3月(上旬)の日記


Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

01/03/15

今日も社会のことには触れてませんな

 神様が降臨してるよ。

 幻のラーメンが値下げ断行。
 ということなので行ってみたら、幻ではない普通のラーメンが450円とのこと。
 ……つまり、ある意味幻のラーメンより幻だった「並みのよそさまラーメン」が食べられるようになったということ。
 で、コラムの5月号の方を見たら、マクドナルドなんかの安売り商法に苦言を呈していたので「そうか、そういうことでよそさまラーメンを安売りしているのだな」という事に思い当たりました。なるほど、わざとやってるんだな。
 ちなみに私はいつものように幻のほうを食べましたが。

 112Mだったメモリに16M足して、128Mに増強。なんとかMac OSXが乗る環境に。
 ところで、なんかCD-ROMががたついているので、それを直そうといろいろいじっていたら、誤ってフロッピーディスクの入り口の埃よけのシャッターを壊してしまう。
 まぁ、別に埃よけがなくてもいいし、そもそもフロッピーなんか使わないので困らないんだが、とりあえずある事情で取り外し済みの7100のフロッピーのほうを流用させてもらう。
 しかし、7300は7100と比べると、筐体の明けやすさが雲泥の差だね。


01/03/14

オマエモナー


 ZEROから料金改定のメールが来たよ。
 とりあえず年会費が1,000円になるみたい。倍増だよ。
 とはいえ、それでも月100円以下だけどね。
 まぁ、いいか。

まずはこの文章をご覧ください
 まぁ、単純に論破するなら2ちゃんねるあたりから変な生き物を連れてきて台詞を吐かせればいいだけの話なんですが、いちおう書いておきます。
 結局のところこの人の言ってることは「立派な自分(立派な大人)」と「そうでない他人(ダメな大人)(子供)」を区別したヒエラルキーの観点から、大上段的に「曲解」などと言いたれているだけです。こうした話は自分たちに自身のない「大人」の皆様に大変ウケがいいものです。
 しかし、現実にはそうしたヒエラルキーは存在しません。大人だろうが子供だろうが、立派な人は立派で、そうでないのはダメだという現実があるだけです。そして立派な人で日の丸を信仰する人もいれば、しない人もいる。ダメな人で日の丸を信仰する人もいれば、しない人もいる。ただ、それだけのことです。
 それだけのことがどうしてこのような曲解の形を得てきてしまうのか?
 それは最初に書いたとおり「自分たちに自身のない「大人」」が「自分がダメな人である」という現実を受け入れたくないからです。受け入れたくないから、こうした奇弁を使って必死に自分の優位を確保しようとしているのです。そんなよこしまな心で「子供の権利」なんて言葉を見ると、どうしても攻撃したくなるんでしょうな。

 ううむ。もうちょっといいことを書こうと思ったんだけど、そもそも対象のレベルが低いから高い次元の話にならないなぁ。しかも長文のつもりで始めたのに短いし。
 本当に2ちゃんねるの生き物を連れてくるだけにしとけばよかった……。
01/03/13

手抜きは続くよどこまでも


 あはははは、こりゃひどいわ(怒笑)。
(関根さんの事は完全にシカトモード。全くこの国は官民そろって……)


 なんか、雑誌広告を見るに、俺もセカンダリプロバイダとして利用しているZEROの料金体系が変更になる模様。でも通知はきてない。


 つまり「金もってない弱小ユーザーはドメイン利用権を金持ちに譲れ、特にgoo.co.jp」って事ですか?


 別にワドル艦長が苦しんでるとか、そんなことはどうでもいいです。要は自分の船のミスで数人を殺しちゃったんだから、それの責任をどうとるかということでしかありません。
 そいえばワドル艦長が「謝罪する」とかいったら、えひめ丸の艦長が「ポーズだけだろう」なんて事を言ってたとかいないとか聞いたんですが、そもそも自分たちから「謝罪というポーズ」を求めておいて、いざ「謝罪する」といいだしたら「それはポーズだから無効だ」とする感覚はどうなんでしょうかね。つーか、最初っから「両手をついて謝ったって許してあげない(by 三年目の浮気)」なのは分かっているので、どーでもいいんですが。
 そもそも、俺はこれ関連のニュースが大変不快なので、さらにどうでもいいです。
 さて、最初に本を書くのは誰か?(笑)


