憂国日記
6月


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#040630]

04/06/30

拉致事件の金額公表キテター

イラクで4月に起きた2つの日本人人質事件で、職員の出張費や解放後にチャーターした飛行機の費用などで同省が負担した経費の総額が約1815万円だったと発表した。

 浩生さんは、2,000万弱で「無限」とか言いたれてたのか。10組拉致されてもたったの2億。これで国際社会の信頼が得られる(?)なら安い買い物じゃね?
 20憶とか言ってたのは何だったの?社会保険庁がロスした年金積み立て金はいくらだっけ?サマワでのひきこもりの費用は?
 ちなみに、裏で動いた金云々はいくらでも言えるけど検証しようがないからねぇ。

そろそろ選挙
 栃木の選挙区はどうせ哲郎(自民)&進(民主)で確定だから、節子(共産)にでも入れてみようかな。比例は敦夫さん(みどり)の所かなぁ。参院選挙は比例は非拘束名簿方式だっけ?
 今年の参院選はあんまり面白くないなぁ。面白そうなのは又吉イエスくらいなもんか。いや、そういう面白さじゃなくてさぁ……なんかないの?

近鉄買収、ネット関連事業の「ライブドア」が名乗りへ
 単なる宣伝でしょ。ライブドアだし。
 この件に関して、一番面白いのが、セリーグの巨人以外の多くが「巨人戦の試合が減ったら、それをどこが保証してくれるんだ?」なんていう発言していることね。そんなんだからダメなんだよ。

新書・選書をネットで検索 7千冊を千のテーマに分類
 これは面白そうですね。


[#040625]

04/06/25

書籍版、反社会学講座を買って読む。
 追加が多くあり、ネットで既に読んでいる人にもお薦め。

すっかり買うのを忘れていた「サイゾー」の山形道場を読む。ひどすぎ。
 次の日記に書こうとして、月曜日に書いた文章に「貧乏人は黙ってろ(やまがた)」ってのがあって、自分でもちょっと言い過ぎかな?と躊躇していた部分がなくなりましたね。結局山形がいいたいのはそういうことだから。
 あと、「無限の努力」「無限の働き」ってなに?拉致されたのは5人で、件数としては2件。これが無限ですと?お前の数の数え方は「1、2、無限」かよ。いつまでやってんだか分からない自衛隊のサマワでのひきこもり費用と比べれば有限も有限ですよ。山形が言ってるのは、キャベツが100円値上がりしたのを「無限の値上がり」といい、ブランドものの10数万するバッグは「必要だから」と平気で買うプチセレブみたいな事。しかも、キャベツは年に数回しか買わないのに、バッグは毎月買うような。キャベツの値上がりが続けば家計は破綻なんて言うなら、バッグを買うのをやめろってのが普通でしょうに。
 人質の救出が「理念」だというのは問題外。助けないと、国際社会からの信用を失う(自国民すら見殺しにする国など、誰が信用するというのか)んだから、救出は極めて現実に即した選択ですよ。
 現実に即するというなら、理念に即さない国なんて、現実問題として存在の価値なんかないんですわ。
 もうひとつ追加しておくとすると「救出に金がかかる」というなら、今回の費用を公開しなさいよ。それで他国と比較してあまりにかかりすぎてるなら、それは日本の交渉がヘタだって証拠だから。少なくとも、帰りの航空券分は無駄な費用なんだしさ。

水曜日から例のヤツがスタートなんで、早めに寝ようと思っていたら、ぜんぜん寝られなくて、Web見てたらamegriffさんのところ経由で「集い跡地」を発見して、すっかり読み込んでしまって、気づいたら結構な時間に。
 内容についてはリンク先を見てもらうことにして、こうした盗作みたいなことが彼女(多分)たちにとってはアンデンティティの危機なんだろう。んでもって、アイデンティティの安全を図るために、相手に対して「提言」などという押しつけを行う。これが彼女たちにとっては「オリジナリティの尊重」となっているという構図が面白いなぁ、と。
 どうも安心安全のオープンスクールの方は官民、そして知識人として、いかにして安心安全を一般人に対して与えるか?って部分に偏っているようだけど、むしろ今、日本人が危機に陥っているのは個人間での関係性そのものでしょうに。(この話続く)


[#040622]

