憂国日記
8月下旬


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#020828]
02/08/28

政治家のお仕事

●なんかクソアザラシがいる川の水質が悪いとかなんとかで、たまちゃん(かー ペっ)の健康は?とか云々言ってるけどさ、どっちかと言えばわざわざあんなの見に行くヤツらから受けるストレスのほうが大きいと思うよ。バカなガキが「たーまちゃーん!!」とか叫んでるし。うるせえ、死ね死ね。

さて、何をどう突っ込んだらいいものやら。

高市早苗VS田原総一朗、バトル2Rへ
 正直、田原なんてアホはどーでもいいんですが、高市早苗は政治家でしょ。
 だったら「歴史認識」という問題に踏み込んだ時に「本人がどう考えているか」ではなくて「日本国の政治家としてどう考えるのか」というところで語らなければならないんじゃなかろうか?
 よく、バカな政治家が「南京大虐殺はなかった」とか、その手の事を言って、国益を害している場面を見たりするけど、こういう連中は政治家としてのセンスがないんだな。
 別に、当人が歴史をどう考えていようが勝手なんだけど、それを政治家として語るべきか語らないべきかといえば、日本は一応ポツダム宣言を受諾する形で、すなわち「我々が悪かったですよ」ということを受け入れる形で戦後を始めて、その見返りとして有形無形のさまざまな援助を受けて復興「させてもらった」わけなんだから、今さら「日本だけが悪いわけじゃ……」なんていってたら、そりゃ世界も日本を信用しないって。
 どうにしろ、www2の総括をするのは、歴史学者の仕事であって、政治家の仕事じゃないですよ。


[#020823]
02/08/23

「変革の世紀」って、お前が変革しろよ

台形面積、円周率も復活…文科省が指導事例集
 おいおい、円周率は「3.14」じゃなくて「π」だと何度言えば分かるんだ?
π=おおよそ3(表現としては正しい)
π=3.14(明確な誤り)
 つか、思い切って円周率を22/7ということにしてはどうか?

「積んだ」「濁った」高校生4割が書けず 国立研調べ
 で、それがどうしたと?いいたいことは「学力低下」なんだろうが、それを言うには昔との比較もないし。

 しかし、先生たちも3割が「1時間以上連続して本を読むことがまれ」で、半数が「文章を書くことが好きでない」。「読んだ本について同僚と話し合う」先生は3人に1人だった。

 最後の「読んだ本について同僚と話し合う」って、普通の職場の関係でそんなことするか?
 したとしても「プラトニックセックス」だとか「ハリーポッター」につてい話し合うことに、なんの意味が?

●先日、変革の世紀を見たんですが、ボードでの話し合いの俯瞰みたいな事をやっていました。
 で、俺はそれをすることの意図がまったくつかめないんですよ。
 番組を見た時はすごく腹が立ったんですよ。せっかく「匿名」というフラットな状態で行っている議論を、メインの番組という「権威」が一部つまみだして、しかも匿名だった個人の特定(何人かが番組内で「氏名」「社会的立場」「容姿」を紹介されていました)までして、健全な議論を維持できるかといえば、絶対そんなことはありえませんし。
 正直、意図が分からないと言えば、嘘です。だって番組は明らかに意図的でしたから。
「能力主義の考え方に反対意見を出して反響を呼んだ。その反対意見を出した人は、障碍者でした」とか、
「会社の雇用や昇進等を話し合っていたのが、実は同じ会社の上司と部下でした」とか、
「市民参加の掲示板が盛り上がらないと悩んでいる役所の人に、役所の市民参加のあり方に疑問を抱く人がアドバイスしました」とか、明らかに分かりやすい(を通り越してヤラセくさい)議論の関係性ばかりを紹介していましたから。
 俺が推測するに、この特集の意図は「議論ツリー」という、ビジュアルを紹介し、その内包するもの(議論とその広がり)を明確にしようという事でしょう。
 しかし、ならば実際に議論を行っている人間を持ち出さなくても、そのモデルの概論の説明だけですんだはずです。わさわざ、匿名の利点をぶち壊してまでやる必要はあったんですか?それをするなら、番組の最終時点、ボードを閉鎖した後に行うべきです。

 匿名掲示板におけるネット上の議論の最大の利点いうのは、結果を求める必要がない点だと思います。
 複数名が席をあわせての議論は、時間という存在のためにある時点で結論を求める必要がありますが、ネット上の議論はだらだらとそれぞれが自分なりの結論を好き勝手に出せばいいのですから。
 その一方で、変革の世紀プロジェクト側が、こうした議論の広まり(というなら、本当は外部から張られているリンクに関しても言及すべき)を期待した通りの結論を出すための用具として考えているなら、それは極めて不誠実な実験なのではないかと思います。実際、最初っから議論の広がりやすい試聴者層(ああいう閉鎖型掲示板でNHKの掌に乗って議論を戦わせることに疑問を抱かないブサヨク層)と掲示板のコードを採用している以上、そこから生まれたツリー像は決して客観的なデータなのではありませんから。
 こうした「最初に結論ありき」の姿勢こそ、変革すべきだと思いますけどね。


Homeへ戻る