憂国日記
3月


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#040326]
04/03/26

少しだけ更新……またか

ふしぎの海のナーさんキターーーーーー!!

尖閣上陸の中国人活動家7人を逮捕…初の強制措置
 独島(竹島)行った石原慎太郎も逮捕されるべきだったな(笑)
 それはともかく、要はどこのウヨもやることは一緒だって事だな。行動の底が浅すぎる。


[#040324]
04/03/24

問題の捕らえ方が根本的に違うのではないか

小泉、学歴詐称ではなかった。
 で、古賀さんの時には疑惑段階であれだけ騒いでいた大マスコミが、小泉の時は全く騒がなかったのは、大マスコミがちゃんと裏を取っていたからということでFA……という事でシャンシャンと。

ほつまさんの所のフリーターの記事を読んで思ったこと。
 そりゃ、経済屋が経済的観点からしかフリーター問題を見ないのは当然なのだが、しかし、フリーター問題の根本というのは、フルタイム(5日間40時間)で働いているはずの人間が社会的に生活を営むに足る十分な収入と人間としての尊厳を得られない仕組みになっていること、そのものではないか。

 その原因は日本の労働体系にある。
 ここ数十年の日本において、労働者というのは「正社員」と「パートタイム」のどちらかであった。
 ここで注意しなければならないのは、パートタイムは決してフルタイムという言葉と対比したパートタイムということではないという点である。パートタイムが担当するのは正社員のパートではなく、労働ヒエラルキーとしての下層の仕事である。
 なぜならば、当時は「正社員は男のする仕事」「パートは女子供のする仕事」と定義づけられていたからで、実際家庭の構造が夫が会社で一日中(8時間ではない)働くとなっている以上、家庭の仕事をすべき妻が外で働こうと思えば、パートタイムで働くしかなかったのだ。
 ところで「フリーター」という言葉の定義をご存じだろうか?総務省のフリーターの定義は「15〜34歳の若年(ただし、学生と主婦を除く)のうち、パート・アルバイト(派遣等を含む)及び働く意志のある無職の人」となっている。これが厚生労働省になると、派遣や契約社員は含まないらしい。
 これは極めて恣意的な定義で、要は「家庭を持たない人間に対する区別」である。このような区別をすることによって、夫たる正社員と、妻たるパートタイマーと全く別の身分としてのフリーターを設定している。先日小泉がフリーターをバカにする発言をしていたが、実質的には仕事の内容はフリーターもパートタイマーも変わらないのに、パートタイマーのおばちゃんたちを支持層にした小泉がこのような発言を安全にできるのも、パートタイマーとフリーターを確実に区別する意識が形成されているからである。
 では、なぜこんな区別(別に差別と言い換えてもいいけど)が生まれたかといえば「家庭を持つのが当たり前」という道徳のしわざである。つまり、フリーターというのは道徳に従わない悪人(=最近の若い者)というわけだ。
 もちろん、フリーターの増加はフリーター自身の責任ではない。企業の怠慢による国際競争力の低下と、それに伴う不況の悪化によって、正社員になれるパイ自体が今までの労働環境を維持できる余裕も無いほど低下しているからである。その一方で生活不安や年金問題(65才支給)から正社員に引きこもり、さらに若者が正社員として就職する余地は無くなっている。一方で、無事正社員になることになれた若者も、人員削減からする過剰労働をリストラのナイフを首筋に突きつけられながら、必死になって働いている。幸せなのは焼け太ったヒキコモリ老人だけだ。

 結局のところ、日本には「人間の尊厳」という考え方がないと考えるしかない。いや、老人は若者を人間とすら認めてないのか。書きたいことはもっとあるのだが、なにか嫌な気分になったので、キーボードを叩くのを停めることにする。


[#040323]
04/03/23

浜村通信にちょっと踏み絵になってもらって

人生連戦連敗の漏れも武豊に乗られた〜い。ウホッ。

フリーターは努力不足−首相 マラソン代表引き合いに
 βακα……

CM内容も出演者もウソまみれ。
 ダメな社会保険庁は何をやってもダメ。
 一方で、年金収入なんか無くてもどうでもいいだけの収入のある人は払う必要性すら感じず、年金がないと暮らしていけない人にとっては負担が大きいという矛盾も見えてきますね。

