憂国日記
(12月(下旬)の日記)


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#011230]
01/12/30

100人の村なんて存在しない

ファミリー劇場で「格闘王」を見る。
 うわぁ、ケインが今となんにも変わってねぇ。いや、もちろん外見は変化しているけど、日本語のたどたどしさや朴訥さが今とまったく同じ。作品自体の荒唐無稽さも良かった。

・さて、100人の村である。
 ちなみに俺がこの話を初めて知ったのは福井さんの日記の中であって、それ以外にこの話を聞いたことなんかない。つーか、この話は流行ってるの?
 初めてこれを聞いた時の感想は「なんか腐ったニューエイジ的思考みたいだな」というもの。
 もちろん、世界を鑑みるにこうしたマクロ的視点も重要なんですよ。確かにこの話は「世界にはさまざまな人がいる」という事を知るのには極めて分かりやすい話です。この点に関しては同意します。
 しかし、

このメールの特徴は、あまりに開き過ぎた経済格差について、富む側の人間に向けて語りかけている点です。しかも、「富む側の人間も幸福だとは限らない。むなしさを抱えて生きている」という前提に立っている。

 という主張は違うんじゃないのかと感じるわけです。いや、100人の村自体への論評が違うのではなくて、こういう主観を持つこと自体が。
 経済的に豊かな国と、貧しい国。この2者のうち、どっちが幸せなのか。上記の引用だと「これは分からない」というのが答えになります。しかし私はこれは「経済的に豊かな国の傲慢さの現れなのではないか」と見ます。俺の答えは「経済的に豊かな国のほうが全体的に幸せになれる可能性は高い」です。なぜなら、経済的に豊かな国は物質、精神ともに「手に入れようと思えば手に入る」可能性が高いですが、貧しい国ではあるもので我慢しなければなりません。つまり、前者においては自分が物質にまみれて汚らわしいと思えば、それこそアレフ(別にどこの宗教でもエコロジー団体でもいいけど)に入信して精神的充足を得ることもできますし、汚らわしい自分を肯定してしまうこともできます。つまり、選択権があります。
 しかし、国が貧しければこうした選択権はありえなかったり許されなかったりするわけです。それは経済的に貧しければ、人が一人として自立することはありえず「ある共同体」のなかで自立を認められるしかないわけで、つまりは村社会の中で生きるしかなくなります。
 村社会の悪徳は明らかです。それは「共同体で利益を得る人は一生得るが、得ない人は一生得ない」という、選択できないことによる悪徳です。
 そう考えれば「我々だってむなしいんだ」などと言うことが現実に貧しい人間のことを省みない、豊かな国の人間の自己満足でしかないことがわかっていただけると思います。

 あと、100人の村という話を好きな人ってのは「なんとなくの選民思考」を持ってるのだと感じます。
 つまり、このまるで世界を俯瞰しているかのような「神の目」的な雰囲気が好きなのでしょう。
 けれども、この世に「100人の村」は存在しません。
 あるのはこの伏魔殿たる地球だけです。
 我々はこの地球を一生かかっても「理解」などすることはできません。
 ただ、理解しようと思うことは無駄ではないし、重要なことです。でもそれが個人的な感覚を離れてしまえば、単なる逃避と同じことです。
 100人の村は存在しません。この話を有効に生かしたいなら、このことを肝に銘じるべきでしょう。


[#011228]
01/12/28

山形浩生を潰すためだったら、言論統制派とだって共闘します

ド、ドラえ……もん……?

またマジカルステージ発動までのバンクの時間が延びます。
 つか、ここまできたら、モ娘。の13人を超えてほしい。まぁ、当面の目標はセーラームーンの9人(ちびうさ入れれば10人)だな。

Tomak-save the earth-は、↓の彼女と愛を育む素敵なゲームです♪
 校門の柱の上にでも置こうか……。

・そいえばずいぶん前にDOCTYPE宣言を「HTML4.01 Strict」にしてから、ろくに構文チェックをしていなかった(iCabのスマイルマークでしか確認していなかった)ので、Another HTML-lintを使って確認。
 そしたら一部bodyタグ下に直接インラインエレメントを入れていたのと、BLOCKQUOTEタグ下に直接テキストを書き込んでいたので、それを訂正。それと今月分からLINKエレメントのPREVとNEXTを指定しました。NEXTの方は当然File Not Foundになるんだけど、この辺は目をつぶってください。ファイルの更新をこれ以上面倒にしたくないんです。

・ところで、例のクソヴァカ裁判の件ですが、2002年1月号のサイゾーにそのものではないものの、気になる話が掲載されています。

 サイゾー(2002年1月号 P16)、「「噂の真相」副編集長が選ぶ 週刊誌・オブ・ジ・イヤー」より。(引用の形式は多少改変してあります)

