憂国日記
(11月(上旬)の日記)


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。

[#011114]
01/11/14

メディアを必死に貶めようとする腐ったミカン(廃棄処分)

大田さんのサイトが引っ越してました。
 ぼーっとしてたんで、気づかなかった。

・Der Angriffの長文掲示板に、有田ミカン(出荷停止)のしょうもないメディア批判の第2回分を転載しました。

 では、この一連の愚文に対する批判を試みる。
 まず、第1回分に対して。
 最初に序文の部分だが、アメリカのテレビ局などがツインタワーへの飛行機突入シーンを自粛したのは、確かに「子供への配慮」もあったかもしれないが、主目的はあくまでもアメリカそのもの保護であると考えるのが常識的な見方だ。腐ったミカンはこれをわざわざ持ち出すことによって、日本人の「アメリカはなんでも進んでいる」という意識を利用しようと試みている。まったく不謹慎である。

 次に「初語異変が起きている」と「テレビを切ると泣く赤ちゃん」の部分。
 ここの問題点は本来これらのはマザリーズ不足の問題であるにも関らず、これをメディアの責任としてしまっている点だ。
 腐ったミカンがなんでこんな責任転嫁をしているのかは容易に想像がつく。腐ったミカンには、きっとジェンダー方面の知識がないのだろう。だからわざわざ自分の得意な「メディア」というあいまいな地平に話を持っていくのだ。
 しかもさらにひどいのが、腐ったミカン自身、自分がそういった転嫁をしているということに、全く気づいていないということ。本当にこのことをメディアの問題だと思ってやってるから、救いようがない。売文意識でやってくれたほうがまだマシだ。
 一応、詳細に触れておくが「テレビばっかり見続けたらよくない」なんてのは当たり前の話である。これは別に「勉強ばかりしつづける」でも「折り紙ばかり折り続ける」でも、なんでも同じである。話としては単純に「お父さんやお母さんや家族が赤ちゃんにいろいろ話したり、おもてに連れていくようにしよう。これがよい子育てです」というだけのものである。

 ……詳細に批判しようと思ったけど、書いてて凄まじいほどのバカバカしさを感じたのでやめます。
 だってそうでしょ。メディアの仕事は「何かを伝えること」であって「子育て」ではないことは明確。コミュニケーションにしたって、ドラマの内容やゲームの攻略などでのコミュニティが現実に成り立っているし、もちろんその中での「コミュニケーション不全」の問題(コミュニケーション形態が急激に変化しているのだから、そうした問題が出てくるのは指摘するまでもなく、当然なのだが)はあるけれども、少なくとも腐ったミカンの言うような「テレビやゲームばかり見ている内向的な子供」というステレオタイプは、10年近く前には一部の特殊な例(というのは常にあるモノだから)を除いて消滅している。(「テレビやゲームばかり見ている内向的な子供」には「テレビやゲームばかり見ている内向的な子供」なりのコミュニティが存在する!!)
 まぁ、腐ったミカンが取材した教授とかそういう人達のいう「最新情報」というのは10年とか20年前のデータが最近になってまとまったものとかいうことが当たり前の世界なので、こうしたズレは仕方がないのだが、腐ったミカンはジャーナリストなんだから、その辺はちゃんと差し引いて考える必要があるはずだ。
 あと、なんでもかんでも「昔からのものは正しい。新しいものは間違っている」という偏見はやめろ。子守り歌で泣くことが一体なんだって言うんだ?

 ああ、最後はやっつけ。

[#011112]
01/11/12

ラブ・アイランドですよ、カテジナさん

「漂流教室」がTVドラマ化(脅)
 もちろん監督は大林宜彦ということで(爆)
 いや、冗談はともかく「ラブ・アイランド〜漂流教室(仮)」ってタイトル酷すぎるよね。AVかよ!(三村)
 しかも
原作は楳図かずお(65)の人気SF漫画「漂流教室」だが、ラブストーリー展開となる。
 って、どこが漂流教室なんだよ。頼むから完全オリジナルでつくってくれよ。そうすればこっちもいちいち気にしないですむし。(多分、こうでもしないとスポンサーつかないんだろうな「固定ファンがいるから、視聴率アップが望めますよ」とか言って)
 つーことで、生粋の楳図ファンはこのドラマは完全無視ということでいいですね?

