憂国日記
7月


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#040730]

04/07/30

アンケートへのご協力、ありがとうございました。またそのうちなにかするかもしれません。

空調服の話題を見てたら、みんながみんな口を揃えて「デザインがださい」などと書いている。普段からみんなそんなにオサレな服を着てるんだろうか?つか、ワイシャツにださいもへちまもないと思うんだが……。
 まぁ、かつては携帯電話もサラリーマンの仕事道具だった時代には「持っているとダサいもの」と認識されていたようなので、素直に注目度の高さゆえと脳内変換しておく事にしよう。
 個人的には在宅用と割り切れば、クーラーの電源を切れて1万円は安いと思う。ワイシャツは冬用のやつで自作できそうだし。

斎藤貴男の「安心のファシズム」を読む。
 斎藤貴男の暗いところに一直線に踏み込んで行く肝の強さはすごいなと思う。俺なんかだと、キチガイ達の発言なんか見たくもないので、その周囲を回避してしまう。
 斎藤は元駐米大使で現、日本財団特別顧問の村田良平と、作家の上坂冬子の「Voice 2004年6月号」対談を引いて、

(斎藤の引用のさらに一部を引用)
村田 (前略)正論を書いても、一言一句をとらえてそれに不当な非難や言いがかりをつける風潮があるのです。しかし私の兄などは、私宛ての私信ですが、「この3人は死んでもやむを得ない」とかいてました。
上坂 私だって、村田さん宛てに書くのなら「殺しなさい」と書きますよ(笑)。
村田 そこで初めて、日本人の夢が覚めると。
上坂 ほんとうにそう(笑)

 この2人の「神にも等しい視点の高さ」を非難している。
 この村田良平の言う「私の兄の私信」というのも怪しいなぁ……。捏造では?

 視点の高さといえば、山形浩生のサイゾー2004年8月号でのキチガイ発言も同等の視点の高さである。

(橋田さんが非難されずに、他の5人が非難されたことに対し)
 橋田氏がジャーナリストとしてそれなりの成果をあげてきた人だ、という評価があるだろう。それに対して、あの人質5人は、少なくともこれまでは何もしてないし、これからも何ら役にたつことはしないだろう、というのが多くの人の目には明らかだった。

 すくなくとも私には何がどう明らかなのかは分からないのだが、どうも自己責任を言いたがる人達には明らからしい。だが、山形は人質5人の年齢の頃の橋田さんを知っているのだろうか?橋田さんは生まれたときからジャーナリストとしてのそれなりの成果などをあげていたのだろうか?一緒に殺された小川さんは確か33歳だと思ったが、彼はジャーナリストとしてのそれなりの成果などあげていないが、それについてはどうなんだろう?単に死んじゃった人間を叩けば、自分の良心(あるのか?)の呵責に堪えられないから叩かないだけじゃないの?一般の人は橋田さんなんか知らないんだから、生きてたら叩いてたんじゃないの?
 それらの疑問を無視して「明らか」などと明記できるのは神だけである。

 ネオリベのバカさ加減というのは、自由な経済競走を標榜するわりに、現在の状況のみを過剰に評価し、裾野を広げるどころか切り捨てようとしている1点につきる。
 スポーツでいえば、競技人口が広がれば広がるほど、トップの人間のレベルが高くなる、というのが常識で、経済についても裾野が広がれば経済発展が促進されると考えるのが普通なのに、なぜかネオリベは裾野を必死に切り捨てようとする。もちろんそれは社会活動においても同様だ。
 よくよく考えれば、最初の3人の人質のうち、高遠さんは事件発生直後に神浦元彰さんや神保哲生さんが「高遠がいるなら、安心だろう」という旨の発言をしていたように、一人NGOとしてそれなりの成果(「それなりの成果」がどこに対する成果であるかに注目。その成果は橋田さんの成果と同じ方向性のものだ)をあげている人であり、決して裾野の人ではない。でも山形は裾野ということにしたがっているようだ。ネオリベの立場でいえば、そうしなければ叩けないからそうしているだけ。現に山形ははてなのどこかのサイトに人質事件が起きた直後、彼らの業績を調べる云々の前の時間に「バカがやらかした」という旨の発言をしている(どこだっけ?)んだから、成果云々は後出しジャンケンでしかない。

