6月(下旬)の日記。

大丈夫よアムウェイは
安全宣言

Homeへ戻る  日記内を検索できます。  深夜のシマネコBlog
 (↑上記Blogが現在のメインです。このアーカイブはBlogから数日〜数カ月後に更新されます)

2011年
N1111  N1110  N1105 
2010年
N1012  N1011  N1010  N1009  N1008  N1007  N1006  N1005  N1004  N1003  N1002  N1001 
2009年
N0912  N0911  N0910  N0909  N0908  N0907  N0906  N0905  N0904  N0903  N0902  N0901 
2008年
N0812  N0811  N0810  N0809  N0808  N0807  N0806  N0805  N0804  N0803  N0802  N0801 
2007年
N0712  N0711  N0710  N0709  N0708  N0707  N0706  N0705  N0704  N0703  N0702  N0701 
2006年
N0612  N0611  N0610  N0609  N0608  N0607  N0606  N0605  N0604  N0603  N0602  N0601 
2005年
N0512  N0511  N0510  N0509  N0508  N0507  N0506  N0505  N0504  N0503  N0502  N0501 
2004年
N0412  N0411  N0410  N0409  N0408  N0407  N0406  N0405  N0404  N0403  N0402  N0401 
2003年
N0312  N0311  N0310  N0309  N0308  N0307  N0306  N0305  N0304  N0303  N0302  N0301 
2002年
N0212  N0211  N0210  N0209_l N0209_f  N0208_l N0208_f  N0207_l N0207_f  N0206_l N0206_f  N0205_l N0205_f  N0204_l N0204_f  N0203_l N0203_f  N0202_l N0202_f  N0201_l N0201_f 
2001年
N0112_l N0112_f  N0111_l N0111_f  N0110_l N0110_f  N0109_l N0109_f  N0108_l N0108_f  N0107_l N0107_f  N0106_l N0106_f  N0105_l N0105_f  N0104_l N0104_f  N0103_l N0103_f  N0102_l N0102_f  N0101_l N0101_f 
2000年
N0012_l N0012_f  N0011_l N0011_f  N0010_l N0010_f  N0009_l N0009_f  N0008_l N0008_f  N0007_l N0007_f  N0006_l N0006_f  N0005_l N0005_f  N0004_l N0004_f  N0003_l N0003_f  N0002  N0001 
1999年
N9912  N9911  N9910  N9909  N9908  N9907  N9906  N9905  N9904  N9903  N9902  N9901 
1998年
N9812  N9811  N9810  N9809  N9808  N9807  N9806  N9805  N9804  それ以前 

(「f」は上旬「l」は下旬です)

ご意見ご感想はメール、もしくは掲示板までよろしくお願いします。

著書、絶賛発売中:『若者を見殺しにする国』(朝日文庫)

00/06/30

適当


 今日のリンクは「すこたん企画」「私のここ数年で最大の心の傷」。
 やたら「17才の犯罪」を叫ぶ連中は、今の大人の「「他者」に対する考えの軽薄さ」を少しは考えて欲しい。
 俺は「自分の共同体に入らないものだから、殺したって関係ないという態度」は実に「日本人的に素直」だと思いますけどね。
(なんか「リンク先と話がちがうじゃないか」と思われる方もいるかも知れませんが、日本人には「考え方の違う他者といかに付き合うか」の感覚が致命的に欠けている。そういう文脈で一緒なわけです。もちろんマイノリティとかマジョリティとかはまったく関係なしで)


「冬眠日記」より「コミックGON!」絡みの話
 ゴー宣裁判判決も出て(引用については、よしりんが上告しないので「漫画の引用は合法」です)、さぁ、これから漫画批評が面白くなるぞ、となったときにはもはや表舞台から姿を消していた「コミックGON!」(休刊ではなく廃刊!!)
「伊藤 剛」氏のいうように
っていうか、コミックGON! という雑誌はかえすがえすも貴重な媒体だったですね。
 だったです。
 コミックGON!自体の評価(だけ)は非常に良くって、うまくすればGON!本紙を上回る可能性もあった(当時はそうではなかったが「ゴー宣裁判判決」結果をもって、強気に出られる今ならば)だけに、非常に残念でなりません。
 いろんな意味で「早すぎた」んじゃないんですか。コミGON!は。