 誰も気づいていないだろうけど、ある事情で日記ページの構成をちょっとだけ変更。
 とはいっても、表示上は全く変わんないんだけどね。言うなれば「一手間増えた」かな。
 どこかに、ちゃんとしたHTML4.01のコードを吐き出してくれる日記用のCGIないかなぁ?
01/03/12

人のフリ見てなんとやら


 小田嶋さんのサイトが3ヶ月ぶりに更新されてました。


 せんちめんとるジャーニーの3月11日の日記を見て思ったこと。

 別に朝日の報道内容がマッチポンプだと考えるのは構わない。
 けれども、それを自分がマネをして「ええい、この『朝日のマッチポンプ』が目に入らぬか、愚かな下郎ども! 頭が高いっ! ひれ伏さんか、ひれ伏さんかあ〜!!」なんて言いたれることに何の意味があるんだ?
 そもそも朝日が火をつけなくったって、アジア諸国の日本に対する懸念という中心問題はずーっと燻ってるわけだ。考えるべきはアジア諸国と日本が今後いかによりよい関係を保てるか、そのためにいかに戦争問題を解決するかであって(別に八紘一宇を信じててもいいけど)、産経電波のように朝日の断罪だけして(したつもりになって)いい気になっていても意味がない。
 俺が「朝日の行為がマッチポンプだ」と言うのを正当と考えるのは、朝日の行為が「必要以上に日本に対する敵対心をあおりたてる行為だ」と展開した後に「慎重かつ大胆に問題解消のために努力しなければならない」と〆る、問題解消に対して前向きな文章だけ。「内政干渉」などと、自分たちの問題解消に対する努力不足を向こうに押しつけるなんてのは論外。
 人のフリ見てなんとやらだ。朝日の行為が醜いと思っているなら、その醜い行為を自分がするなんて間抜けな事はするな。


 バカ亀が石原総理待望論などをぶち上げているらしい。
 フィクサー志向全開。もう自民党は見捨てたのか?


 長野県の康夫ちゃんイジメの裏には何があるんでしょうかね?
 この辺の事情はサイバラさん言うところのホモかっちゃんの日記を見ると、見えてくるかも。
01/03/10

今日も何もなし


 親の悪口を言いつづける子供同盟過激派(笑)
(つーか、とっととATに乗り換えれば?)


 徹子の部屋に爆笑問題出演。話の中心は田中の玉。
 それはいいんだが、なにをとち狂ったか、なんと田中の股間(もちろんズボンだけど)をアップに。
 また、話題の必要性からだが、長野県知事戦時の「ペログリ」並みに「睾丸」という言葉を連発。
 ドラえもんが出演したり、黒柳徹子がセーラームーンのコスプレをしたりと、突き抜けるときはとことん突き抜けるあの番組に新たな伝説が……。


 突き抜けるといえば、ポンキッキーズも見事に突き抜けていて、今回はガチャピンがロッククライミング(練習用人工コースだけど)をしていた。手先足先の細かな感覚が最重要のロッククライミングにおいて、着ぐるみというのは前代未聞じゃないだろうか?
 今度はぜひ自然石でプリーズ。


 世界のスポーツってのは選手に厳しくて、団体にクソ甘いのがルールなんですか?
 なんで、たかだか「間違っていたことを訂正する」程度の事ができないんですか?世界は分かりませんな。


 今日も手抜きでした。
01/03/09

今日は何もなし


#!/usr/bin/perl -w # 526-byte qrpff, Keith Winstein and Marc Horowitz 
# MPEG 2 PS VOB file on stdin -> descrambled output on stdout
# arguments: title key bytes in least to most-significant order
$_='while(read+STDIN,$_,2048){$a=29;$c=142;if((@a=unx"C*",$_)[20]&48){$h=5;
$_=unxb24,join"",@b=map{xB8,unxb8,chr($_^$a[--$h+84])}@ARGV;s/...$/1$&/;$d=
unxV,xb25,$_;$b=73;$e=256|(ord$b[4])<<9|ord$b[3];$d=$d>>8^($f=($t=255)&($d
>>12^$d>>4^$d^$d/8))<<17,$e=$e>>8^($t&($g=($q=$e>>14&7^$e)^$q*8^$q<<6))<<9
,$_=(map{$_%16or$t^=$c^=($m=(11,10,116,100,11,122,20,100)[$_/16%8])&110;$t
^=(72,@z=(64,72,$a^=12*($_%16-2?0:$m&17)),$b^=$_%64?12:0,@z)[$_%8]}(16..271))
[$_]^(($h>>=8)+=$f+(~$g&$t))for@a[128..$#a]}print+x"C*",@a}';s/x/pack+/g;eval