04/06/22

明日っから当面、水、木曜日と東京の方に通うことになったわけだが、問題は帰りの電車。
 大丈夫かどうか時刻表を確認してみたら、前期毎水曜の21:30だと、ちょっと佐野までは帰れないことが判明。仕方がないのでカプセルでも泊まるか。ひとまず明後日の木曜は予定入れたけど、予定がないときはチェックアウトから9時間近く、暇つぶしをどうするかが問題。もう夏だし、暑いし。
 他の20:30なら問題ないけど、こっちはおおよそ予定通りに終わるであろうオープンスクールと違って、ちょくちょく時刻が延びそうな予感。
 ちなみに21:30でも、館林までなら帰れるから、自転車で館林に行くプランも考えておくか……自転車止める場所をどうするんだよ……
 まぁ、北関東から通おうってのが、相当酔狂なんだけどね。

生徒の人権損なうと抗議 神奈川県が講談社に
 えと、この事件の落とし所はどこ?
1「学校名で採用を選別するというブラックリストの存在問題」
2「ブラックリスト報道はいいが、学校の実名を掲載した講談社の配慮の問題」
3「神奈川県による報道の自由に対する揺さぶり。つか成文調子にのりすぎ」
そして、4「そもそも学校の機能として、現在もっとも重要視されているのは選別の機能であり、それを元にブラックリストを作成したって現状においては(!)何の問題もないのに、それを問題であるかのように報道する、学校名を元に社員を採用しているであろうハズの一流企業である講談社のマヌケさ」
ついでに、5「選別機能が学校名に偏りすぎて、(意識的であるかないかに関らず)失敗した人間に対するセーフティネットが全く機能していない問題」もおまけです。


[#040621]

04/06/21

マツケンサンバIIも発売迫る。

中曽根を泣かそうね
70年に核武装の可能性検討 中曽根氏が自著で明かす
 当時の冷戦状況下において核武装の検討がいいとか悪いとかいう話ではなくて、今現在こうした話を平気で発表できる状況になってしまったんだなということが恐ろしいです。少し前なら間違いなく政治生命を絶たれていたでしょうに。あ、どっちにしても、もうないのか。

真須美被告「カレー鍋開けたことない」 大阪高裁控訴審
 状況証拠や編集されたインタビュー映像だけで死刑判決って事になるのでしょうか?怖い怖い。


[#040616]

04/06/16

書籍版「反社会学講座」発売迫る。
 ちなみに、第23回のオチは大変痛快。

「君が代」強制批判のPTA会長、辞任に追い込まれる
 PTAのオツムは真っ白であるべきだ!!現に我々のオツムは真っ白だ!!!!

スイスぺのバカ丸だしアンケート
 なんだよこの「<Q1>今後、日本でテロが起こる可能性がある?(どちらか消去)」って。Yes以外の回答があり得ない質問をしておいて、これで「すべての専門家がテロの危険性を指摘する」ってやるんだろうねぇ。世界のどこにテロの危険性がない国があるんだよ!!
 あ、シーランド公国だったら大丈夫かも。でも、サーバーが狙われそうだな。データヘイブン構想はどうなった?
 あと、「<Q10> 個人でテロから身を守る方法はある?」ってのもバカだな。個人にとっちゃあ、テロも自然災害も同じだろ。どうしても「周辺住民とのコミュニケーション」転じて「怪しいガイジン(アングロサクソンを除く)がいたらすぐ通報」ということにもって行きたいのがまる見え。
 こんなバカ丸だしアンケートを作成するバカと、金欲しさでバカ丸だしアンケートに記入して送り返すバカと、こんなバカ丸だしアンケート結果を元にした番組を作るバカと、その番組を鵜呑みにするバカが今の日本を形作っているんですねぇ。

<Q7> 日本を狙う可能性の高いテロ集団(国家・組織)はどこでしょう
小泉政権、アメリカ合衆国、自己責任教団:-p


[#040614]

04/06/14

国会とかさ、そんな人がケガしない程度の乱闘モドキするなら、誰か脇差でも隠しておいて、本当に刺しちゃえばイイじゃん。
 殺傷事件くらいに発展してくれないと、国民は誰も野党が本気だとは思わないって。
 マスコミに面白おかしいBGMで報道されて、バカにされてるの分かってる?