ファミ通を立ち読みしたら、浜村通信の連載記事で、ゲーム業界に政府(総務省あたり)が「何か支援をできることはないか」と接触しているという話を書いていた。それは別にいいのだが、小島秀夫が「自衛隊が兵器の機密情報を教えてくれれば」云々と能天気な発言を受けて、浜村は「アメリカでは軍隊が映画なんかに協力してくれるのは当たり前で……」なんて、輪をかけて能天気なことを書いていたけど、今の時期にそういうことを書く意味を分かっているのだろうか?
 いや、別に浜村通信が日本の軍国化賛成ならそれはそれで文句はないんだけど、単純に分かっていないように思ったので。
 ちなみに、別に浜村通信に何か言いたいんじゃなくて、単純に日本人がそういうことの意味を分かっていないんじゃないかと問う意味でたまたま浜村通信の例を出しただけですので、勘違いなさらぬように。


[#040319]
04/03/19

携帯って何だろう

誰かとっとと、田中のところのバカを止めろ
 しかし、同じマスコミ村の規制には敏感に反応しても、松文館事件に全く反応しないマスコミが「言論の自由」なんて言っても薄ら寒いだけだな。

まぁ、タイトルで俺が「何だろう」とか書く時は、もう自分の中では結論はでちゃっているわけで、しかも別にコラム屋さんのそれを知らんぷりして、最後にあたかも文章形成の中で気づいたかのように長々駄文をこねる趣味はないから最初に書いちゃうけど、携帯というのは決して「実用的な道具」ではなくて「自分の存在を社会的に意味づけるもの」であると。
 これと同様なものとしては「たばこ」「バイク」「車」「家」が代表的だが、時代の移り変わりにより、DQNなイメージのあるたばこバイクの代替として、ここに携帯が入ったと考えるのが妥当だろう。
 すると「携帯」「車」「家」となるわけだが、これら3つに共通する感覚として「ヒエラルキー」が存在する。家なら都心の高価な土地にたった高額な家ほど地位が高いと見なされるし、車も車種によるヒエラルキーは確実に存在する。携帯の場合も、DOCOMO<その他の携帯<PHSという風になっている。
 まぁ、このヒエラルキーの所は実はさほど問題ではないのだが、その持ち物自体が社会的な意味づけという属性である以上、こうした意識が当然のように出てくるということを指摘しておきたい。

 さて問題はここからだ。私がこの件を考えたのは掲示板のさおさんの投稿「[93] 携帯とマナー」を見たからである。
 この話を単純化してしまえば、実空間であるはずの「自分の周辺」よりも、携帯などの「別のもの」に対してのマナーを過剰に重要視してしまっているということだ。私も先日LoRを見に行ったが、上映前に後ろの女性が「上映中にメールが来ても絶対でない」などとわざわざ会話していたのが耳に入った。本来当たり前のことを、わざわざなんで力説するのか。
 よくある批判で言えば「現実と仮想……」などといったあたりなんだろうが、重要なのはその人が「何に対してのマナーをより大切に考えているのか」という点だ。その人は携帯の向こう側の人に対するマナーを、より大切にしているということだ。
 それはなぜか。
 私はそれを「社会承認リソースの縮小化問題」であると考える。
 つまり、本来社会全体からなされる社会的承認、すなわちここ数十年の承認とはまさしく給料であって、右肩上がりの終身雇用が保証されている状態においては、働いている当人はもちろん、働いている夫に寄生する妻自身も社会的承認を容易に得ることができていたのが、現在の経済状態では、その承認を維持できないということ。この件の解決には当然、今までと違った承認の形を模索しなければならないのだが、そう簡単に人の価値観が変わるはずもなく、結果としてそれを代替する形で携帯というモノが必要とされているということだ。
 そして、その社会的承認を与えてくれる携帯に連絡をしてくる友人知人は、社会的認証を与えてくれない社会そのものである目の前の現実の人たちよりも優先順位が高いということ。
 要約すれば、広大な範囲に属するさまざまな人たちとの関係において承認を得るより、限られた共同体、家族、友人などから承認を得るほうがはるかに容易なのだ。
 マナーという観点に戻すなれば、公共マナーという言葉を少しいじって小林よしりん風にいうと、携帯に社会的承認を依存する彼らにとっての「公共」とは、まさしく携帯の範囲でしかないということだ。

