憂国日記
7月下旬


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#020723]
02/07/23

お空の雲が白いのも、郵便ポストが赤いのも……

「ナイスつっこみ」を初プレイ。つっこみのタイミングがキツい。なんとか2回目のプレイで1週はクリアしました。
 感想としては、今までの「音ゲー変形」の中では、一番うまくできているゲームだと感じました。大変面白いです。

●ガンダムウェハーチョコ……ディアナ様キタ━━━━━━(・∀・)━━━━━━ !!!!!

●たまたまテレビのチャンネルを回していたら、TVタックルをやっていて、ゆとり教育問題をやっているようだった。で、下の部分を見たら「ゆとり教育でイジメが増える?」
 ……あのな、相関関係と因果関係の区別のつかない程度の輩が……。
 そもそも「イジメ」というものは、共同体への過度の依存(共同体での自身の価値を高めるために、イジメ相手というスケープゴートを作り上げる)というべき性質のもので、省庁の役人は知りませんが、自分の考える「ゆとり教育」の意義というのは、日本の単一共同体依存体質を複数共同体選択体質に変えるものであって、イジメなどというくだらないことをしなくても、十分生きていける設定のものなので、もうなんかぜんぜん話が通じてこない。
 あとなんか「先生が忙しくなった」なんて文句もあるけど、別に「先生にゆとりを与える教育」などは提唱されてないと思うので、勝手に苦しんでればぁ?と思う所存。つか、もともとお前らサボりすぎなんだよボケが!生徒のために死ね!!
 もちろんバカバカしいんで、番組はちっとも見なかったんですがね。


[#020718]
02/07/18

中身の議論以前に

●「牛は10桁 人は11桁」でおなじみの住民基本台帳ネットワークがそろそろ話題になってきています。
 んで、住基ネット側の言い分を聞くと、セキュリティは大丈夫かというに対して「専用線なので(インターネットに接続されていないので)大丈夫。ファイアーウォールも設置しているから大丈夫」なんて話を平気でしているんで、ぜんぜんダメそうです。根本的に「セキュリティ」という言葉の意味を理解していません。
 たとえば、内部犯の存在。ある程度の役職の人にしか住基ネットに繋がっているコンピューターのパスワードを教えないとしても、それが別の人間に漏れないということは、まずあり得ません。それこそ、ポストイットでパスをモニターに張りつけているなんて、珍しくないわけで。
 他にも無関係な人間から見えない位置にディスプレイを設置しているかとか、じゃあ、客側にディスプレイの背中を向けていれば、安全かといえばそうではなくて、出入りの業者が盗み見る可能性もありますし、モニターの磁界をハッキングすることによって、モニターに表示されている内容をモニタリングするような技術も存在します。
 そういうことを踏まえたうえで「セキュリティ」と言っているのかといえば、絶対にそんなことはありません。だいたい、我々に送られてくる11桁の通知書自体が、家族単位で送られてくる(家族には番号まる見え)という間抜けさを考えれば、行政にプライバシーを守る気なんかさらさらないと言うことはモロバレですね。
 これだけのリスクを負いながら、我々が受けられる御恵といえば「どこの自治体でも住民票が受けられる」これだけ。もうね、アホかとバカかと小一時間(以下略)

フクダさんとこ経由、つれづれなるままに日暮かごめさんの「合唱コンクール」
 だからさ、そもそも俺がゆとり教育に賛成なのは「まず、教師と生徒をなるべく隔離すべし」という理由なんであって、学力云々の前に、人間としての人格をおおよそ持たない学校教師などという生物に人を預けるなんてとんでもないということですよ。
 なんかこの文章読んでて、学校に行ってた頃のすごく嫌〜な感覚を思い出してしまいました。


Homeへ戻る