憂国日記
(4月(上旬)の日記)


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#020415]
02/04/15

とにかくどうにかしなければ

・いきなり本題です。
 ゆとり教育の問題ですが、一番の勘違いはこの問題が「子供の問題」であると考えられていることでしょう。
 学力と言うのはまさしく「国の礎」なのですから、これは国の問題です。そして国を支えるのは子供ではなく国民全員なのですから、これは「国民全体の問題」なのです。こう考えないからこそ、円周率とか台形の公式、果ては子供の土曜日の過ごし方などという、どうでもいいような些細なことばかりが目に入るのです。

 さて、私がこのゆとり教育の問題を考えるにあたって、どうしても分からないことが1つありました。それは「反対派の人たちは何を懸念しているのか?」という点です。
 学力低下と言うものの、その具体的論証はまったくなく、ただ「時間が少なくなるから学力が低下する」と連呼するばかり。これは私が掲示板に書いた「回転ずしの論理」すなわち「回転ずしにいくら寿司がまわっていようとも、お客が寿司を食べる気がしなければ意味がない」という話であっさり論破できます。ちなみに私の個人的経験によると、学校や塾の先生に教われば教わるほど、逆にどんどんやる気がなくなりました。そんな状態でたとえいくら時間を増やしたところで、生徒にとっては単なる苦痛でしかないのです。
 では、寿司を食べたくない生徒たちに寿司を食わせるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?
 それには勉強をするだけの理由を明確にしてあげる事、いわゆるアカウンタビリティの向上です。今、学校や地域、とにかく大人の中に子供の「なんで勉強しなきゃいけないんだ!」という素朴な叫びに答えられる人間がどれだけいるでしょうか?かつて「なんで人を殺してはいけないのか?」という質問が話題になりましたが、勉強に関してもこうした「本来、明確であるはずの答えが明確でない」という問題を含んでるのではないでしょうか。
 じゃあ、あらためて聞きます。「子供はなんで勉強しなければならないのでしょうか?」
 実は、この答えに共通理解はありません。
 まず、私は「コミュニティを形成するうえでの必須要素だから」と答えます。最初に書いた「国の礎」を汎用的に書くとこれになります。一方「いい大学に入るため」というのが、当の子供たちに一番多い答えではないでしょうか。大人でもこう考えて子供を勉強させている人は多そうです。あと、大人のほうからは「少年犯罪を減らすため」という事を言う人もいそうです。少年犯罪報道の嘘を見抜けない程度の素朴な社会観を持っている人はこう考えるでしょう。
 このように、ゆとり教育問題に対する意識は実はバラバラなのです。このバラバラな意識が「とにかくどうにかしなければ」という一点で希薄に結びついているのです。そしてこの「どうにか」という判断回避をもって子供たちをスケープゴートに仕立てているのです。教育問題において、どうにかしなければならないのは我々大人自身なのです。
 では、大人自身の問題とは何かと言うと、我々大人がまったく勉強していないのが問題です。我々大人は社会を構成するうえで中心に立つわけですから、我々自身が深く勉強し、社会をもりたてて行かなければならないのにもかかわらず、さも我々は「全ての勉強を完了した」が如く振る舞ってしまっています。そうではないのです。本当に勉強が必要なのは我々大人自身なのです。
 それには、日本においては「子供のもの」となってしまった勉強を大人が取り戻す事こそが重要です。それには「大学」が本来の大学としての機能を取り戻す必要があります。
 現在の大学というのは、完全に「高級会員制ハローワーク」と化してしまい、本来の意味で勉学をきわめようとする人はほとんど見られなくなってしまっています。そして、大学に至る小中高という公教育の存在意義は「高級会員制ハローワーク入会テスト」以外の何物でもありません。それが分かっている子供たちは「将来楽をするために」一生懸命勉強し、私のような真面目(笑)な生徒はそうした行為に身を引いてしまう結果、ドロップアウトせざるを得ないのです。
 かくして大学は「勉強をしたくないがために受験勉強を頑張った人間たちのたまり場」になってしまい、さらに本来の存在意義を失ってしまっているのです。世間ではデフレのスパイラルばかりが注目されていますが、大学の存在意義もスパイラル的に堕落しているのが現状です。(この辺、機会があれば大学生の国別平均年齢とか調べてみたいですね。いや、浪人生とかのノイズが大きいから、社会経験年数の平均か)
 そして、このスパイラルの原因は学校と会社(日本の場合は=社会)が極めて密接に結びついているということだと言うことは、言わずもがなです。