そいえば、新宿東口の1区画がまるまるパチンコ屋になってたんだが、ああいうのを見ると、パチンコ屋ってもうかってんだなーと思う。もちろん、パッキー卸しの保通協も。
 なんか、歌舞伎町カジノ化計画ってのが現実味を増してきていると感じた。

そうそう、新宿といえば、カニスポが今日閉店。昨日たまたま久しぶりに行って、初めて知りました。ありがとうさようならカニスポ。


[#040726]

04/07/26

携帯電話で文字を読むことについてのアンケート、本日最終日の予定でしたが、もう1日置いておきます。27日〆ってことで。
 掲示板への書き込みならば、メアドも晒さずに答えられますし、参加に関しては携帯を使っている事以外の制限はないので、ご協力お願いします。

 それはそうと、武田さんの所に書かれてしまった。実はあんまり考えて出したアンケートでもないからなぁ。
 いや、全く考えてない事もなくって、これが安心安全以下略プロジェクトジャーナ(ryの課題であるのが第一であるとともに、先日までの松沢さんとのやりとりについての、自分なりの発展形だったりはする。
 インターネットが十分に普及して結構な年月が経つというのに、今だ「文章」というものがネット上においては実はなじんでいないのではないか?という疑問はずーっとあって、どういうことかといえば、要は長文がやっぱり読みづらいということ。
 確かに、ネット上では長文の途中にブックマークをはさんだり、ドックイヤーを作ったりできないし、メモも書けない。そういうことが長文がなじまない原因の1つだとは思う。
 けれども、それだけじゃない。
 今、昭雄脳の最新作を読んでるんだが、その中に、モニターは光刺激が多すぎるので読書に向かない。という記述があるんだが、これは確かにそのとおりだと思うし、そもそもWebサイトを見るのに向いたブラウザ、つまり細切れのページを読むのに適したブラウザはあっても、長文向きのブラウザってのは聞いたことがないってのもある。でも、長文むきのブラウザって何だろ?横書きを縦書きにしてくれる読書用のソフトはあるが、別に横書きでもそんなに違和感はないよね。
 携帯だと、画面の小ささと読書しやすさの関連性は間違いなくある。もちろん長文は読みにくいが、短文だと逆にそれだけが目に入るために読みやすい。ニュースのリードは間違いなく読みやすいだろう。
 結局、主要なメディアによって文章のありようって、いくらでも変化するのであって、携帯で長文が読みにくいってのは、実はまだ携帯向きの文章術が確立してないってだけの話なのだろう。今後必ず、携帯向きの文章ってのが出てくる。まぁ出てきてはいるのか。主流になってないってだけで。ふとギャル文字を思い出したが、ああいうのはネットがインターネットじゃなくて、ニフティーと草の根BBSだけだった時代からあったものだから、あんまり意味はなさそう。