ID、パスワード教え合う 親密さからの変化を調査
 IDはともかくとして、個人で管理すべきパスワードを教えあうってのは、要は彼女たちにとっての友達関係のありようが「癒着」であったことを示している。
 平気でパートナーの携帯を盗み見たり、親が子供の日記を読んだり、そうした個人というものを無視した癒着関係を「親しい関係」などと平気で言う現状がこの事件を起こしたと私は考える。

以上までが以前に書いて、アップしていなかった分。なんとなく1つ2つしかネタがないと上げ難い。
 とりあえず忙しかったこと(放送大学への提出物と、武田さんのアレへの応募)は終了したので、もうちょっとちゃんと更新しようと思います。

メトロイドゼロミッション、とりあえずひと通りクリア。
 フュージョンよりは自由度が高い感じ。つか、元のディスク版メトロイド(クリアボーナスの海外版)って、こんなに難しかったっけ?

少年犯罪データベース「少女の殺人」
 12歳以下の殺人も、もちろんあります。

週刊ポストを立ち読みしていたら、茶髪の弁護士(本当に本物の弁護士?)の橋……橋……橋なんとかが例の小6少女の殺人の件で、14歳以下に責任能力がないないてフィクションなんだから死刑にしろと「怒っていた」。
 反論はするのもバカバカしいのでしないでおくが(12歳に法的責任を問うなら、法的権限も与えられなければならない。20歳から成人だなんてのもフィクションに過ぎないんだし。反論は以上)、この人、なんでこんなに自分が怒っていることを正当化できるんだ?つか、アカの他人の生死に対して、なんでこんなに感情的な自分を表現できるの?恥ずかしくないのか?
 加害者の人権を考える前に、被害者の少女の顔を思い浮かべろ!なんて書いてたけど、思い浮かばないよ。名前も思い浮かばないし、TV映像なんか見てないから、顔も思い浮かばない。あくまでも俺の頭の中にあるのは、同級生同士で殺人があったということだけだ。クラスが学年1クラス(=6年間、同一の関係性を保持せざるを得ない)だったなどの情報はあるが、顔や名前という個人情報を意識的に覚えるほど暇じゃない。
 そういえば「怒り」と言えば、件のバカ霞ヶ関官僚Blogで変な人が「イラクの人質事件に同情的な人は、北朝鮮拉致事件に怒りを感じる人が少ないようです」などと書いていたのだが、個人的にはこれがずーっとひっかかっていた。

 怒り?
 俺は確かに拉致被害者家族に対して、さほど同情的ではない。別に北朝鮮に拉致されなくても家族が離散する例など珍しくはないからだ。それと同様に、私はイラク人質に対しても、その家族や被害者本人に同情的になって、相手に対して怒りを感じた事などない。高遠さんかわいそう、今井くんかわいそうなどとは、一切思っていない。俺が怒ったのは自己責任などといいたれ、国際社会の一員としての責任を受け入れようとしない連中に対してだ。
 日本の政治的体制のありようや、国民がもっている政治的な感覚に対しては、自分も日本人である以上、巻きこまれざるをえないのだから、当然怒りを感じる。しかし、他人の個人的なこと、特に今回の単なる殺人のような事例に対して、被害者に同情し、怒りを感じる事ができる人ってのが何を考えているのか分からない。
 多分、自己演出だし、被害者を利用しているだけなんだとは思う。橋なんとかは、単に人が死刑になるのを見たいから、犯罪に怒っているフリをして、死刑執行=「国による少女の殺害」を叫んでいるのだろう。
 しかし「怒り」とやらは、こうしたねじ曲がったドス黒い感情を正当化できるほどのものなのだろうか?
 確かに、こうしてマスコミの論調にのって怒りを振りかざして自分を正当化できるなら、こんな楽な事はないと思うが……日本人ってこんなに単純なのか?


[#040604]