 まったくまとまってませんが(つか、まとめてない)、とりあえずこれだけ書いておきました。


[#020412]
02/04/12

作家もいまいち……

フクダさんデンドロビウム購入。
 ぜひ1/144ガンドロワも商品化希望。(笑)
 ま、買える金も置くスペースも絶対ないだろうけど。

・asahi.comより「「馬鹿」は差別的、山田詠美さんの小説落選 国語教科書」

「馬鹿」は差別的、山田詠美さんの小説落選 国語教科書

 国語の検定で、山田詠美氏の小説「ぼくは勉強ができない」に意見がつけられ、出版社は別の作品に差し替えた。作品中の「馬鹿だから」というセリフなどが「差別的」と判断された。山田氏は「ばかばかしくて、お話にならない」と話している。

 この小説は、勉強よりすてきなことがたくさんあると考える男子高校生の日常を描いた短編集のなかの一編。

 転校して間もない主人公が学級委員長選挙で、ある女子生徒に投票すると、教師が「ふざけるな」と怒鳴り出した。なぜ怒るのかよくわからない。主人公は同級生に理由を尋ねる。女子生徒が「馬鹿だから」という。主人公はおかしさを訴えるが、教師に無視され、「この時、初めて、大人を見くだすことを覚えた」と結ぶ。

 出版社は、脚注などをつけることも検討したが、結局、堀田あけみ氏の「1980アイコ 十六歳」に差し替え、合格した。

 文科省の意見は「生徒の言葉だけでなく、全体を通じて差別を助長する恐れがある。生徒が理解しやすいよう、工夫が必要だ」という趣旨。

 山田氏は、過去にも作品が差し替えられたことがある。「当たり障りのない言葉しか使えないのなら、文学などの芸術は不必要になる」と話している。

(20:05)

 うーん、分からん。
 いや、別にこの程度のことを「差別的」とする教科書検定委員の意識が分からないんではなくて、わざわざ「当たり障りのない言葉しか・・・」などと言っている山田詠美の考えが分からん。
 だって別に絶版させられるわけじゃないじゃん。単に教科書に載らないだけだよ。しかもこういうのって当人がプッシュするわけでもないでしょ。別にどうでもいいじゃん。
 んー、金?教科書掲載でいくらもらえるのか分からないけど、その金がもらえないのが悔しいの?
 もしくは「教科書掲載=国に認められる」転じて「教科書掲載拒否=国に作品が否定された」事が自身のステータスに悪影響を与えるとでも思ってる?
 どっちにしても、ワケ分からん。

・yahoo.co.jpより「アラファト議長と会談へ パウエル米国務長官」

<パレスチナ>アラファト議長と会談へ パウエル米国務長官

 イスラエル放送によると、イスラエル政府筋は10日、パウエル米国務長官が13日午前、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラで、監禁状態にあるアラファト自治政府議長と会談することになったと明らかにした。(毎日新聞)
[4月11日1時6分更新]