 絶望書店さんの「君よ!少年犯罪を識っているのか!?」
 昭和39年の少年犯罪リストは必見。


 今日はこれだけ。つーか、手抜き。
01/03/08

内政干渉?


 フクダさんとこからの情報。
 やったよ太一ちゃん。パソエンだよぉ。
(念のため「パソエン」をご存じない方は「平成三十年 私は五十一」を参照のこと)


 大変大変。マクセルが5.25インチフロッピーディスクの販売を終了するって。


 お犬様、御倒産。
 年に2回のコミケ売り上げで会社を再生の算段か?それでは大手サークルと同じでは……。


 灘本昌久さんの「ちびくろサンボよ すこやかによみがえれ」を熟読中。
 全体の感想などは後でまとめて記すことにするが、とりあえず150ページから一ヶ所だけ。
 いくら見かけが似ているからといって、それだけで両者を同じ差別表現だと断定するのは、乱暴な議論だ。卍マークがナチスを思い出させるからといって、日本の地図のお寺のマークまで攻撃されたら困るだろう。この話を私は以前一種のジョークとして使っていたが、差別的イメージ狩りが極端に走りやすい昨今の状況を考えると、これもジョークではすまなくなりそうである。
 この本が出版された99/06/17から半年ほどを経た99/12/03頃、本当にジョークではすまなくなってました(笑)
◆ポケモンカード、卍誤解で販売停止へ

 【ニューヨーク2日=松浦一樹】米国で爆発的な人気となっている日本アニメ「ポケットモンスター」の関連商品、ポケモンカードに印刷されている「卍(まんじ)」の記号が「ナチス・ドイツのかぎ十字にそっくりだ」として、米ユダヤ人団体から抗議を受け、米国任天堂(本社・ワシントン州)は二日、記号が印刷されたカードの販売を停止すると発表した。

 同社によると、「卍」は日本語版の一部ポケモンカードにだけ印刷され、米国内で製造されたカードにはなかった。しかし、アニメの人気上昇とともに、日本語版を購入したがる子供が増え、同社の許可なく輸入されることが多くなっているという。

 同社は「卍は、日本文化や仏教では、肯定的な意味を持つが、ほかでは、誤解される恐れがあることも理解できる」とし、異文化への配慮から、一部カードの販売停止に踏み切ったと説明している。

 米国で「卍」が問題になった例としては、昨年の長野五輪大会で、善光寺(長野市)に取材本部を置いた米四大ネットのCBSテレビが、中継の背景となった境内の「卍」記号を全米に放映したため、困惑した視聴者から多数の問い合わせを受けたことがある。

(12月3日10:47)

 ところで「つくる会」のクズ教科書に中国がクレームをつけた事に対して、産経電波などは「内政干渉」などと言ってはいるが、そもそも「内政干渉」とは何なのだろうか?
 いや、もちろん「国の政治に他の国が口をはさむこと」であることは知っているのだが、あくまでも国というのは他国との関係の上になりたっているのであって、それを考えれば政治というのは常に干渉される性質のものであるといえる。
 もうちょっと突っ込んで「自国の利益のために他国を利用しようとする」という考え方だとしよう。
 それにしたって「自国のために他国と交渉する」のは、やはり当たり前の話であって、だからただちに「あの国のためになるなら、この国のためにはならない」なんてこともない。双方によってためになる提案もあれば、そうでないものもある。
 産経が言うには「朝日の記事はマッチポンプだ」ということだが(「お前が言うな」というツッコミはおいといて)、朝日にしてみれば、そのような(我々は正義だった。みたいな)記述が「教科書に載る(=国の見解として教えられる)」ということが、アジア諸国でどのような反応を引き起こすか、事前に啓蒙してあげたくらいの事かもしれない。
 もちろん私は「つくる会」の本が出版されること自体は反対しないし、それを弾圧する勢力があれば、それを批判する。しかし、世界の常識から見てきわめて偏った思想を「国の制定した教科書によって教える」ということが国の政策として批判されるのも、今の世界では当たり前の話。

 だから俺は「干渉くらいされて当たり前」だと思うんですが、違うんですか?
01/03/04

電話料金は高いのか?