04/06/04

自衛“支援”アイドル誕生!
 エロテロリストの方が強いな。

ゑディングが請求放棄
 嫌がらせ訴訟をしたら、予想外に反響が広まってしまったので取り下げを検討したけど、相手はやる気満々だったので、放棄したってことろか。

ハリバートンがっぽり
 イラク人の死体はアメリカ人の懐を潤すのでした。
 そいえば、日本の「やんごとなきおかた」もチェイニーと握手してたっけね。

小6女生徒の殺人の件。
 結局の所、これは単純に「よくある殺人事件」。
「なんでこんなことが起こったのか」なんて言ったって、人間関係の中には正の感情だけではなく、憎悪などの負の感情があるのは当たり前の話しで、今回はそれが殺人という形で噴出しただけ。まったく健全な人間関係じゃないか。そういう関係が嫌なら、やっぱり人間全員ひきこもれという話になる。
 これをわざわざ大ごとのように扱うのがまさしく「オジサンの視点」ってやつでね。
 地位やら階級やらが固定化しちゃったオッサンが、流動化している状態に対してなんか不快感をもっているというやつ。
 子供の可能性というのは、まさしく流動性であって、人間関係が流動的であれば、その中で良い感情も悪い感情もおこりえるわけで、男の子(オジサン予備軍)のように勉強や運動などで「地位」が確定していない、あの年代の女の子にとってはこの程度のぐちゃぐちゃは当たり前。殺人は人間関係の延長でしかない。
 こう書くと、じゃあ女の子に対しても地位を固定しろとなるんだけど、それは単なるサボり。流動化した状況のなかで確固とした自己を確立するのが本来子供の仕事なわけで、その点オジサン予備軍たる男の子の状況のほうがおかしいんだ。
 結局、流動化された健全な人間関係の中で殺人が起きても、それは決してなにかの欠落や制度の問題ではなく、単なる確率論的な問題。

 だから、オジサン達は、もうなんとでも言えばいいんじゃない?
 ホラーが悪い。ネットが悪い。ドラマが悪い。少年犯罪が凶悪化している。いくらでも文句つけられるよ。まるで上司への愚痴みたいな感じで、小学生の女の子を踏み台にして分かってるつもりになってれば?

小6女生徒の殺人の件についての武田さんの見解。(募集中8)
 これを読んで、ずいぶん前に考えていたネットでの「実名」「ハンドル」「完全匿名」の問題を思い出した。一部マスコミ(というか、大手マスコミのほとんどか)はネットの「特異性」を声高に叫び、さも「ネットのコミュニケーションは通常のフェイス・トゥー・フェイス(!!)*1とは異なる」と言っているが、今回の事例はお互いが知った同志の事であるから、ほぼ通常のコミュニケーションと等しい。その中で唯一の違いが「メディア経由のコミュニケーションは発信者から始めざるを得ない」という武田さんの指摘した部分か。
 とはいえ、客と店員の立場とか、親と子供の立場とか、比較的発信者都合が優先される事例はいつの時代でもあるのであり、それが殺意に結びつくものかというのは疑問。やはり自分としては上で書いているように確率論的問題であるというのがベースにある。
 しかし、確かに発信者都合によるコミュニケーションというものが、一方の立場のみ有利に、つまり相手の立場を考えずに一方的に発言すればするほど有利になるという抑圧的な傾向はあり、その問題点は理解できるし、また通常のコミュニケーションにおいてもそうしたやり方に偏りがちになろう事も理解できる。
 私の考えでは「実名」と「ハンドル」においては、例え当初は発信者都合によるコミュニケーションであっても、相互理解のうちにしっかり相互コミュニケーションに発展すると期待しており、だからこそ、その発展性を疎外する「完全匿名」に対してはイマイチ良い感情を持たない。
 しかし、そもそもコミュニケーションにおいて、相互理解への発展を念頭に置かないのであれば、実名であろうとハンドルであろうと、一方的な押しつけあいになり、これをコミュニケーションと称してしまうことは十分にあり得る。特に昨今の子供を「親のモノ」と理解しがちな育成環境においては相互コミュニケーションがしっかりなされていない可能性は高い。(本来の雑多性と場当たり的な相互コミュニケーションではなく、親が「これがコミュニケーションだ」と理解する相互コミュニケーションになってしまっているのでは?)
 ただし、何度もくりかえすが、一方的なコミュニケーションというのは、フェイス・トゥー・フェイスの場面においてもいくらでもあり得るのであり、どっちが一方的なコミュニケーションになりやすいかという点については熟考を要するし、メール等の発信者優位なコミュニケーションの普及に関しても卵が先かニワトリかという問題が存在する。

 ふと、この辺の話しで「安全・安心と科学技術」プロジェクトの応募文作れないかな?と思ったものの止める。今考えているゲーム脳ベースの方が、私の考えているジャーナリズムという点に近いだろうから。

*1 フェイス・トゥ・フェイスは私がコミュニケーションを考える上で、重要なワードである。
「face to face」な暴力支配を参照のこと。


[#040601]

04/06/01

最近、更新をしてなかったのは、忙しいからです。サボっていたからじゃないです。その証拠に、メトロイドゼロミッションもしばらくおあずけです。

松沢さんのメルマガ、なんか内容がえらく盛り沢山になっている模様。大丈夫ですか?