00/06/28

「子どもを有害サイトから守る会」のホロコースト行為


「子どもを有害サイトから守る会」の掲示板の閉鎖が解除され、再開されていました。

 変更点は
「メールアドレスを登録しないと書き込みはもちろん閲覧もできなくなった」
「守る会に都合の悪い投稿が多数削除された」
の2点です。

 まず、前者については崎山さんが立てたスレッドでもいわれている通り「スキル不足による緊急的処置」の可能性があり、閲覧までも管理する意志でこのような方式をとったのかは分からない状態です。
 ただ、これが臨時であれば「臨時であることの説明」くらいするのが当たり前であり(臨時でなくても「なぜ登録制にしたのか」は書くべきでしょう)、私個人としては「まもる会は掲示板を公開する必要はないと考えてる」のだと考えます。

 そして、最大の問題は後者なのですが、最近の批判の投稿のほぼ全てが削除されています。もちろん守る会寄りの投稿はほとんど(さすがに「武士」くんは擁護しきれなかったらしい)残っています。特に「この掲示板は閉鎖したほうがいいと思います」スレッドは、明確に利用規約の違反をしている投稿(「あたまの構造がおかしいと思います」という明らかな誹謗中傷)のみ残されて、それに対する反論は全て削除されています。
(スレッド自体の削除が難しい掲示板というものもあるが、今回の場合はスレッドごと削除されたものも多数存在するため、意図的にこの投稿だけ残したのは明らか)

 でもさ、よくよく考えれば、前者も後者も、この会が「明確な目標」をもち「的確なカウンタアビリティ」を発揮していれば、いくらでも回避できた問題なんですよ。
 そもそも最初から「自分たちはこういう事をこういうふうに行なう団体です」との説明をしていれば、掲示板が「荒れる(私自身はちっとも荒れているとは思わないが)」状態になることもなかったし、スキル不足だって「子どもを守る」という御題目に魅かれる人はたくさんいるんだから、協力者が現れる可能性だってあったわけで、そういう可能性をつぶしているのが、自分自身の行いのせいだということに一秒でも早く気づいて欲しいです。無理だろうけど。

 そんなこんなで、「子どもを有害サイトから守る会」抹消ログ(不完全)を公開しておりますので、現在の掲示板の中身と見比べてみることをお勧めします。

00/06/26(追記分)

ここだけの速報


「子どもを有害サイトから守る会」の掲示板が閉鎖されました。
 とっても素敵な展開。うふ。

00/06/26

九代英二の通信傍受Show


 今日の日記はフィクションです。
 実在の人物とは公明党と創価学会のように関係ありません。

OP
 鳥の羽を付けた複数のダンサーが所狭しと踊り廻る。

♪TV show TV show
da da davada da da da
九代 九代
九代英二の通信傍受Show

 車イスをバニーガールに押させて、TVスター九代英二、にこやかに登場。観客(バイト)はスタンディングオベーション。

九代:
 やぁ、みんな。天皇を中心とした神の国の国民として、日の丸を掲揚してるかな?もちろん例の3色旗も一緒に掲げるのが常識だよね。
 毎週、さまざまな非国民の生の声をお届けする通信傍受ショー。司会の九代英二です。
 さぁて、皆さんお待ちかね、今週の通信傍受対象は?

 場内暗転。ドラムロール。

九代:
 こいつだ。
 今日は東大王ヤブの電話を傍受するぜ。
 さぁ、みんな聞いてみようね。


東大王ヤブの電話の声:
 盗聴王八代が当選しちゃったねぇ。一度あいつの車イスに細工でもして、突然公衆の面前でタイヤが外れるようにでもしてやろうかな。そしたらあいつ「わぁ」とかいって、立つんじゃねぇの?ダテ車イスだからな。
 あと優子ちゃん?当選の挨拶が「これから一人前の政治家になります。育ててください」だってさ。メリクリウス・プリティじゃねぇんだっての。
 エロゲー業界も優子ちゃんをモデルに、一本作ったらどう?自分の育てた女の子を政治家にするシミュレーションでも。もちろんエロゲーだから、票を獲るために、地元の有力者のおもちゃになったりするの。何人ものジジイのチンポを代わる代わるしゃぶるシチュエイションは萌えるぜ。
 それに、選挙に出る女の子なら、25才以上って事だから、児童ポルノ法にも対応できるしな。完璧。
 元首相の2代目の女の子というと、田中真紀子もそうだよね。
 政治家にしたいのは田中真紀子で、しゃぶられたいのは優子ちゃんかな(笑)。しかしなんで同じ2代目でこんなに違うんだろうね。まじめなはなしさ。
 取りあえず群馬5区は「北朝鮮」と呼んで、日本から隔離決定な。
 まぁ、今回の選挙をまとめるに「日本は池田大作を中心とした神の国」ってとこかな?
(以下、フェードアウト)


九代:
 さぁ、この非国民を会場のみんなはどうしたい?

