&少年A」より。

それはやはり、今の閉塞しきった社会構造に風穴を開け、既得権者を脅えさせ慌てさせる彼の行動に痛快さを感じるからだろう。同時に、若干32歳の堀江氏が、60,70代の老人たちを挑発する図式が共感を呼んでいることは、今の日本社会の最大の対立軸が、労使対立や階級対立ではなく、世代間対立にあることを象徴的に示している。

 ああそうか、世代間対立なのね。俺がピンとこないのも当然か。
 以前『希望格差社会』を批判した時に書いたとおり「「賃金格差」という言葉を世代間に置き換えたのが「世代間格差」」であり、世代間格差というのは、世代というものに一体感を感じている連中が作った造語ですから。リアリティなんかありゃしない。

 同世代間であっても、堀江のようなエスタブリッシュメントと、ニートやヒキコモリが同じ利益を共有する人間であるはずなど絶対になく、たとえ、今回の経済的エスタブリッシュメント同士の既得権抗争に堀江が勝利したとしても、決してそれを讃美したニートやヒキコモリに何らかの権益が与えられることは絶対にない。
 これは厨房の国粋讃美と同じで、権益がまったく与えられないところに権益の夢を見る。権益を離れれば離れるほど、「すべき事」は抽象化し、自らの行動指針を持たなくなる。そこを権益に直結する政治的エスタブリッシュメントに利用される。

 日本に横たわる真の社会問題は賃金格差であり、世代間格差ではない。
 日本がどんどんやせ細っているのは、資本が正しく循環しないからであり、日本人が日本という国に誇りを持っていないからではない。
 他人の持つ問題意識を勝手に自分と同化させるな。足りない頭を使って、自分で考えろ!

QMA報告
 超賢初優勝(決勝の相手は白銀×1&COM×2)と、超賢初区間賞取れた。
 あと、大賢者の俺以外が全員金剛の決勝も初体験。お約束通り4位でしたが、トップの人とは2問差ほどあったものの、2、3位とはスピード差のみの点差。単独正解もあったので満足満足。


[#050218]

05/02/18

JCの修了課題の〆切が過ぎる。
 まだ、本分が完成していないので、ひとまず目論見書がわりに「まとめ」の部分だけ提出。
 粥川さんに、まだまとめの部分だけなのに、結構な量のダメ出しをされて、それなりにへこむ。本分を提出したらどうなることか、今さらながら不安に。このあたりがやはり本職のジャーナリストと、ジャーナリスト趣味者の違いだな。
 結局、まだ今回やっている件について、本を読んだ量が圧倒的に少なくて、まだまだ論じることのできるだけの知識量自体がなく、取りこぼしている箇所がありすぎる。
 ただ、その部分をごまかすんじゃなくて、分からない部分は明確にしておくことにする。自分が分からない部分を、ハッキリ分かっておかないと、一生ジャーナリスト趣味者のままだし。

JCの方が終わるので、来期からはまた放送大学の授業をとりました。
 卒業を目指すというよりは、勉強することが目的なので、4、5科目ずつ、マッタリお勉強。
 今回取った科目は、「刑法」「マスメディア論」「法の世界」「日本政治史(東京大学教授の御厨貴って誰だ(笑))、そして、社会と経済専攻の俺には、まったく関係の無いはずの「脳の健康科学」。
 「そいえば、放送大学にも脳の授業があるんだな」と思ったのは、放送大学の単位認定試験に向かう電車の中で、たまたま隣にいた人も放送大学生でテキストを読んでいたんだけど、その開いたところに「ペンフィールドが描いた、ヒトの脳の機能局在図」があったから。それを見た瞬間は「俺は脳に呪われているのか」と思いましたよ。

エエッ! パソコンのブラインドタッチは脳に良くない (ゲンダイネット)
 先日、あるある大辞典2を見てたら、指の動きが悪くなると脳梗塞の兆候だとかやっていて、その解消方法として、「指を動かす」というのを言っていたと。
 で、指の動きを見るためのテストがあって、それをちゃんとクリアできたのが、ゲストの伊集院光と千秋。
 そしたら、千秋が「私や伊集院さんはゲームを良くやってるから、いいんじゃない?」とかいったら、スタジオ内では特に反論がなかったものの、すぐさまテロップで「ゲームなど親指だけ動かすのはダメ」と否定。10本の指全部を使うのがいいらしい。
 その一方で、失敗した志村けんは、最近三味線をやっているとのこと。この失敗は三味線の稽古で腱鞘炎気味だからと言い訳するも、続く別のテスト(タオルの下に隠した、100円玉と10円玉を仕分けする)でも、成功したのは伊集院と千秋のみ。
 あるある的には、三味線よりもゲームのほうが脳にいいと結論しないと(笑)。