公共の範囲は携帯のすぐ周りだけ

 結論としては、大半の人間はなぜ携帯が現代社会において担っている真の役割(社会的承認の代替)について、これだけ鈍感なのかと。少なくともここ数十年、日本人は社会的承認のほとんどを金で解決できる部分で担ってきた。それを良いと考えるか悪いと考えるかはともかく、そういう仕組みであることは明確に知っておくべきだろう。


[#040317]
04/03/17

ちょっとずつでも更新

ターザン山本が2ちゃんねらーとセメントの予感
 つか、太田プロはとっととロフトプラスワンを押さえて「ターザン山本 VS 2ちゃんねらー」で公開討論(プロレス)させろ。

ファミコン探偵倶楽部ADVANCE
 おお、スゲー。
 出たら絶対買うよ。
 ……出たら……出ないけど

平穏な教育環境=マイノリティを排除する社会


[#040314]
04/03/14

携帯は高いね

高崎・小1女児殺害 突然の悲劇、衝撃大きく−−関係者に悲しみと怒り /群馬
 ああ、またか。
 いや、もちろんこの「またか」は、こういう事件が「またか」ではなく、こういう報道のしかたが「またか」なので念のため。特に今見てるバンキシャは相変わらずひどいな。秋葉で人形買って、一体それがなんだというんだ?まぁ、報道とかいって、北朝鮮美女軍団(と書くのも恥ずかしい)の宿舎に集音マイク向けて盗聴してたような番組に良心的な報道を期待するのが無理か。
 同様の事件ながら佐賀県で巡査が少女を連れ回した事件はもう完全に風化しているわけで、その人の属性によって好む好まざるを露骨にあらわす類の報道には嫌悪を感じる。

産経のバカな政治観
 結局、そういう人間がちゃんと大統領になれるんだから、日本よりははるかに風通しのいい政治なんだよ。現既得権益と仲良くやって、一方でその他大勢を排除しつづけるのが産経的には「正しい政治」らしいな。
 政治学的には政治的リーダーシップには安定社会に依存する代表的リーダーシップと、新しい価値体系をもって改革を謀る創造的リーダーシップ、そして、国民に擦り寄ってその場限りの公約を口約するけど、旧来の価値体系依存して何も変えないような投機的リーダーシップっていう2つくらいに分けられるんだけど、産経は後者の2つを意図的に混同させている。
 まぁ、少なくとも同じ政治改革を叫び、民衆の支持を得ながら、片や既得権益層から弾劾される大統領と、既得権益層に寵愛される首相ではどっちが投機的かといえば……

携帯買った。機種はA5502Kにした。
 で、……パケット代高っ!!
 いや、別にパケ死とかそんなレベルではなくて、1ヶ月かけて使うだろうと思っていたパケットを2日で使い切っただけですが。
 確かに、買ってすぐだから、もちろんいろいろやったわけですよ。ムービーやアプリ、着うたといった、大きなモノをそれなりに落としたわけです。それで「もう予定の5割くらい使ったかなー」と思ったら、もう10割(笑)
 これで思ったのよ。本屋で万引きとかして、これをブックオフに売ったりするのって、本業界はブックオフのせいにしているけど、絶対原因は携帯だよな。抑制の効かない子供がちょっと携帯使ったら、絶対2、3万くらい行くって。そうなりゃ、こづかいなんかないも同然なわけで、そりゃ万引きもするだろうなと。
 ネットを使ってる身からすれば、携帯のweb料金が法外なのは明確で、いくら割引サービスがあっても、標準価格のつり上げをごまかすタメの方便にしか感じられない。
 もはや携帯が基本的なインフラになる中で、現行の極めて高額な(かつ、ワケのわからん)料金体系は少し考え直したほうがいい。そろそろ行政が手を入れるべきなんじゃないか?


[#040311_1]
04/03/11(追記分)

ついに来た

モラルハザード
 ……いや、もとより日本は企業にモラルなんかないか……悪徳であるなし関らず。


[#040311]
04/03/11

通販の話……ってまさか2本も通販ネタが入手できるとは……

深夜に、ふと目が覚めてTV付けたら、チューブ式のトレーニング用具のアメリカ通販番組やってたのね。
 で、こういうのって、たいてい女性と男性の二人一組でやってんじゃん。男性の方トレーニングしてて、ちょうど下を向いてたんだけど、どっかで見たことある人なんだよな。腕のタトゥーに確かに見覚えが。正面を向いたら……な、なにしてはるんですか!!!ゴールドバーグさん!!!!!!
参考リンク:
 googleで唯一引っかかった、この通販について
 ゴールドバーグって誰?