会場:
 投獄 投獄 投獄 投獄 投獄(全員一致の投獄コール)

九代:
 よし、それじゃこいつは他人の駐車場に入ったところを「不法侵入」で現行犯逮捕に決定だ。あとは適当な罪でもでっち上げて、5年くらい拷問してやればいいだろう。それでは次の非国民……

(この番組続く)

00/06/25

今更だけど書いておかなきゃいけないこと


 まぁ、いつものように自民党が共産党を攻撃していると。
 その文面はもちろん「共産党はかつて暴力で政権を奪取しようとした。破防法の監視対象になっているのがその証拠だ」って奴だけど、それがいったいどうしたんでしょうかね?
 確かに共産党はかつては破壊的活動を行なっていた。しかし、自民党だって共産党に対して「違法な赤狩り」を行なってきたわけだ。共産党が破防法の監視対象になっているのがその証拠(笑)。(そもそも破防法は共産党員弾圧のために法制化したんだから)
 どこの国でもそうだけど、一定の時期においては「違法活動もやむを得ない」ことが共通認識になる時期があった。つまり自民党は共産党が破壊活動を行なう事によって、政治的に共産党抹殺をねらうことが許されたし、共産党は自民党が政治的抹殺をしようとするとこによって、破壊活動が許されていたわけ。

 さて現在。
 共産党は破壊活動を行なってはいない。多分。
 しかし、自民党はいまだに共産党の社会的抹殺を狙っている。
 もはやその文脈が無効であるのにも関わらず、いまだに同じことを続けている自民党と、そうではない(と思われる)共産党。どっちが比較的正しいかはハッキリしている。そういうこと。

00/06/24

それでも素敵なランディさん


「ダ・ヴィンチ」に宮台先生が「バレット・バレエ」評を書いたというので、読みました。
 で、それはそれで「そうだな」と思った(「そうだな」としか思わなかった)んですが、パラパラめくっていたら、なんかとっても素敵な田口ランディさん(本棚に「ハイセンス絵本」がありそうな物書きナンバーワン)がインタビューかなんかを受けていて、その中で別役実氏の本を持ちだして「個人より先に関係」などといいたれてたんですね。
 ていうか、別役氏の書くものって「関係」であることなんか大前提なわけで、そっから先が見どころなんだから、彼の本を見てそんな当たり前のことしかひき出してこれないランディさんってなんて素敵なんでしょうか(吐)

 しかし、ランディさんってばメールマガジンとかに結構読者がついてるんでしょ?
 まぁ、読者層が30代のいまだにアブクぶくぶくで、腐臭のする方々ばっかりというのは目に見えてるんだけど、そういう方々にとっては「個人ではなく関係だ」なんてのがまるで「おいしい生活」とか言われたかのように新鮮に見えてしまうんだろうなぁ。そしてそういう連中が今、TVドラマとかCMとかで活躍してるんだよなぁ。


 サーチエンジンを検索していたら、こんな日記を見つけました。
 この文章が実に「素敵なランディさんのスタンス」というものを見事に表現しているんですね。私もまったくスタンスについては同感です。
 そしてその上で「田口ランディうぜぇ」と思うわけです。

 結局「現実」というのは「個人個人の相対関係の親玉」でしかないわけです。
 だから、自分に限れば「現実=自分の関係」でしかなわけです。これは今までの日本の「共同体主義」もまったく同じで、絶対的な「現実」を持ち出すことなく、常に相対関係のみでやって来たわけです。
 ところが、昭和期以降は「経済成長に国民が関わること=現実」というふうに文脈が変わってしまったんですね。これは別にGHQの仕業とかそういうことではなくて「戦争直後の経済成長が共通認識だった」の「共通認識」が「絶対不変の現実」として独り歩きを始めてしまっただけのことです。