 ブシュ太「パウえも〜ん、どうぐがとまらなくなっちゃった。なんとかしてよ〜」

・ほつまさんの「冬眠日記。」の馳星周な話
 まず、根幹の問題として、著作者は自分の著作権をあまりに独占的に論じすぎるし、読者はあまりに著作権を無視しすぎる。要はどちらも著作権に対する理解が足りないんです。
 それにプラスして、著作者があまりに現行の出版システムを当然のものとして考えすぎている。
 たとえば、1,000人くらいのパトロンを募集して、その人たちだけに向けて本を書くとか、いくらでも収入確保のやりようはある。
 だいたいさ、馳星周が作家になった時に「古本屋」や「図書館」という存在がなかったのであれば「こんなはずでは……」というボヤキも、まぁ正当だろうが、昔から古本屋はあったし、また古本屋と出版社の間に「新刊本は扱わない」という取り決めなどもなかった。所詮ブックオフ(新古書店といちいち書くのもうざったいので)は中心をそこにシフトした単なる古本屋に過ぎない。結局、なんら出版界をとりまく状況は変わってないというのに、自分たちの取り分が減ったとボヤく姿は、赤木博士曰く「無様ね」だ。
 状況が変わったのは読者の方。そう「趣味の多様化」ってヤツだ。これだけたくさんの娯楽があるなかで、あえて「本を楽しもう」とするのは間違いなくごく少数の人間なのであって、もはや「誰もが知る大作家」などは決して生まれてこない状況下で、確実に作家の数は増えている(それこそ珠玉混合)のだから、取り分は減って当然なのである。
 そしてこれは別に「好きな作家が本を書けなくなってもいいのか」とかいう問題ではなく、それだけの取り分であっても本を書きたい人しか作家になれないという時代になっているのである。その取り分に不満ならば、作家をあきらめればいいのだ。「好きな作家・・・」というのは、既得権を人質にした、幼稚な恫喝に過ぎない。
 ちなみに作品の発表だけならネットを使えば存分にできる。それこそ同人誌(つーか、これこそが作家の基本だろ?)でもかまわない。
 所詮「職業」などは、社会の必要性によって形成されたある種の観念に過ぎないのだから、社会が変われば変わる類のものなのである。作家ならそれに気づく洞察力くらいは身につけておけ。


[#020410]
02/04/10

困った時にはTVの話題

・ミニモニのアイーン体操のVTRを初めて見ましたけど……志村けんは一体いつから何を吹っ切ったんだろう?自分の疑問もよく分かりませんが……。

zakzak.co.jpより。

ネカマ少年を集団でボコボコ
女性のフリに腹立て

 携帯電話の出会い系のサイトで女性を装っていた少年(16)に集団暴行したとして、山形署は8日、傷害の疑いで、山形市内の私立高校に通う高校3年生の男子3人=いずれも(17)=を逮捕した。

 調べでは、3人は7日夜、山形市の馬見ケ崎川河川敷の公園駐車場に同市鈴川町のアルバイト店員を呼び出し、バットで殴るなどしてけがをさせた疑い。少年は、頭の骨を折って急性硬膜下出血の大けがをした。

 高校生の1人が出会い系サイトで少年と知り合ったが、少年が女性を装っていたことを知り、腹を立てたらしい。

 暴行後、3人のうち1人が電話で「おぼれた人を助けた」と119番した。現場には別の高校生の男女2人と無職の少年(19)もいたが立ち去っており、同署が関連を調べている。