 さぁ、明日はブラックマンデーだ(笑)


 さぁ、よしりん。台湾行って頭下げてこい。それが「滅私奉公」というものだ(ワライ)


 某サイトの人が、またとんちんかんなことを言っていて、突っ込みたいのはやまやまですが、あんまりやるとウオッチャーのようになってしまうので、やめておきます(あめ2000ヘッドラインに登録されている関係上、どうしても見てしまう)。しかし「自分がインターネットを始めた月に電話代が45,000円もかかったからNTTは高い」って屁理屈は……。自制心ないんですか?(俺だって最高25,000円程度。まだプロバイダが10数社かしかない頃(テレホもタイムプラスも、もちろんない)からネット始めて5年にもなりますが)
 あと、やめておけばいいのに、よしりん台湾入境拒否の件まで触れてて、それがまたとんちんかんで、だいたい「入拒否と書いてる時点で……(本当にやめとこう)

 まぁ、言うだけなのも何なので、ひとまず「適正な電話料金」ということを考えてみましょう。
「NTTは高い」という話はよく聞く。
 一方「プロバイダは高い」という話はあんまり聞かない。
 いや、実際「自分の地域のプロバイダは高い」という話は聞かないこともない。しかし、総じて「プロバイダ料金は現在程度で適切である」と考えている人のほうが多いように思える。実際、何社か無料プロバイダがあるにもかかわらず、それらの会社は苦戦を強いられている。
 これが一体どういうことかといえば、プロバイダ事業というサービスに対し、たいていのユーザーは月額2,000程度を適正な価格だと考えている。ということである。
 逆にNTTのサービスを「適正価格でない」感じているネットユーザーは多いと。
 つまり、実感の差は「サービスをどう考えるか」という点から生まれているのではないか?と考えてみる。

 最初に「プロバイダのサービス」を考えてみる。
 まず、当然「インターネットに接続できる環境の提供」が挙げられる。
 そして……これだけである(もちろんメールサーバーやサイトスペースの提供も挙げられるが、これは上記に含まれるし、サーバー管理は上記環境を維持するための必要業務に過ぎない)
 ただ、その「インターネットに接続できる環境」を素人が構築するには難しいとユーザーが思っているからこそ(実際は思ってるほど難しくはなかったりするのだが、それはそれで何かと大変だし、出費も安く済むとは思えない)、そこに「月2,000円」の価値を認めることができるわけだ。私もまぁ1,500円くらいが適正かなとは思う。

 それでは、電話回線についてはどう思っているのか?
 電話回線を提供するには、物理的な「線」を用意しなければならない。その時点で素人には不可能である。またテクノロジーも「一瞬たりとも使用不可にしない」事を可能とするテクノロジーでなければならず、ネットに接続するサーバの様に「たまにコケても許してね」というわけには行かない。当然、かかる費用も膨大である。
 それだけ考えれば、月額20,000円払ったって安くないのである。

 しかし、たいていの人は電話線に20,000払いたいとは思わない。
 それはなぜか。
 それは電話回線が生活をするうえで必要不可欠な基礎インフラであるからだ。
 基礎インフラは「あって当然」のものである。「あって当然」のものは「安くて当然」なのだ。ないと生活が脅かされるわけだから。
 つまり電話料金はサービスそのものに対する対価ではなく、「あって当然のものに対する価格設定」という全く別の支点から考えられているのだ。
 この点、今のところ基礎インフラではない「ネット回線」と基礎インフラたる「電話回線」が同一であるという事が話をややこしくしているように思える。
 ただ、少なくとも今度「ネット回線」も基礎インフラとして社会的に認識される(どっちも「基礎インフラ」)ことは間違い無いだろう(頼むからそういう「IT革命」をやれよ。森先生よぉ)し、そうなれば「ボクが高いと思うからNTT(一応「電話回線」の代表として)は高い」などという戯れ言は一切通用しなくなる。語られるべきはインフラの意図として、その料金が適切か否かという話だ。
 今後はさらに「ボクが思う」ではなく「社会的に見て」の視点が必要になってくることは言うまでもない。
(ちなみに「24時間テレホーダイ運動」が間抜けなまま終わったのは、全体的に前者止まりだったから)
01/03/02