 そこで問題。先の日記の文章の
彼女は、まず問題を「現実」と認めることから始めている。
そして、認めた「現実」と自分との距離を測り、それが自分にとってどういう問題かを位置付ける。
そうすることで、彼女はその「問題の存在」を改めて確認する。
 って、どういうことなんでしょうか?
 そして、こういうスタンスにシンパシーを感じてしまうというのはどういうことなんでしょうか?
 それは「現実」の捕らえ方が極端に甘いって事ですよ。

 そもそも認めるも認めないも「現実は現実」であって、逃げるも逃げないも「現実」なんですよ。しょせんはその人の「関係」に過ぎないわけですから。
 それを「認めるからポジティブ」「認めないからパッシブ」風に考える人間というのは、実に視野が狭いと感じるのです。
 たとえばいわゆる女子高生あたりが「自分の価値はオマンコしかない」と考えて、若いうちに男の金を使って楽しくしようというのも現実だし、ランディさんみたいな人が「自分の価値探し」をするのも現実です。そこには「認める認めない」などという狭い了見は存在しません。
 ところが素敵なランディさんにシンパシーを感じる日記の作者さんはこの言葉で締めてしまうんですね。
現実を「肯定的」に捉え、それを認め、そこに人間を、世界を変えていく「力」を見い出すことができる人というのは、どれくらいいるのだろう。
そんなことを思いました。
 確かにこの文章自体にはそれがいいか悪いかそのものは書いてありませんが、すくなくとも優越感を感じ取ることができます。この現実が素敵なランディさんの文章の駄文っぷりを如実に示すものといってもいいでしょう。

「消費社会とそこからの離脱」の本質に迫るでもなく、そこからの解脱を目指すでもなく、ただそういった「自分たちに都合のいい現実」を求める人達にちょっとした優越感を与えるだけの文章の存在価値ってなんなんでしょうかね。

00/06/23

日本は森を中心にしたバカの国


 Yomiuri On-Lineより

「国の借金は 国民の財産」首相が反論

 森首相は二十一日午後、佐賀市内で街頭演説し、民主党が、巨額に膨らんだ国の財政赤字を批判していることについて、「確かに大きな借金を抱えている。しかし、日本は外国に金を借りているわけではない。(国の借金は)国民の皆さんからお借りしている国債だ。国民の皆さんからすれば財産が増えることにもなる」と反論した。

(6月22日01:23)


 もう何を言ってるんだか分かりません。
 滝じゃ滝じゃ。国債は金のわき出る養老の滝じゃ。面白すぎ。
 ていうか「身内に借りているから、借金じゃない」って返さないやつの論理だよな。
 どう考えても、破産への道を「森まっしぐら」。国債化社会サンライズ日本。

 さらにこんなことも言ってますね。
 mainichi.co.jpより。

2000年6月21日

教育改革:
中高一貫制の導入検討に言及、森首相

 森喜朗首相は21日夜、衆院選遊説先の大分県三重町で講演し、教育改革に関連して「いろんな問題を抱える少年期に2回試験をするのはよくない。思い切って『6―6―4』制にしてはどうか」と述べ、中高一貫制の導入を検討する必要があるとの考えを示した。首相はこのなかで、「中学、高校(の入学試験)で、偏差値を付けて、子供たちが敗残兵のような気持ちになっている」と指摘した。

 森首相はまた、大学の9月入学を検討する考えも示し、「(高校卒業から)大学入学までの5カ月間に、ボランティアをやるとか、自衛隊に入ってみるのもいいかもしれない。人格(づくり)をいっぺんしっかりとやってみて、それから(進路を)決めたらいいと、教育改革国民会議に参考にしていただきたいと申し上げている」と述べた。


 たしかに『6―6―4』制も悪くはないけど、この制度だと1度そのコミュニティの中で離脱(イジメ等も含めて)すると、ずーっと離脱しっぱなしになってしまいます。したがって「学校を本人の希望により選択できる」などのサルベージシステムが必須なんですが、彼はそういうことはまったく考えてないんでしょうね。単純に「ガチガチの共同体」を作るためだけにこういう事を言っている。国粋主義者の面目躍如。

 あと、何が「人格(づくり)をいっぺんしっかりとやってみて」だ。おまえがやれや、ボケ。
 ていうか、俺は自衛隊にいてもまったく「彼の言うような人格」ができてない人をたくさん知ってるんですが。
 ボランティアにしたって、大学に入る人数をどーやって割り振るのよ。
 老人ホームに来られたって、ホームにとっても老人にとっても迷惑だ。