 片や「指を動かすのがいい」というあるある大辞典と、かたや「ブラインドタッチは脳に良くない」とする京大様。勝手に争って、ぜひ両者共倒れになっていただきたいものであります。

 ところで、これは何? この人はそういう名誉教授か……


[#050209]

05/02/09

JC後期課題苦戦中、軽くお酒入れて、日記を書いて気分転換。

キャシャーンがやらねば誰がやる!……っと。

折田先生を讃える会
 一見、真面目っぽいサイト。
 コーヒーでも口に含みながら見ることをお薦め……しません。

ホリえもんがニッポン放送の筆頭株主に。
 面倒くさいのでニュースソースにはリンクしません。
 フジテレビの筆頭株主がニッポン放送なので(つか、その状態を是正しようとフジテレビが動いたことで、ホリえもんに気づかれたらしい)、自ずとその影響力はフジテレビにも。
 フジテレビといえば「小倉あやまれ友の会」が懐かしいな。
 QMA対策用、覚えておくべき単語「TOB(公開買付)」

1つクイズを。
・○×クイズ「ロト6で、1等の当選金額と2等の当選金額が、逆転したことがある?」

 答えは○。第84回で、1等が「15,692,300円」。2等が「30,011,300円」という逆転現象が起きてます。ラッキー数字がラッキーを運んだみたいです。
 当たって嬉しいハズなのに、ガッカリですね。

今日はサッカー、日本VS北朝鮮。
 ヨブさんは売国で在日で反日でサヨのチャンコロで北チョンなので、もちろん北朝鮮を応援するよ(藁)
 テーハミッグッ!!←それは韓国


[#050207]

05/02/07

マニアックなspam到着。
「Subject: ひろみさん自殺時の現場写真公開!!>地下淫サークルのみなさまへ」
 このサブジェクトで人が来ると思っているのがスゴイですよ。
 IDやランダム文字列を削ったら、サイトを見られなかったので、内容は確認してませんが。

TBS、ニュースの森でフィッシング詐欺特集。
 一体どういう取材をしたのか知らないけど、日本で初のフィッシング詐欺メール(「このサイトにIDとパスワードを入力してください」)が見つかったのが3か月前だってさ。ハァ?
 私の記憶だと、もうネットWin95の爆発的普及以降、いくつか銀行サイトを装ったフィッシング詐欺サイトがあったハズですがね。銀行も「Webサイト上で暗証番号をお聞きすることはありません」とか警告出してたハズですがね。警察が詐欺として認識したのがようやく3か月前って事なんでしょうか?
 んでもって、「フィッシング詐欺は急速に進化している」なんていうから、なにかと思ったら、ハッカーがトロイの木馬仕掛けるんだって。キーロガーとかスクリーンショットとるやつとか。普通に古典的な手段ですよ。それ。
 まぁ、古典的ですが、大変有効な手段なわけで、気をつけなければいけないのは、その通り。特にネットカフェでは、金銭に関るパスワード類は極力入力しないこと。
 TBSはなんか一生懸命「シマンテックから独立した会社」の宣伝してましたけどねぇ。
 とりあえず個人だと「SpyBot」や「Ad-Aware」は必携ですね。Winの話ですが。

FC版チャレンジャー君の「フィッシング」を検証する。
 勝たなきゃ誰かの養分。(笑)
 彼の名前は確か何度かこの掲示板上で見ているような気がしますが、どんな書き込みがあったかはまったく印象にありません。「ポチさん」と言っているので、結構古くからこっちを知っている人でしょうか?

[512] ポチさんは 投稿者:FC版チャレンジャー 投稿日:2005/02/01(Tue) 01:26

鄭香均さんの件に関しては無関心なんですか?