 ちょっと2chの楳図スレで情報を集めてみる。
290 :名無しんぼ@お腹いっぱい :01/11/09 23:54
http://www.fujitv.co.jp/jp/pub/hotline011109.html
花屋の娘・結花(常盤貴子)は、大学生の浅海(窪塚洋介)と何気なく出会
い、そして何気なく惹かれ合ったが、あるアクシデントからその後はお互い
に連絡が取れずにいた。
それから一年後、二人は偶然に再会する。今でも父・重雄(大杉)の花屋
を手伝う結花と、その花屋の近くの県立高校の教師になっていた浅海。
年が明けて1月7日。一部の落ちこぼれ生徒を集めて、冬休みの補講授
業が行なわれていた。学校には、女の子に人気の大友(山下智久)や、
高松(山田孝之)たちの落ちこぼれ軍団、ブランド好きでローン地獄に
ハマっている女教師・関谷(中島宏海)等がいた。そこに、結花が関谷の
もとへ花代の集金に来る。意識し合うが故に、ちょっとした事でケンカに
なる結花と浅海。その時、突然、地響きが起こる。激しい揺れが収まった
時、そこで二人が見たものは・・・。
「ゴメンネも、アリガトも、愛してますも、今日のうちに言っておけ。」
明日は何が起こるか分からないから、今を精一杯に生きる!二人のラブ
ストーリーを軸に、人間や生きる事の素晴らしさを見る人に問いかけます。
 ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ。女かよ!(三村)
305 :名無しんぼ@お腹いっぱい :01/11/10 08:41
実はフジの山口Pは1年前にも、青木雄二の「カバチタレ!」で同じこと
やらかしてます。しかも主演は同じ常盤貴子。主人公の田村と栄田を
勝手に女に置き換え、内容もあの泥臭いコテコテの法律話から逝き遅れ
女の結婚話にデフォルメされてた。
 こいつが諸悪の根源か。

 とにもかくにも、大林映画以上の「「と」印漂流教室」として、永久に語られ続けるでしょう。
 つか、まことちゃんを見てるノリで見ると面白いのかも。
 グワシ。

Nikkei netより
サイバーテロ対策、産官学で省庁向けシステム・自民検討
 自民党は「電子政府」構想の実現に向けてサイバーテロ対策の本格的な検討に着手する。行政手続きを原則、電子化するためには中央省庁の現行の対策では不十分との判断による。不正アクセス防止のために政府機関や自治体のコンピューター向けの独自システム開発を提唱、産学官の共同研究の推進を打ち出す。サイバーテロ対策に取り組む政府内の部隊の体制強化も求める。

 自民党は来週中にサイバーテロ・NBC(核・生物・化学兵器)テロに関する作業部会を正式に発足させ、具体的な検討に入り、政府への提言をまとめる。

 政府はサイバーテロ対策を巡って、昨年初めに実働部隊となる「情報セキュリティー対策推進室」を設置したが、具体的な検討は始まったばかり。政府は2003年度から原則すべての手続きを電子化する方針だが、省庁側が電子認証で住民の本人確認をする際などに不正アクセスの機会が増える可能性があることから、防止対策の強化が急務となっている。
 ApacheとIIS。どちらが(書きたいことも、その結論も、あまりに自明すぎるので以下略)
 ま、どーせカネを横流しするだけなんでしょうが。

[#011110]
01/11/10

バカ調査

・Der Angriffの長文掲示板に、有田ミカン(出荷停止)のしょうもないメディア批判を転載しました。

・sankei.co.jpより
■短時間就業者の保険料 不適正処理が横行
------------------------------------------------------------------------
フリーター、パートの健康保険、厚生年金加入
会計検査院1000カ所調査 徴収漏れ50億円