 いや、これは「値上げを前提とした暫定処置」で「5カ月」が「1年」「2年」に増えて「軍隊ではなく自衛隊」と同じ「徴兵制ではなく義務教育」をやるつもりかな?
 ちなみに「徴兵制ではなく義務教育」だから「良心的兵役拒否」もできませんな。「良心的兵役拒否」がボランティアなのか?でもどう考えても国際ルールとは違うぞ。

 ところで自民に組織票を入れた人は、こうしたバカの戯言を支持している「森よりバカ」と考えてよろしいんでしょうか?まさしく「日本は森を中心にしたバカの国」となるんでしょうかね。

♪都の西北、早稲田の隣り
 バカ田 バカ田 バカ田 バカ田

 って、森君実は早稲田に通ってるつもりだったけど、本当は「バカ田大学OB」だったのでは?

00/06/22

あたったあたった


 なんか宅急便がきて、荷物を置いてった。
 何かと思ったら「メール読みマウス」だった。
 確かにISDN回線ひいたからなぁ。

 でも、これはMacでは使えないので、誰かにあげようかなーなんて思ってたんだけど、試しにYahooオークションを覗いてみたら……そこそこいい値ついてんじゃん。
 左脇えぐる混むように売るべし売るべし。
 しかし、売るにしても開始価格や入札単位も考えないとね。

00/06/21

そんなに日本人は戦争したいのかな


 なんか選挙も自公保が以外と優勢ぽくって、南北朝鮮が歩み寄ったり、中国が報道の締めつけを始め、プーチン政権でどうたらなっている昨今に「選挙で自公保が勝つ」ということがどういうことだかまったく分かっていない連中がたくさんで、ほんとに嫌になります。
 さて、どこの国に移住しようかな。
 どうせだから国会のセンセーがたに「大戦略」でも配って「戦争やりたい」って衝動を解消していただくというのはどうか?でもじいさんはバーチャルじゃ勃たないかな?
 クソ森も「無党派層は家でイモ食うて屁ぇこいて寝てろ」なんていってるしなぁ。
 しかし、寝てる代償が戦争じゃなぁ。あまりにも不釣り合いだな。
 なんかネット業界も「青少年保護」をうたい文句にした検閲が流行の兆しだしなぁ。

 そんなにみんな戦争が好き?

00/06/18

あんまりおもろいことがないなぁ


 asahi.com「オウム信徒雇ったパソコンショップ開店できず」
 こういう威力業務妨害ありありの神の国日本。
 ところで、ここのビルのオーナーは事件を「風化」させたいらしいです。
 オウム被害者はここのオーナーを糾弾すべきでしょう(笑)

 日テレ「伝説の教師」。AC少年が未成年のうちに学校爆破をたくらむという、お得意のプロパガンダシナリオ。(少年の「少年法がどういうものか見せてやる」というセリフに爆笑)
 爆破の直前に改心するというベタベタな展開は、実にくだらなくてオッケーです。
「テ テ テレビを見るときはー 仮想と現実を区別して見てね」(笑)

「笑点」山田雅人、競馬中継漫談。競馬実況ネタと大阪人ネタ。そして芸能ネタいじりへと。ほとんど素人芸。こうして人は食べていくのね。

 ところで「日本母性文化協会」って何してる団体なんだろ?林君に関係あるのか?(そーいや「父性の復権対談ネタ」まだ書いてなかったな)

00/06/16

平凡な日々


「Time」がなんと1年間1号285円で読める。
 これは凄いキャンペーンだなぁ。どっか日本の雑誌でもやってくれないかなぁ。ていうか、TIMEの日本での売れ行きはそんなに悪いのかしら?

 近くのスーパーで買った50グラム200円のお手軽価格チーズが非常に美味しかった(そして非常に濃ゆい。これがあれば塩はいらないな)ので、これと一緒に飲むような日本酒なりワインを探しに酒屋へ。
 するとどー考えても俺に「俺を買え」と訴えかける、無駄にデカイ図体をした1.5リットルで1100円という、日本で言うところの2リットル焼酎とかサントリーレッドレベルの無茶な価格のワインが。
 で、もちろん買って、今その安酒をあおってます。
 味は見事なブドウジュース(どこが「やや辛口」なんですか?)で、無駄に飲みやすくていいなと。

 追記。ケインコスギの朴訥ぶりって凄いね。

Homeへ戻る