6月(上旬)の日記


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。
[#010615]
01/06/15

ADSL

シャアが来る(笑)

・例の虐殺ショーについて「まぁ、そういうことだろうな」という話。
 こっちの情報ページも非常に役に立ちます。

日本のほうがADSLは安いそうで。
 まぁ、ストリーミング放送を見るのでもなければ、56kモデムでも十分だからな。俺自身も普通にWebを利用する限りはそれほどADSLの必要性を感じてないし。(ちなみに今度のエリア拡大でうちの地域にもフレッツがくるので、一応ADSLにするつもり。速度的には600kも出れば十分。ネットゲームやったり、エロムービーやMP3落としてるわけじゃないから)
 ちなみに日本の場合は、ADSLの値上げが起る前に光ケーブルが整ってしまい、利用者があんまりいなくなって一気に廃れる。に一票を投じておきますわ。

・6月14日の歯磨き記録
起床後 ○
昼食後 ×
夕食後 ○
朝   ×
就寝前 ×


[#010614]
01/06/14

極めて悪質なアイコラ

ミッキー毛じらみ
 悪意のこもったタイトルですが(笑)、ちょっとおもしろすぎるので。

・人間を馬鹿にしている!!
 「鬼武者2」の主演は松田優作
 1の金城は自身も納得したうえでの出演なんでいいんですが、本人の許諾(遺族は許諾してるんだろうけど)もなしに俳優の顔だけを抜き出して使うというのは「俳優の演技」というものに対する中傷であるように思うのは私だけでしょうか?
 最近アニメ化された「メトロポリス」も手塚治虫が生前「アニメ化は絶対しない」(もちろん、当時のアニメ技術では彼のイマジネーションを映像化しきれないという部分もあっただろうけど)と言っていたそうで、そうした作者の意図を無視したアニメ化すら嫌な感じだというのに、鬼武者2の方は演者の意図もへったくれもない単なるアイコラ作品。「俳優は顔さえあれば他はどうでもいい」と言っているのと全く同じです。
 こうしたプロジェクトが何ら批判されないというのは、日本が「人間的」というものを極めて矮小に扱っている現状を良く現しているといっても過言ではないでしょう。

「小倉あやまれ友の会」が株式総会の委任状を欲しがっています。
 1株株主(2株以上でも)の方は是非1筆。

「つくる会」の教科書、ベストセラーに=発売1週間、内容批判がPR効果
 ジサクジエンジサクジエン
 ダイサクホウシキダイサクホウシキ

<iモード>不具合起こす悪質メール見つかる
 悪質なのはメールではなく、こんなしょうもないバグのあるOSの方だ。
 一昔前は「メールを開いただけでウィルスに感染するんですか?」なんてのは笑い話だったのに、マイクロソフトやi-modeのおかげで笑い話にもならなくなったな。

・6月13日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ○
夕食後 ○
朝   ○
就寝前 ×


[#010613]
01/06/13

非難よりも我々の自覚を

・ところで韓国って本当にIT先進国なんですか?
 俺にはどう考えても回線がADSLな「だけ」にしか見えないんですが……。
 さらには、その辺の話をネットゲームの話題でしか聞かないのはどういうこと?
 本当に本当に韓国はIT先進国なのか?

田嶋陽子立候補。
 老害(笑)

Macに感染するワームが増殖中。
 レジストリなんかを書き換えてしまうWinのワームとは違って、アップルスクリプトが起動するというのが分かりやすくていいですな。ワームの除去自体もワームのアプリケーションと、起動項目を削除すればいいだけだし。
 とはいえ、ワームはワームです。身近な人に迷惑をかけることになりますので、注意してくださいな。