川端:もちろん、スキャンダルを暴く週刊誌にとって、名誉毀損裁判はつきものだからね。でも、いままでは裁判に負けたことで支払わなきゃいてない賠償金額が1件につきせいぜい100万円前後。出版社にとってそんなに大きなダメージはなかったし、編集部によっては逆に「訴えられるのは勲章」と開き直っているところもあったくらいなんだ。それが、自主トレ先で清原がストリップ通いしていたとか、黒川紀章がデザインした橋に地元住民からブーイングが起っている(笑)とか書いただけで、10倍の1,000万円なんだよ」

聞き手:そりゃ真っ青ですね。

川端:各誌とも10件くらいは裁判を抱えているから、全部負ければ1億円。『噂の真相』や『サイゾー』だったら、会社そのものがなくなっちゃうかもよ(笑)

聞き手:こわっ。でもなんで突然高騰しちゃったんでしょう?

川端:東京地裁の民事部が去年、名誉毀損裁判の賠償額を意図的に吊り上げることを決めたんだよ。背後には、永田町からの圧力があったみたいだけどね

聞き手:つまり、個人情報保護法をはじめとするメディア規制の一環だ、と。

川端:そういうこと。しかも実際に、この賠償金額高踏はすごい規制効果があったんだ。これまでは裁判で負けたことなんて大して問題にしてなかった出版社のオエライさんたちが『会社の存続にかかわる』と裁判沙汰にすごくうるさくなった。となると、『勲章だ』と嘯いていた編集者も所詮サラリーマンだから、『裁判になると出世に響くぅ〜』と尻込みを始めるという構図。実際、週刊誌の現場では、自粛ムードが吹き荒れているもんね。企画会議でネタを出すと、どこの編集長もふた言目には『それ、訴えられたりしないだろうな』。で、訴えられる可能性がちょっとでもあると、記事にできなくなっちゃう。

 つーことです。
 もちろんバカ夫婦が訴えを起こしたのはずいぶん前の話ですので、その時にはまだこうした高騰はありませんでした。しかし、こうした言論者への政治的威圧という状況すらも、自らの被害妄想解消ために利用する姿勢は、言論者として最低であることは言うまでもありません。
(ちょっとこの話題、しつこかったか?)


[#011227]
01/12/27

嫌な時代になったもんだ

・例のクソヴァカ裁判について。
 要するに、この裁判によって「ある程度の公人であっても、自分の「名誉」を人質に、他人の評価を差し止める権利がある」ということになったということです。文章に文章で対抗する必要性なんか全くないってことです。
 同様の事件としては「柳美里」の事件がありますが、これとの最大の違いは柳美里の件は一般の生活者(媒体を持っていない)のプライバシーを暴いてしまった一方、山形のそれはあくまでも「ある文筆家に対する評価」である点です。この2者が同じ「名誉毀損」という1点で裁かれてしまう点に、我々表現者(何かを表現する人すべて)はもっと危惧を抱くべきです。
 まぁ、言論弾圧夫婦の頭の中では「これで名前が取り戻せた」というフェミニズムの勝利(あと、330万儲けた)程度の意味合いしか持ってないんでしょうね。豆腐のカドに頭ぶつけて○ね。
 ちなみに2期もインパク編集長を務めた素敵なランディさんのお言葉

655 名前:吾輩は名無しである メール: 投稿日:01/12/26 02:58
げらげらげらげら。
山形センセイ賠償金。しょせん三流評論家。

 三憶流売文家の(いまさら)本性が露に。名無しさんでもすぐバレる。

・現在、emacsの練習中。しかしどうもviの癖が出るな。


[#011224]
01/12/24

慎太郎がまた電波を

ヴァカ裁判にヴァカな判決が。
 ちなみにこの朝日の記事も全然嘘じゃん。

・どうでもいい程度に注目しているフジの新ドラマ「ロングラブレター(だっけ?)漂流教室」ですが、めざましテレビみてたら、OP曲がヤマタツらしいですよ。何それ?何がなんだか全然分かんねぇ。
 でも、オープニングでヤマタツの顔がCGかなんかで、うにょーんとかぐにゃーんとかなるような、ホラーなOPだったら許す。

・ねぇねぇ、奥さん。見ました?週刊ポストの「クレヨン慎太郎&田原」対談。
 前半の反米はいいとしても、後半は、日本は技術があるだとか、何か建てれば景気も良くなるだとか、揚げ句の果てには霊感がある人が同時期に3人も人類はあと2、30年と言った。だの、……あの、この人はどこのボケた小学生ですか?
 だいたいな、技術立国なんてきょうび流行ねーんだよ、ボケが。
 つか、慎ちゃんはその「日本の技術」ってヤツがどこで活かされているかご存じ?外国ですよ。そういう技術を持ってるような中小企業は日本企業なんか相手にしないで、ヨーロッパだとか米英だとかにそれを提供してるんですよ。だって、そっちの方が高く買ってくれるんだから、そりゃそっちに売るでしょ。
 あと、そういった企業の技術を「日本の技術」などという頭の悪さが慎ちゃんだね。その技術はあくまでも「その企業の技術」に決まってるだろうが。日本だの外国だのこだわってるから、いつまでたってもアマちゃんなんだよ。反米もいいけど、少しはアメ公の貪欲さを見習いなさいって。