 正社員の四分の三以上勤務するパートタイマーやアルバイトなどの短時間就業者の健康保険や厚生年金の保険料について、就業者と折半して負担すべき事業所側の約半数が届け出を怠るなどの不適正な処理を行っていることが九日、会計検査院の調べでわかった。不況下の負担増を嫌ったとみられ、調査対象となった約千の事業所で不適正処理による徴収漏れは約五十億円にのぼった。フリーターと呼ばれる若者が増加する中、相当規模の短時間就業者が健康保険や厚生年金に未加入というずさんな労務管理の実態が浮き彫りになった。

 厚生年金保険と健康保険への短時間就業者の未加入問題をめぐっては昨年八月、東京ディズニーランド(TDL)を運営するオリエンタルランド社(千葉県浦安市)のアルバイト約千六百人が両保険に加入していなかったことが判明。事態を重くみた会計検査院が、特にパートタイマーを多く雇用している全国のテーマパークも対象に加え、実態調査を実施した。

 調査は平成十年度から同十三年度にかけて実施。対象は短時間就業者を雇用する小売り飲食業、派遣労働者を雇用する派遣元の事業主、老齢厚生年金を支給されている高齢者を雇う事業主で、全国の社会保険事務局が担当する合計約千事業所。徴収不足総額五十億円のうち健康保険料が約十億円、厚生年金保険料が約四十億円だった。

 労働日数・時間などから、正社員の四分の三以上勤務するアルバイト社員について、事業主は原則として厚生年金保険、健康保険に加入させ、アルバイト社員と折半して国に保険料を納めることになっている。しかし、「勤務時間が短い」と実態とは異なることを言って、社会保険事務所に被保険者資格取得届を提出しない事業主や、アルバイト契約の高齢者から「被保険者資格届が提出されると、特別支給の老齢厚生年金がもらえなくなる」と頼まれて、社会保険事務所に被保険者資格取得届を出していない事業主も多かった。

 会計検査院では「健康保険や厚生年金を払っていない事業主はかなりの数にのぼり、徴収漏れの金額も極めて大きい」として、すでに社会保険庁に改善を求めている。

 厚生労働省によると、短時間就業者(パートタイマー、一週間あたりの労働時間が正社員より短い人)として生計を立てているのは平成七年段階で約六百七十万人にのぼり、学生アルバイトは百万人を超えている。各種調査などから、その後も、増えているとみられる。
 今さらかよ(三村)。
 アルバイトとかパートやってる人はそんなのみんな知ってますよ。
 そもそも、最初っからそんな費用は算出しないのが事業主の常識でしょ。
 しかし、こいつらは普段どんな仕事をしてるんだ?1たす1は2だってことは知ってるのかな?(嘲笑)

[#011109]
01/11/09

交通環境整備という政策について

・スカパーのインフォメーションより
2001年11月9日(金)午後5時30分よりCh.202にて「アル・ジャジーラ」の試験放送を開始致します。
Ch.202「PROMO202」でお楽しみ頂いている番組はCh.200「PROMO200」で引き続きご覧頂けます。
 必見。