 ここからは話が飛躍するが、多分携帯むきの文章ってのは、短文がポンポン続く形の文章になるのであり、すごくテンポが良いものだと思う。ただ、そういう文章は安直に結論を提供して思考を妨げる。
 携帯上の文章って、実はひどく閉じた文章で、PCでのネットなどではニュースソースのクロス参照なども簡単だったりするが、携帯の場合は画面が狭く1画面しか利用できないし、有料のニュースサイトも多いが、ユーザーは有料であることに専門性などの利点を感じていない節があり(このへんはどっかに資料がないかな……)、自然と無料サイトの利用が中心になってしまう。
 あと、携帯の場合は商用サイトと個人サイトのヒエラルキーは明白で、個人サイトの存在は通常利用においてはほとんど見えなくなっている。
 以上のことを考えると、実は三文SF小説のような、短文の力強い文言と抑制された情報での管理社会というのが達成可能状況は完成しているのではないかという気がしている。ICチップかなんかに国民総番号のユニークIDをつっこめばGPSで位置監視も可能だしねぇ。電話だからマイクがついていて、会話をこっそりどこかに送信するのも可能だし、カメラもついてるし、電子マネー的な支払いの中心として携帯を利用できるようになれば携帯必ず持たなければならないようにするのも、決して難しくはない。
 そして、これらの単独な機能を結びつけるアーキテクチャの実現は決して難しくないことは、飛躍ついでに指摘しておく。


[#040724]

04/07/24

26日まで、自分の勉強用のアンケートを設置しています。
 よろしければご協力お願いします。


[#040720]

04/07/20

ついうっかり見逃していたこと。
 鈴木義司が死んでた。
 青山ブックセンターが潰れてた。
 3週間前ぐらい前に行ったよ。六本木店。

今度の水曜も安心安全なんとかプロジェクトのオープンスクールがあるのだが……

7月21日(水)午後7時30分〜11時
新宿「ロフトプラスワン」トークイベント

「これでいいのか!日本のメディア
〜オウム・北朝鮮・イラクを巡って」

〈パネリスト〉
石丸 次郎(アジアプレス大阪事務所代表)
北村 肇(「週刊金曜日」編集長)
原田 浩司(共同通信カメラマン)
森  達也(映画監督)
吉岡 忍(ノンフィクションライター)※
綿井 健陽(司会/進行)

※吉岡氏は途中からの出席か、キャンセルの可能性もございます。あらかじめご了承ください。

 やばい、こっちのほうが面白そうだ。ここはサボっ……ごにょごにょ……


[#040718]

04/07/18

多分8月に入ってからになると思うんですが、日記ではないディレクトリで「「ゲーム脳の恐怖」を読む(仮題)」をやろうと思っています。別称「相手をごまかす文章術」といった趣で。
 つい先日、新書判のゲーム脳を買ったので。ええ、今まで立ち読みでしか読んでませんでしたから。

日本政府、拉致被害者を、また再拉致
 こういう既存事実を作ってしまってから「なぁなぁ」で済ますやり方がいつまで続けられると思っているんでしょうか?
 もともとジェンキンス問題は、第2回目の日朝会談を行う前にアメリカと話しをつけておくべき問題なハズで、この手順を無視して選挙前にドタバタと再会、そのまま健康問題を理由に再拉致。こんなのは外交ではありません。
 こんな場当たり外交を続ける日本政府に軍隊を持たせるなど言語道断です。きっと場当たり的にどこかの国にまた侵攻するでしょう。かつては「経済ブロック」、今回は「北の脅威」とかで。

小林よしのり氏が逆転勝訴 漫画の「ドロボー」は適法
 これについては「上杉調子にのるな」って考えなんで、どうでもいいです。判決も妥当だと思います。
 「ドロボー」って書かれたら、「黙れキチガイ」で返したらいいんです。言論ってのはそういうもんです。

ずいぶん前に、ちょっとだけ「Blogとやらには関りたくない」と書いたと思いますが、最近、その辺の忌避感の意味がなんとなく理解できるようになってきました。
 単純に言えばBlogってのは「極めて閉じた世界」なわけです。いままで私は2chが空気とやらに支配された閉じた世界だと思っていましたが、それと別な形でBlogの閉じた世界が存在していると思います。トラックバック等のシステムは一見便利ですが、その弊害として、リンク先が他のBlog中心になってしまうことがあります。リンクばっかりになって、自身は内容を1つも書いてないようなBlogも目立ちます。
 私もたまにやるのですが、ニュースにリンクだけはって、一言くらいコメントを付けるサボりかたがありますが、あれをシステムレベルで実現したのがBlogという気がします。
 それでもトラックバックのシステムがあるかぎりは(要は他のBlogにリンクさえ貼っておけば)どっかから反応があるし、反応があるからまた同じことをする。こういうのは単なる「なれ合い」ですね。
 まぁ、なれ合いでも面白い内容はありますが、それでも積極的にBlogサイトを読もうって気にはなりませんね。ちょっと面白そうな内容があっても、リンクの洪水に振りまわされるのがオチですし。
 その点2chなら、誰かがまとめサイトを作ったりするから、分かりやすいですね。