・さて、例の事件の件なんですが、俺にはどうしても分からなかったことが1つあって、例の事件に限らず、ほとんどの「ニュースで大々的に報道された殺人やそれに類する犯罪」に関してそうなんだけど「なぜ「刑法による有罪」を望むのか?」ということが全く分からなかったんですよ。
 特に今回の件で言えば、責任能力の問題でたとえ不起訴になったとしても、措置入院は免れないわけだし。
 なのに、なぜいちいち「刑法による有罪を」と言い出すのかが全く分からなかったわけです。
 でも、ふと気がつきました。
 「善良な一般市民」連中が考えているのは「有罪の判断を下して欲しい」ということではなく「彼を無罪のまま居させないでくれ」ということなのだと。
 つまり、彼が「無罪」ということになれば、それは「法的には自分たちと同じである」ということになり、我々も犯罪者だということになるということ。
 もちろん冷静に考えればそんなことはないんだけど、善良な一般市民の中では、彼のような「訳のわからないもの」は「我々とは違う何か」でなければ困るんでしょう。そういう意味でもマスコミの小学生殺害ショーの中では彼が「精神病患者」であることが重要なファクターになっています。結局こうした責任転嫁というか、世の中にはさまざまな人間がいる(いろいろな姿形の人がいるという意味ではなくて)ということが分かっていない人達によって、部落や女性やハンセン病患者といったマイノリティは差別されつづけてきたわけです。
 お願いですから、彼らと私たちは同じ人間であるということを、まず自覚してください。
 そうでなければ、刑法改正も被害者の権利の問題も、単なる差別思想、浄化思想になってしまいますから。

・マスコミが小学生殺戮ショーを大絶賛放送中の間に、こんな重大事件が発生していたようです。
 マスコミやそれに躍らされる善良な一般市民の皆様は、原潜事故勃発したあともゴルフを続けていた森クンを笑えませんな。

・6月9日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ×
夕食後 ○
朝   ○
就寝前 ×

・6月10日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ×
夕食後 ○
朝   ○
就寝前 ×

・6月11日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ○
夕食後 ○
朝   ○
就寝前 ×

・6月12日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ×
夕食後 ○
朝   ○
就寝前 ×


[#010609]
01/06/09

ぼーくぼーく 笑っちゃいます(振りつきで)

・たまに現れる勘違いしたコメントが楽しいairoplane.netさんですが、今日は特に酷いコメントを発見したので晒しておきますね。
児童8人刺殺……死刑でもモノ足りん!! 06/08

■まず最初に亡くなった方のご冥福を深く深くお祈り申し上げます。無念だったでしょう。痛かったでしょう。苦しかったでしょう。理解できなかったでしょう……。
■頭がおかしいだかなんだかしらないけど、てめえで勝手に死にやがれ。死刑でも足りん。(犯罪を起こしそうな)精神異常者リストを地域に配布すべきだ。善悪の区別がつかないとか甘いことぬかすんじゃねぇぞ。こいつを、「人間として裁く」ことは正しいのだろうか。このニュースに関しては暴言も許していただきたい。いや、暴言ではないかもしれない。生かしておく理由がないと思いますが。
■小学校には行っていないと、ほざいてやがる。とりあえず、拷問しよう。再犯できないように、両手の指を全部切り落としてやれ。どうせゴミなんだから。
■こんなゴミは死刑にしても被害者は救われない?生かしておいても救われないのだから、やり場の無い気持ちを消化するためにぶち殺すのは悪いことなのか。こんなゴミと同じ世界に暮らしていると思うと……息が詰まるよ。
■殺す=死刑が問題なら、殺さなければいいんでしょ?なら、狂わない程度で拷問してしまえ。発狂させてはダメだ。苦しませるんだ。死なない程度ならなにしてもいいんじゃないの?死刑反対論者に言わせれば。
■何度も言うけど、人権とか論じるのは不要。なぜなら、人じゃないから。ゴミなんだよ、ゴミ。
 ツッコミとしては「お前が精神異常者だから個人情報全部age」とか「「やり場のない気持ち」ってのは被害者の肉親の気持ちじゃなくて、お前の気持ちだろ?」とかあるんですが、それ以前にもっと重大な部分に問題がある気がします。というかairoplane.netさんだけではなくて、この事件に必要以上に憤っている全ての人に対して。
 そもそも確かに8人も子供が殺された残虐な事件ではあるけれど、他人事であるこの事件に対して、なんでここまで憤れるのか?と。
 たとえば町を歩いていて、交番の前を通りかかる。その時に「今日の交通事故 死亡8人」と書かれていたとしても誰も気にも止めないわけですよ。それがたとえ「車」という1つのものから生まれた悲劇であっても、それに対して誰も「車に乗っているヤツは殺人者予備軍だからリストを地域に配布すべきだ」何てことは言わない。なぜなら車というものは誰しもが乗っているし、あまりにありふれているから。
 一方、精神病患者というのは身近にそれほどいるものじゃない。いや、実際は結構な数の人が精神科のお世話にはなってるんだけど、少なくともそれを周囲に話す人はほとんどいない。したがってそれは身の回りにあふれていない「特殊なもの」として認識される。
 つまり、我々は「ありふれたもの、ありふれた危機」に関しては全く鈍感で、今回のような「特殊な危機」に関して、あまりに過敏過ぎるのです。
 そして、特殊な危機をさも一般的な危機であるかのように喧伝し、やれ「悪人に人権はない」だの言ってカタルシスを得ようとする無責任極まりないリナ・インバース(笑)のような連中がハイエナの如くたかってくるわけです。
 その結果、我々は決して精神異常者に対する正しい認識を持つことはなく、ただ「怖い」「訳がわからない」という理由で彼らを永久に差別しつづけるのです。
 つーか、数日前にハンセン病患者に対して「おめでとう」などと言ってた人間が、一度こういう事件が起これば考えなしに差別助長行為を行うのだから、笑っちゃいますよね。
 ああ、笑っちゃって。ああ、笑っちゃって。涙なんかこぼします。あーあ。