 まぁ、この時点で既に不審者ですよ。
 明らかにこっちを釣ろうとしてるでしょ。他のBlogなんか使っているところで、このことに関してちょっとでも同情的な発言をすると、どこからともなくウヨが湧いて来て、コメント欄を荒らすという圧力(藁)があって、Webに文章を書いている人にとって、この件は「極力触れたくない」話題なわけです。
 私にとっても今回こういうことがありましたので、忙しい峠(今、JCの後期課題でいそがしいんですよ)が過ぎたら、逆にどんどん触れようかなと思ってますが。

 で、重要なのは、この時点で彼は自分の意見を一切書き込んでないんです。つまり、最初っから自分の貧弱なアイデンティティーを守ろうという意思がミエミエです。
 向こうが自分の手の内を晒さない一方で、こっちは日記などで自分の手の内は晒しているので、多少不親切な返しをしています。「こっちが不快感を感じている」ということを、FC版チャレンジャー君に対して、ハッキリと示しているわけです。
 これに対する反応で、私はその後の対応をどうするか決めてました。自分の不躾な態度を反省するなら、ちゃんと対応して、放漫に文句つけてくるなら、おちょくってやろうと。結果は言うまでもありませんね。

 結局、こうした「自分の意見を表明せず、他人に意見表明の要求をする」というのは、検索窓かなんかに語句を入れるような意識しかないってことでしょう。
 掲示板やBlogの向こうに人の姿が見えず、Webの向こう側をオナニーの道具にしてしまう。それが現在の2ちゃんねるクオリティー……おっと、つまり匿名性なわけです。
 自分は匿名で守られて傷つかされることはないし、向こう側も見えないから、他人を傷つけたことを自覚して傷つく心配もない。そういう匿名性です。アサリで経済制裁とか言ってる連中が北朝鮮の一般民衆を完全に「いない」ことにしているのと、全く同じです。
 だから、俺はこうやってFC版チャレンジャー君を罵倒しているわけです。そうでもしないと、2ちゃんねるに洗脳された人間は、Webの向こうに人間がいることに気付きすらしないわけです。
 バカを殴れば、こっちの手が痛いわけですが、その痛さをこらえつつ殴っているんですよ。そのことに気づいてほしいです。
(最後の1行大嘘)

「電車男」が映画になる
 最後の付記がウザイね。著作権が誰かに管理されていれば、出版は簡単だってことかい?
 だったら石ノ森作品や、ブラックジャックの単行本未掲載作品や……
 つか、出版も漫画化も映画化も勝手にして、新潮版とか、岩波版とか、ちくま版とか(笑)いくつもあってかまわないし、著作権は各自が編集の範囲だけでかってに持ってればいいんじゃねーの。
 「著作権=完全独占権」じゃないだろうに。

「電車男」は誰なのか―“ネタ化”するコミュニケーション

『冬のソナタ』『世界の中心で、愛をさけぶ』『いま、会いにゆきます』といった「純愛」ブームとの関連、田中康夫『なんとなく、クリスタル』とのトレンド比較、

 うわぁ、こんなもんと比較されちゃってる!キモイ(藁)


[#050205]

05/02/05

偽500円玉の話はおかしい。
 まず第1に、事件を報じるコメンテイターは「大規模な鋳造施設が必要」と口を揃えて言うが、その割に被害額は今のところ、約15,000枚であり、わずか750万円。現実にはこの倍、流通しているとして、それでも1,500万円。これっぽっちの金のために、大規模な施設を大人数を使って動かすかといったら、動かさないでしょ。
 マスコミは必死に「中国人の犯行」を匂わせる発言をしているが、ならばなおさらATM強盗でもした方が効率がいい。
 そもそも1万円紙幣を作るよりコストパフォーマンスの悪い500円硬貨をつくる意味が全く不明。
 いままでの偽500円玉事件は、そのほとんどが他国の似た形状の通貨の流用であり、それならば製造コストが低くできるので、分かりやすい。だが、1から偽500円玉を作って、果たしてアガリは出るのだろうか?昔、ドリフのコントで、偽1万円を1枚つくるのに2万円かかるというというオチがあったように思うのだが、この偽500円玉もそんな感じがする。

 次に、マスコミがこぞって「精巧だ」と評している理由が分からない。
 TVでみる偽500円玉は、明らかに見た目でおかしいと分かるものであり、特にサイドの斜めの筋などは、完全にガタガタである。
 なのに、マスコミは「精巧だ」という。現実には精巧でないから発見されたし、犯行側もATMにしか流していない。
 ATMを騙したから「精巧だ」と言いたいのかもしれないが、TVコメンテーターのような自我が肥大しきった連中は、「機械よりも人間が絶対的に勝れている」といいたい性格のハズで、なんで「やっぱりATMなんかダメだよな」ぐらいの事を言う人がいないのか。
 まぁ、それはギャグとしても、やたら偽500円玉の脅威を煽り過ぎている感は強い。