ZAKZAK 2002/04/09

 まぁ、自業自得だな。

・ミリオネアのヒットに味を占めたフジが関口宏相手にぶつける新番組、伊東家もとい「WEAKEST LINK」を見ました。
 まぁ、内容は面白かったんですが、最終的に優勝したのが加納典明という不愉快さは、第一回目の放送としては致命的なのでは?まぁ、これも勝負しかけて大ゴケした石田純一が悪い。
 いやね、最後の直前で解答者として残っていたのが、石田、加納、そして眞鍋かをりの3人だったんですよ。ここで確かに優勝候補筆頭の眞鍋を落とすと言うのはゲーム的には正しい行為なんだけど、絵的にはどうなの?
 ゴールデンタイムの新番組のオーラスに映ってるのが石田、加納、そして司会の伊東家というオッサン3人ですよ。しかも、この番組はセットがとってもシンプルだし、観客も入ってないしで、必然的にその3人を常に映さざるを得ないと。ほとんど最後は地獄絵図でした。しかも威張りくさった加納が優勝。お前も石田に優勝譲れよ。だめだろ、悪役が勝っちゃ。自分のキャラ分かってんのか?
 というわけで、来週からは最初の30分だけフレンドパーク見て、その後コナンという、いつもの月曜日に戻ると思います。

・WWF レッスルマニア18の感想。
 1、あーあ、ホーガンがまたやっちゃった。あれは猪木失神レベルの大事件。
 2、ロック様は本当にすごいな。
 3、クソカナダ人は氏ね。
 4、HHHとジェリコはいい試合してたのになぁ。
 5、前日のイベントのVTRは楽しかった。
 6、いい加減、オースチンはひざの手術してください。

 翌日のロウの感想。
 ALL、やっぱり、もっさりキングはナッシュ。アンタだよ。


[#020408]
02/04/08

ニュース切り抜き(今回は1日遅れ)

・asahi.comより「オウムの出家信者が警察署の寮に侵入、逮捕 東京・足立」

 オウムの出家信者が警察署の寮に侵入、逮捕 東京・足立

 警視庁綾瀬署は7日、住所不詳、オウム真理教(現アレフ)の出家信者の原彰秀容疑者(34)を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕したと発表した。
 調べでは、原容疑者は6日午後7時ごろ、A4大の探偵社の宣伝ビラを配るため、東京都足立区東和5丁目の同署の寮のガラス戸を開け、寮内に入った疑い。郵便受けに数枚入れたところで、警備中の同署員が逮捕した。
 同庁は、警察の寮と気付かずに入ったのではないかとみている。
(16:36)

 みごとな悪意見出し。本文中の「ガラス戸を開け」なんて表現も泥棒の雰囲気を強く出してます。
 ところで、そんなことより、新聞屋の拡張団をどうにかしてくれません?

・asahi.comより「パラサイトシングルに「同感できぬ」4割 内閣府調査」

パラサイトシングルに「同感できぬ」4割 内閣府調査  内閣府が5日発表した「家族と生活に関する国民意識」調査によると、親と同居する未婚者、いわゆる「パラサイトシングル」に対し、「同感できない」などと批判的な回答者が全体の38.5%を占めた。肯定派は18.6%にとどまり、回答者の年齢が高いほど批判的な傾向が強い。  全国5千人を対象に昨春調査し、親と同居する25〜39歳の未婚者をパラサイトシングルと規定した。  「親は子供の面倒をいつまでみるべきか」という問いには、53.6%が「学生まで」と答えた。パラサイトシングルが増加している理由は「経済的に楽な生活が送れるから」(63.9%)、「身の回りの世話を親がしてくれるから」(60.9%)が上位を占めた。  一方、調査対象者のうち219人いたパラサイトシングルに事情を尋ねたところ、「結婚相手がいない」との回答がトップの56.2%を占めた。 (14:13)

「平成13年度 国民生活選好度調査」より、わざわざこの点だけを抜き出しています。
 俺としては「意外と批判派が少ないな」というのが感想です。とはいえ、この結果がどうであろうと、年寄りが既得権益を手放さない限り、若い人はパラサイトシングルを「続けざるを得ない」(というのが「男女で異なるパラサイトシングルの満足度」グラフ内の「本人がパラサイトシングル」である「男」の満足している割合「31.3%」。という低い数値に現れている)わけで、国がこの結果から導かなければならないものは、いわゆるパラサイトシングルの大方は自立したがっているという事実である。
 でもやっぱり、スケープゴートに仕立てるんだろうな。