[#040712]

04/07/12

マツケンサンバのCMが「マリみて」で流れているということは、オタクがマツケンを目撃してしまうだけではなく、CMみたさのオバサンがマリみてを目撃してしまうということか!!そっちのほうが大変だ。

選挙総括。
 全体的には掲示板に書いたとおり。ただし自民49議席というのは、オレ的には自民党の勝利。あれだけデタラメをやって、それでも当選しちゃうんだから、信仰って怖いね。
 創価……おっと公明党も議席を増やしたので勝ち。
 民主党も十分に勝ち。
 んでもって、その他の中小政党が負け。こりゃ、民主党が唐突に自民党に合流して「これが本当の自由民主党」なんてオチが現実味を帯びてきたぞ。
 みどりの会議は女性党にすら負ける。ここは単純にやってきた年月分だけの知名度の違いか。

 個別に選挙区をみると、
 群馬が自民の2議席阻止で、ようやく自民党の呪縛から逃れそうな予感。
 栃木は無風区なのでいつも通り。
 東京は青島が4位に食い込めずに、公明党がのさばる。新風の人と又吉イエスが票の食い合い。もっとも、二人分が合わさっても2万行きませんが……。増元さん負ける。多分都民にはガチで誰だか分からなかった予感。やっぱり家族会は蓮池と横田と曽我だけしか……。
 大阪は辻本が惜しかった。3位当選が自民だけに余計に。

 こんなもんか。


[#040711]

04/07/11

さっそく投票行ってきたよ。
 選挙区は共産党。理由はその他2者が自民、民主なので選択肢が最初っからこれしかない。定数2だから完全に無風区。
 比例区は中村敦夫。ここも選択肢がないのと一緒。

また昭雄脳の恐怖再びキター!!

今度こそ、ゲーム業界が素早い対応で、そして毅然とした態度で立ち向かうことを、切に望む次第です。

 どうせまた、ダンマリでしょ。

掲示板にも書いたけど、すごい久しぶりに中野のタコシェに行く。もう4年ぶりくらいか。実家に戻ってからは確か1度も行っていない。4年前と品揃えが変わった感が全くないのがすごい。
 買ったのはこれまた掲示板に書いたとおりの車掌の20号と22-1、22-2号。
 22の1、2号にはなぜかトレーディングカードがついてたので、これを封印してちゃんと補完するために、スキャンして保存。上の2つが22-1号についてきた表裏。下の2つが22-2号についてきた表裏。
車掌22-1 表 車掌22-1 裏
車掌22-2 表 車掌22-2 裏
 こうして並べてみると、一番上の伊藤岳人が一番マシに思えてきた……。
 ところで、22-1号のカードはチラシの切れ端に包んであったわけだが、22-2号のカードの包み紙がこれ。
車掌22-2 包み紙
 麦人君の将来に幸あれ……

 21号はなかったので、後で確かバックナンバーは置いてなかったハズの「ぽえむぱろうる」なり、駅から遠いので、この夏に歩くのは嫌な(地下を通れば多少は涼しく行けるかも)模索舎あたりでも探すことにするか。模索舎の方は他に買うものがありそうだし。
 ブロードウェイを歩きながら、こういう異世界がある地域に住む子供は選択肢があるという点で幸せだと思った。
 帰りがけに駅前で選挙カーが演説準備をしているのを見た。これも掲示板に書いたとおりで「みどりの会議」だった。
中村敦夫
 握手してもらった。