息抜き


 どうしよう、山田うどんのサイトが開設してたよ。
 山田うどんだけは絶対にサイトなんかつくらないと思ってたのにー。バカーーーーーっ(泣)。


 金銀ババアの銀も死亡。そういうものだ。


 フクダさんが「戦争論」「台湾論」を読んでいるようです。律義ですね。(俺はもちろん読んでない。図書館で借りる気すらない)
 つーか、アレってそのままMMRのパクリでしょ。特に根拠レスの断言っぷりが。


 そうそう、すでに他の掲示板(2ヶ所)には書き込み済みのこの共同の記事最高。採用した日経も最高。
 あまりにすばらしいんで、転載しときます。永久保存版。
仮想現実にきずな求め? 後を絶たない自殺・心中

 27日夜、福岡県飯塚市内のビルから飛び降りた同県田川郡内の中学2年生の少女(14)と、名古屋市内の高校生2年生とみられる少女(17)。中学生の少女は友人あてに、メール友達の件で自殺することをほのめかしていた。

 インターネット上では、自殺の情報などを扱ったホームページや掲示板をきっかけとした自殺や心中、自殺ほう助事件が後を絶たない。少女2人も、仮想現実の世界にきずなを求めたのだろうか。

 1998年には、札幌市内の塾講師が自殺志願者に青酸化合物を宅配便で送るサイトを開設し、送られてきた薬物を飲んだ東京都杉並区内の女性らが死亡した事件が発覚。

 99年には静岡市の女性がネットで購入した筋弛緩(しかん)剤を飲み一時、意識不明の重体に。筋弛緩剤を送った兵庫県尼崎市の女性が自殺ほう助未遂の罪で有罪判決を受けた。

 昨年は、自殺に関する情報を集めたサイトで知り合った福井県武生市の男性歯科医師と愛知県の無職の女性が、医師の自宅で心中。いずれの事件もメールで関係者が結び付いていた。

 「自殺」のキーワードでインターネットを検索すると、ヒット数は4万件以上に上る。「心中掲示板」と題した掲示板には「気が合ったら一緒に逝(い)きましょう」「だれか一緒に死んでくれませんか」などのやりとりが。孤独な心の最後の行き場は仮想現実の世界なのだろうか。

〔共同〕
 最高傑作に解説は必要ないでしょう。じっくりご鑑賞くださいませ(笑)。
01/03/01

あいまいな日本人


 125,000リンリンハウス円以上の大金が強奪されて大変。


「今日のメディアでした」を読む。
 とりあえず「21世紀最初の○○」に大爆笑。(ムッくん情報によると「学習院大学のワンダーフォーゲル部」出身だそうです。ワンゲル部……)
 んで「ワクチンは有害な病原体から作られる。」も読んで納得。
 特に
「有害だからこそ、やめられません。有害こそが私の制作意欲をかき立てるのです」ぐらい反論してもいいような気がする。
 というのは至言だと思う。

 さて、ここから本題。
 俺はこのときに「じゃあ「しりとり侍」をやめさせられたのにもかかわらず、そのアンチテーゼというか「めちゃイケ バトルロワイヤル」でしりとり侍より洒落にならない罰ゲーム(体の上に軽トラの土砂をぶちまける)をやってしまうめちゃイケはすごいな」などと思ってしまいましたと。
 で、今ネット上でめちゃイケを語るのには欠かせない話題が同性愛者差別の件(URLに日本語使うのは勘弁してほしい)でしょう。