・加藤辞任。
 つーかさ、最近の政治スキャンダルの流れって、これ自体が「メディアのせいで国会空転 → メディア規制3法案の必要性を強調 → 学会ウマー」という大きな画策の中にあるようにしか思えんのだが。


[#020406]
02/04/06

グローバル化と私

「変革の世紀」にようやくオピニオンボードが開設されました。
 第1回の話題は「グローバル化」ということで、ある意味「IT」レベルのどうにもつかみ所のない話題で、実際投稿されているものを見ても、題材にかこつけて、単に自分の言いたいことを言っているだけの意見がかなり目につきます。
 もっとも、私自身もあまり自信のない題材なので、投稿することは控えますが、1つだけここに書いておきます。
 グローバル化というのは、決して我々人類自身が明確に意図して進めている「思想」ではなく、交通網の発達や国境の弱まり、そして金融の自由化といった、物理的距離の短縮によって自然発生した「状況」に過ぎないということです。そして、このグローバル化という状況を巻き戻す事は決してできないのです。(それこそ鎖国や戦争状態といった偏狭なナショナリズムを引き起こすことでしか、グローバル化から逃れることはできない)
 いうなれば、世界自体の「精神(国という共同体認識)」と「肉体(物理的拡張)」が離反した第二次成長期であるということです。
 それならば、処方箋は明確です。いくら体の毛を剃ったところで、毛は次々に生えてくるのですから、そのことをまず受け入れるしかないのです。受け入れたうえで、それを「状況から思想へ」持っていくことが最重要なのです。要は現在の「アメリカンスタンダード=グローバリズム」(というのはアジア圏においてなのだが)という状況をいかに世界各国を平等に扱えるものに変えていくかが重要だということです。
 ちなみに、見ておくべきものとしては、やはり「EUが何をしようとしているのか?(何をしたのか?)」でしょうね。


[#020404]
02/04/04

スローフード痛い

ニセ団々珍聞を新しくしました(が、未完成ですので現状公開)。
 げきぞうさん提供の(しかも、げきぞうさんの方からメールをいただきました)ヘッドライン開放システムを利用しています。

武田さんの変革の世紀のパネルの文章(4月 1日(月)22時57分52秒)読んでたら、ふとスローフードの事を思い出して、検索してみたら、もう頭痛いのなんのって。

 ファーストフードがウィルスで人類が滅亡の危機?
 本場イタリアンスローフードをあなたに?
 ファストフードは便利ではあるけれども個性や健全な成長、味覚を育てるチャンスを失う?
 一人でバーガーをたくさん食べて、感覚がまひしてくると普段の生活のリズムが取れなくなってしまう?
 昨今、日本でも少年たちの残虐な犯罪がマスコミに取り上げられています。今、ここでスローフードです?
 パスタはスローフードの王様?
 スローフードを決める指標にグリセミック・インデックス(GI)があります?
 What?

 ところで、とある友人はよく、茹でたパスタに胡椒だけかけて食ってましたけど、あれはスローフードだったんですか?


[#020401]
02/04/01

ニュース切り抜き(しかも2日遅れ)

yomiuri.co.jpより

通信傍受法初適用して逮捕

 警視庁薬物対策課は30日までに、「犯罪捜査のための通信傍受に関する法律」(通信傍受法)に基づき、神奈川県内の暴力団組員らの携帯電話の会話を傍受して覚せい剤取引の事実を確認、この組員ら3人を覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕した。組織犯罪摘発の切り札として2000年8月に施行された同法が適用されたのは全国で初めて。

 逮捕されたのは神奈川県川崎市内の暴力団組員(32)と組員から同市内の路上で、覚せい剤約1グラムを約2万円で買った埼玉県内の男女2人。

 発覚の端緒となったのは、携帯電話サイトの掲示板。同課で昨年秋、「Sあります」という文言とともに、連絡先などが書かれていた掲示板を発見。「S」は覚せい剤の隠語でもあるため、同課は、連絡先となっていた携帯電話の通話内容を聞くことができる傍受令状を全国で初めて東京地裁に請求した。地裁がこれを認めたため、同課は今年1月下旬から先月上旬にかけ約10日間にわたって、都内で傍受した。