 こんなところ。


[#040708]

04/07/08

マツケンサンバII発売キター。
 DVD付き最高。何度もリピートして見てます。つか、それ以外の事が全く手につかない。
 発売前日の6日づけオリコンチャートでは20位にランキング。7日づけチャート発表が楽しみ。
 なぜかCMが「マリみて」内で流れているらしい。ヲタたちにも激しいショックを与えた模様。

WPNで不当逮捕。
 ビラ巻きで逮捕されたり、粛々と進んでいたはずのデモ行為で逮捕されたり。
 なしくずし的な自衛隊の権限拡散と合わせて、日本は世界最大の官僚的権威主義国家を目指すのか?

「(投票日の)11日より前に必ず再会できるようにしてくれ」
 拉致被害者を骨の髄までしゃぶりつくそうとする小泉。
 ほら、青いリボンの人達は、早く小泉批判をしたほうがいいですよ。


[#040705]

04/07/05

人が死んだら生き返らないなどということはない。
 hotsumaのURLメモあたりから経由して九十九式さんの記事
 私としてみればこの結果を見て「7割の小中学生が日本人の精神としての死生観を正しく理解している」ということにホッとした。
「人の死」と言った場合、それを肉体的生死上でのみ死を判断するなんてのは極めて現代的な考え方であり、日本だけではなく世界ほとんどの場所での死生観というのは、その多くを精神的死生観をもって理解されたものである。簡単に言えば「魂」ってやつだ。
 日本には靖国神社に参拝するバカな首相がいるが、私の理解ではこの首相も「人は死んだら生き返らないと正しく答え」られない人間だということになる。だって死んでいるのに、その魂が靖国神社に在ると考えているわけだから。
 まぁ意地悪く、そんな例を出さずとも、葬式、お墓参り、お盆など、日本人は昔から肉体的に死んだ者を精神的には生者として考えてきたのであり、「人は死んだら生き返らない」などという即物的な死生観こそが、ゲームで言えば、敵を倒したら画面上から消えるという考え方そのものである。

 まぁ、どうにしてもアンケートの本文が分からない以上、何も言いようがないと言うのが本当のところ。それでもこうやって書いているのは、アンケートの数字という表象でしか社会を理解しない連中へのイヤミ。
 あと、ゲームを例にあげればなんとでも言えるな。掲示板でも遊戯王カードの例を挙げてみたけど、しばらくこういうスタイルでやってみるか。


 2chのニュー速報+板より(もう、dat落ち)

355 名前: 名無しさん@5周年 投稿日: 04/06/30 00:47 ID:Y9w0vodY
番組を録画してたので、コピーします。

ナレータ:
もう1つのクラスでは、死ぬとどうなるか尋ねたところ、
子供たちから意外な答えが返ってきました。

(授業中の様子)
6年生女子:
「死んだら、たましいが別の体にうつって1からもう1回やり直せると思う」
先生:
「あ、生き返ると思う、はい、生き返ると思う人」

(クラスの生徒のほとんどが手をあげる映像)

ナレータ:
33人中28人が、人は死んだら生き返ると答えました。

授業のあとの先生の話:
「うーん、ちょっとびっくりはしましたけど、まぁ子供たちがそうイメージを、
ま、持っている子もいるのかな。死ぬっていうこと自体がまだよく理解できていないと言うか、
あの、いったい、じゃ、死んでしまったらどうなるかとか、そういうのは、まだ考えていないと思います」

-------------------------------------------------------------------------------
このあと、番組では、多くの子供が「人が死んでも生き返ると思っている」として、進められました。
生き返るとは誰も答えていないと思うのですが。。
オレの感想としては、この教師がアホ。子供の発言を理解していない。
子供の発言は、比較的マトモだと思う。