[#011223]
01/12/23

無能な海保

・そいえば数日前の「ごきげんよう」で、昔出たゲストのVTR特集みたいなのをやっていて、その中に草薙メンバーがいたんですよ。で、彼が話している内容がよりによって「稲垣君が免許を取ったんですよー」みたいな話。
 しかし、この話を取り上げようと思わなければ、取り上げなくても良かったのに、なんでわざわざこんなガチンコ勝負を……?

・不審船沈没について。
 まぁ、平和ボケしている連中も多いわけですが、沈没はともかく、関係者を「救助=逮捕」することができなかったのは明らかに海保の不手際です。人道的観点からいえば、遭難者を救助するのは当然ですし、国を守る観点からいっても不審であることの全容を解明しないまま終わらせてしまうのが不利益なのは自明の事です。
 ちなみに不審船がいたのは排他的経済水域、いわゆる200海里水域(200海里水域だと領海とか接続水域を含んじゃうんでちょっと違うんだけど、詳しくは「領海の基線の用語」を見てください(シャクティ))であって、この水域で「不審船を撃沈した」なんて事になったら(もちろん現実はどうか知らないけど、表面上そういう形になってしまったら)、これは日本にとってとんでもない不利益になります。それこそ「無法国家」の烙印を押されても文句は言えないわけです。
 だから本来は右傾がかった人ほど、今回の結果に怒るべきなんですよ。ホモかっちゃんなんか無茶苦茶怒ってるけど、

それにしてもいちいち「正当防衛による射撃」というのはみっともないからよさないか。暴走族相手のお巡りじゃないんだから。「本日22時13分日本国海上保安庁ハ東支那海ニ於イテ北朝鮮モシクハ中共ト思ハレル工作船ヲ撃沈セリ」。わははは。本音書けばこうだろうが。何が沈没何が不審船か。この中途半端さも含めて今回の政府の対応は零点である。何よりも船を沈めてしまい恐らく乗組員の逮捕に失敗した点だ。20ミリ機銃で沈没させると言うのはよほど怖くて撃ちまくった以外は自沈の可能性もある。もちろん工作員たちも自決。その前に証拠の確保をしての海上保安庁だろうが。「反撃の恐れがあるので救助が遅れている」との一報があったがこれが今の日本国の病根そのもの。撃たれろよ。しかし敵を救えよ。東郷平八郎元帥がなぜ世界中から今なお愛されているかは国際法に基づき撃沈した敵の救助に部下の命をかけさせたからである。そのためにどれほどの帝国海軍将兵が命を失ったか。しかしこの国は義の国としての名誉を国際社会に確立したのである。今回の東支那海海戦の最大の問題点はテロ三国人の策動よりもこの国のかかる怯懦が露呈されたことにこそあると思う。これじゃ戦争できないよ。