 私自身はそういう差別者ではありません(少なくともそう思っています)が、だからといってこの番組の内容に対して抗議だとかそういうことは全く感じません。
 ちなみにオフィシャルの板では「面白くなかったから」などとも言われてますが、そういうことも全く関係ないと思います。
 これの問題点はただ「メディアリテラシーという考え方が普及していない」「TV放送がメジャーであること」の2つに集約されると思います。
 前者については解説の必要はないと思いますが、後者は分かりづらいのでちょっと解説。
 現在TVで「地上波」と言われているのはまぁ数十局しかないわけで、我々はこの地上波で放映される内容とと否応なく関ることを余儀なくされていると。その中でこうした差別的な番組づくりをされると、それが差別意識に繋がってしまうわけです。
 つまり、問題なのは「差別的な番組がつくられること」ではなく「地上波で放映される内容とと否応なく関ることを余儀なくされている」ことなのです。これがたとえばCSの有料放送だったらほとんど問題視されないはずです。
 実際、上記リンク先の高橋タイガ氏も
「救いようのないバカ」といってしまえばそれまでなのですが、現実問題として、この番組は高視聴率であり、多くの人(特に中学・高校生)に影響力を持つ番組です。
 と、記して、番組自身よりも影響力こそが問題であると記しています。(ただし、本人の中で両者が分離できているかは不明)

 私はたとえ多少の人間(マジョリティだろうがマイノリティだろうがという意味)が傷つく可能性が否定できないとしても、放送でも出版でも全ての表現手法は悪意ですら自由であるべきだと考えていますので、このような抗議はちょっと賛同できませんね。
(特にスポンサーサイドへの抗議という手法は、人権問題解決に必要不可欠な「相互理解」を産み出さないという点で、悪質なものだと考えています(番組内で謝罪放送をすれば、人権問題は解決するの?しませんよ。ただ単に「バカな抗議をするやつがいるなぁ」で終わり。テレビにタブーが増えるだけ))


 えひめ丸の件だけど、本当になんか最近ほとんど言わない言葉だけど「あいまいな日本人」というのを具現化してる気がするね。
 遺族は何を求めているのか、死者に対する謝罪なのか?遺族に対する謝罪なのか?謝罪だけで賠償はいらないのか?責任は船長に取らせるのか?一緒にのっていた民間人に対してはどうなんだ?米海軍自体には何も求めないのか?アメリカにはどうなの?沖縄駐留軍には何かある?
 その辺の統一した日本側の見解を出さない限り、いつまでたってもこの問題は解決しない。
 タックルで大竹まことが(大竹は「善良な一般市民」の意識を体現するパネラーとしては優秀だと思う。たけしの場合はちょっとしたギャグやぼやきさえ言っておけば、編集で〆てもらえるもんなぁ)「向こうが悪いのは当たり前でしょ?」なんて言ってたけど、だからその「向こう」というのは誰なんだって聞いてるんだよ、アメリカさんは。
 つまりさ、被害者家族は原潜艦長に対して「土下座しろ」などといっているけど、じゃあ具体的に「艦長の罪」とは何なのかと。それをはっきりさせるために当然の行為として艦長は謝罪の前に弁護士をたてたわけで、弁護士をたてたから罪から逃れる意識しかない、死んだ人のことは何も考えてないなんてことにはならないわけ。
 たぶん「土下座しろ」という話は「日本的な道義上の罪」に対する謝罪(人を死に致らしめた→罪の確定→謝る)を求めてるんだろうけど、法治国家の姿勢としては「誰がどれだけの罪を犯したのかをテクストに照らし合わせて明確にした上で謝罪(人を死に致らしめた→法に照らし合わせる→罪の確定→謝る)」事こそが道義なわけで、日本のような「人としての謝罪」と「法の上での謝罪」というダブルスタンダードは奇異(かつ卑怯)に見えているに違いないのである。(ただし、これはあくまでも「社会全体としてダブルスタンダードを求める姿勢」が奇異なのであって、個人が法の範囲をこえて加害側を恨むのは問題ないので、念のため)

 なんてことを書いてたら「もう我々は日本に十分謝った」なんてコラムがワシントン・ポスト紙に掲載されたそうで(特に「新聞の論説委員や日和見主義の政治家たちは与えられた権利を超えて(謝罪を)要求している」の部分に注目)、やっぱりアメちゃんはそう思ってるんだなと納得。

Homeへ戻る