 やはり、小学生も日本人によく見られる死生観を持っているとしか思えません。
 つか、ナレーションが煽りすぎです。


[#040704]

04/07/04

当面、水曜日と木曜日は東京の方にいるわけですが、そのついでに今まで気にはなっていたけど行ったことのないような場所に行ってます。
 まずは秋葉の交通博物館。ここはすっかり鉄道博物館だと思っていたんですが、船や飛行機なんかの展示もあるんですねぇ。でも主役はやっぱり鉄道。当日も鉄ちゃんらしき人がちらほら。
 鉄道模型(あれはNゲージでいいの?)で操作兼案内役の人が、涼しい顔で解説しながら、コンパネを激しく操作していたのが印象的でした。
 あと、蒲田でカウンターストライク
 ゲームとしては楽しいのかなぁ……。仲間とかができれば楽しそうですが、一方でコナミあたりがゲーセン向けに(=個人向けに)さまざまな手法のオンラインゲームを発表している現状を考えると、今さらこういう形のゲームってどうなの?という感覚があります。個人的には既にバトルテックで通った道ですしねぇ。池袋でもプレイできるので、もう少しプレイしてみたいと思います。
 ちなみに、2日間でQMAを12回プレイ。内、優勝が4回はいいとして、1回戦敗退が8回。両極端過ぎ。
 そうそう、アミューズメントや博物館などで、ここは行っておいた方がいいという場所があれば、教えて頂けるとありがたいです。東京の西側の方中心でよろしく。

件の荒川区女性差別条例案に関する東京新聞の記事
 道義君やりたい放題ですね。

林会長は「非公開」の理由を「環境などの審議会ならいいが、男女の問題は微妙。各地で(審議内容に)圧力がかかったという事例も聞いた」と説明する。

 微妙な審議だから公開して慎重な議論を促すべきなのでは?

五月下旬の報告書提出直後には、広瀬裕子・専修大教授(教育行政学)ら六委員が「懇談会では会長らが議事を強行して、ものが言えない雰囲気だ。報告書も合意形成のないままに出された」と区長に訴えた。

 要は、こういうことを公開されたくなかったって事ですね。

林会長が自らのホームページで「見えた!フェミニストの汚い戦略・戦術の全貌」と題して、慎重な公明党区議団や野党の保守会派を批判したため、両派は激怒。突然、否決をまぬがれない事態に陥ってしまい結局、区長は条例案自体を取り下げた。

 公明党を叩いてはダメですよ。公明あってこその自民ですから。
 その程度の政治的判断もできなかったミッチー。

「生まれながらにして男は積極的、女は消極的だということは脳科学が解明した脳の構造からも明らかなんです。

 最近脳科学って、社会学より社会学ですよねぇ。ゲーム脳とか、電車で化粧したら云々とか、そんなんばっかりだしな。
 あの猿が見てもインチキにしか見えない、ゲーム脳すら「科学的に証明」と言い張る人達(、以下略。そのうちに「ゲーム脳なんて馬鹿話を信じる馬鹿リンク」でもつくるか)がいるくらいだから。

「専業主婦の立場や利害を代弁する男性が政治家になればいいんです。

 もう、何を言ってるんだか訳が分かりません。そういう政治家を国会に送り込むためには、主婦による圧力団体をつくるしかなくて、それは今まで以上に主婦を政治に近づける事になりますが、日本政治の基本的なスタイルを分かってますか、道義君?

 こうした流れの中、「あぶない!男女共同参画条例」(男女共同参画とジェンダーフリーを考える会刊)という冊子では「ジェンダーフリーは共産主義の革命思想」と決め付け、国の基本法をも批判している。

 ウヨの皆さんは、自分達の気に入らないことはなんでも共産主義なんですね。
 むしろ、男根主義イデオロギーの方がよっぽど共産主義っぽいですけどねぇ。


Homeへ戻る