個人情報流出の責もたかたが負担……OTL
 高田社長が出ているだけで、写真が番組にしか見えない。
 まぁ、それはいいとして、高田社長は「2、3カ月の自粛はやむを得ない」と言ってるらしいけど、それは自粛しすぎ。せいぜい1週間で十分ですよ。つか、Y!BBはたかたを見習ってモデム配りをすこしは自粛しろ!!

実は拉致被害者ではなかった
 いったい「特定失踪(しっそう)者問題調査会」ってのは、どういう基準で拉致被害認定しているんでしょうか?
 おおよそ「日本海で失踪した」「家族に失踪するだけの心当たりがない」程度の事なんでしょうけど、かつて「それは秘密です」なんて、失踪者を探す番組が毎週成立していたように、実際は失踪というのはそれなりの数ある出来事ですから、実はほとんどが事故や駆け落ちなどであって、本当の拉致被害者というのが北朝鮮が認めた10数人だけであるという可能性も否定できません。しかも、本当にその拉致自体が「本人の意志に反して」されたものであるかもいまだ不明なわけで。
 んでもって、その翌日にはTVマスコミ各社とも横田夫妻を励ます総決起集会の映像ながして、戦意高揚活動をしてましたけどね。お前らは全米ライフル協会か(笑)


[#040308]
04/03/08

携帯買う予定

どっかの天気予報のメロディーで

ビラを配って不法侵入
わざと転んで公妨
無茶な理屈で即逮捕
罪状なんかはでっち上げ

反戦カルトは皆パクれ
憲法学者もシカトしろ
拘留暴言 器材も押収 気違い左翼を皆殺し

自衛隊から裁判所まで
僕らの味方だ立川警察

昨日、NHKでフリーターがどうのこうのの番組やっててさ、内容は30代前後のフリーターの悲惨な現状を見せつつ、その一方でいかに企業がフリーターを「活用」(アナウンサーがそう言った)しているかという、全く企業寄りもいいところのオメデタイ番組でした。
 なんか、経団連と連合の人間が出ていて、談笑しつつフリーターをバカにしていて、まぁこの程度の頭かと関心したものですが……。特に経団連のおっさんは「企業が(労働力を)調整して、うまくいった企業が栄える」などと、頭の中が阿波踊り状態でした。本当にこの問題が日本の根幹を揺さぶっている大問題だということが理解できていないようです。

ふと思ったんですが、そろそろケータイ買おうかなぁと。
 ずいぶん前にPHSを解除して以来、携帯電話もってないんですよ。別に電話そのものの必要はないんですが簡易モバイルとして便利かなぁと。
 先月あたりに放送大学の面接授業や遊びで、行ったところのないところに行ったので、乗り換え案内や地図なんかが見られる携帯が欲しいなと。
 とりあえず、学割が使えるんでキャリアはAUで決定。機種はA5502Kがいいかな。EZナビウォークが一番使いやすそうだし。あと、ストロボがあると暗いときも電車やバスの時刻表なんかの記録も簡単にできるだろうし。実際、その手の僻地に行くことが結構あるから。A5503SAも面白そうだな。ラジオが聞けると、ちょっと時間が開いて、本なんかも持ってないときにいいかも。
 ああ、そうだ。あとメガネもそろそろ買わないと。
 今度の誕生日で免許の更新なんですが、間違いなく裸眼じゃ通りません。まぁ、そんなに使わないから、3プライスショップでいいや。


[#040304]
04/03/04

老人の引きこもり問題

「LOR 王の帰還」見てきました。
 作品としては可もなく不可もなく。とはいえ、指輪物語という壮大な原作と比べあわせての「可もなく不可もなく」だから、もちろん誉めているわけで。
 それはそうとして、映画前にPKOのCMが入ってたんですが……そういうキャンペーン中か。