 その結果、埼玉県内の男女が覚せい剤を注文したことがわかり、取引現場に捜査員を張り込ませ、まず2人を覚せい剤取締法違反(所持)などの現行犯で逮捕、さらに、取引方法などを指示していた組員を特定し、逮捕した。

 通信傍受法は、薬物、銃器、組織的な殺人、集団密航の4分野に限り、裁判官の令状に基づき、電話、ファクス、電子メールなどの通信傍受を認める法律。傍受期間は10日以内で、最長30日まで延長できるが、傍受記録はすべて裁判所に提出しなければならない。

 同法は、国会審議の段階から、プライバシー保護などの観点から異論も多かった。このため、捜査当局は、適用に慎重で、施行から初適用まで約1年5か月もかかった。
(3月30日14:31)

 初適用って……予備盗聴はどれだけ行われたことやら。

yomiuri.co.jpより

授業時間の削減、67%が反対…読売調査

 読売新聞社が23、24の両日実施した全国世論調査によると、来月からの新学習指導要領実施に伴う授業時間や教科内容の削減について国民の67%が反対し、「完全学校週5日制」に対しても、「反対」(60%)が「賛成」(36%)を上回った。また、教科内容削減による学力低下への懸念から学校などが何らかの対応をとる必要があるという人も75%に上ることも分かった。

 教科内容の削減については、「どちらかといえば」も含め「反対」(67%)は、昨年2月調査に比べて20ポイントも増え、「賛成」(28%)を39ポイントも上回った。とくに、小学校高学年と中学生の子供がいる人では、「反対」がそれぞれ71%、73%に上っている。

 反対理由のトップは「学力が低下する」69%で、昨年調査に比べて13ポイント増加。反対派のうち、小学校高学年、中学生の子供がいる人では、「学力低下」がそれぞれ76%、74%に上り、学力低下への危機感をうかがわせている。

 教科内容の削減に伴う子供の学力への影響に対し、家庭や学校が何らかの対応をとる必要があるという人は、小学校低学年の親たちでは74%、小学校高学年、中学生では83%、80%とさらに高くなっている。

 さらに、対応が必要だと答えた人に、その具体的内容を聞いたところ、「学校が少人数授業を増やす」42%、「学校が学力に応じた習熟度別授業を行う」37%、「学校が宿題を増やしたり、補習に力を入れる」33%などがあがった。

 完全学校週5日制の導入により、子供たちの土曜日の過ごし方で、増えると思うものを挙げてもらったところ、「テレビを見たり、ゲームをする」が73%と突出して多く、次いで、「友達と遊びに行く」50%、「学習塾に通ったり、家庭教師について勉強する」39%、「スポーツなど部活動」25%、「親子で出かける」24%――などだった。
(3月29日20:24)

 どうも学力のなんたるかを分かってない人間ばかり、つーか「円周率は3.14」だと思っていたり、台形の公式が元々「上底*高さ/2 + 下底*高さ/2」であるとこを知らない程度まで学力が低下しちゃった人間が67%もいるってことだな。で、彼らが子供のころってゆとり教育ってあったっけ?
 真面目な話、別に学力低下が問題なんて本当に思っている人いないでしょ。学校に預けてた子供が帰ってきて邪魔臭いと言うのが問題なんでしょ。コミュニケーションとか取れないんでしょ。そのクセ自分の強力な監視下に置かないと不満なんでしょ。
 結局、親や先生という、子供の将来にいっさい責任を取らない連中が、自分の自尊心を守るために子供に一人前の人格を認めたくないということなんでしょうね。


Homeへ戻る