P.S.こういうことを書くとすぐに憶測で物を言う人間がいるので補足しておきますが、私が今日書いたのはこの事件に対する一般人の反応の話であって、この事件の善悪そのものや精神病患者の責任能力の有無といった点については全く触れていませんので念のため。

・6月8日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ×
夕食後 ×
朝   ○
就寝前 ×


[#010608]
01/06/08

今日はローマ字打ちで

・田中真紀子周辺報道を見てると、自民党員の「対アメリカうなずきマーチ」っぷりがスゴイね。
 別に同盟国だからといって、連中の政策にうなずいてればいいわけじゃないのにね。
 こんなんじゃ、つくる会の教科書を採択しようが、自衛隊を軍隊にしようが、いつまでたってもアメリカのくっつき虫のまんまだってことが分からないのかねぇ。

兄貴の壁紙がダウンロードできます。
 ヨブも愛用しています。

OfficeXPのTVCMが流れてますが……。
 あの「フリーズしてもデータが消えません」とか「フリーズしたら素直に謝ります」ってなんですか?特に後者なんか「不正な処理……」ってダイアログの言葉を変えただけじゃん。もうバグが多すぎてフリーズは不可避だと判断したんですか?しかしユーザーもここまで馬鹿にされてもOfficeを使いつづけるのはなんででしょうね。ビジネス文書くらいはHTMLでいくらでも書けるのにねぇ。
 もうわけ分からんわ。

・たまにはQWERT配列を使わないと忘れてしまうので、久しぶりにローマ字打ちをしてます。
 いやぁ、遅いね。そりゃあ、タイピングのゲームソフトではお話になりませんよ。
 もっとも、親指シフトのありがたさが身にしみる機会でもありますが。
 なんか、こうして打っていると、世の中の大半の人がこのタルい入力方式を使ってるというのが信じられないんですが……。
 JISカナ使ってるときからローマ字入力を使ってる人はなんで使ってるのか、不思議でならなかったんですが、親指シフトの今は、ますますそう思うようになりました。本当になんでよ?