・少し古いけど、武田さんのところから。
吉祥寺は自転車が渋滞する 投稿者:武田徹  投稿日:10月28日(日)02時31分08秒

これはきっとぼくが目撃する前からなんだろうけど、我が吉祥寺では自転車が渋滞しているのだ。東急とかユザワヤの駐輪場に入るのを待っている人たちが、駐車場に入れるのをクルマの中で待つドライバーのように自転車にまたがったままじっと列を作っているのだ。最初に書いたようにこれはぼくがウォッチしていなかっただけで、今日からと言うことはないと思うが、そう前からあったとは思えない。
たぶん原因は吉祥寺で最近、自転車の路上駐車を相当厳しく管理するようになったせいだ。自転車が止められそうな場所は市が管理して、登録した自転車だけを停める。管理している高齢者がいてその賃金は登録料から回っているのだと思う。で、もはや自分の意志で自由に自転車を停めて買い物というわけに行かなくなっている。で、登録していない人は仕方なく東急やユザワヤの駐輪場に停めるのだがそこがキャパを越えてしまって待ちの行列になるのだ。
しかし自転車が渋滞している街なんて他にもあるのだろうか。だいたい欧米は自転車がそう多くないし、アジアでもクアラルンプールやシンガポールはなんかは自転車をあまり見かけない。中国の街とかだとものすごい数の自転車が走っているが、駐輪場入場渋滞というのは見たことがない。今の上海ぐらいだったらそういうこともあるんだろうか。
いずれにせよ、自転車が渋滞するって言うのは、やはり考えさせられる光景だ。都市設計のまずさだと思う。自転車で街に出てくるのは、環境コンシャスの人もいるだろうけど、現状では殆どが自動車は不便だからとかいう選好だろう。自動車が下駄がわりにならないのは、繰り返しになるが環境問題的にはむしろ積極的に評価できる側面もあるのでそれを一概に批判することは出来ない。しかし自転車が自由に停められない街というのは、自動車が下駄代わりにならないならばなおさらまずい。
歴史的に周辺人口が爆発的に増えるのが水田耕作を行う東アジアの都市の特徴で、東京もそうした経緯を辿ったが、今の吉祥寺もその延長上にある。今や吉祥寺とか下北沢が休日に人出で賑わうのはおしゃれな街のイメージがあったり、買い物に便利だからで、水田耕作云々とは関係ないように思えるが、その前提となっている周辺人口の厚みはやはり農閑期の都市流入人口が大きかった結果だろう。となると避けがたい問題でもあったわけで、やはりそれに見合った交通インフラ整備というか、駐輪場整備をしなかったのはまずいと思うのだ。
自転車上でじっと渋滞に耐えるっていう姿はなんかけなげだ。お行儀がよい吉祥寺の住民を誇りに思うが、その時間コストはやはりもったいない。自転車ぐらい自由にとめられるべきだろう。市は路上駐車問題解決のために管理を始めたが、登録者は定期的に自転車で駅までやってくる通学や通勤の人が多く、休日の買い物客は毎日の利用ではないので登録しない。実際、登録駐輪エリアは休日は逆にすいている。しかしそこに停めようものなら自転車オジサンに怒られる。だから買い物客はあぶれて、いつでも入れる駐輪場に殺到する。そんな需要の凹凸を平均化するなら簡単で、少し柔軟さを持てば良い。怪物的な人口を相手取る都市政策はヨ−ロッパを前例にできないので、もっと智恵を使ってわれわれ自身で住み易くする技術を編み出すべきなのだ。
 先日、自分の住んでるところで市長選があって、当選した人の公約の中に「巡回バスを実現する」というのがあった。
 ちなみに現在の状況と言うのは、大きな店舗(生活基盤)が東西にある「産業道路」と呼ばれる大きな道路上に並び、中心部は生活基盤としての価値をすでに失って久しい(市役所前の通りの「魅力アップ市街地」というたれ幕が非常に寒々しい)。そんなところで「ようやく」こうした構想が出てきたことは非常に喜ばしいのだが、この候補は決してそれを評価されて当選したわけではない。単なる「反前市長」という感覚の産物である。
 これと吉祥寺の話のどこが関係あるのかと言うと、武蔵野市にしろ、どこにしろ、いわゆる区市町村の長と言うのが「交通環境整備」という点で評価されて選ばれることというのがほとんどないのではないかということだ。というか、その交通環境に対する仕事自体が「整備」そのものを意識したものではなく、単なるある種の「福祉」……詳しく言うと「交通弱者に配慮して」的な(放置自転車で点字ブロックが……などというマヌケな報道がどれだけ繰り返されているのだろうか?)極めて矮小化された交通環境意識によるものではないかということだ。これは決してグローバル的視点に立った総合的な「交通環境整備」では決してない。単なる公明党や社民党や共産党的な「票田としての福祉」でしかない。そのような視点で「放置自転車」が「交通手段としての自転車」であることを分かっていないから吉祥寺では「自転車の渋滞」などというマヌケな事が起るのである。
 結論としては、市議会は頼むから「区市町村民のこと」ではなく「区市町村そのもの」のことを考えてくれということだ。つまらないように思えるけど、決してこの結論は「ごく当たり前な」物ではない!(実はこのあたりの部分では石原慎太郎に良い評価をしているんだけどね。これでもうちょっと物事を考えられるオツムを持った人間だったらなぁ)