先日書いた「老人の引きこもり問題」殺人という形で噴出しました。
 この問題の一番重大な点は、社会がこの問題をまったく問題として扱っておらず、年寄りの抱え込みが続けば、若者の雇用が全く進まなくなるという当たり前の問題にすら気づいていないという点です。
 私が理想と考える労働モデルは、お金のない若者は会社で保護されつつ社会化され、お金のある年寄りはパートやアルバイトといった単純低賃金労働を生きがいとして行うこと。ところが現代日本では全く逆で、若者は単純低賃金労働に甘んじることを余儀なくされ、年寄りばかりが高賃金労働を占める(=そういう生きがいを与えられるのが当然であると年寄り自身が考える)という始末。こうなっている理由は簡単で、
 かつての労働というのは、その大半が肉体労働であって、体力のある若者と体が衰える年寄りは自然と交代されたものだけど、今の仕事はデスクワーク中心でそうした自然の交代が行われなくなってきている。そうなれば無理やりにでも交代させなければならないのだが、年寄りが権力を握っているから滞ってしまっている。
 最終的に、国としてのあるべき労働モデルと、現実的に仕事のできるできないという話がごっちゃになってしまっている。

 そいえば、村上ドラゴンが「13歳のハローワーク」という本を出したとかで、どっかの週刊誌にインタビューが掲載されていましたが、その中で私もお薦めする「仕事の中の曖昧な不安」を提示していたと。
 で、その村上のインタビューも、玄田有史も、結局のところ「若者自身がどうにかしろ」と若者を超人化させつつ社会から排除しているだけで、社会全体としてどのように労働モデルを考えていくかということに関しては、一切触れられていない。
 この労働モデルの逆転問題というのは、現在まっとうな職についている人たちからすれば「なるべく触れてほしくない」問題なわけ。こうした議論によって雇用が流動化してしまえば、自分たちが会社からはじき出される危険が増えるわけだから。そんなことであるから当然のように触れられる機会はほとんどないわけだが、現実に今後の日本社会を考える上で大きな問題点であり、できるだけさまざまな場で議論してもらいたいのだが……


[#040303]
04/03/03

日記書く気しない

なんか自衛隊がやたらと「地元の人とこんなに触れあいました」なんて報道させてるけど、なんだ?イラク派兵は自衛隊員の慰安旅行か?
 つか、そんなに平和なら自衛隊が行く必要もないだろ。とっとと危険なところ行ってイラクの人のために死んでこいよ。

ここしばらくそうだけど、日記を更新する気がひたすら起きない。
 まぁ、理由は明確で特にわざわざ書くべきような事がないってこと。
 TV報道なんかももはや大本営発表そのもので、小泉総理や安部幹事長の学歴詐称疑惑なんて、こんな面白いネタがまったく報道されない体たらく。
 鳥インフルエンザなどでやたら恐怖ばっかり煽るけど、要は「日本は危険なので自衛しようキャンペーン」の一環であって、まともに取り立てるのも馬鹿馬鹿しい。
 麻原死刑判決に乗っかって放送しているTVドラマ(!!)なんて、報道ですらないもの。この日記でもなんどか例に出したように思うけど、昔、秋野暢子がTVドラマで山口百恵ちゃんを虐める役をやっていて、秋野暢子のお母さんが近所の八百屋で「お前の娘が百恵ちゃんを虐めているから売らない」なんて言われたというギャグのような話も、もはやギャグにならなくなっている。
 まぁ、結局のところ、世界はいつだってそれなりに安全かつ危険であって、決してここ数年で一気に危険になったわけではない。少なくとも大規模な核戦争の危険が確実にあった冷戦時代よりは今の方がまだ安全だろう。
 確実に危険が増えてると思われる点としては、車の個人所有数の増加。これは車が「一家に一台」から「一人に一台」になったことによる。特に田舎の場合はどんな細路地にも車が入り込んでいて、危険を感じることが多い。その他の危険なんか全く増えてないんだから、車だけなんとかしろよ。
(もちろん、車産業は国から格別の保護を受けてるから、絶対になんともならない)

今日、LOR見に行ってきます。感想は別に日記には書かないと思う。
 そうそう、自分が指輪物語を初めて読んだのがもう10数年前なんですが、まさか人生の中でこんなものを目にすることになろうとは……(え?ガンダルフが通常絵柄?)


Homeへ戻る