・スカパーでどのチャンネルを試聴するか決めました。
 STAR digioに加入した割には情報誌込みで4,000円程度と安くあがりました。
 で、だいたいが最初っから決めてた通りのラインナップなんだけど、唯一想定外だったのが「オークションTV」。これが意外とおもしろくて、なんか見てしまう。聴視料も月100円と安いので、つい加入してしまいました。

・こんなもんかな。なれないローマ字入力で疲れたので、以上。

・6月6日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ×
夕食後 ×
朝   ○
就寝前 ×

・6月7日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ○
夕食後 ×
朝   ○
就寝前 ×


[#010606]
01/06/06

いいぞ、真紀子

・スカパーのチューナーとアンテナが届いたので、自分で設置。
 最初アンテナレベルがずーっと0だったときはどうしようかと思ったけど、あの高田社長の笑顔(?)を見た途端に疲れも全部ふっ飛びました。
 ちなみに現在仮登録中。STAR digioを聞くかどうかが悩みの種。

・平成30年で有名な太一ちゃんがまたやってしまったようです。

・いよいよ一般書としての販売が開始された「つくる会の教科書」について、野菜畑Ver4.0より転載(改行位置は適当に変更してます)。
オフ会を賞賛しているのか? 投稿者:χ  投稿日: 6月 5日(火)23時56分36秒

 このコラムを書いた人、インターネットに馴染みのない人だと思いません?
 通俗的な“インターネット悪玉論”そのままじゃないですか。筆者はネットを媒介とした「地に足のつかない(人間)関係」を異様に恐れているんですが、むしろ今の現実社会の方が息苦しいと感じる人だっているわけで、そんなことをわざわざ教科書の貴重な一ページを割いて主張する意味が僕にはさっぱり分からない。
 このコラムを額面通りに受け取るなら、ネットで知り合った人とは積極的に「オフ会」をやるべということになりそうだけど、それだと全く問題の解決になってないよ(苦笑)。
扶桑社刊『新しい公民教科書』
第4章 現代社会の暮らしと問題点
第2節 学校生活の変化
コラム インターネットはコミュニケーションを豊かにするか(p.183)
 インターネットの普及はめざましい。それぞれのコンピューターがネットワーク回線で繋がれることによって、パソコンを持つ個人がかんたんな操作で世界中から膨大な情報を集めることができるようになった。最近では、インターネットを利用して、いろいろの商品の注文や、銀行への資金の預け入れや引き出し、株式の売買なども行われるようになった。また、ホームページをつくったり、電子メールを交換することによって、世界中の人々と瞬時に交流することが可能になった。インターネットは人々の間の「意志の交流」、すなわちコミュニケーションの新しい手段と機会をつくりだしたといえる。
 しかし、インターネットは人間のコミュニティを本当に豊かなものにするのだろうか。ホームページや電子メールを利用しての交流は、かんたんで便利ではあるが、日常の生活や活動を通しての人と人との直接的交流にとってかわるものではない。生身の人間同士の交流では、思うことがうまくいえないもどかしさや、相手とともに会話を運んでいくむずかしさがある。だが、それが互いを尊重する心を育てたり、表現する力や意志を伝える力を磨いたり、会話の楽しさを教えてくれたりする。
 コミュニケーションとは、人間の間に、地に足のついたしたたかな関係、つまり「コミュニティ」をつくり上げていく活動のことだ。その意味では、インターネットという電子メディアによるコミュニケーションは、地に足のつかないバーチャル(仮想的)な性格のものである。それは、現実世界の時間や空間の壁を容易に超えることを可能にする一方で、地に足のつかない関係を拡大していく恐れがある。インターネットの世界での交流がゆきすぎると、家族や友人の間、職場や地域でのコミュニケーションが弱くなる恐れがある。そうならないためには、インターネットでのコミュニケーションも、その土台にバーチャルではなく、人々の実際生活に基づくアクチュアル(現実的)な交流をもつものとならなければならない。
 私も目を通しましたが、やっぱりこのコラムは気になりました。
 結局コミュニケーションのあり方など、人それぞれでしかありません。別に何が「地に足のついたしたたかな関係」かなんぞは他人になど分かりようがないのです。
 つーか、χさんも突っ込んでるけど、これだと最近話題の「出会い系サイトで出会う」ということは「地に足のついたしたたかな関係を構築している」ということになるんですが、つくる会的には「出会い系サイト」はOKなんですか?
 まぁ、「アクチュアル」などといったところで、この教科書自体がバーチャル公民なのですがね。