小泉らが北朝鮮拉致被害者家族(主に帰って来ていない方)達までもを悪役に仕立て上げようとした件について。
 まず、今回の訪朝の成果については、拉致被害者の家族の移譲(子供たちは生まれも育ちも北朝鮮なのだから当然北朝鮮人である。彼らが日本に来ることを「帰国」とすることは日本語的におかしい)というのは、最初から金や食料と引き換えのオプションとして用意されていた事柄に過ぎず、今回の成果というのは、単純にそれを日本が呑んだと言うだけであって、決して小泉がわざわざ北朝鮮に行ってまで引き出してくるような成果ではない。
 じゃあ、小泉はなんで北朝鮮に行ったかといえば、要は自身に向けられた年金問題(任意期間の件ではなく、厚生年金加入の件)をうやむやにすることを狙ったからだ。そして、そのこととセットとして、拉致被害者家族を悪者に仕立て上げるという意識がある。
 こんな外交のやり方を許したのは、例のイラク拉致事件の家族や当人たちに対して3バカだの自己責任論だの叫んだキチガイ共だ。連中のおかげで今回も北朝鮮の生死も判明していない拉致被害者達がまた見殺しにされた!!お前らはどうやって、このことの責任を取るんだ!!!
 思えば、前回の小泉訪朝以降の拉致被害問題の歴史ってのは、まさしく一部の被害者を見殺しにしてきた歴史だ。5人の一時帰国時に本来なら5人の安否が確認されたことに満足し、北朝鮮との交渉のチャンネルを最大に開いて残りの人達に関する安否情報を隅々まで調べつくすべきだった。5人の帰国はそれからでも遅くはなかった。ところが小泉は自分の名誉のために、一時帰国だった拉致被害者たちを帰さなかった。このことで交渉は完全に途絶えてしまった。そういえば、イラク拉致の件の時も犯人側が3日間の猶予を設定したいにかかわらず、犯人の調査などを一切せずに「テロには屈しない」などと言って、被害者を見殺しにしていた。要はいつだって小泉は自分のパフォーマンスしか考えていないのである。
 こうした単なるパフォーマンスを世間の連中は「毅然とした態度」などと言う。しかし、毅然とした態度で何か事件が解決しているのか?
 私は拉致被害に関しては、既に発生から長い年月が経っており、被害者の方々に残された時間は決して長いとは言えないのだから、金を払って食糧援助してでも最短の時間で解決するべきだと思っている。そのことと北朝鮮という国への懲罰は別の問題である。
 なんの考えもなしにブルーリボンなどを掲げている連中はそのへんをごっちゃにしているのであるが、悪の北朝鮮をやっつければ被害者達が帰ってくるなどという問題ではない。連中の活動は国益のために、いまだ帰らぬ被害者に犠牲を強いているようにしか見えない。もちろんそういう意見ならそれでもいいんだが、ならば「悪の北朝鮮を倒すために、あなたたちは犠牲になってくれ」という事を明確にするべきであり、飴の上に粉砂糖をまぶしたような現実性の全くない甘言をたれ流すべきではないし、信奉するべきではない。
 北朝鮮という国の事を考えれば、その解体は武力による一方的なものにするのではなく、交流を図る政策によって北朝鮮の国民に対して北朝鮮の現体制を打破する意思高めるべきである。一方的な攻撃は攻撃される国の愛国心を煽り、よしんば倒したとしても、倒された中から再び金政権を模倣する人間がでてくる。日本にも侵略の過去を美化する人間がいるように、彼らは金政権を美化して騙る。同調する人間も多いだろう。
 国民みずから金政権の異常さを心身ともに自覚し、打倒の意思を持ち、それを達成したのであれば、それは容易に模倣者の進出を許すものではない。そのことが北朝鮮の正常な繁栄とともに、間接的に日本の安全をも保証することになる。

 小泉政権の対北戦略はいたずらに北朝鮮の硬直化を煽り、日本の安全に寄与しないばかりではなく、いまだ生死すら明確でない被害者たちを見殺しにしている。そんな政権を翼賛することが、どれだけ恥ずかしいことか、国民は身をもって知るべきである。


Homeへ戻る