この国の事を本当に考えてるならば、それが当たり前なんです。

[#011222]
01/12/22

寂しい日本人達

掲示板が復活しました。

ニセ団々珍聞に「Liberty and Peace」を追加しました。

・まずZDNNの記事を見てください。2ちゃんねらーがお祭りをしています。
 次にウィスキー市場が縮小した本当の理由という文章を見てください。

 さて、今回のタイトルは「寂しい日本人」です。
 結論だけを言ってしまえば、上記のような「しょうもない祭り(公に発言を許された優等生的な良識や倫理(とバラされ続ける“大人のウソ”)にネガティブに反抗する一大勢力だって?(藁))」をする2ちゃんねらーや酒に頼ったり頼らなかったりして「自分の内部」だけを守ろうと、もしくは拡大ばかりさせようとする連中は非常に寂しい。ということです。
 で、それがどうしたのかと。
 私は常々、私が理解している「リベラル性」というものと、多くの人が理解している「リベラル性」と言うものが似てはいても、まったく別のものであるというズレを感じていました。で、上記の記事なんかを見たおかげで、その「ズレ」が明確になったわけです。
 キーワードは「内包」と「その外側」ですね。「内包」というのは自分の身内のことです。とはいっても親戚関係とかではなくて、自分の所属するコミュニティ(共同体はもちろん、同じ酒飲みだとか、タバコを吸う人だとか、そうした同人的カテゴライズ等も含めて)のことです。そして「その外側」はそれ以外ですね。
 多くの人が理解する「リベラル性(自由と言い換えてもいいけど)」というのは「その外側」を受容することです。その外側を受け入れなければならないという、いわば強迫観念にも似たものです。で、こうした強迫観念に対し、多くの人たちは「対抗」しようとします。たとえば、自分がうるさいと思う電車の中などでの携帯利用とか、髪を染める若者とか、自分勝手な上司とか、国とか民族とか、そうしたものに対して「対抗」しようとするのです。重要な点はこれが対象に対する直接的な「対抗」なのではなくて、あくまでも「受容しなければならない」という脅迫観念に対する「対抗」である点です。それが直接的であれば、まだ対話も可能なのですが、間接的であるがために「社会全体においてどちらがより正しいのか」という論点にならざるをえず、結局それは「社会における全面的価値観の統一」という、人類が常に犯してきた誤った可能性に逃げることにつながるわけです。要は「俺の価値観が「社会に対して」受容されるのが先か、貴様の価値観が先か」というゼロサムゲームと化すわけです。
 一方、私の考える「リベラル性」というのは、あくまでも「その外側が存在することを理解する」事です。それを受容する必要性はありません。それがあるのは当然のこととして、それを受け入れるか受け入れないかはあくまでも自分が決めることです。これはあくまでも直接的な対立ですから、社会などという「制御不能の暴君」を通しての代理戦争を行う必要性など全くないのです。そしてその勝敗が自分を支配することもないのです。
 自分が嫌いな人間は、自分が嫌っていれはいいだけの話です。それを社会全体で嫌う必要性など、全くないのです。
 故に、全体での自分の価値観の勝利、団結、すなわち過剰な「内包」を行う連中は非常に寂しいということです。

 なんか繋がりがわかりにくい気もしますが、まぁ自分のメモみたいなものですのでご容赦を。

[#011220]
01/12/20

ゆるゆる日記

・「18歳入場禁止!」というサブジェクトのSPAMが来ました。(もちろん内容はアダルトサイトの案内)
 17歳ならOKですか?

・安かったのでロート製薬の「やわらか素肌クリーム」というのをつかってみたら、見事に肌にあいませんでした。手の甲だけがひりひりします(でも、ちょっとネットを探ったら、手の甲がひりひりする人って多いらしいよ)。うーん、ケラチナミン10%に……いや、Vaselineに戻すか。こっちのほうが安心だし、安いし。バニシングクリームはいまいち信用できないし。
 そういえば、今までいろいろ薬にはお世話になってきたけど、合わなかったものって初めてだな。

正直「またかよ!!」(三村)な感じ。

[#011218]
01/12/18

MP3とわたくし

・風邪の具合は問題なしです。あと数日は薬をかかさないようにはします。

・週刊アスキー立ち読み。
 なんか2002年予想で「パソコンとAVが融合する」とか書いてあったので「ああ、やっぱりアスキーだな」と思う。西っちもそんなこと言ってたよな、確か。
 たとえばさ、あなたが家に帰ってきた時にTVをつけようと電源入れてから2分くらい立ち上げ時間がかかるって状態が好ましいですか?やっぱりパッとつかないと嫌でしょ。いまの立ち上げ時の遅さがあるかぎり、パソコンは絶対AVと融合なんかしません。ちなみにTVのハードディスク録画なんかは非常に魅力的(ATAのHDを使った交換可能なやつとかないかなぁ。もちろん変な特別なHDじゃなくて、バルク品が使えるようなやつ)なんですが、それもあくまでもパソコンと切り離した話だし。
 とはいえ、最近ハードディスクを20Gのものに変えたんで、CDはMP3化してHD上においてもいいかなと思うように。理由としては、自分がものぐさなので、聞いたCDをそのままにしてしまって、裸のCDが積み上がっているような状況なんで、これをどうにかしましょうと。
 ためしにシャープネルのレイヴスペクター(プレイ時間、1時間強)を「良音質(160kbps)」でMP3化してみると、わずか71M強(ああ、71Mもの容量を「わずか」と感じるなんて……)。これなら5GくらいをCDのスペースにすれば自分の持っているCDの6割くらいは十分入れられますよ。つか、5GなのでニセiPodの完成ですよ(笑)。

 いやぁ最近めっきり日記がぬるくてすみません。んでは。

[#011216]
01/12/16

体調不良

・掲示板が動かなくなってます。
 原因はこのサイトを置いているvisサーバーのApacheのバージョンアップだと思われます。
 まぁ、頑張って対処しますので、少々お待ちください。

・久しぶりに「マザー2」などをプレイしております。面白いです。

・数日あいた後の更新なんで、いろいろと考えてたことを披露したいのですか、なんか風邪ぎみみたいなので、パブロン飲んでとっとと寝ることにします。

Homeへ戻る