そいえば、すっかり取り上げてなかったmac mini
 大宮のソフマップで原寸大サイズに作られた「箱」をみましたが、とてもパソコンとは思えない小ささでした。
 mac miniは、ハッキリと「パソコンを使いなれたユーザー向け」の商品です。
 たとえば私のように「モニターは既に所有していて、OSXならキーボードは親指シフトにしたい」とか、サーバー用途で「物置の空きスペースを増やしたい」ようなユーザー向けです。
 HDDやDVDは外付でなんとかなるとしても(でも、やっぱり内蔵でしょ)、メモリーの増設=mac miniの分解はほぼ必須であり、またHDDの素人にはお薦めできない(笑)商品。
 価格も明らかに同性能の中古品より安いし、拡張性だけ気にしなければ、馴れたマックユーザーにとってはベストな選択肢でしょうね。

『希望格差社会』を立ち読み。
 ミーミーミー!!インチキ警報ミーミーミー!!
 だいたい、格差があるのは「希望」ではなく「世代」であり、内実は「世代」ではなく「賃金」。
 つまり、「賃金格差」という言葉を世代間に置き換えたのが「世代間格差」ということばであり、この時点で格差の本質はいわゆる世代間対立であるかのように巧妙に隠蔽され、この世代間格差がさらに「希望」という言葉の中に隠蔽された言葉がこの「希望格差」。
 昔、自民党のCMで、小泉同志が居酒屋にいて「語り合える社会をつくろう」とかいうのがあったけど、あれとそっくり。賃金格差をなんとかするためには、さまざまな政策や、既得権益者(=サラリーマン)の賃金を切り崩すなど、しなきゃいけないけれど、夢や希望を語るだけならタダだからね。
 夢や希望を語って、それが叶うかどうかは自己責任。『希望格差社会』から想起される解決策は自己責任論以外のなにものでもない。

 この本はリベラルを自認するオジサンたちによく売れると思う。社会の病理を探るような形をとりながら、オジサンたちを一切叩かないからだ。オジサンたちは責任をとらず、若者に「希望」という名の霞を食べることを強要する。
 思えば「パラサイトシングル」も、この山田某の造語であり、この人は常に若者に負のレッテルを貼ることに邁進してきたと言える。今回の『希望格差社会』も明らかにそういう本である。クソが!死ねよ!!


[#050204]

05/02/04

少年犯罪についての警察庁のまとめが出ましたので、触れておきます。
 ちなみに、警察庁のサイトに行ってみましたが、この件に関する報告はまだ掲載されてないようです。この発表がどこを向いた性格のモノかが、よく分かりますね。
 ベースとしては時事。
少年犯罪、4年ぶり減少=詐欺は6割増、児童虐待最悪−昨年1年間・警察庁(時事通信)

14歳未満の事件凶悪化 3%増、2年連続2百人超(共同通信)
児童虐待、最悪45%増 少年知能犯3年連続増 昨年(産経新聞)
少年知能犯6割増1240人 不良行為で過去最多の補導(朝日新聞)
知能犯が6割増、児童虐待は最悪 警察庁(毎日新聞)
児童買春・ポルノ、昨年の被害最悪1700人(読売新聞)
少年の知能犯6割増 警察庁まとめ(東京新聞)

 どうも、時事以外の各社ともメシのタネである少年犯罪は増えて欲しいものらしく、まるで今年も少年犯罪が増えて、凶悪化に拍車がかかっているかのような見出しが並んでます。

児童虐待被害最悪239人 警察庁(東京新聞)

 昨年一年間の子どもの虐待の摘発件数は二百二十九件(前年比45・9%増)。摘発人数は二百五十三人(前年比38・3%増)。このうち実父が八十一人、実母が七十二人で、全体の六割が実の親だった。

 小林某のような犯罪に対しては過剰反応する世間が、児童虐待についてはほとんど騒ぎません。あと、教師による生徒の虐待なども騒がれません。
 レイプ神話という言葉がありますが、子供が犯罪被害に合う時に、もっとも危険な大人は親と教師であることを、もっと切実な問題として考えるべきです。


Homeへ戻る