[#011107]
01/11/07

少しだけ更新

・気づいている人は気づいているでしょうが、VineLinux導入記というコンテンツを立ち上げました。
 基本的にはHowtoよりは「試行錯誤をしているさま」を中心に公開して行きたいと思います。リファレンスも重要ですが、WinやMacなどの恵まれた環境の中で試行錯誤のやり方を知らない人も多いでしょうし。

小西酒造のサイトでベルギービールが当たりました(330mlビン3種)。マジでうまいです。右上のWebゲームとか書かれているところをクリックしてください。ちなみに私は一回やって当たったので、比較的当選率は高いのではないかと。(1日3名に当たるそうです)

 以上。政治的な話題は全くなし。

[#011104]
01/11/04

最近はこんなのばっかりでゴメンなぁ。

・いや、本当にごめんなさい。見に来てくれる人に申し訳ないです。
 ちなみにひとつ大作(内容は大したことないんだけど)を思いついているんで、なるべく早く書きます。

・HD増設しました。20Gの。
 SCSIじゃなくてATAね。今使ってるMacは内蔵のがSCSIなんで、ATAカード入れました。
 ところで増設してみて思ったのは、音がすごく静か。本体のファンの音しかしません。起動時なんか「HDが回ってない?」と怖いほど。いや、今まで使ってた外付けの2Gがうるさすぎたのかも。
 ちなみに、とある事情(これは後日、面白おかしく紹介します)で最初っから入ってる内蔵SCSIのHDも外したら、さらに静か。うーん、HDもここまで進化したのか。容量だけじゃないね。
 あ、ただ、OSがフリーズしたときに、電源落とすタイミングが分からないと言うのが欠点か。アクセスランプ無いし。

1審では、企業の怠慢の範疇をハッカーに押しつける(穴の指摘の公開は違法である)という、とんでもない判決が出ましたが、今度は良識的な判断がなされたようで一安心。

・朝日新聞社主催の「知恵蔵2002刊行記念 ワードオブザイヤー2001」に、大賞ではないものの「稲垣メンバー」がラインナップされてます。
 さて、朝日新聞社というマスコミさんはこの言葉にどういう解説を加えるのでしょうか?「人気グループメンバーのスキャンダル」などとお茶を濁すんだったらブチ切れですよ。

[#011101]
01/11/01

憂国とは名前だけのヘタレ日記(自虐)

・お、ホーキンス博士がユニクロのCMに出てた。

・結局のところ、テロ?をした連中は「裁かれなければならない」わけですよ。すなわち「罪を憎んで人を憎まず」なわけで、この意味を取り違えると、とんでもないことになる、つーか、テロという行為の悪質さがそこにある以上は、報復攻撃がテロと同意にならないためには、この一線を守らなければならないっつーことです。
 というわけで、アメリカの人は「旗を立てなきゃ、国家を歌わなきゃ非国民」などと言う連中を片っ端から罵倒してください。それが「テロと戦う」事になります。頑張ってください。

・WinXPが発売されました。んでもって、さっそくアップデートのお知らせです。
 ちなみに、WinXPは堅牢なので落ちません。TAB BS BS TAB BS BS.........

・へぇ。2ちゃんねるカフェねぇ。

・ある事情で画像を集めています。
 どこかで日本の防衛費の推移グラフは手に入らないものか。

Homeへ戻る