田中真紀子、よく言った。
 つくる会の教科書を流通させたり、自衛隊を軍隊にした程度で「一人前の国家」とやらになれるなどと思っている甘っちょろい連中は逝ってよし。(田中真紀子自身だって「言うだけ番長」で相当甘っちょろいのだが、他の連中があまりに酷すぎて)
 この発言で俺の田中真紀子評価は当社比500%くらいアップ。なので今まで「角栄の娘」としか呼んでなかったのを一人の人間として扱うことにしました。
 ちなみに野党の皆さんは完全に浮き足立ってるようで。こんなんだから、森政権のときになんにもできなかったんですね。納得。

・6月3日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ×
夕食後 ○
朝   ○
就寝前 ×

・6月4日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ×
夕食後 ○
朝   ○
就寝前 ×

・6月5日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ○
夕食後 ○
朝   ×
就寝前 ×


[#010603]
01/06/03

規制と自由

ヤングジャンプを立ち読みしてたら「黒岩重吾のどかんたれ人生塾」ってページがあった。この黒岩重吾ってのは歴史小説家らしいんだけど、このじいさんの言ってることがあまりに酷くて笑ってしまった。

 まず「日本はダメになった」という自分のことを棚に上げたウヨク特有の煽りから始まって「昔は村社会があって人々は安心して暮らしていた。変なヤツがいたら安心して暮らして行けない」と、まぁいわゆる「普通のウヨク」みたいな事をいいだした。
 ここまではいいんだけど、後半部になって「日本をダメにしたのは学校教育だ」というなかで、「自分の姪は食べ物をとても大切にする子で、残さないようにゆっくり食べていたら先生に怒られた。先生が言うには「給食は45分で食べるのが決まりです」とのこと。だから学校教育はダメなんだ」と、自分の姪のたとえを出した。そしてそのあと「真の平等とは個性を認めることだ」なんて言うんですよ。
 おい、ちょっとまて。お前、前半部で村社会を思いっきり肯定してなかったか?それにこのおっさん「教師のほうが偉くて当たり前」とも書いている。だったらお前のところのガキを引っぱたいて「先生のいうことを聞け」と言うのが筋じゃないのか?

 どうもこのじいさんの頭の中には「みんなが優しくて、みんなが幸せな村社会」というイメージがあるらしい。
 ウソつけよ。部落を「穢れ」としてずーっと差別してきたのも村社会の論理だし、最近の話題ではハンセン病患者たちは村社会によって、いままで隔離されてきたんだよ。
 だいたいこのおっさんも「村社会では子供たちはちゃんとしつけをされていた」なんて思っているらしく「今の子供たちは「心の教育」を受けていない」などと言っているが、教育社会学者である広田照幸氏が「日本人のしつけは衰退したか」の中で述べているように「村の大人は仕事に忙しく、しつけなんかに構ってられなかった」というのが実際のところだ。
 結局、村社会というのはマジョリティがマイノリティを排除してきた社会であるというのがリアルな理解であり、決してこのじいさんの思っているような理想の社会ではない。
 ちなみに、この話はどうでもいいので、手を抜いて書きました。

・「自由」という言葉を都合よく曲解している例。
2ちゃんねる研究 観察日記2001年6月3日より
話が脱線しますが、このあたりは民主主義の成立過程と成熟過程の違いのような気がします。
成立過程においては、それまでの独裁的な権力から権力を奪い取るという 構図になる。 そして独裁的な権力においては、「規制=支配」なので規制に反対して自由を求めるのが 原理的に民主主義であるということになる。 しかし当然ながら民主主義が浸透すれば、そのような旧来の構図が崩壊する。
そして権力を民衆の道具として行使し管理や規制を強めようとするのも 自然だと思います。
つまりそういう流れの中で「自由を濫用している」と思われるものが標的になり 規制されるのは 実は民主主義的である。
それを反民主主義という人は権力の概念が変質している ことに無自覚だと思う。
自由を規制したがっているのは権力者ではなく、一般の民衆である。
(これも国民主権の浸透と考えれば、 民主主義が成熟すれば、多くの人が「権力者」として権力寄りになり右傾化するのは必然だと言える)。
というか、常識的な話として、他人が自由に野放しにされていると明らかに迷惑だということです。
「支配的な国家−人民」の対立問題として考えると自由にすれば人民には 良いことだらけであるという理屈を構成できますが、 こういう思想は当然ながら、人民の間には利害関係の対立が無く完全な調和があるというウソの前提を 含んでいます。
もっとも共通の敵を設定することにより対立問題を回避しようというのは、多くの政治思想の 基本ですが。 「敵の敵は友」という回路で本来の利害関係の対立を回避し、連帯を作り出そうとする。
しかし国家はみんなの敵という発想で自由の問題を論じるのは、 時代の変化に対応できず古い図式を固守しようとしているだけです。
たとえば左翼が盗聴法に対して反対する場合の言説にはかなりウソが多いと思う。
というか、「これは自由を規制するものだ」みたいな告発をしても無意味だと思う。
盗聴法に賛成する人達はまさに自由の規制を望んでいるのだから、 「盗聴法は自由の規制だ」と説明されたら、当然賛成ということになる。
あるいはインターネット内のことを規制するような法案に対して、 「これはインターネットの自由の規制だ」と説明したら、 賛成する人の方が多いと思います。
まあ民衆はみんな自由を望んでいると前提しないと左翼的な図式は崩壊してしまうので、 そういうウソを守り続けるしかないのですが。
ともかく国家を共通の敵として「連帯」しようとしても、ただ単に 古い左翼的な価値観を守りたい少数の人達だけが集まるだけで。
ネット内で自由を唱えている人達の状況見ていればそれは明白です。
「自由を規制」というけど、それは実は「自由を規制しようとする自由」であって、自由を規制してしまえば「自由を規制しようとする自由」をも規制してしまうことになります。
 こういう考え方をする人達は「自由を規制しない規制」も「規制」であること(そしてそれが民主主義の根幹であること)を忘れてしまっています。なにも「規制」というものが自分たちの都合のいい(自由に対する)規制をしてくれるとは限らないわけです。
(「右派が「天皇主権」を望んでも、天皇が左派だったらどうするんだ?」という話に似ていますね)
 実際、各種の規制とは「自由」の名の元に生まれる、つまり「自由の中から秩序が生まれる」ってやつですね。ですから、民主主義の概念として2ちゃんねる研究さんの言っていること(「規制への欲求が民主主義の成熟過程である」)は正しいわけです。
 ただ、それ(規制への欲求)はあくまでも民主主義の根幹たる「自由」の元に生まれる欲求であって、自由そのものを規制しようとするのはナンセンスです。
 そんなわけで「全ての民衆は自由を望んでいる」と言うのが思いこみであるように、「自由と規制の両者はユニークである」というのも極めて自分勝手な思いこみなわけです。

 最後に「荒らし」について(上記引用の話が「荒らし」の問題から出てきているので)前に書いたことをもう一回書きますね。
「つーか、掲示板に大量書きこみされる程度のことの何が問題なの?」

・6月2日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ○
夕食後 ×
朝   ○
就寝前 ×


[#010602]
01/06/02

なんにもなし

・10年くらい使っていたTVの上下が狭くなってきたので、いいかげん新しいのを購入。
 あー、全然画質が違うわ。

・今日は忙しいのでこれだけ。

・5月31日の歯磨き記録
起床後 ×
昼食後 ○(寝てた)
夕食後 ○
朝   ×
就寝前 ×

・6月1日の歯磨き記録
起床後 ○
昼食後 ×(寝てた)
夕食後 ○
朝   ○
就寝前 ○


Homeへ戻る